iPhone・iPad 周辺機器・アクセサリ

【レビュー】Hohem 3軸スマホジンバル iSteady X 軽量コンパクトで動画撮影・ジンバル初心者でも使いやすくてオススメ!

2020年9月3日

Hohem スマホジンバル iSteady X とiPhone Xのサイズ比較

Hohemのスマホジンバル「i Steady X」をレビュー用にご提供いただきました。

ジンバルっていうのは簡単にいうとブレのない綺麗な映像を撮影するための道具でスタビライザーとも呼ばれるモノ。

Hohemというメーカーは知らなかったんですが、調べてみたところジンバル系の製品を中心に販売しているメーカーさんの様で、スマホ以外にもGoProやデジカメ用のジンバルなんかも扱ってました。そしてどの製品も軒並み評価が良い!

実は僕はスマホジンバルって使ったことがなく。ジンバル付きカメラのOsmoPocketは持ってるんだけども。

アイテムとしてはずっと興味があったし欲しかったんだけど、今!っていうほど必要な機会もなくて。

そういうわけでジンバルに関しては完全に初心者なんだけど、このiSteady Xがそんな僕にもとても使いやすそうと感じてご提供頂くことにしました。

どこにそう感じたかというとめちゃめちゃ軽量コンパクトなところ。

普段ジンバルを持って撮影に出たりしない僕にとっては、プロ仕様みたいなあんまりゴツいと使いこなすのも難しいだろうけど、何より構えて歩くのにも抵抗が出ちゃう気がして。OsmoPocketを購入したのも小さいとまだそういう抵抗がなく使えるかなっていうところから。OsmoPocketはとっても使いやすくていいんだけどスマホの方がディスプレイの大きさとかバッテリー面での使いやすさもあると思うので、スマホジンバルも使ってみたいなって思ってたところ。

それにコンパクトだと持ち運ぶのも簡単でバッグに入れるのはもちろん、ズボンのポケットにも突っ込んでおけるサイズ。そういう点も使いやすそうと感じました。

そして、いくらコンパクトでも肝心のジンバルとしての性能が悪かったら意味がないけど、そこは前述の通り、ジンバルに力を入れてるメーカーでどの製品も評価高めということできっとモノもいいだろうと思い使わせていただくことに。

実際に手にして、使ってみて、ザッと良かったところを挙げると、

  • 軽量・コンパクト
  • 手ブレ防止性能バッチリ
  • ボタン操作がシンプル
  • 8時間使用可能
  • USB-C充電
  • ミニ三脚付きで自立可能

などなどが使いやすいと感じました。

一方で開封していきなりは使い方が分からなくて手間取った点もあったので、そういう点も含めて紹介していきます。

また、商品提供だけでなくAmazonで使える1,000円引きのクーポンコードも頂いたので是非ご利用下さい。

※期間内なのにクーポンが使えなくなっていましたが使用出来るクーポンに更新しました。(2020年10月26日)

販売店:Xluzerjp
ブラック(黒):BQHWL2SG
ホワイト(白):E63XZC2F
有効期間:2020/11/09 23:59まで

パッケージと付属品一式

Hohem スマホジンバル iSteady X本体の他、

  • ミニ三脚
  • USB-C充電ケーブル
  • ストラップ
  • マニュアル
  • 収納ポーチ

が入ってました。

充電がUSB-Cなのは嬉しい!

ミニ三脚はこんな感じ。

使用した感想

しっかりした質感でチープさは無い!

3軸のジンバルとしては安価な価格設定なんだけど外観や握った感じからはチープさは全然なくてめちゃめちゃしっかりしてる。

重量は259g。軽いんだけどスカスカな軽さじゃなくて詰まってる感じの程良い重さもあっていい。

500mlのペットボトル半分くらいと思うと軽い気持ちでとりあえずバッグにってこともしやすい。

持ち手の部分は握るとちょうど掌に収まりきるくらいのサイズ感。

装着出来るスマホサイズに注意

Hohem スマホジンバル iSteady X スマホ取り付け部分

画像のスマホを挟む部分に貼ってあるシールに示してある十字の部分が、そこにスマホの真ん中を合わせてねっていうサイン。

バランスが悪いとうまく使えないので真ん中に合わせる。

真ん中に合わせようとするとスマホのサイドボタンの位置と被る場合があると思うんだけどそれがボタン押してしまうってことにはなりませんでした。

問題なのはセット出来るスマホのサイズで、幅が55-90mm、厚さが最大8.9mmまで

いつも使用してるiPhone 11Proはケース付きで幅が7.5mm、厚さが12mm程度。ケースを外さないとダメでした。革のケースでカードポケットがあるものの、わりと薄めのケースなんだけどダメだった。

ということでメインでは使っていないiPhone Xのケースを外して付けてみることに。

iPhone Xは厚さが7.7mmほど、ちなみに11Proは8.1mmほど。どちらもケースを外せば付けられました。

iPhone Xは使い道が11Proを使えない時の写真撮影用みたいな感じになってたので、iSteady Xを使っての撮影専用にしちゃおうかと思います。

さらにもう少し先に出るであろう次のiPhoneを買ったらその役割が11Proにと。

Hohem Proアプリで様々な機能が。

操作画面

初回起動時はジンバルのアクティベートに無料の専用アプリ Hohem Pro が必須。

アプリを通して撮影するとジンバルのフル機能が使える他、

  • ワンタップシネマティックテンプレート
  • 「インセプション、ヒッチコックなど」ビデオモード
  • ドリーズーム
  • 遅延撮影
  • 顔追跡モード
  • 美容モードとさまざまなフィルター
  • トラッキングモーション
  • ワンクリックで自動クリップ共有

アプリの完成度はというと、撮影自体はちゃんと出来るし、こんな機能もあるんだーなんていうのもあってた機能、それでいて極端に使いづらいとは思わないんだけど、説明書や販売ページにある説明を見ないとよくわからないということも多いし、

説明書にしてもアプリにしてもちょっと日本語が怪しい部分もあって、(たくさんは無いし、意味は推測できる程度)アプリだけでいきなり直感的に使えるかというと難しく思います。

あと使用中にアプリが急に落ちることも頻繁にでは無いがあった(設定を色々いじってる時で撮影中ではなかった)のでそこはアップデートなんかで解消することに期待。

ジンバルのボタン操作と純正カメラで使用出来る機能

Hohem スマホジンバル iSteady X 持ち手・操作ボタン

前段でHohem Proアプリを使うとフル機能と書きましたが、ジンバルのボタン類での操作出来る機能がこちら。

アプリでスマホ画面上からも操作できることばかりですが、ジンバルのボタン類での操作も、ボタンの数からの見た目以上にたくさん出来ることがあります。

Hohem Proアプリでなく、iPhone純正カメラアプリでも使用出来た機能は太字にしておきました。

この辺は説明書ちゃんと読めば書いてあるけど、感覚で使おうと思うとなかなかわからないと思います。

ジョイスティック

パン・チルト操作

一番大きい丸いのはボタンじゃなくてジョイスティックになっていて上下左右にカメラを動かすことが出来る

右ボタン

  • 長押し 電源オン・オフ
  • 一回押し スマホの向きを縦と横に切り替え
  • 二回押し カメラ位置を初期状態に戻す

左ボタン

  • 一回押し 撮影・停止
  • 二回押し 写真・ビデオ切り替え
  • 三回押し インカメラ・アウトカメラ切り替え

左ボタンを押しながら右ボタン

ワークモードの切り替え

  • 一回押し パン&チルトフォロー
  • 二回押し パンフォロー
  • 三回押し オールロック
  • 四回押し POV (オールフォロー)

ズームスライド

側面にあるスライドさせるボタンは上下に動かしてズーム操作

初心者には十分過ぎる高機能・高性能!

Hohem スマホジンバル iSteady X にiPhoneを取り付けての使用風景

実際にどこかに出かけて使うというほどしっかり使いこめてはいないんだけど、普通にテスト的に街を歩いてみたりした感じの手振れ補正効果は素晴らしくて、直接手持ちでスマホを持って歩くのとは大違い。

滑らかでスムーズな映像が簡単に撮れました。

パン&チルトフォローとかパンフォローとかオールロックとかの使い分けがいまいちよくわかってないんだけど、ただ歩いて撮影するだけなら理解が浅くても全く問題なく扱えました。

またアプリを使うと決まったフォーマットでカメラが動いて、例えばカメラがぐるぐる回ったり、映画のワンシーンみたいな映像が簡単に撮れる!みたいな機能もあるので理解が浅くても、簡単に色々おもしろい映像が撮れそう。

で色々使ってればだんだんこういう風に撮りたいとかが出てきて、そうするとこの機能の使いどころなのか!とかわかってくるのかなーと思うので、ちょこちょこ色んなところに持っていってみようと思う。

軽量コンパクト・長時間使用出来るから初心者が気軽にアレコレ撮るのにもピッタリ

Hohem スマホジンバル iSteady X とiPhone Xのサイズ比較

本格的に映像を撮ってる人が、ここぞと決めて撮影に行くような人は準備をしっかりしてめちゃめちゃごついセットを持って行ったりするんだと思うけど、

僕みたいに具体的にこういう風に使いたいっていうイメージが薄いけど、何か色々遊びながら使って行こうかなっていう人には機能や性能は申し分ないように思うし、軽量コンパクトだからこそいつでもバッグに突っ込んでおけるし、使うかもって時はズボンのポケットにも突っ込めるしっていうのがいいと思いました。

スマホで使えるっていうことで長時間使えることと、データの扱いが楽っていう点でも気軽に使えてすごくいい。

もっと使い込んで思うことや書けることが出来たら追記しようと思います。

※期間内なのにクーポンが使えなくなっていましたが使用出来るクーポンに更新しました。(2020年10月26日)

販売店:Xluzerjp
ブラック(黒):BQHWL2SG
ホワイト(白):E63XZC2F
有効期間:2020/11/09 23:59まで

買って良かったモノ 2020年上半期
2020年上半期 買って良かったモノ 14品

続きを見る

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど
【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

続きを見る

実際に今使用しているオススメの充電機器 Anker・CIO・Satechi・NOMAD・TUNEWEAR・革のポーチとケーブルクリップ。
【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリーをまとめて紹介!

続きを見る

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類
実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

続きを見る

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!
一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

てず


オススメのモノ・コトを紹介。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2021/1/2

2020年下半期 買って良かったモノ

2020年下半期の買ってよかったモノです。 2020年上半期の記事はこちら。 記事最後にもリンクを載せておくので良かったらそちらも是非! 上半期は仕事場の机を新調したことがあってデスク周りの製品が多かったけど、デスク周りの製品は大体落ち着いたので下半期はまた違ったラインナップに。 すでに個別で記事を書いたものも多いんだけど、特に11月末から12月にかけてのブラックフライデーやサイバーマンデーで購入して記事が書ききれなかったものも。 たくさん載せてると、買ったモノ全部載せてるみたいにも見えるけど、個別記事に ...

ReadMore

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020年上半期に買って良かったモノを紹介していきます。 それぞれ個別にレビュー記事を書いてるモノが多いので、興味のあるモノがあったら個別の記事も是非! 特に順位付けしたりはしてなくて紹介してる順番は関連性のあるモノ並べたりした結果です。 機能性なんかの面で生活を快適にしてくれるモノもあれば、それを持ってることで気持ちよく過ごせるようなお気に入りのモノだったり、色んなモノがあるけどどれも本当に買ってよかったモノ。 数が結構あるので目次でも見てもらって、興味のあるモノや、コレなんだろ?っていうモノが何かしら ...

ReadMore

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/5/8

【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

ずっと欲しかった「かなでもの 」のテーブルを購入しました。 杉無垢材の天板と鉄製の脚のシンプルなテーブルで仕事用のPCデスクとして使うために購入。 組み立ては天板と脚を付属の六角レンチとボルト類で止めるだけっていう簡単なモノで5分、10分もあれば終わってしまうくらい。 無料のサイズオーダーで必要なサイズぴったりのテーブルが作れました。 購入した理由から実際にサイズをオーダーして組み立てるところ、完成した様子、PC周り・モニターアームやケーブル類などを整えたりする工程、その他一緒にデスク周りで使ってるモノな ...

ReadMore

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/3/24

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

この記事ではデスク周りで使用してるモノをまとめて紹介していますが、投稿したのは2018年。 その後、2021年時点で 仕事場で使用してるデスク 家に作ったホームオフィスデスク 以上2つのデスク周りをまとめた記事も作成してるのでそちらも宜しければ。 記事の最後にもリンクを貼っておきます。 さて、この記事で紹介してるのは仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。 家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間 ...

ReadMore

実際に今使用しているオススメの充電機器 Anker・CIO・Satechi・NOMAD・TUNEWEAR・革のポーチとケーブルクリップ。

充電機器 買って良かったモノ まとめ

2021/4/12

【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリーをまとめて紹介!

普段持ち歩いてるモバイルバッテリーや、机まわりの充電環境など実際に使用してる充電機器をまとめて紹介します。 充電周りの製品は新製品がバンバン登場。充電速度が上がったりバッテリー容量が増えたり小型化したり無線化したりと目まぐるしく進化しています。 たくさんの充電機器がある中で大事なのは自分の使い方や好みに合うモノを選べるかどうか。 使う機器も環境もバラバラなのに万人に共通の正解なんてないし、僕も自分のつかってるモノがベスト!なんて言う気はないです。 でもこういう理由でこういうモノを使ってるっていうことが人に ...

ReadMore

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

2020/12/19

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。 一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。 もう1日を通して耳が空 ...

ReadMore

スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

2020/11/27

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020年10月、今までちょっとした興味はありつつも、自分では特に必要ではないとか、活かせないという気がして手を出していなかったスマート家電を導入してスマートホーム化に手をつけてみました。 きっかけはベッドに横になりながらスマホをいじったりして、いざ寝ようって時に一旦立ち上がって電気を消すのが面倒で、横になったまま電気を消したいなと思ったこと。 リモコンで操作出来るシーリングライトやなんかだったら他にも方法はあるんだけど、壁のスイッチを押すしかないタイプの照明だと現状はSwitchBotしかないかなと。 ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

-iPhone・iPad 周辺機器・アクセサリ