イヤフォン・スピーカー

【レビュー】驚きの高音質かつ超快適!AfterShokz 骨伝導ワイヤレスイヤホンAeropex 通勤・仕事・家事・入浴と1日中活躍!

2020年8月27日

AfterShokz AEROPEX Solar Red (AFT-EP-000014)骨伝導ワイヤレスイヤホン

AfterShokz(アフターショックス)の骨伝導ワイヤレスイヤホン Aeropexをレビュー用にご提供頂きました。

お話を頂いて、骨伝導イヤホンというモノが、存在は知っていたし興味もあったけど使ったことはないジャンルだったのでそれだけで使ってみたい気持ちではあったんだけど、まずは製品の紹介なんかも見てみることに。

AfterShokzというメーカー名もよくは知らなかったのが正直なところなんだけど、字面では見覚えがあって、骨伝導イヤホンで結構有名なメーカーなんじゃないかな、なんて思いつつだったんだけど、改めて調べた感じでは骨伝導イヤフォンの最有力メーカーという印象!

さらに今回使わせていただけるAeropexはAfterShokzの骨伝導イヤホンのラインナップの中でも上位クラスのモノの様。

骨伝導イヤホンにこれまで興味があったけど使って来なかったのは、

  • 理屈の部分を聞いてもいまいち体感が想像出来ない
  • 多分ちゃんと聞こえはするんだろうけどちゃんと聞こえる!っていう程度で普通のイヤホンとは音質では勝負にならないだろう
  • 普通のイヤホンよりも骨伝導の方がいい!っていう場面がよくわからない
  • 実用性よりも物珍しさ、イロモノ的な存在だろう

っていうイメージが拭えなかったから。

だから自分で購入してみようという気持ちにはなってなかったんだけど、今回ついに骨伝導ワイヤレスイヤホンを初体験!

それもこれ以上ないくらい高性能な機種だから、仮に良くなくても、まあ安い機種だしな。ともならない。

コレでこんなもんならやっぱり骨伝導イヤホンはそんなもんだよな。ってなるのか、

もしくは、あー骨伝導ってこういうことかーみたいに、良いとも悪いとも言わないけど使い心地はわかったっていう程度か、

もしかしたら骨伝導すげーイイ!ってなるのか、

何にしても今まで実態がよくわかってなかったからこそとっても楽しみにしていました。

で、詳しいことは中身で書いていこうと思うんだけど、引っ張るのもアレなので結果だけ言ってしまうと、

え、まじ?すげえ!!っていう感じでした。

ご提供頂いたモノだから忖度してとかは1ミリもなくて、完全に想像を上回って来た。

日頃から僕は快適さを優先してイヤホンをシーンに合わせて色々使っていて、ブログでも紹介してるんだけど、

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類
実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

続きを見る

ちょっとAfterShokzの骨伝導ワイヤレスイヤホン Aeropexはいくつもの用途を一本でまとめて引き受けちゃうくらいイイんです。とにかく快適。

手元に届いて2週間。実際にどんな風に使って良かったのか紹介します。

AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスイヤホン

パッケージを開封

パッケージからも溢れる高級感!期待が高まる!

製品仕様

品番:AS800 電池:リチウムポリマーバッテリー

スピーカータイプ:骨伝導変換器 バッテリー駆動時間:最大8時間

周波数特性:20Hz~20KHz 待機時間:最大10日

感度:105 ± 3dB 充電時間:2 時間

マイク特性:-38dB ± 3dB 重量:26 g

対応プロファイル:A2DP, AVRCP, HSP, HFP 保証期間:2年間

充電電圧:5.25 V 防水規格:IP67

スピーカーインピダンス:8.5hm ± 20% バッテリー容量:145 mAh

Wireless range:33 ft (10m) 最大RF出力0dBm

周波数帯域:2402MHz~2480MHz Bluetooth®  VersionBluetooth® v5.0

https://aftershokz.jp/products/aeropex

付属品一式

同梱品は

  • Aeropex本体
  • シリコンポーチ
  • 耳栓
  • マグネット充電ケーブル 2本
  • 説明書類

シリコンポーチは開閉するとこにマグネットが入っていてパチっと止まる。収納もしやすい。

充電ケーブルは独自規格で他のケーブルで代用出来ないんだけど、その分2本入れてるっていう点がわかってる!っていう感じ。家の充電器と持ち運び用にっていう風にも、単純に予備としても2本あると助かる。

独自規格のマグネット式なんだけど、USB-Cになる以前のMacBookの充電ケーブルみたいな感じ。近づければパチっとくっつくし取ろうとすれば簡単に外れるしで使いやすい。

耳栓は外音がうるさい時の遮音用ということ。

初めての骨伝導イヤホンを使った感想

AfterShokz AEROPEX Solar Red (AFT-EP-000014)骨伝導ワイヤレスイヤホン

冒頭でも書いた通り、骨伝導イヤホンは初めて。

使うまでは何らかの理由で耳を塞げない状況とか耳が使えない時に骨伝導でも耳で聴いてるのに近い感じで聴けるよっていうことなのかなーって思ってたんだけど、驚くほど普通に耳で聴いてるように聴こえるんですよね。

実際に使ってわかったのは、

  • 耳を塞いでないのに普通にイヤホンをして耳から聴いてるかのように聴こえる
  • 骨伝導なのに、とかじゃなくて、普通のイヤホンとしてすごく高音質
  • 大きめに鳴らせば音漏れもあるけど気にならないレベル
  • 当然耳は塞いでないから外の音も聴こえて屋外でも安全
  • イヤーピースのサイズとか耳の形に合わないとかないし動いてもズレない安定したフィット感
  • 体に触れてる部分が少ないのと軽いから驚くほど装着してる感じがしない

と、まあ快適!ということ。これは良いモノ。

あと電源ONやOFFの時の音声が日本語なのも良いと思いました。

さて、冒頭でも書いた通り、僕はイヤホン類を色々シーンごとに使い分けてます。

例えば、外出時はノイズキャンセリングのあるAirPods Proだったり、仕事なんかをするときは周りの音も聞こえて尚且つ装着感のいいAirPods、入浴中は防水性能の高いイヤホンなどなど。

AirPodsなんかは一個で全部済まそうと思うとバッテリーが持たないけど状況によって使い分けてると充電する時間も出来るのでちょうど良くて。

そんな中、AfterShokzの骨伝導ワイヤレスイヤホン Aeropex がどんな場面での使用に向くかなと考え、実際に使ってみた時に、驚くくらい色んな場面で使いやすかったので、どんな場面で使っていたかを紹介します。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスイヤホン Aeropex はこんな場面で役立つ!

オススメのイヤフォンやスピーカー4種類

周りの音も聞こえるようにしておきたいデスクワークや家事中にオススメ!

デスクワークでも集中するためにノイキャンのヘッドホンとかで周りの音を遮断したいタイプの人にはもちろん合わないと思うんだけど、

僕の場合は周りの音も聞こえるようにしておきたい。

一人で働いてて不意な来客とか電話とかに気づかないと困るから。

そういう理由で普段は、カナル型じゃないことと、装着感の良さで、AirPodsを使用してたんだけど、

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスイヤホン Aeropex なら同じく周りの音も聴こえるのに加えて、

  • バッテリーが8時間持つ(公式サイトのスペック表には8時間の表記なんだけど、使い方にもよると思いますが、実際にはもっと持ちました。)
    AirPodsは仕事中ずっとはもたないから休憩や席を外すときなんかにケースに入れてこまめに充電してた。
  • AirPodsよりさらに装着感が快適。仕事中何時間も付けてても耳が痛くなったり痒くなったりしない。
    AirPodsも含めて他のイヤホンだとずっと付けてると荒れたりするほどじゃないけど痒くなる。

っていう風に優れてて、今は1日で一番使用時間長いのがAeropexになってる。

同じく耳をあけておけるっていう理由で、来客や家族の声なんかにも気付きたい家事をしながらなんていう場面にもオススメ。

骨伝導なら自転車走行中でも。ジョギングなんかのアクティビティにも。

初めに言っておくと、道交法で明確にイヤホンについて書かれてる文言はなくて、これがダメでこれがOKっていうのは都道府県なんかによっても取締りの方針が違う様子。なので、骨伝導であろうとダメっていう場合もあると思う。

イヤホンなどを使用して安全運転に必要な交通に関する音声が聴こえないような状態で運転しないこと。などと表記してるところもあれば、ただ単にイヤホンやヘッドホンを使用しながら運転しないこと。と条例にしてるところもある様子で。 (参考 自転車でイヤホン走行は法律違反?知っておきたい自転車のルール

僕の場合はといえば、毎日駅から家まで自転車に乗ってるんだけど、これまでは電車を降りるまではAirPods Proで、自転車に乗るタイミングで車道側の耳だけAirPods Proをケースに入れてもう片方はつけたままっていう感じで過ごしていて、特に止められることもないので僕の地域ではこれなら取締りの対象ではないんだろうと判断してました。

最近は自転車に乗るタイミングでAfterShokz 骨伝導ワイヤレスイヤホン AEROPEX にしてるんだけど、こちらも同じく取り締まられることはないので大丈夫そう。

片耳のAirPods Proとどちらが良いかって言うと、やっぱり両方から聴こえるっていう点ではAeropexの方がいいんだけど、自転車に乗るタイミングで出すっていう動作が入るのは面倒というところもあってまだどちらかに決め兼ねてるという感じ。

電車ではAirPods Proのノイキャンは外せない。

ただこれが電車の後の自転車じゃなくて、ただただ自転車にだけ乗るとか、自転車じゃなくてジョギングなんかのアクティビティだって言う時には明らかにAeropexを推す。

入浴中・シャワー中も防水のカナル型よりも骨伝導の方が快適だった

お風呂に入る時もイヤホンをつけていて、音楽やラジオを聴いてるんだけど、試すまでは、シャワー浴びながらだとやっぱりカナル型のイヤホンの方が聴き易くて、骨伝導だとシャワーの音で聴きづらいんじゃないかなと思ったんだけど、実際には全然そんなことなかった。

逆にカナル型の方のネックだったサイズのあってるイヤーピースをしてても多少耳の中が濡れるとか、頭洗ってるときに外れかねない(外れてイヤーピース濡らしちゃうと濡れてるやつを耳に入れなきゃならないのが嫌)みたいなことから開放されていい。

ネックバンド部分のあたりを洗う時には邪魔になるっていうのはあるんだけど、防水のBluetoothイヤホンでも完全ワイヤレスでなければあることだし、少しズラしたりして洗うのにも慣れてしまうのでそんなに気にならない。

防水性能に関してはIP67の防水規格となっていて、明確にシャワーでの使用OKなどとは謳ってないけど、MicroUSBやUSB-Cの充電端子もなければ、スピーカー部分みたいなのもないから、普通のイヤホンよりだいぶ強そうな印象。

充電ポートに水分が溜まるとアラームで通知するとなってるけど、この1週間、入浴時に付けて、出る時にタオルでギュッギュッと水分を取る程度で水もしっかり切れてアラームが鳴ったことはない。

ちなみに防水のスピーカーは入浴中に使うと反響しちゃって動画を見たりラジオを聞いたりするのには言葉が聞きづらくなっちゃう。音楽に関しては反響がむしろ良いってこともあるかもしれないけど。僕はどちらもイヤフォンの方が好み。

AfterShokzの骨伝導ワイヤレスイヤホン Aeropexは様々なシーンで

AfterShokz AEROPEX Solar Red (AFT-EP-000014)骨伝導ワイヤレスイヤホン

とまあ、実際に使ってみるとこんなに色んなシーンで快適に使えました。

初めはモノ珍しさと骨伝導がどんな風に聴こえるのか試したいっていう興味だったんだけど、手元に届いて2週間。

モノ珍しさだけだったらだんだん使わなくなってるであろう中、今はデスクワーク、家事、入浴と1日通して使い倒してるくらい。

その理由は、

  • 耳を塞がない開放感と周りの音が聴こえる安全性や安心感
  • フィット感の良さ、安定感、付けてて痛くなったり痒くなったりしない
  • 音質の良さ、聴き疲れしない
  • バッテリーが長持ち
  • IP67の防水防塵性能

などなど。

そして何より驚きの高音質!あくまで骨伝導にしては、とかじゃないです。マジで。

快適さと高音質を兼ね備えてた AfterShokz 骨伝導ワイヤレスイヤホン Aeropex。めちゃめちゃ良いです。

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類
実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

続きを見る

Ankerや RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介
【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器まとめ。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリー。

続きを見る

買って良かったモノ 2020年上半期
2020年上半期 買って良かったモノ 14品

続きを見る

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど
【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

続きを見る

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!
一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

てず


オススメのモノ・コトを紹介。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2021/1/2

2020年下半期 買って良かったモノ

2020年下半期の買ってよかったモノです。 2020年上半期の記事はこちら。 記事最後にもリンクを載せておくので良かったらそちらも是非! 上半期は仕事場の机を新調したことがあってデスク周りの製品が多かったけど、デスク周りの製品は大体落ち着いたので下半期はまた違ったラインナップに。 すでに個別で記事を書いたものも多いんだけど、特に11月末から12月にかけてのブラックフライデーやサイバーマンデーで購入して記事が書ききれなかったものも。 たくさん載せてると、買ったモノ全部載せてるみたいにも見えるけど、個別記事に ...

ReadMore

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020年上半期に買って良かったモノを紹介していきます。 それぞれ個別にレビュー記事を書いてるモノが多いので、興味のあるモノがあったら個別の記事も是非! 特に順位付けしたりはしてなくて紹介してる順番は関連性のあるモノ並べたりした結果です。 機能性なんかの面で生活を快適にしてくれるモノもあれば、それを持ってることで気持ちよく過ごせるようなお気に入りのモノだったり、色んなモノがあるけどどれも本当に買ってよかったモノ。 数が結構あるので目次でも見てもらって、興味のあるモノや、コレなんだろ?っていうモノが何かしら ...

ReadMore

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/4/4

【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

ずっと欲しかった「かなでもの 」のテーブルを購入しました。 杉無垢材の天板と鉄製の脚のシンプルなテーブルで仕事用のPCデスクとして使うために購入。 組み立ては天板と脚を付属の六角レンチとボルト類で止めるだけっていう簡単なモノで5分、10分もあれば終わってしまうくらい。 無料のサイズオーダーで必要なサイズぴったりのテーブルが作れました。 購入した理由から実際にサイズをオーダーして組み立てるところ、完成した様子、PC周り・モニターアームやケーブル類などを整えたりする工程、その他一緒にデスク周りで使ってるモノな ...

ReadMore

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/3/24

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

この記事ではデスク周りで使用してるモノをまとめて紹介していますが、投稿したのは2018年。 その後、2021年時点で 仕事場で使用してるデスク 家に作ったホームオフィスデスク 以上2つのデスク周りをまとめた記事も作成してるのでそちらも宜しければ。 記事の最後にもリンクを貼っておきます。 さて、この記事で紹介してるのは仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。 家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間 ...

ReadMore

Ankerや RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介

ANKER デスク・ホーム 充電機器 買って良かったモノ まとめ

2021/3/29

【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器まとめ。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリー。

普段持ち歩いてるモバイルバッテリーや、机まわりの充電環境など実際に使用してる充電機器をまとめて紹介します。 充電周りの製品は新製品がバンバン登場。充電速度が上がったりバッテリー容量が増えたり小型化したり無線化したりと目まぐるしく進化しています。 たくさんの充電機器がある中で大事なのは自分の使い方や好みに合うモノを選べるかどうか。 使う機器も環境もバラバラなのに万人に共通の正解なんてないし、僕も自分のつかってるモノがベスト!なんて言う気はないです。 でもこういう理由でこういうモノを使ってるっていうことが人に ...

ReadMore

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

2020/12/19

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。 一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。 もう1日を通して耳が空 ...

ReadMore

スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

2020/11/27

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020年10月、今までちょっとした興味はありつつも、自分では特に必要ではないとか、活かせないという気がして手を出していなかったスマート家電を導入してスマートホーム化に手をつけてみました。 きっかけはベッドに横になりながらスマホをいじったりして、いざ寝ようって時に一旦立ち上がって電気を消すのが面倒で、横になったまま電気を消したいなと思ったこと。 リモコンで操作出来るシーリングライトやなんかだったら他にも方法はあるんだけど、壁のスイッチを押すしかないタイプの照明だと現状はSwitchBotしかないかなと。 ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

-イヤフォン・スピーカー
-, ,