ガジェット・家電 自宅トレーニング

Oculus Quest 2 で家トレが捗る!VRゲームと動画を見ながら筋トレで楽々運動習慣が身についた。

2020年11月11日

Eliteストラップを付けたOculus Quest 2

2020年10月にOculus Quest 2を購入しました。

スマホやPC不要でコレだけで使えるVRヘッドセット。これがマジで最高です。

実は購入する前はもっと軽い気持ちで購入してて、ここまでの期待をしてなかったんだけど、実際に使うようになってその活躍ぶりときたら今年1の買い物だったと言っても良いかもしれないくらい!

今年は色々あってめちゃめちゃ買い物してるんですよ。そんな中でも特に買って良かったと大満足。

何がそんなに良かったのかというと大きく2つ。

  • 映画や音楽のライブ映像を見るのがめちゃめちゃ楽しい
  • 運動習慣が付いた

Oculus Quest 2はゲームや動画を見るだけじゃなく色んなことが出来るんだけど、僕の主な使い道はそんなところ。

元々映画館やライブハウスに行くのが好きだし、Netflixとかで映画や海外ドラマを見たり、好きなバンドのライブDVDやYoutubeなんかでライブ映像を見たりするのも好き。

前は毎日寝る前に映画1本くらいか海外ドラマを1話くらい見るのが習慣だったんだけど、最近は帰るのが遅くちょっとその習慣も途切れてたり。

そんな中、今回 Oculus Quest 2を購入して以来、すでに1ヶ月近くが経ちましたが、1日も欠かすことなく毎日VRでボクシングのゲームをやって汗だくになり、そのままNetflixやAmazon Prime Video、あるいはYoutubeなんかで映画やなんかを見ながらダンベルや自重の筋トレをするっていう習慣が出来ました。

昔からちょこちょこ自分の中で筋トレブームが来ては去りというのを繰り返してきたんだけど、ここ2、3年はさっぱり。

それがOculus Quest 2を使うようになったら運動習慣と趣味の時間をまとめて取り返せた!

おかげで初めの1週間くらいは全身筋肉痛。今も常にどこかしら筋肉痛という具合。

それも、仕事から終電くらいで帰って家に着くのは日が変わった後だというのに、2時くらいまでそんなことやって風呂入って寝るっていう生活。

筋肉痛を抱え、時間も遅く、でも全然億劫にもならなければ苦にもならず毎日続いてるのはOculus Quest 2を付けてボクシングのゲームをするのも映画やライブ映像を見るのもめちゃめちゃ楽しいから。あと久々の筋トレで少しずつ筋肉が戻ってきてるのも楽しい。

すっかりなくなった筋肉だけどやっぱり昔ついてた分は結構戻ってくるのも早い。

億劫どころか、もう2週間以上が経つというのに毎日楽しみ。

すっかり気を良くしてOculus Quest 2の収納ケースやフィット感がより良くなるElite ストラップ、運動する時床に敷くジョイントマットなどを買い足したりしています。

この記事ではOculus Quest 2を家トレに使用してる僕の使い方を紹介します。

Oculus Quest 2自体はそもそもこんなモノですっていう程度にサラッとは紹介していますが、僕自身そんなにアレコレ使いこなすというほど使いこなしていないので、そんなコアな話や、性能を徹底レビューみたいな内容ではありません。

が、そんなに使いこなしていなくても自分に合う使い方を見つけられれば本当にめちゃめちゃ良いモノです!

Oculus Quest 2 付属品一式

ワクワクするパッケージに、中の箱もしっかりしていてそのままOculus Quest 2の収納ボックスとして使っても良い感じ。

初めてのVRヘッドセットということで他の機器との比較ではないけど、とにかく映像が綺麗。没入感がすごい。

コントローラーもあることで、VR空間でモノを掴むとか投げるとか拳を握って殴るとか、色んな操作が感覚的に出来て、こういうことなのかと。

この先触る感触とか、頭と手だけじゃなく、足や、さらには全身にと進んでいくのかなとかめちゃめちゃ楽しみになる。

一方で標準のストラップだと動きのあることをするとズレるとか、すごく近くのものを見ようとすると焦点に違和感があったり、ゴーグルの黒い縁が目には入ったり、ゲームや動画によっては酔ったりということもあるんだけど、

この記事で僕がこう使っていますっていう内容に関しては、

ストラップだけあとで紹介するオプションのEliteストラップに変更してるほかは、どれも特に気にならず、まったくもって快適です。

あ、一点、汗だくになった時のゴーグルと顔の間にあたるスポンジ部分の濡れ具合は快適とは言えないけれど、まあしょうがないかなという感じ。

自分のだから許せるけど人と共用にはしたくない。

付属品は、

  • Oculus Quest 2 VRゴーグル本体
  • コントローラー一組
  • 説明書類
  • メガネ用スペーサー
  • 充電用 USB-C ケーブル ゴーグル本体の充電用。コントローラーはそれぞれ単三電池1本を使用。1本ずつセット済み。
  • 電源アダプター

Oculus Quest 2を購入すればこれだけ付いてきて、とりあえずはこれだけで使えるんだけど、

他にもより快適に使うためにという純正のオプション品が色々用意されてます。

  • 携帯用ケース
  • フィット感の向上と着脱を簡単にする Eliteストラップ
  • 顔の形に合わせてよりフィット感をよくする フィットパック
  • PCと接続する Linkケーブル

の4つ

このうち、携帯用ケースとEliteストラップを購入。

はじめはOculus Quest 2自体、どれくらい使うかわからなかったのでどちらも購入してなかったんだけど、これは良いとなってから追加で購入。

ところがオプションはほとんど売り切れてたり入荷まで1ヶ月待ちの表記だったりで初めから買っておけば良かった。

この2つはなんとか購入できたけど、もう一つフィットパックはいまだ手に入らず。

標準のセットだと鼻のところに少し隙間が出来てしまって、おそらくフィットパックでその隙間がマシになるんじゃないかなと思ってる。

でも鼻の隙間のおかげでOculus Quest 2付けたままスマホ見れたりもするからそれでもいいのかなとか思ってるんだけど。

プレイするコンテンツによっては、そのわずかな隙間も気になったりするのかも。

携帯用ケース

携帯用ケースというくらいだからかなりコンパクトに収納出来るかと思ったけど全然デカイ!

基本持ち運ぶことなく収納ケースになってるので買わなくても良かったかな。まあちゃんと収納出来る場所があるのは良いから後悔というほどでもなく、なくてもどうにかなるかなっていう感じ。

肝心なのは次!

Eliteストラップ

Eliteストラップは絶対買ったほうがいい!

Eliteストラップを使うまでは、まあこんなもんなのかなっていうくらいに思っていて標準ストラップでも不満というほどのことはなかったんだけど、調節は面倒だししっかり調節してもボクシングのゲームをしたり動きのあることをすると結構ズレる。

その点、Eliteストラップにすると、後ろのバックルを回すだけで締め具合を簡単に調節出来て、標準ストラップじゃ無理なくらいしっかり固定出来るし、着脱も容易。

少しくらい高くなってもいいから初めからEliteストラップ付けてくれよって思うくらい必須だと思う。

Eliteストラップをつけても前述の携帯用ケースに収納出来ます。

Oculus Quest 2を購入した理由

Oculus Quest 2

購入前の僕は、なんとなくイメージはあるものの、そこまでちゃんとOculus Quest 2で何が出来て何が出来ないのか把握してませんでした。

というか今も自分が使ってる以上のことはそんなにわかってないんだけど。

そんな中なんで買ったかといえば、そもそもはOculus QuestよりもOculus Goに興味を持ってて、Questの1機種目ほどの金額を出すほどじゃないけどGoくらいの価格だったらVRを体験してみたいなとか、ヘッドマウントディスプレイで映画なんかを見たりしてみたいなという感じでした。

でも興味を持ったのは去年くらいで、Oculus Goが登場してからは結構経っていたので、少し待ってれば新しいの出るんじゃないかなと。

ところがその後Oculus Goは2020年中で販売を終了して後継機も登場しないというようなニュースが。

Questは高いしなーと思って、それからしばらく考えていなかったんだけど、今回Quest2が登場するにあたって、新機種になって当然性能も上がってるのに値段はだいぶ安くなり!

これは購入してみようと思い立ちました。

これが正解で、購入して本当に満足。当初は前述の通り映画とか見てみたいくらいで、出来るならゲームとかも体験してみたいけどそんなに重要視していないくらいだったんだけど、今となってはQuestにして本当に良かった。

僕のOculus Quest 2の使い方

Oculus Quest 2のホーム画面
Oculus Quest 2のホーム画面。

何が良かったのかは冒頭に書いた通り。

ゲームをしたり動画を見ながらの運動習慣が付いたというこれに尽きます。

こういうのってそんなこと言ってもだんだんやらなくなってしまうもの。

なんだけれども今回は、2020年10月半ばに手元に届いて、この記事を書いてる11月11日まで1日も欠くことなく、尚且つ億劫な気持ちもなく、ただただ楽しく続けられてます。

むしろ帰ってこれをするのが楽しみという具合な上に、ここ数年衰える一方だった体が筋肉を取り戻しつつあるのがさらに楽しくしてくれてるのでまだまだ続けられそうです。

VRのボクシングゲームで汗だくに。

Oculus Quest 2のボクシングゲーム画面

具体的にやってることは、まずボクシングのゲーム。「THRILL OF THE FIGHT」

これがまず普通に楽しくて。英語なものだから細かいことがわからずにやりながらみたいな部分も多いんだけど。

手打ちだとあんまりダメージが入らず、ちゃんと踏み込んで打てばダメージが乗るし、ガードはずっと上げてて打ったらすぐ退くみたいにしないと被弾するみたいな感じで本当にやってる感が。

ノーマルモードみたいなやつ時はあんまり理解が浅いままでも最後の世界チャンピオンまで倒せちゃったんだけど、相手がタフになるモードとかあって、そうなるとまじでノーマルでやってた感覚じゃ全然相手が倒れなくなるの。

倒すためにしっかり踏み込んでとかがだんだん必要に応じて身についてく感じとかも楽しく。

で、そのモードで初めてダウン取った時はよし!!って、完全に入り込んで両手上げてる感じ笑

ちゃんと自分に経験値が溜まってる感がまた楽しく。

あと体力がついてるのも実感してて、こなせるラウンド数とか、自分の息の上がり具合とかが変わってくる。

勝ち上がってくとだんだん設定されてるラウンド数が増えてくから毎日何ラウンドとか固定してないんだけど、今日もう一人やってみるかみたいにちょっと余裕出てくる。

そういう余裕はでてるんだけど、汗のかき具合とかはずっとすごくて、始める前は40%切ってた湿度が終わる頃には75%超えとかになってるし、いざ終わりにして、この後の筋トレも終えてとなると、もうスッと立ち上がるのも大変なくらい。

注意点としては、プレイエリアが設定出来るので設定エリアを出そうになると映像がゴーグルの外に切り替わって危険なエリアへ行ってしまうということはないんだけど、

めちゃめちゃ没頭してる時にプレイエリアとの境目ギリギリくらいで思いっきり腕振ってコントローラーで壁殴っちゃうみたいなことをたまにやってるんでちょっとプレイエリアの設定に余裕持たせた方が安心。でも広めに取った方が楽しい。

フィットネス的なゲームをしたいけどボクシングは興味ないという人も、他にもゲームはたくさんあるし、Beat SaberとかFitXRとかは人気あって、かつ汗だくになるみたいな声をTwitterで見たと思う。

動画を見ながら筋トレ

元々、ヘッドマウントディスプレイで映画を見るっていうのがどんな感じかっていうところからだった訳だけど、普通にただただ映画とか見るだけでもめちゃめちゃいい。

で、せっかくだからっていうことで筋トレしながら見るっていう習慣になったんだけど、

まずOculus Quest 2で動画を見るとなると、YoutubeやNetflix、Amazon Prime Videoなんかのアプリがあるんでそれを。他にも動画系のアプリはあると思うし、ブラウザもあるんで、ブラウザからも見れる。

ブラウザでDropboxを開いてDropboxに保存してある動画とかも再生出来た。

で、YoutubeやNetflix、Amazon Prime Videoで映画なんかを見るとただ目の前に映像が流れるんじゃなくて、

Netflixだったらソファに腰掛けて目の前にはローテーブルがあって、その先にスクリーンのあるプライベートシアターみたいな。

Amazonだったら前にも左右にも席のある架空の映画館に、

Youtubeは周りの演出はないんだけどVR空間の中に大画面のスクリーンがっていうのは一緒で、

3つともどれも80インチとか100インチとか、数字はわからないけどそんな大スクリーンで見てるように見ることができる。

めちゃめちゃ没頭出来て映像も綺麗だし音質も良い。

Oculus Quest 2ならPCやTVで見るのと違って周りに余計なものがないことも没頭出来る理由の一つだと思う。

さらにYoutubeとAmazonに関してはスクリーンの位置を自由自在に動かせて、天井や床にあたる場所に写すことも。

だから寝ながらでも見やすい位置にスクリーンを置けるし、腕立てやプランクなんかの下を向く種目でも下にスクリーンを置けるっていうのが重宝してる。残念ながらNetflixはスクリーンの位置は自由に動かせないので、筋トレの時はもっぱらAmazon Prme Video。何日かで映画を一本見る感じで続けてます。

あと大画面で楽しいのは映画ばかりじゃなくて、Youtubeで音楽のライブ映像とか、スポーツのスーパープレイ集とかもめちゃめちゃ良いし、筋トレのフォームや種目の確認に等身大くらいのサイズ感で見れたりするのも便利。ヨガとかダンスレッスンみたいなのもわかりやすくなるんじゃないかな。

今度DAZNも契約してみようかと思ってる。

トレーニング用のジョイントマットで環境を整えた

この通りのハマり様なのでより快適にできる様にとジョイントマットを敷き詰めてみました。

ダンベルを置く時とかの音も軽減されるし、硬質かつクッション性もあって快適。

寝室が寝室兼トレーニング部屋に。ますますモチベーションが上がる!

ここ数年すっかり運動不足だった上に、少し前に引っ越しをして駅までの自転車も必要なくなりとますます運動が減ってたので、寝室でトレーニングをすることは考えていたんだけど、そういう目的ではなく購入したOculus Quest 2がまさかの運動不足解消に役立つとは!ということで、本当に今年買ってよかったもの1位候補です。

てず

オススメのモノ・コトを紹介。Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェットや革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。 他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。 2012年から一人会社。2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。30代。 プロフィール / お問い合わせ

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/7/30

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・収納

2020/11/1

【デスクツアー】ほぼ自宅オフィス。「かなでもの」の杉無垢材のテーブル・MacBook Proやトリプルディスプレイ環境で使用してるモノたちを紹介

Ankerや RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介

ANKER デスク・収納 充電機器 買って良かったモノ まとめ

2020/10/11

【2020年】Anker・ RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリーを関連製品や用途と共に一挙紹介。

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・収納 買って良かったモノ まとめ

2020/7/30

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

iPhoneを財布にしてキャッシュレス生活

節約・マネー

2019/10/9

「ほぼキャッシュレス生活」iPhoneを財布に。クレジットカード・電子マネー・ポイントカード 全てここに。

ScanSnap iX1500

Scansnap

2020/4/19

【レビュー】ScanSnap iX1500とScanSnap Homeでスキャンした実例や良い点・悪い点・オススメの設定・使い方

アーロンチェア リマスタードとデスク周り

デスク・収納

2020/5/24

アーロンチェア リマスタード レビュー 購入前に考えたことと購入した後の感想

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

HP ノートPC Pavilion 15 3EJ36PA-AAAA とMacbook Pro

デスク・収納

2020/6/25

【レビュー】HPノートPC Pavilion 15 8ST51PA-AAAR が高スペック激安価格でオススメ!最新第10世代Core i7とメモリ16GBにSSD搭載!

-ガジェット・家電, 自宅トレーニング
-

© 2020 Tezlog