itunes

【itunes】今の気分に合った曲を流すための簡単なスマートプレイリスト活用例

日頃から人と会ったりしてない限りは大抵外ならiphoneで家や職場ならMacやiphoneで、なり普通に再生なり、
何らかの音楽をかけたり、ラジオを聴いたりしています。

特に好きな邦楽のバンドの音楽を聴きたい時もあれば、
集中したい時は洋楽の方が(英語がダメなので)歌詞が入ってこなくて返って良かったりと、
状況や気分によって色々と聴いています。

最近流行り(?)のapple musicなどの定額配信のサービスは使ってないんですが、
itunes matchをサービス開始当初から愛用していて、
日々タワレコでCDを買っては取り込み、TSUTAYA DISCASでCDを借りては取り込み、という感じで、
ライブラリーは増えていく一方です。
楽曲は手に入れやすくなってるのに、昔よりも一曲一曲、一枚一枚のアルバムをじっくり聴きこむことは減っていて、
勿体無い使い方をしてると感じてるんですが、

そんな中でせめて、itunesのスマートプレイリストを活用することで、古い曲が埋もれていってしまったり、忘れてしまわずに、
状況や気分に合った音楽を見つけて楽しむことが出来ます。

とは言ってもめんどくさいことは(僕の場合)続きません。続けていくには簡単に設定できるルール作りが必要です。
そんな僕が続けているitunesのスマートプレイリスト活用例です。

僕のitunes iphone/Mac のスマートプレイリスト活用法

そもそもスマートプレイリストとは?

様々な条件からマッチする曲だけを抽出したプレイリストです。
例えば制作年が何年〜何年の、とかアーティスト名が〇〇とか、ジャンルがRockとかレートの星が3つ以上とか。
最後に再生したのはいつとか、スキップしたのはいつとかも使えます。

スマートプレイリスト

スマートプレイリストを活用するためのitunesでの前準備

楽曲にレート(☆)をつける

本来その曲がどれくらい好きかとかを表すためにレート、星なしから星5個までの6段階で設定できます。
大好きだったら5で普通だったら3とかそういうものなのかなと思うんですが、
利用する目的がなければ入力してない人の方が多いんじゃないでしょうか。

そこで、細かく6段階をどれくらい好きかで付けるんではなくて、スマートプレイリストに抽出する目印にしています。

まず特に星をつけない曲と付ける曲にわけます。星をつけるのは好きな曲(特にその他の条件が合うときに抽出したい曲)、それ以外にはつけない。
そして星を何個付けるか、これが目印の役割を果たします。

邦楽の男性voのバンドだったら星5つ、洋楽の男性voだったら星4つ、
邦楽の女性voは星3つ、洋楽の女性voは星2つ、voなしは星1つといった具合。

ここはあくまで前準備なんですが、これだけでもレートを指定したプレイリストを作れば、
例えば、洋楽の男性voの曲で好きな曲、といったプレイリストになります。

ちなみにレートをつけることはiphoneでもMacでもWindowsでも簡単にできます。
iphoneなら再生中の画面を表示してアートワーク部分をタップで設定出来ますし、
MacやWindowsからもitunesで簡単に付けられ、全ての端末で同期されます。

レートで分けるメリット

この方法の良さは編集が簡単なことで、もう表示させたくなくなったり、改めて追加したくなったら
iphoneからでもMacやWindowsのitunesからでも普通に再生してる画面ですぐに星をつけたり減らしたりできます。

今からライブラリーの曲全部を編集するぞ、となったら大変な作業ですが、
気が向いてかけたアルバムやたまたまシャッフルでかかった曲、聴きたくなって意識的にかけた曲など、
その都度レートをつけていくだけで、徐々に出来上がっていきます。

電車の中や、何かの待ち時間とかでもレートをつけることはできますし、
今特に作りたいプレイリストに合う曲だけレートをつけてしまうといったことなら、
それほど時間をかけずにできると思います。

最近追加した項目を使う

また、新しい曲にレートをつけていくまでに向いている方法として、
最近追加した項目というデフォルトであるスマートプレイリストを使っていく方法があります。

これはその名の通り最近インポートした曲を表示してくれるプレイリストなので、
最近追加した曲を流しながら、
特に気に入った曲、繰り返し聴きたい曲にだけ、レートを入力することができます。

外出中なんかでも簡単です。

別に一回つけ忘れたからってまた別のタイミングで気が向いたときにつけることもできるし、
逆に外すこともできるので、レートをつけるんだ、と構えないで自然に聴きながら、思い立ったら付ければいいと思います。
まあ習慣づけるために始めは多少つけるぞって思っておいた方が付けられるかもしれませんね。

レートを代用するには

レートを本来のレートとして使いたいけど邦楽や洋楽、男性や女性といった分け方もしたい人は、
メモ欄に邦楽とかJとか入力して、それをスマートプレイリストの条件に入れて分けることもできますが、
僕には入力作業が面倒くさいので、こういう形に落ち着きました。

この辺の入力は、今入ってる曲だけでなく、
これから先新しい曲を入れるたびにやることなので、少しでも楽な方法がいいと思います。

とはいえ、レートはレートで使えたほうが便利なのは違いないので、
邦楽とか洋楽とかも曲名やアルバム名なんかと同じようにデータベースから読み込んでくれるのが一番いいんですけどね。

前準備完了

ここまではあくまで前準備で、日常的にレートをつけておくことで、気が向いたときにその場で作りたいプレイリストが作りやすいですよっていうお話でした。それだけでも便利なプレイリストになってるんですが、そこに条件を重ねていくことでより、その場その場で聴きたいプレイリストを作成することができます。

その時聴きたいものをより絞り込んだスマートプレイリストをitunesで手早く作成する

ここまでにつけたレートの条件にさらに複数の条件を重ねてその時聴きたい曲をより絞り込んだスマートプレイリストを作成します。
スマートプレイリストの作成はMacやwindowsのitunesから行います。
iphoneからは作ってあるスマートプレイリストの同期はされますが、新規作成はできません。

例えば、年代による条件を追加する

、90年代とか00年代、10年代なんていう10年区切りでもいいと思いますし、特に好きな曲の多い年代があればその年代だけとかで作っておくといいと思います。結構自分の年代によって音楽の趣味も移り変わりがあると思うんで、年代を分けておくと多少傾向ごとに揃ったり、自分が子供の頃とか学生の頃のものだと、好きは好きでも懐メロ的な好きさだったりすると思うんで。

プレイリストはいくつでも作れるので、各年代、レートで分けたもの、ひっくるめたもので何パターンもあって、気分で選んでいいと思います。

アーティスト名による条件を追加する

他に、アーティスト名まで指定してしまってもいいですね、いくつも足していくことが出来るので、BUMP OF CHICKENとMr.Childrenとthe pillowsとASIAN KUNG-FU GENERATIONでなおかつレート入力済みで、年代が2010年以降のプレイリストといったように。ここで挙げたバンドのような活動歴の長いバンドの場合、名前だけでは膨大な曲数が出てきてしまうので、その時聴きたいものに絞り込まないと結局そこからまた曲を送ったり探したりすることになったり、本当に聴きたい曲が聴けなかったりします。いい曲ばっかりなんですけどね。それでも初期の曲が聴きたいとかここ数年の曲が聴きたいとか気分によってあるでしょう。あとベストアルバムの曲はレートをつけないとかシングル曲はシングルでつけてアルバムにはつけないとか自分で決めておいた方が複数のアルバムに入ってる曲が重複しづらくていいかもしれません。逆にそれぐらい複数のアルバムに入るくらいの曲は多少多く流れる方がいいっていうなら全部にレートを入れてもいいでしょう。

その他、曲のジャンルとか、アルバム名、などなど
BPMで絞り込んでも気分に合ったプレイリストが作れそうですね。

今日これからする作業に合わせてさっとitunesでスマートプレイリストを作る

そんなことをするのが簡単になってより音楽を楽しめますよ。

あらかじめレートをつけておくという前準備をしておくことで、
その他の細かい設定を追加するとさっとプレイリストが出来上がります。

レート設定がなくて、あのバンドのこの曲を入れてこれも入れて、
これはどうしようかなとかなってると時間がかかりますし、いつも同じような曲を選ぶことになります。

この方法なら、見落としがちな曲とかも拾えて、意識的には選べなかったけど、流れたら嬉しい、そんな曲が流れます。

そして、そうやって出来あがったスマートプレイリストがいくつも溜まってくると、
わざわざ作らなくてもその時聴きたいプレイリストが自然に用意されてる状況になってきます。

もっと上手に活用してる人もいると思いますが、まだうまく活用できてなかったという人はぜひ試してみてくださいね。

似たような使い方でラブとか星1もなんかいい使い道ないかなって思ってます。なんかいい使い道あったら教えてください!

てず

オススメのモノ・コトを紹介。Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェットや革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。 他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。 2012年から一人会社。2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。30代。 プロフィール Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2021/1/2

2020年下半期 買って良かったモノ

2020年下半期の買ってよかったモノです。 2020年上半期の記事はこちら。 記事最後にもリンクを載せておくので良かったらそちらも是非! 上半期は仕事場の机を新調したことがあってデスク周りの製品が多かったけど、デスク周りの製品は大体落ち着いたので下半期はまた違ったラインナップに。 すでに個別で記事を書いたものも多いんだけど、特に11月末から12月にかけてのブラックフライデーやサイバーマンデーで購入して記事が書ききれなかったものも。 たくさん載せてると、買ったモノ全部載せてるみたいにも見えるけど、個別記事に ...

ReadMore

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020年上半期に買って良かったモノを紹介していきます。 それぞれ個別にレビュー記事を書いてるモノが多いので、興味のあるモノがあったら個別の記事も是非! 特に順位付けしたりはしてなくて紹介してる順番は関連性のあるモノ並べたりした結果です。 機能性なんかの面で生活を快適にしてくれるモノもあれば、それを持ってることで気持ちよく過ごせるようなお気に入りのモノだったり、色んなモノがあるけどどれも本当に買ってよかったモノ。 数が結構あるので目次でも見てもらって、興味のあるモノや、コレなんだろ?っていうモノが何かしら ...

ReadMore

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・収納

2020/12/31

【デスクツアー】ほぼ自宅オフィス。「かなでもの」の杉無垢材のテーブル・MacBook Proやトリプルディスプレイ環境で使用してるモノたちを紹介

ずっと欲しかった「かなでもの 」のテーブルを購入しました。 杉無垢材の天板と鉄製の脚のシンプルなテーブルで仕事用のPCデスクとして使うために購入。 組み立ては天板と脚を付属の六角レンチとボルト類で止めるだけっていう簡単なモノで5分、10分もあれば終わってしまうくらい。 無料のサイズオーダーで必要なサイズぴったりのテーブルが作れました。 購入した理由から実際にサイズをオーダーして組み立てるところ、完成した様子、PC周り・モニターアームやケーブル類などを整えたりする工程、その他一緒にデスク周りで使ってるモノな ...

ReadMore

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・収納 買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

以前にデスク周りで使ってるモノを紹介する記事を書きましたが、記事を書いてから2年が経ち、随分と状況が変わったので改めて現在のデスク周りのモノを紹介していこうと思います。 仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間は起業前より明らかに増えていますが、それでも遊ぶ時間も確保して家でするような映画見たり漫画読んだり音楽聴いたりっていう余暇の時間もこの事務所で過ごして ...

ReadMore

Ankerや RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介

ANKER デスク・収納 充電機器 買って良かったモノ まとめ

2020/12/11

【2020年】Anker・ RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリーを関連製品や用途と共に一挙紹介。

普段持ち歩いてるモバイルバッテリーや、机まわりの充電環境など実際に使用してる充電機器をまとめて紹介します。 充電周りの製品は新製品がバンバン登場。充電速度が上がったりバッテリー容量が増えたり小型化したり無線化したりと目まぐるしく進化しています。 たくさんの充電機器がある中で大事なのは自分の使い方や好みに合うモノを選べるかどうか。 使う機器も環境もバラバラなのに万人に共通の正解なんてないし、僕も自分のつかってるモノがベスト!なんて言う気はないです。 でもこういう理由でこういうモノを使ってるっていうことが人に ...

ReadMore

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

2020/12/19

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。 一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。 もう1日を通して耳が空 ...

ReadMore

スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

2020/11/27

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020年10月、今までちょっとした興味はありつつも、自分では特に必要ではないとか、活かせないという気がして手を出していなかったスマート家電を導入してスマートホーム化に手をつけてみました。 きっかけはベッドに横になりながらスマホをいじったりして、いざ寝ようって時に一旦立ち上がって電気を消すのが面倒で、横になったまま電気を消したいなと思ったこと。 リモコンで操作出来るシーリングライトやなんかだったら他にも方法はあるんだけど、壁のスイッチを押すしかないタイプの照明だと現状はSwitchBotしかないかなと。 ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

-itunes
-, ,