オススメ・レビュー

【レビュー】MAMORIO (2019年モデル MAM-003) 。キャッシュレス化で財布をほとんど出さなくなったからこそ忘れ物防止タグを忍ばせたい。

2019年6月16日

MAMORIO (2019) MAM-003 チャコールブラックとミルクベージュを財布とキーケースに付ける

忘れ物防止タグの「MAMORIO」を購入しました。

今回購入したのは2019年5月30日に発売したばかりの第3世代のMAMORIO(MAM-003)。性能は向上したのに価格は安くなりました。

財布とキーケース用にチャコールブラックとミルクベージュの2つを購入しました。他にネイビーとピンクが販売されています。

購入した理由や一週間ほど使用した感想を紹介しています。

詳しくは後述していますが、キャッシュレス化で財布をほとんどバッグに入れっぱなしになったからこそ忘れ物防止タグが必要だと感じました。

MAMORIO (2019年モデル MAM-003)を購入した理由

MAMORIO (2019) MAM-003 パッケージ

今回そもそもの忘れ物防止タグを購入した理由は、

キャッシュレス化が進み、すっかり財布を出さなくなったことで、財布はバッグに入れっぱなしということが多くなりました。

毎日仕事で使用してるバッグに入れっぱなしで、たまに他のバッグで出かける時はそっちに移し替えたりという感じなんですが、

そんな風にしてると一つのバッグだけ使用してる時期なんかは何週間もバッグに入れっぱなしということもあって、
ちゃんとバッグに入ってるか不安になることがあるんですよね。

そして確認したら本当にバッグに入ってないことに職場で気づいて、家の別のバッグにあるのか、それとも外で落としたり盗られたりしたのかと一日心配だったこととかもあったり。

普段取り出す必要がなくなっただけにずっと持ち歩いてるつもりだったのに何日も持ち歩いてない日もあったりするんですよね。

昔はパンツのポケットに入れていたので失くしても少なくともその日のうちとか翌日には気づいたと思うんですが、
今は下手すると失くしても気づかないまま数週間経過とかしてしまいかねない。

そこでMAMORIOがあれば家に置き忘れてるだけなら最後に家にある履歴を見れば安心出来るだろうと。

万が一落とした時も早く気づくことが出来ると。

 

また、財布を落としたことは無いんだけど、
キーケースごと鍵の束を落として結局見つからなかったということが、わりと最近の3、4年前にあったので、

念の為キーケースにも付けておきたいなということで2つ購入することにしました。

MAMORIO (2019) MAM-003 パッケージ 表裏

TileではなくMAMORIOを選んだ理由

忘れ物防止タグといえば、現状MAMORIOとTileの2択かなというイメージだったのでその2種からどちらを購入しようか考えました。

MAMORIOとTile共通で出来ること。

どちらも共通でスマホアプリで検知した時間と場所を確認することが出来ます。

タグの現在ある場所ではなくて、タグとスマホアプリで通信出来た場所の記録が確認出来るんです。

今も手元にあるとか、
家に置いたまま出かけてしまうと、何分前に家にあるという履歴を確認出来たり、
道のど真ん中で落としたなら落とす直前に通信出来ていた位置情報はわかるけど、
そこから拾われたりして移動してしまったらその後はわからないという具合。

コミュニティによる「みんなで探す」検索機能

失くしたタグの電波を別の人のスマホが受診することで、
位置情報を本来の所有者のアプリに通知してくれる「みんなで探す」機能がMAMORIOにもTileにもあります。

だからなるべく利用者が多い方が、いざという時にみんなで探す機能で見つけることが出来る可能性が高まります。

MAMORIOとTileの大きな違い

そして、MAMORIOとTileには大きな違いがあって、

MAMOIOは失くした時に自動で通知、Tileはスマホとタグをお互いに鳴らして探せる

MAMORIOには、タグと連携してるスマホが離れると、つまりタグを付けた鍵や財布を落としたり置き忘れたりするとスマホに通知が来るように設定できます。

Tileにはそういう機能がありませんが、スマホからの操作でタグでアラームを鳴らせたり、
反対にTileを操作してスマホを鳴らせることが出来たりします。

MAMORIOには音を鳴らせたりMAMORIO側からスマホを見つけたりするような機能はありません。

駅や街に設置されているMAMORIO SpotにMAMORIOが届くと知らせてくれる

MAMORIOにはMAMORIO Spotの設置場所にタグが届くと知らせてくれるサービスがあります。

気になるのはMAMORIO Spotがどれだけ設置されてるかですが、かなり多くの駅に設置されている様です。

MAMORIO Spot  の設置場所一覧 (https://support.mamorio.jp/articles/1774158-mamorio-spot)

まだまだ拡大中の様ですが、すでにこれだけの駅に設置されてると普段電車移動の多い僕には心強いです。

失くした時に自動で通知が来ることとMAMORIO Spotの存在が決め手でMAMORIOを選びました

Tileのスマホとタグをお互いにアラームを鳴らして探せるというのは便利そうなんだけど、

それよりも失くした時に通知が来ることと、
みんなで探す機能に加えてMAMORIO Spotがあることで、
失くした後にも見つけられる可能性がより高まりそうということが決め手でMAMORIOを選びました。

また、MAMORIO Spotの存在は、これだけ他社を巻き込んでサービスを展開してる様子が、
MAMORIOにかける本気具合もかんじられます。

いまいち流行らなかったからあっさり撤退ということは無いんじゃないかなと想像できるのも大事なポイントでした。

【レビュー】 MAMORIO(2019年モデル MAM-003)を使用した感想

MAMORIO (2019年モデル MAM-003)の外観・サイズ

MAMORIO (2019) MAM-003 チャコールブラックとミルクベージュ

ミルクベージュがほとんど白みたいな色に写ってるけど実物は↓の画像の色の方が近いです。

MAMORIO (2019) MAM-003 とサイズ比較用のAirPods 小ささ・薄さが伝わればとAir Podsと並べてみました。

初期設定・使用準備は簡単

MAMORIO (2019) MAM-003 チャコールブラックとミルクベージュとスタートガイド

パッケージの中にはMAMORIO本体とスタートガイドだけ。

MAMORIO (2019) MAM-003 説明書 スタートガイド

スタートガイドのQRコードからアプリをDL。

MAMORIO iPhoeアプリ

MAMORIO iPhoneアプリ

MAMORIO iPhoneアプリ

MAMORIOを iPhoneアプリに登録

アプリから新規アカウント作成(メール認証など)をして位置情報へのアクセスだとか通知だとかを許可。

「MAMORIOを登録」からアプリとMAMORIOを連携させます。

MAMORIO (2019) MAM-003 チャコールブラック

MAMORIO側は絶縁シートを抜いてスマホの近くに置いておくだけ

MAMORIOを iPhoneアプリに登録

MAMORIOのカテゴリー設定

MAMORIO設定

MAMORIOを iPhoneアプリに登録

検出したらカテゴリーを選んで、名前やPUSH通知のオンオフを選択する。

これだけで初期設定が完了。

MAMORIOアプリの画面

MAMORIO2個目を iPhoneアプリに登録完了

MAMORIOアプリのメイン画面。 登録してるMAMORIOが一覧出来ます。

MAMORIOが手元にある時のアプリ画面

メイン画面から選択したMAMORIOの位置や過去の経路など。

MAMORIO アプリ 地図

地図をタップすると地図だけアップに。

MAMORIOから離れるとiPhoneに通知が。画像はロック画面です。

失くしたら「みんなで探す」機能を有効に

MAMORIOが見つからない時は「みんなで探す」が使用できる

MAMORIOが見つからない時は「みんなで探す」が使用できる

MAMORIO 「みんなで探す」の画面

MAMORIO Spotにタグが届いた際に連絡を受けるのにもみんなで探すを有効にしておく。

万が一、失くしてしまったら「みんなで探す」を有効にすれば見つけることができるかも。

「みんなで探す」はMAMORIOユーザーが多いほど見つかる可能性が高まるので是非ユーザーに増えて欲しいところ。

前述のTileは海外のユーザーが多いけど日本ではMAMORIOユーザーが多いそうです。

ユーザーが多いことやMAMORIO Spotなどのサービスで今回MAMORIOを選んで購入しました。

新機能 「カメラで探す」

MAMORIO設定

MAMORIO 「カメラで探す」

2019年5月末に実装されたばかりの新機能「カメラで探す」は、部屋の中など、近くにあるんだけど見つからない時にカメラ上でMAMORIOの電波を視覚化した探す感じ。

MAMORIO 「カメラで探す」の操作画面

「カメラで探す」で、画像の真ん中奥にある茶色のキーケースを探しています。

MAMORIO 「カメラで探す」でMAMORIOを検知しました

電波を検知するとこんな感じで場所を示してくれます。
モノに埋もれてたりしても見つけてくれるでしょう。

前述のTileはスマホとタグをお互い音を鳴らして探せると書きましたが、MAMORIOにはそういう機能はないので、
部屋のどこかにあるのを探すというなら音を鳴らせるTileの方が便利そうでしたが、「カメラで探す」はその対抗的な機能かもしれませんね。

一週間ほどMAMORIOを使用した感想

MAMORIO (2019) MAM-003 チャコールブラックとミルクベージュを財布とキーケースに付ける

キーケースや財布に入れていても全然かさばらず、
MAMORIO (2019) MAM-003 チャコールブラックとミルクベージュつけた財布とキーケース それでいてしっかり機能しているのが、ちょこちょこ「鍵は手元にありますか?」と通知が来るのでわかります。

MAMORIOとアプリの通信が設定時間の間に1度も行えなかった時に離れたと判断して通知を送ってるようで、

同じ部屋の中にあっても電波の具合とかで通知が来ることがあります。

手元にあるのにありますか?と通知が来た時は「あります」と答えることが出来るんですが、

おそらくそのタイミングで手元にあるのに通知を出してしまったのを学習して、
通知を送るまでに電波の受信を検知する試行時間を自動調整してるんだと思います。(手動でも変えられます)

初めはすぐに通知されるように設定していたので、頻繁に通知が来ていましたが、ちょこちょこ「あります」と答えていたら自動で調整されて、そんなに頻繁には通知がこなくなりました。

それでも日に何度かは来るんですけどね。でも失くしたりするよりマシだし、ちゃんと機能してることの確認にもなるし。

MAMORIOの位置情報の履歴が確認出来るだけで目的は達成

今回MAMORIOを購入した一番の目的は、

「忘れ物防止タグを購入した理由」で書いた通り、

失くした時に見つけるとか、無くさないということではなくて、

いちいちバッグの中を確認しなくても財布を持ち歩いてるかとか、家に置き忘れた時は最後に離れた時は家にあったとかを確認したかったので、

それはこの通りアプリを見るだけで確認出来るようになりました。

MAMORIOでタグを検知した履歴

モザイクの部分には、埼玉県〇〇市〇〇付近 などと表示されていてタップすれば地図が見れます。

それだけのためにと思われるかもしれないですが、普段本当に財布を出すことが少ないので、
たまに確認しないと怖いんですよね。気づかないうちに失くしていてそのまま数週間経過とか全然ありえるので。
免許証とか落とすと面倒ですし。

というわけで僕にとってはこれだけで非常に満足してるんです。

家に置き忘れたのか失くしたのか確認出来ず、多分大丈夫だよなとモヤモヤしながら1日過ごすみたいな日が年に1、2回はあるのを防げると思って。

そして万が一、本当に失くした時に発見すのに役立つかもしれないということで、もうそれだけで十分。

 

しかも新型になって、長寿命・高性能化したのに価格は3割くらい安くなってます。

安くなってユーザーが増えることは「みんなで探す」や「MAMORIO Spot」などで他のユーザーにもメリットがあるので、
2019年モデルが発売したばかりの今が買い時!といっぱい売れてくれればいいなと思います。

やっぱりユーザーが増えた方がMAMORIO Spotの増強も進みそうですしね。

2019年6月19日追記 MAMORIO 「お忘れスマホ自動通知」サービスがスタート!

MAMORIO アプリがiPhoneなどのお忘れスマホ自動通知サービスに対応!

今まで「MAMORIO Spot」では、MAMORIOを付けたモノが届いた時にスマホアプリに通知をして知らせてくれていましたが、
反対に紛失したスマホがMAMORIO Spotに届いた時にメールしてくれる「お忘れスマホ自動通知サービス」がスタートしました。

スマホがMAMORIO Spotに届くと、登録したメールアドレスにメールが届くということ。

スマホでしか見れないメールアドレスだと意味がないので、
PCやタブレットなど他の機器でも確認出来るメールアドレスを登録しましょう。

やっぱり新しい分野の製品で気になるのは、スタートしてすぐの使い勝手もそうだけど、
継続して改良されたり、関連する機器やサービスが広がっていくのかどうかの方が大事。

リリース時に話題になっても結局廃れてしまうモノやサービスがとても多い中、

新型のMAMORIOの発売だけでなく、
MAMORIO Spotの増強や今回の「お忘れスマホ自動通知サービス」のようなサービスの拡充などなど
アップデートの続く様子を見ると信頼出来るし、今後のMAMORIOの展開にも期待出来ますね。

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら

Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!

一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

いいね!してもらえると
めちゃめちゃ嬉しいです!

Twitter で

読者の皆さまへのお願い


  • このブログ内にある商品やサービスを紹介してるリンクには、そのリンクを介して商品を購入したりサービスと申し込んだりすると、その商品やサービスを提供している会社などから私に紹介料が入るものがあります。紹介料を得させたくないなと思われる方はリンクをクリックせずに商品名やサービス名などで検索をかけてご利用下さい。

  • もしブログ記事がいくらかは役に立ったし協力してあげようとなどと思って頂けましたら、是非記事内のリンク経由でご利用下さい。ご利用頂ける皆様のおかげでブログを運営出来ています。本当にありがとうございます!

  • また、記事がお役に立ったり、ブログを応援して頂ける方が居られましたら、SNSでコメントやシェア、お持ちのWebサイトなどにリンクを貼って頂くなど紹介頂けるととても嬉しいです。

  • 記事やTezlogについての感想、質問、ツッコミなどなどもコメント欄・Twitter等でお気軽にどうぞ!

-オススメ・レビュー

Copyright© Tezlog , 2019 All Rights Reserved.