iphone オススメ・レビュー

【レビュー】AirPodsとBeats Xの使い分け。iPhoneとMacで使うBluetoothイヤフォンどっちがオススメ?

2018年9月17日

  1. HOME >
  2. オススメ・レビュー >
  3. Apple >
  4. iphone >

【レビュー】AirPodsとBeats Xの使い分け。iPhoneとMacで使うBluetoothイヤフォンどっちがオススメ?

2018年9月17日

AirPods Appleの完全ワイヤレスイヤフォン

2018年9月にAirPodsを購入しました。オープンエアー型(インナーイヤー型)のBluetoothイヤフォンが欲しかったのと、AirPodsを使ってみたかったのとで購入。

普段は、外出時はBeatsXを、仕事場(家みたいなもの)ではBoseのウェアラブルスピーカー Soundwear Companion Speaker、寝るときにはANKERの完全ワイヤレスイヤフォン Zolo Libertyを使用しています。

今回AirPodsを購入した理由や使用した感想、Beats XやAnker zolo Libertyとの比較や使い分けなどを紹介します。

AirPodsと付属品

AirPods Appleの完全ワイヤレスイヤフォン 付属品

パッケージ内にはAirpodsの入ったケースとLightningケーブルと説明書類。Appleのステッカーが入ってるかと思ったら入ってませんでした。

AirPods のレビュー・感想

開封して初めの感想は「小さっ!」

もう街中でAirPodsをしてる人はよく見かけるようになったし、充電ケースも実物を見るのが初めてではないはずなんだけど、自分のモノとして手にして初めてこんなに充電ケースが小さいことに気づいた。

AirPodsの本体と充電ケースのサイズ

手に持つとこの小ささがよくわかるでしょうか

Anker zolo Libertyの充電ケースとサイズ比較

AirPodsとAnker zolo Libertyの比較

Anker zoloの完全ワイヤレスイヤフォンLibertyのケースとサイズの比較

寝る時に使用している完全ワイヤレスイヤフォン Anker zoloのLibertyの充電ケースと並べると小ささがよくわかります。

それでいてAirPodsもLibertyも充電ケースを使用すると最大24時間以上再生可能だそう。これだけサイズに違いがあるのにすごい。

iPhoneとのペアリングが簡単

AirPodsをiPhoneXと接続

ケースのフタを開くとこの通り、初回でも簡単にiPhoneと接続出来ます。バッテリー残量もケースとAirpods本体それぞれ表示されます。

MacやiPadとも接続が簡単

AirPodsをMacと接続する

iPhoneと接続した後にMacの音量のところを見ればこの通り、もうペアリングが出来ています。

先にiPhoneと接続が済んでるので同じApple IDでログインしてる機器は独自にペアリングしなくても認識されています。

電源のオンオフはケースから出し入れするだけ

AirPods 充電ケース

ケースにしまえば自動的に電源がオフになり充電されます。15分の充電で3時間再生可能。

AirPods ケースとイヤフォン本体

ケースから出せば自動的に電源がオン。iPhoneやMacなどのペアリング済みのデバイスと自動で接続されます。

やっぱり自動で電源が入るのが便利

前述の通り完全ワイヤレスイヤフォンは初めてではなくAnkerのLibertyを使用しているので自動で電源がオンになるのも体験してるんだけど、こちらはベッドで寝る時にだけ使っていて、普段の外出時に一番使ってるのは、BeatsX。

Beats XもAppleのW1チップが入っているのでペアリングや接続の切り替えはAirPodsと同様簡単なんですが、電源のオンオフには電源ボタンを数秒押す必要があるんです。

押して瞬時に起動するのと違い、数秒長押ししてワンテンポ置いて電源オンオフの音が流れるので、オンになるくらい押したつもりで指を離しても微妙に押してる時間が短かったのか電源が入らないということが起こるのはBluetoothイヤフォンあるあるじゃないかと思うんです。

その点ケースから出し入れするだけで接続出来るのはやっぱりいい。

AirPods Appleの完全ワイヤレスイヤフォン

スピーカー部とか下の銀色の部分とかに高級感が。

接続音がMacっぽい

接続した時の音がヴァーンって鳴って、それがMacを起動した時のジャーンっていう音みたいでどっちも好き。大抵のBluetoothイヤフォンは似たり寄ったりだけどそれらより耳触りがいい。

たまに繋がらなかったり、片方しか繋がらないことも

ごくごくたまにケースから出して耳に入れても繋がらなかったり、片方からしか音が出ないことも。そんな時は一度ケースにしまってから改めてケースから出すと繋がります。

耳に入れると再生・外すと停止がスマート

ケースを開けると接続して耳に入れると自動で再生・外すと停止、また耳に入れると再生、外すと停止、ケースにしまうと接続が切れるという具合。

この自動で耳を検出して再生・停止出来る機能はオン・オフ出来ます。

AirPods Appleの完全ワイヤレスイヤフォン

耳に入れる部分の内と外にある丸い穴がセンサーになっていて耳に入れたり外したりを認識している。

装着感素晴らしい。想像以上にフィット感が抜群!

装着感が想像以上にすごい!今までに耳に合わないとか首を振ると外れるという声も聞いたことがあったので、みんながみんなじゃないんだろうけど、

僕の耳にはかなりフィットするようで、耳にはめた瞬間に、あ、これは落ちないわ、ってわかりました。

AirPodsが耳に合わなくて外れやすい場合は嵌めた後に少し回すとフィットするっていうようなのをなにかでみた覚えがあるけど、そんな必要もなくしっかりフィットして全然外れる不安がない。

頭をブンブン降っても外れないのはもちろんだけど決定的に大丈夫だと思ったのは、

AirPodsが手元に届いた2018年9月7日は僕の住む埼玉は台風が直撃はしてないものの近づいていてだったか何だったかでかなり強風だった。そんな中手元に届いたばかりのAirPodsを付けて外を出ることに迷いがあった。

装着感への不安はないけど、それでも瞬間的な突風とかで飛んでったらどうしようとか。でもむしろこれで大丈夫だったらもう心配ないだろうっていうことで恐る恐る初めは手でガードしながら付けたまま出てみたところ全然大丈夫っていうことがあったから。

貴重なオープンエアー型(インナーイヤー型・開放型・耳栓タイプじゃない)のBluetoothイヤフォン!

あとで今回AirPodsを購入した理由やメインで使用してるBeats Xとの比較とか使い分けについても書くつもりでそこにもかかってくるんだけど、

最近のイヤフォンてほとんどがカナル型(耳栓タイプ)で、オープンエアー型のBluetoothイヤフォンはAirpodsのパチモンみたいなものしかほとんど見ないくらい貴重。

どっちがいいかというともちろんどっちにもそれぞれの良さがあって一長一短。あとはどっちを重視するのかとか、使用シーンによってとか。ただ基本的にはカナル型が人気あるからカナル型だらけになってるのかな。

オープンエアー型の良いところ

として言えるのは、イヤフォンをしていてもきちんと周りの音が聞こえることとか通話するときの話しやすさ。イヤフォンして音楽聴きながらついつい一緒に歌っちゃう時とかもカナル型より歌いやすい。

恥ずかしいけど一人で音楽聴いてるとき結構歌ってるんだよね。

カナル型だとなんで話しづらいのか歌いづらいのか、ピンとこない人は耳を指で塞ぎながらしゃべってみるとカナル型のイヤフォンをしながら話す感じがわかると思います。

オープンエアー型の悪いところ

裏を返せば周りがうるさい時には周りの騒音がカット出来ない、音楽や通話の音声もよく聞こえない、耳栓的な役割で使えないとか。それで音量を大きくすれば周りへの音漏れが気になるなど。

ダブルタップに操作を割り当て

デフォルトでは左右どちらもダブルタップでSiriを呼び出せるけど、それぞれ別の操作を割り当てられます。曲送りとか、再生・停止とか。

ダブルタップでの操作の設定とか、前述の自動で耳検出のオン・オフは

AirPodsの設定をiPhoneでの変更方法

AirPodsの設定をiPhoneで変更する

設定→Bluetooth→AirPodsでダブルタップの操作の割り当てや自動耳検出のオンオフを切り替え

AirPodsの設定をMacでの変更方法

AirPodsをMacで設定

Macの場合はシステム環境設定→Bluetooth→(AirPodsの)オプションから。

AirPodsをMacで設定

初期設定は左右ともSiri

LINE通話もかなり良好

テスト的にLINE通話してみたところ相手からは普段使用してるBeatsXよりも聞き取りやすかったそうで高評価。

こちら側もカナル型のBeatsXよりもオープンエアー型のAirPodsの方が話しやすいです。ずっとカナル型でも通話してきたので慣れたは慣れたけどやっぱりオープンエアー型の方が話しやすい。

AirPods Appleの完全ワイヤレスイヤフォン

下の部分がマイクになっていて通話する時は声は捉えてノイズは軽減するようにマイクの音の捕り方を計算するそう。

AirPodsを購入した理由

今回AirPodsを購入したのはAirPodsを使ってみたかったから。2017年2月に購入したBeats Xのレビュー記事にも書いた通り、当時から,

  • 完全ワイヤレスイヤフォンより完全ワイヤレスではない、ケーブルのついたBluetoothイヤフォンの方が自分の使い方に合ってる
    (外出先などでちょっと外すときに首にかけておける、落としたり紛失の心配が完全ワイヤレスより少ない、こまめに充電しなくても長時間使えるなど)
  • でもオープンイヤー型のBluetoothイヤフォンであるということと、Apple純正のイヤフォンであるという部分でAirPodsも使ってみたい

と思っていました。

その後値段が手頃なことやAnker製ということもあって完全ワイヤレスイヤフォンのLibertyを寝るときに使う用のイヤフォンとして購入して、装着感の良さなどが想像以上に良いと知る。

それでもやっぱり日常的にはBeats Xの方が使いやすいなと再確認。iPhoneやiPad・Macと頻繁に切り替えるのでAppleのW1チップの入ってるBeats Xはとても使いやすい。

そんな流れもあって、AirPodsを使ってみたい、欲しいという気持ちはありつつもBeats Xの方が少なくとも僕には使いやすいだろうなと思っていて、

結論から言ってしまうと実際にそうだったんだけど、それでも単純にモノとして使ってみたかったから購入したという感じです。

ハナからBeats Xと入れ替わってメインで使う感じにはならなくて構わないと思って購入しました。もちろん入れ替わるくらい良好だったらそれも嬉しい誤算だけど。

あと、あくまで僕にはということなんで、どっちがいいかは何を重視するのかとかによると思います。

実際に使ってみてのBeats XとAirPodsの比較

そういう経緯があって、実際にAirPodsを使った感想はこれまでにも書いてきたけど、

特にBeats Xと比較すると、

AirPodsの良いところ

  • ケーブルが無くて (Beats X以上に) 快適
  • 耳に入れてるのも忘れるような装着感と外れなさ
  • ケースからの出し入れで電源のオンオフが出来る
  • 通話がしやすい (オープンエアー型で話しやすいのとマイクの具合が通話相手からも高評価だった。)
  • 音楽を聴きながら歌いやすい
  • ケースに入れておくとバッグなどに入れるのもコンパクト。(Beats Xは大体首に掛けっぱなしにしてるけど、しまわないといけない時はちょっとかさばる)

Beats Xの良いところ

  • 耳から外した後も首にかけておける
  • (カナル型なので)周りがうるさくてもちゃんと音楽などが聴きやすい
  • 耳栓的にも使える
  • 連続8時間再生

という感じ。

そして大事なのがどちらも共通でAppleのW1チップが入っていてApple製品との親和性が高いこと。

Beats Xは元より、AirPodsも実際に使って本当に気に入った。

その上で,

AirPodsが手元に届いて10日ほどになるけど、日常的にメインのイヤフォンとしてはやっぱりBeats Xになっています。

しかしAirPodsも持ち歩いていて、場面によって使い分けているので、Beats XとAirPodsの使い分けについても紹介しておきます。

AirPodsとBeatsXの比較

2017年の2月の発売以来ずっとメインで使用してきてるBluetoothイヤフォンのBeatsXはAirPods購入後もメインで使用しています。

Beats XとAirPodsの使い分け

Beats Xじゃないとダメな場面

まず、メインのイヤフォンがBeats Xじゃないとダメだとなった決め手の部分は、カナル型のイヤフォンの遮音性。

オープンエアー型が貴重だと言ってきてその良さは間違いなくあるんだけど、その部分で使い分けてるんだけど、

一番カナル型じゃないとと思ったのは、街中とか電車の中での周りのうるささ。

普段出歩くときは本当常にと言っていいほどイヤフォンをしていて、何なら何も流してなくても耳栓的に使用していたので、AirPodsを付けて街を歩いたり電車に乗ったりした初日に、こんなにうるさいんだっけと驚いた。

それまでは、うわーAirPodsいいなー、これメインにしてもいいくらいだなー、なんて思ってたんだけど、いざ電車に乗ったりしてみると、やっぱりこういう場面はカナル型じゃないとダメだ、と。

周りのうるささから解放されたいのもそうだし、音楽も聴きづらいし。

AirPodsを使う場面

反面、周りの騒音を気にしなくていいような場面、家や事務所、外でも街中じゃ無くて人の少ない場所、地元の駅から家までの帰り道なんかもそう。

そういう場所ではAirPodsでも困らないし、通話や音楽を聴きながら歌ったり出来てむしろAirPodsの方がいい。だから最近は帰り道では電車で地元に着くまではBeats Xで地元に着いて駅周辺を離れたらAirPodsに変えたりしてる。

寝る時用のイヤフォンに最適

AirPodsとAnker zolo Libertyの比較

あと、普段寝る時にAnkerの完全ワイヤレスイヤフォン Libertyを使用していたと前述したけど、これは完全にAirPodsと入れ替わった。

元々寝る時なんかは静かなのでカナル型である必要は別に無くて、ただケーブルがないっていう快適さで完全ワイヤレスイヤフォンを使用していたので、装着感のより良いAirPodsになってますます快適になった。

AnkerのLibertyも装着感はとても良いんだけど、それでもカナル型よりオープンエア型の方より耳が楽な感じがするので。

AirPodsの感想 まとめ

AirPodsの使い心地は素晴らしいんだけど、それでも僕の使い方ではBeats Xの方がより優秀。

でもBeasts Xより優れてるシーンもある。

AirPodsだけあればいいという具合にはならなかったけど、

AirPodsもあるとより良いという感じになりました。実際手元に届いてから使用してない日は1日もないくらい。

両方持ち歩くとなると荷物が増えて邪魔そうだけど、AirPodsがコンパクトなのでポケットに入れてもバッグに入れてもかさばらないし、仮にそれくらいの荷物も減らしたいくらいな時はBeats Xだけ持っていけば今まで通りには使えるので大丈夫。

2018年12月30日追記 AirPodsのようなデザインのカナル型完全ワイヤレスイヤフォン Anker Soundcore Liberty Air を購入しました。

AirPodsのようなデザインのカナル型イヤフォンLiberty AirがANKERのSoundcoreから発売されました。

Apple製品とのシームレスな接続はもちろん、そもそもマルチペアリングが出来なかったりとAirPodsと同じ感覚では使えませんが、

でもAirPodsの形状でカナル型のイヤフォンが欲しいという人にはピッタリ。

なおかつ信頼のANKER製ということで品質もバッチリ。

ANKER soundcore Liberty Air 完全ワイヤレスイヤフォン 充電ケースとイヤフォン本体【レビュー】ANKER Soundcore Liberty Air 。カナル型のAirPodsが欲しかったならこの完全ワイヤレスイヤフォンがオススメ!

いいね!してもらえると
めちゃめちゃ嬉しいです!

Twitter で

読者の皆さまへのお願い


  • このブログ内にある商品やサービスを紹介してるリンクには、そのリンクを介して商品を購入したりサービスと申し込んだりすると、その商品やサービスを提供している会社などから私に紹介料が入るものがあります。紹介料を得させたくないなと思われる方はリンクをクリックせずに商品名やサービス名などで検索をかけてご利用下さい。

  • もしブログ記事がいくらかは役に立ったし協力してあげようとなどと思って頂けましたら、是非記事内のリンク経由でご利用下さい。ご利用頂ける皆様のおかげでブログを運営出来ています。本当にありがとうございます!

  • また、記事がお役に立ったり、ブログを応援して頂ける方が居られましたら、SNSでコメントやシェア、お持ちのWebサイトなどにリンクを貼って頂くなど紹介頂けるととても嬉しいです。

  • 記事やTezlogについての感想、質問、ツッコミなどなどもコメント欄・Twitter等でお気軽にどうぞ!

-iphone, オススメ・レビュー
-, ,

Copyright© Tezlog , 2019 All Rights Reserved.