デスク・収納

【レビュー】桐の木製ブラインドをオーダーメイド。天然木のスラットがかっこいい!賃貸・一人暮らしでPC部屋に。【楽天市場 RE:Home】

木製ブラインドを取り付けた窓

オーダーメイドのウッドブラインドを購入しました。

購入したのは楽天に出店しているRE:Homeというお店。Yahoo!ショッピングにも出店してました。

  • 交換保証付きの高品質スラット
  • スラット交換サービス
  • デザイン性の高い5シリーズ28カラーの豊富なラインナップ
  • 35mmと50mmの選べるスラットサイズ
  • 丈夫な操作コード
  • コード交換サービス
  • オーダーメイドだから出来る特別なカスタマイズ
  • 壊れにくい本体
  • 国内販売台数トップクラス
  • 光漏れ軽減
  • スムーズな動きでストレスフリー
  • 操作の重さ負担が軽いループタイプ仕様有り
  • 賃貸OK
  • 壁の穴開け不要タイプ有り
  • 国内オーダー加工
  • 一流メーカー同等品質なのにリーズナブル
  • 3ステップ簡単取り付け

と言った特徴が販売ページで紹介されていました。

1cm刻みで指定出来て、取り付け場所の幅2m・丈80cmといった具合に指定。

桐素材の最軽量シリーズというのからビターブラウンを注文。

桐素材にすることで、防湿・抗菌・断熱に優れて重量50%カットだそうなので、軽い方が設置が簡単だったり、重さによる問題が起きなかったり、住環境としても住みやすくなるかと判断しました。

2020年の9月に引っ越しをしてきて新しいマンション、2021年の1月に机が届いて、少しずつこの書斎部屋を整え始めたところ。

ブラインドは注文するのも取り付けるのも初めて。

取り付け方自体は簡単なんだけど説明書がわかりづらくて説明書を読むより実際に手を動かした方が早かったです。

あと単純にモノが大きいので一人で担いで取り付けるのはちょっと大変でした。

モノ自体には概ね満足しているのでまた今度寝室用にも購入しようと思っています。

ちょっと不満な点も記事内で書いてます。

作業したのが深夜1時過ぎから2時くらいにかけてで時間をかけたくなかったり、モノが大きくて手が回らなかったりで肝心の取り付け作業は写真が揃ってないけど、取り付け後の見た目や操作感を写真と動画で紹介しています。

木製ブラインド取り付け前の窓

木製ブラインド取り付け前の窓

机の正面にある窓がマンションの廊下に面していて、開けていると廊下を通る人はもちろん、さらにその向かいのマンションのべランドも見えるって状態。

なので風通し程度に開けることはあっても部屋丸見えみたいに大きく開けたくは無かったのでカーテンよりブラインドの方が都合がいいかなと。

部屋にあるもう一つの大きい窓はベランダに通じていて頻繁に出るのでブラインドよりカーテンの方が楽かなと思ってカーテンに。

届いた木製ブラインド

木製オーダーメイドブラインド RE:Home 梱包

こんな状態で届きました。

木製オーダーメイドブラインド RE:Home 梱包を開封

開封するとこう。

木製オーダーメイドブラインド RE:Home 梱包を開封

本体に説明書と、青い包みは設置するためのパーツ。

木製オーダーメイドブラインド RE:Home 梱包を開封

木製オーダーメイドブラインド RE:Home 梱包を開封

袋一つにつき、設置するパーツが2つとネジが必要な数に加えて多分予備ということで1個多く入ってました。

木製ブラインド取り付けパーツを窓枠に設置

こんな感じで窓枠のの内側にパーツを取り付け。他にも窓枠の外側とか、カーテンレールに取り付けるとか色々選んで注文出来ます。

賃貸なんだけど、こちらはあえて特に賃貸用のパーツじゃなくて普通にネジ穴が空いてます。後々退去するときにはパテで埋めて誤魔化せたらいいなと。

本来は賃貸ならカーテンレールに取り付けるパーツで穴を空けずに、という方がいいんだけど、この窓はカーテンレールが使えなそうだったので。

このパーツに本体をどう取り付けるのか説明書を見ても分からなくて、説明書で理解するのは諦めてモノを触りながらここを入れて押し込めばハマるのかとか手を動かして理解しました。

説明書のわかりづらさは結構不満だけど、わかってしまえば簡単で一個付いた後は連続でバンバン付けられるくらい。

あと幅が2m近いのを注文したから、桐素材で軽量なタイプだったんだけどそれでも一人で担いで付けるのは大変だった。

なるべくなら2人とかで作業できると良いと思います。

ただ長いのを注文するときは2つに分割するみたいなオプションもあるので、一つずつを軽量化したいとか、右側だけ開けたりとかしたいとかっていう時にはそちらが良さそう。

僕も初めは分割しようかと思ったんだけど、でも操作するのも2カ所に分かれちゃうの嫌だなと思って分割せずに注文。

木製ブラインド 取り付け後

木製ブラインドを取り付けた窓

丈がちょっと長いようにも見えるけど、短くて下から窓がのぞくのが嫌で、ピッタリ・スレスレくらいにしたかった。実際にはギリギリ触れてるというよりはちょっと乗っかるという感じになってるけど、画像の状態が一番低い状態でこれより低くベタっとはならず、スラットの角度を動かすと浮くくらいでちょうどいいかなと思ってます。

木の感じはすごく良くて気に入りました。

木製オーダーメイドブラインド RE:Home
木製オーダーメイドブラインド RE:Home

せっかくだからこのポリエステルの紐も天然素材とかで風合いの良い感じのとか選べたら良いのになと思う。

ただこのコードは丈夫な操作コードとしてウリな部分らしい。

残念な点。

木製オーダーメイドブラインド RE:Home

残念な点が一つあって、ブラインドの上げ下げする操作コードのコードキャップ。

せっかくブラインドのスラットが天然木でめちゃめちゃいい質感なのにコードキャップがチープ。

木製オーダーメイドブラインド RE:Home コードキャップ

で、あれ?あそこも木なはずじゃ無かったっけって思って製品ページを見たら、確かに、「選べるコードキャップ4種類」とかあって、で、追加費用のかかる4種(1個500円)とかからない標準タイプの合計5種類があるんだけど、全部木製のタイプ。それを見てて標準のやつでいいわーって思った記憶はある。

でも思い返すとオーダーの時に選択した憶えないなってなって、

で、オーダーフォームをいじってみると、このコードの操作部分はループ式っていう、コード一本で上げ下げと開閉が出来るやつと、コード式の上げ下げと開閉が別々になってるのを選べるのが標準のようなんだけど、

僕が注文した軽量の桐タイプのやつはコード式が存在しないらしくループ式のみ。コード式が選択肢に表示もされないから本来はここを選べるってことにも気づかない。

ループ式には、コードキャップは選択の余地なく、今回付いてきたコレになるらしい。

で、ループ式の場合のコードキャップの画像、どっかに載ってるのに僕が見落としたのかと確認したんだけど、販売ページ内の一カ所にうっすらコレがそうかなっていうのが一部分だけぼやけてチラッと写ってるくらいでしっかり載ってる画像は一枚もない。

もう意図的に隠してるようにしか見えなくてめちゃめちゃ感じ悪いわーって思いました。

ループ式の場合はコレってわかってて仕方なく選ぶ分には納得出来るけど、ループの場合の説明が一切なく、コード式の方だけ紹介して標準て載ってるやつがあったら、ループ式もそれだと思うよね。

かと言って、ループタイプで選択出来る木のタイプが存在しないなら文句言ったところで出ては来ないわなと思って諦めました。

隠されてた感じが嫌なだけで、普段使う分には目につかないように隠せるのでそんなに気になってません。

仕組み的には代用出来るモノが見つかればプラスチックのを外しちゃって付けることも出来そうだから何かないかなーってのも思いつつ。

木製オーダーメイドブラインド RE:Home

普段はこんな感じで操作コードは隠せてる。

木製ブラインドの操作感を動画で紹介

この通りアルミのブラインドみたいにガーッと一気に上がらないので頻繁に上げ下げするような環境だと面倒かなと思います。

僕は前述の通りほぼ上げる使い方はしないで風を通す時だけ角度を動かせれば良いのと、風を通す時も目隠しにしたいのでカーテンよりブラインドが良いなと。

ベランダによく出入りする大きな窓はサッと開いたり閉められるカーテンにしています。

木製ブラインドにして良かった!

LG 43インチ液晶モニターとエルゴトロン HXモニターアーム ウォルナットデスクのPC環境

PC部屋として環境を整え始めて、まずデスクとデスクチェアを買って、PCのモニターを設置する前にブラインド設置しちゃわないと邪魔になって大変そうと思ってPCなどを揃えるのが止まっていたので、ブラインドも無事設置できて、モニターやPCも買い、と着々と進んでいて楽しいです。

前述のコードキャップの不満な点も気づいた直後はイラッとしたけど今は別にいいやってなってて、そのうち寝室用にもこのウッドブラインドを買い足そうと思ってます。

頭にきたから次は他で購入!とはならずに注文の仕方とか実物がどんなかとかの勝手もわかったので不満な点も踏まえた上でまた購入しようと思っていて、マイナスな点があるのにそう思うくらいに、桐の木のスラットの感じはすごく良くてウッドブラインドにして良かったと思ってる。

注文前はサイズ大丈夫だろうかとか、1人で取り付けられるだろうかとか不安な点もあったんだけど無事取り付けられて、これならもう一度取り付け作業するのもなんてことないなという感じ。

後は肝心なのはトラブルなく長く使えるかだと思うので、何かトラブルがあったら記事を更新しようと思います。

長く更新されてなかったらきっとトラブルなく使えてるんだなと思って下さい!

ちなみに価格は注文の仕方(サイズやシリーズ、その他オプション)で大きく変わるのであくまで参考程度ですが、

200×80cm の最軽量シリーズという桐素材のモノで税込み28,000円かからないくらいでした。

額面上がそれくらいなので楽天やYahooのポイントで実質はもう少しお手頃です。

匠一松 ウォールナット 無垢集成材 ダイニングテーブルをPCデスクに
【レビュー】ウォールナット 無垢集成材とアイアン脚の ダイニングテーブルをPCデスクに。【WoodenJAPAN 匠一松】 

続きを見る

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど
【デスクツアー】ほぼ自宅オフィス。「かなでもの」の杉無垢材のテーブル・MacBook Proやトリプルディスプレイ環境で使用してるモノたちを紹介

続きを見る

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア
【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

続きを見る

2020年下半期 買って良かったモノ
2020年下半期 買って良かったモノ

続きを見る

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!
一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

てず

オススメのモノ・コトを紹介。Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェットや革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。 他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。 2012年から一人会社。2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。30代。 プロフィール Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2020年下半期 買って良かったモノ
買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020/12/31    

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・収納

【デスクツアー】ほぼ自宅オフィス。「かなでもの」の杉無垢材のテーブル・MacBook Proやトリプルディスプレイ環境で使用してるモノたちを紹介
デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・収納 買って良かったモノ まとめ

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

2021/1/18    ,

Ankerや RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介

ANKER デスク・収納 充電機器 買って良かったモノ まとめ

【2021年】Anker・ RAVPower・CIOなど実際に使用してるオススメのMagSafeやPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介。
オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介
スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020/11/27    ,

Scansnapの使い方

Scansnap

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

2019/9/2    ,

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

2020/1/26    ,

-デスク・収納
-