イヤフォン・スピーカー

オススメのイヤホン・ヘッドホン・スピーカーをまとめて紹介。 Air Pods ProやHome Pod mini・AfterShokzの骨伝導やMarshallのスピーカーなどなど。

2019年8月5日

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。

一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、
専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、
寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、
使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。

もう1日を通して耳が空いてるなら音楽でもラジオでもYoutube(で音だけ)でも何か流してないと損くらいな感覚になっちゃってる。

いくつもイヤフォンを使い分けているというと音質に拘りがスゴイのかと思わせるかもしれませんが、
むしろ音質にはそこまで拘りはなくて(もちろん良いにこしたことはないけれど)
それよりも使う状況に合わせて快適に使えるモノを揃えるのが好き。

どれも単体でそれぞれ紹介記事を書いているので、このページではそれらをどんな風に使い分けているのか、まとめて紹介します。

ノイキャンと外音取り込みで外出時に最高に快適なAirPods Pro

AirPods Pro 本体とケース

2019年11月からメインで使うようになったのがAirPods Pro。

ノイズキャンセリングと外音取込機能、付けてるか分からなくなるくらいの自然な付け心地など最高に快適な完全ワイヤレスイヤフォン。

オンにすると途端に今まで意識もしていなかったような音まで聞こえなくなるノイズキャンセリングは初めて使った時はめちゃめちゃ未来感あるなーって思いました。

普段使いのイヤフォンには耳栓の役割も求めてるからノイキャンは最高。

そしてお店なんかでお会計をするときとかちょっとしたときにでもいちいち外さなきゃいけないし、それをそのままポケットに入れるのもケースにいちいちしまうのも嫌っていうのがそれまで完全ワイヤレスを普段使いにするのを敬遠してた理由だったんだけど、

外音取り込み機能でイヤフォンを付けたままでもまるで付けてないように会話出来るということで、僕にとっては普段使いできる初めての完全ワイヤレスイヤフォンに。

ROOT CO. GRAVITY MAG REEL LITE でAirPods ケース weLve South AirSnap Pro をバッグに取り付け

Twelve SouthのAirSnap Pro for AirPods Proというケースに入れてROOT CO.のGRVITY MAG REEL LITEを付けてバッグにぶら下げたりズボンのベルトループに下げたりして持ち歩いています。

ROOT CO.のGRVITY MAG REEL LITEはカラビナとマグネット式のリールがくっ付いてる製品でバッグにつけて背中の方でぶら下げてたり、腰元のベルトループでぶら下げてたりしても、いちいちカラビナを外さずにそのままグイーッと手元まで持って来れちゃうという便利アイテム。

キーケースにも付けてるんだけどもうこれ無しじゃめちゃめちゃ不便だし、GRVITY MAG REEL LITEを付けられるのもTwelve Southのケースにカラビナを付けられるループが付いてるから。

音質やノイズキャンセリングはどんどん良い製品だったり、安価でも対応してる製品が増えてるけど、こうやって付けられるケースが豊富なのもAirPods ProというかApple製品の良いところですよね。

created by Rinker
Apple(アップル)
定価30,580(税込)
楽天等では定価以上での販売が目立ちますが、ポイントなどを考慮すると実質定価以下で購入出来る場合もあります。
AirPods Pro 本体とケース
【レビュー】AirPods Pro 最高に快適な完全ワイヤレスイヤフォン!2ヶ月使用した感想と一緒に使ってるアクセサリー・周辺機器も。

続きを見る

AirPods Pro以前に外出時のメインイヤフォンだった Beats X

BeatsX AppleのBluetoothイヤフォン

先に紹介したAirPods Proの登場で出番がなくなりましたがそれまで長くメインのイヤフォンとして活躍してくれたのがこのBeats X。

Beats Xを使い始めた頃は今みたいにイヤフォンを使い分けるのとは真逆で、Beats X一本で全て済ませるべくMacやiPhone、iPadとの切り替えがスムーズということで選択してたんだけど、方針が変わって用途ごとに使い分けるようになって切り替えのスムーズさが利点でも無くなり。

外出時は耳栓の役割も求めていたことからカナル型である必要もあったし、ちょっと外すときに肩にかけておける点も完全ワイヤレスよりこの形のBluetoothイヤホンの方が使いやすかった。ノイキャンと外音取り込みのあるAirPods Proでこの辺の利点も無くなり。

2017年2月に購入以来AirPods Pro登場までずっと使用してたけどだんだんBeats Xである必要性がなくなり、AirPods Proと交代となりました。

beatsX
【レビュー】BeatsX がMacとiPhoneで普段使いするベストなBluetoothイヤフォン!

続きを見る

机の上に置いてるメインスピーカー。Marshall スピーカー STANMORE Ⅱ Bluetooth

Marshall Bluetoothスピーカー Stanmore Ⅱ

2019年8月末に懸賞で当選して頂いたスピーカー。

それまではほとんどイヤフォンばかりで、
Boseのウェアラブルスピーカー以外にスピーカーを買ったことはなかったんだけど(これも買ってないけど)

これがさすがMarshal!めちゃめちゃ音が良くて重低音が気持ちよくて、音楽を聴くのはもちろん、
今まではBoseのウェアラブルスピーカーだった映画や海外ドラマもMarshall STANMORE Ⅱで鳴らすようになって
ウェアラブルスピーカーの出番が無くなってしまった。

ウェアラブルスピーカーは首にかけてるからそこそこの音量でも大音量に感じたり振動を感じられたりする楽しさがあったんだけど、こっちはやっぱりただただパワーがすごい。音を浴びてるっていう感じ。

それだけにある程度の音量で鳴らしても大丈夫な環境じゃないともったいない気はするけど、

僕の場合は仕事場の机に置いていて、仕事場といっても一人でやってる会社なので家みたいなもんで。さらに夜とかは事務所の入ってる雑居ビル内に僕一人っていう状態になるんで周りを気にせず鳴らしてます。

2021年8月現在、少し文章を追記してるけどもう手に入れて2年経つというのに変わらず最高。スタンディングデスクなので毎日これで音を出して立って体を揺らしながら仕事をしたりブログを書いたり。

スマートスピーカーやノイズキャンセリング目的でAirPods Pro、入浴用に防水イヤホンとか目的に合わせたモノは別にして、いい音で聴きたい!というような目的では全然他のスピーカーやイヤホン・ヘッドホンに目移りすることがなくってここ2年はそういう目的でスピーカーやイヤホンを購入してないし、今度こういうのがどこどこのメーカーから出るっていう話も目にはするけど全然目移りすることもなく。それくらいMarshall STANMORE Ⅱ に満足しています。

ありがたいことにポータブルスピーカーとかイヤホン・ヘッドホンてかなりレビュー依頼を頂くんだけど、音質がいいみたいな全然他のを試したいという気持ちにならないのですっかりお断りし続けています。

Marshall Bluetoothスピーカー Stanmore Ⅱ
【レビュー】Marshall STANMORE Ⅱ Bluetooth 。オシャレなスピーカーが部屋をライブハウスに!

続きを見る

映画や海外ドラマ、LIVE DVDを見るなら Bose Soundwear Companion Speaker

Bose ウェアラブルスピーカー SoundWear Companion ヘザーグレーのカバーを装着

こちらはMarshall STANMORE Ⅱの項目で少し触れたBoseのウェアラブルネックスピーカー Soundwear Companion Speaker。肩掛けスピーカーとかウェアラブルスピーカーとかいうジャンルの製品。2018年3月に購入。

PCで映画や海外ドラマ、音楽のLIVE DVDなどを見る時に使用。

首元で音が鳴ってるので、そこそこの音量でもかなり大音量に聴こえて、
重低音の振動もあって、迫力のある音が楽しめます。

スピーカーで鳴らしてるのに周りにあんまり聴こえないようにしつつ音楽を楽しむというよりは、
そこそこの音量、なんなら大音量で鳴らして、自分ではより大音量に感じつつも、
外にはそこまでの音量で聴こえていないっていう方が正しいように思います。

AirPodsを買うまでは仕事場で普段使いもしていました。

カナル型イヤフォンやヘッドフォンだと来客や電話に気づかなかったりするので、
耳を塞がないBose Soundwear Companion Speakerが活躍していました。

そういう点では家事中なんかにも良い。洗い物とか洗濯物干しとか。

レビュー記事では肩掛けスピーカー人気の火付け役になったSONY SRS-WS1との比較やTVで使う方法なども書いています。

購入当時はウェアラブルネックスピーカーはSRS-WS1とBose Soundwear Companion Speakerの2択でしたが他のメーカーからも登場してきました。

めちゃめちゃ気に入ってたんですが、その後すでに紹介したMarshallのスピーカーを手に入れてすっかり出番が減って手放してしまいました。

大音量でスピーカーを鳴らしづらい環境とかでも結構な音量で聴けると思うので環境によっては普通のスピーカーより使いやすいと思うので自分は手放してしまったけど相変わらず良い製品だと思ってる。

しかもその後家の寝室でプロジェクターを使うのが習慣になってまた再び欲しくなってます。

残念ながらもうほぼ中古品しかない様だしこのジャンル自体も新製品はほぼ出ていない様子。

Bose ウェアラブルスピーカー SoundWear Companion 本体とカバーブラック
【レビュー】 Boseのウェアラブルネックスピーカー SoundWear Companion speakerがめちゃくちゃいい!

続きを見る

2020年8月追記 AfterShokz 骨伝導ワイヤレスイヤホン AEROPEXが通勤・デスクワーク・入浴と大活躍

AfterShokz AEROPEX Solar Red (AFT-EP-000014)骨伝導ワイヤレスイヤホン

2020年8月にAfterShokzさんからレビュー用に提供頂いた骨伝導ワイヤレスイヤホン AEROPEX。

それまで骨伝導は使用したことがなく、どんな風に聴こえるのかという物珍しさの興味からだったんだけど、実際に使用したら、

「耳に入れてない割りにちゃんと聴こえる・普通のイヤホンじゃないのにわりと音がいい」とかじゃなくて、

骨伝導とか抜きにめちゃめちゃ音が良い!骨伝導ってこんなにすごいの!?って驚愕。

それでいて、

  • 耳を塞がない開放感と周りの音が聴こえる安全性や安心感
  • フィット感の良さ、安定感、付けてて痛くなったり痒くなったりしない
  • 音質の良さ、聴き疲れしない
  • バッテリーが長持ち
  • IP67の防水防塵性能

っていうような快適さがあって、AfterShokz 骨伝導ワイヤレスイヤホン AEROPEXを頂いた直後は仕事場でも使い、家でも入浴用に使いと、一日中使い倒していました。

以前は入浴用に別の防水イヤホンや防水スピーカーを使ったり試したりしてきたんだけど、まず防水スピーカーは防水性能やスピーカー性能よりも単純に反響が多くて浴室向きじゃないと思ったのと、防水のカナル型イヤホンはイヤーピースの隙間から水が入らないように入浴中に外せない。まあそれくらいは許容出来る範囲なのでそれまではそれを使ってたんだけど、Aeropexの方が圧倒的に快適なので切り替えました。

ただAeropexも、本体のかかってる部分の耳周り首周りが洗いづらい流しづらいということはあるんだけど。でもちょっと気にしてしっかり洗ったり流したりすれば良いだけなので。

他にも家事とか通勤の自転車とかも行けちゃう。自転車に関しては地域の取締りの方針や条例にもよるから確認は必要だけど。

とにかく遮音性が要らない用途ではめちゃめちゃ優秀です。

後に同じくAfterShokzの骨伝導ワイヤレスイヤホン OpenComm もご提供頂き、仕事場での使用はこちらに。

Aeropexは入浴時専用になりました。入浴時にイヤホンなんかいらないという人も多いと思うけど音楽とかラジオとか流しての入浴もいいですよ。

僕は大体深夜ラジオとかをradikoのタイムフリーで聴いてます。

仕事場でずっと使ってる AfterShokz ブームマイク付き骨伝導ワイヤレスイヤホン Opne Comm

AfterShokz 骨伝導ヘッドセット OpenComm

一つ前の項目で紹介したAfter Shokzの骨伝導ワイヤレスイヤホン Aeropexをベースにブームマイク(突起についたマイク)を備えて通話性能を向上、ビデオ会議なんかのビジネス用途に特化したモデル AfterShokz OpenComm。

Aeropexがベースだから普通に性能が高いのでビデオ会議や通話をするときに付けるっていうより、仕事中付けながら普通に音楽やラジオを聴いてて、通話やビデオ会議にもそのまま対応出来るという感じがすごく使いやすい。

通話のため、ビデオ会議のために準備するとかだと面倒になっちゃうので。

そして通話性能以外の部分はAeropexのところで書いた通りなのでもう1日中使ってて快適。

夜になって仕事場のビルに人がいなくなったらOpenCommからMarshellのStanmore Ⅱと交代っていう具合。

AfterShokz AEROPEX Solar Red (AFT-EP-000014)骨伝導ワイヤレスイヤホン
【レビュー】驚きの高音質かつ超快適!AfterShokz 骨伝導ワイヤレスイヤホンAeropex 通勤・仕事・家事・入浴と1日中活躍!

続きを見る

HomePod miniを寝室用のスピーカー兼スマートホーム機器のコントロールに。

HomePod mini 使用風景

外から帰ってきてiPhoneをHomePod miniにかざすだけで、それまで再生してた音楽やラジオをHomePod miniに切り替えられるのがめちゃめちゃ便利。

小さいのに低音もしっかり出て音も良く、スマートスピーカーでもあるから色々声で操作出来るし、Siriでスマートホーム機器も操作出来る。

SwitchBotやHomeKit対応のHueのランプの照明のオンオフとか。

HomePod mini 使用風景
【レビュー】HomePod mini !iPhoneとの連携が超便利で音もイイ!ステレオペアでMacのスピーカーにも。スマートホーム機器の音声操作も。

続きを見る

家ではデスクにもHome Pod miniをステレオペアでMacのスピーカーに

HomePod mini 2個でステレオペアに。机の上でMacBook Airと42.5インチモニターと共に。

寝室で使ってみて良かったので家のMacのスピーカー用にも購入。購入当時はMacのスピーカーとしては二つをペア設定にすることが出来なかったんだけど後に対応。

iPhoneで流してるのを寝室とデスク、両方の全てのHome Pod miniから流したり出来て家中に置きたい気持ちにも。

最近使用する様になったHueのライトをMacの映像や音に同期させるHue Syncと合わせて使おうとするとペア設定してるのに片方のHome Pod miniからしか流れないという状態。これもアプデで改善されると良いなという感じ。

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど
【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

続きを見る

ホームオフィス デスク環境 ウォールナット無垢デスク、42.5インチ液晶モニター、MacBook Airなどなど。
【デスクツアー】M1 MacBook Airに42.5インチ 大型モニター、ウォールナットデスクで作る6帖一人暮らしホームオフィス 。使用してるモノまとめて紹介【ルームツアー】

続きを見る

実際に今使用しているオススメの充電機器 Anker・CIO・Satechi・NOMAD・TUNEWEAR・革のポーチとケーブルクリップ。
オススメの充電機器。MagSafeやQiワイヤレス・PD充電器、モバイルバッテリー。合わせて使用してるアクセサリーもまとめて紹介。

続きを見る

3,000円以下の買ってよかったモノ。楽天お買い物マラソンやAmazonのセールでオススメ
3,000円以下の買ってよかったモノ。楽天お買い物マラソンやAmazonのセールでオススメ。安くて良いモノ。

続きを見る

QOLを爆上げするオススメアイテムまとめ
【2021年】QOLを爆上げするオススメアイテム 7選!高額でもそれ以上の価値がある!

続きを見る

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら

Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!

一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

てず


オススメのモノ・コトを紹介するレビューブログ Tezlog(てずろぐ)を運営。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

-イヤフォン・スピーカー
-