デスクチェア

アーロンチェア リマスタード レビュー。 購入前~購入後、5年使用した感想

2017年11月25日

記事内にはアフィリエイトなどの広告を含んでいます。
  1. HOME >
  2. 暮らしのモノ >
  3. デスクアイテム >
  4. デスクチェア >

アーロンチェア リマスタード レビュー。 購入前~購入後、5年使用した感想

2017年11月25日

アーロンチェア使用風景

今回は2017年の9月に購入したアーロンチェア リマスタードを紹介します。購入してもうすぐ3ヶ月。買うまでに数年かかりましたが買ってしまったらもっと早く買えばよかったと思うほど買ってよかったです。

購入する前に考えたことや購入しての感想など。

2022年11月 5年使用しての感想などを加筆しました。他のデスクチェアを使って思ったことなども。

アーロンチェア リマスタードを購入するまで

数年前から欲しいと思っていたアーロンチェア。それまで使っていた椅子が8月ごろ本格的に調子悪くなってきたことで2017年9月遂に購入しました。2017年1月ごろにこの新しいモデルのアーロンチェア   リマスタードが出ていた様でそれもこのタイミングで購入しようという気持ちに一役買ったかも。新宿の大塚家具で色々試し座りした上で決めました。

大塚家具で聞いた話

オフィスチェアのある売り場まで行くと様々な椅子が10〜20くらいかな、置いて有って、色々座っていると店員さんが来て相談に乗ってくれました。聞いた話で覚えてるのは、

他のオフィスチェアに比べて、アーロンチェアがダントツで売れてる。

アーロンチェアの中でも前モデルの方が数万円安いのでオススメだそう。在庫もあるので出荷も早い。リマスタードは納期まで一週間程度。時期によってはもっとかかる。

次に売れてるのは同じくハーマンミラーのエンボディチェア。

エンボディチェアは背もたれがアーロンチェアより狭いので座ってる状態で後ろに手を回して何かを取ったりとかが多い人には便利出そう。

次いでオカムラのコンテッサ。

コンテッサはヘッドレストが欲しいという人に。ただハーマンミラーのもの以外は保証が3年程度だからヘッドレストが欲しくてもアーロンチェアを買って非純正のヘッドレストをアマゾンとかで買う方が良いよという話でした。

12年保証に関して

ハーマンミラー製のチェアは全て12年保証。昇降機能部分に関しては2年保証で2年を超えると有償での修理が必要。金額は故障の具合によるので具体的には出せない。話を聞いた店員さん自身は昇降機能の故障で対応が必要になったケースは一度もないそう。

余談ですが、前傾チルト機能を試してみたいと言うと男性の店員さんが操作してくれました。が、全然前傾してる実感が無かったんでコレで前傾してるんですか?よくわかんないですねと言うと、まあ5度くらいなのでわかりづらいかもしれませんと言われ、そう言うもんかーと思っていたんですが、

店員さんにまだ聞きたいことあったら声かけさせてもらいますって言って、一人でリクライニングのパターン試したりアーム動かしたりしながらもう一回前傾変えてみようなんてやってたら明らかに前傾姿勢になって、さっきの前傾になってなかったんじゃんなんてこともありました。どうやら後ろに寄りかかりながら操作しないと切り替わらないみたいで。あんまり経験豊富な店員さんじゃ無かったのかな、若かったし。

色々試し座りした上で決め手になったのは、

深く腰掛けた時の腰から背中までを包み込んでくれてる様な感覚が一番感じられた

今まで1万もしない椅子に座っていたので、試してみた椅子全部今までのものより全然座り心地は良いんです。

ただその中でも腰から背中にかけて、横にも縦にも密着して包み込んでくれてる様な感覚がズバ抜けて良かったんです。腰痛持ちの人だとわかると思うけど(僕は慢性的な腰痛持ちではないけど一時期腰を痛めていた時があって、疲れが溜まると痛くなったり。)反り返ったり重心を後ろに崩さずに腰から背中をうまく預けられると腰への負担が和らぐのが顕著に感じられますよね。深く腰掛けるだけで自然とそういう状態になるのを感じます。

アームパッドの質感、クッション性、可動域などダントツ。

アーロンチェア使用風景

さらにアームパッドは高級感のある質感で厚みがあってクッション性が抜群。高さはもちろん前後左右にも動かせるので、肘から前腕をアームパッドに乗せてマウスやキーボードを操作出来るので腕が本当に疲れない。座り心地に関しては前述の通りどれも良いは良くてその中でもより良いのはアーロンチェアかなっていう感じだったのが、アームパッドの良さに関してはダントツだと思ったし僕の普段のデスクへの向かい方だとこれはすごく大事だった。一番恩恵を感じてるかも。

12年の長期保証

そして12年の長期保証。大塚家具で聞いた項目にも入れましたが、購入の決め手としてもかなり大きく入ってます。やはり20万近い椅子を買うのには悩見ますがそこで12年保証が付いてるのは安心出来る部分でした。アーロンチェアのメーカーであるハーマンミラー製のものは全て12年保証が付く様ですが、それ以外のオフィスチェアはほとんどが1〜3年保証というところ。僕が今回買い替えのきっかけになった椅子も1年持たずに調子が悪くなり始め、それでも騙し騙し使って3年目というところで本格的にダメになりました。もちろんこれは1万もしない椅子でしたから10万前後もするオフィスチェアなら保証は1〜3年でも実際には安定してもっともつのかもしれませんが、どちらにしてもやっぱり不安があります。ちょこちょこ買い替えなければいけないならもっと安い椅子を買い替え前提で使う方が現実的かなと思います。

その他、前傾チルト機能やリクライニングなど

その他にアーロンチェアの目玉的な機能としては自然と前傾姿勢を取れる前傾チルト機能というのがあって、常時使う機能というより集中してデスクワークを行うタイミングで使うといいというものらしく試しに座りに行くまでは期待が大きかったんですが、試しても確かに前傾になるのは実感出来つつもいまいちこれで集中できるのかとかはよくわからず実際に試したところ良さはよくわからずで、実際に仕事をしながらとかで使ってみないことにはなという感じであまり購入の決め手にはなりませんでした。どっちかというと実際に試しに座りに行ってみようという気持ちへの決め手になってましたね。

またリクライニングの具合も他のチェアより好きです。3段階に調整できますが一番リクライニング出来る設定でぐーっとリクライニングさせて背中を伸ばすのがすごく気持ちいい。

アーロンチェア購入を決めるまでに不安だった点は

ヘッドレストが無いこと

大塚家具で色々試し座りする際にやはりヘッドレストの付いてるモデルやフットレストの付いてるモデルなどもありました。フットレストは正直試して見てすぐに自分には合わないなと思い、いらないと即断できましたが、ヘッドレストはやっぱりあった方がいいかなという気持ちもありました。集中して作業する時にはいらないと思いましたが、少しリラックスして休憩するとか本を読むと動画を見るとかそういう時はあった方がいいかなという気持ちも正直ありました。が、純正のパーツではありませんがアーロンチェア用のヘッドレストも別売りで売っていますからそれでいいやということで解決しました。ヘッドレストだけに拘るなら元々備え付いてるモデルのチェアを買う方がいいんでしょうが、それと上記の購入の決め手3点を天秤にかけてどちらを取るかは明らかでした。

20万近い高額であるということ

高額である点は価格が安いけど質も劣るものをちょこちょこ買い替えながら行くより満足の行くものを長く使おうと自分に言い聞かせて。その長く使えるという根拠になるのが長期保証です。長期保証が無い場合には長く使おうと言い聞かせていたのに4、5年で壊れてしまうということも有り得ることだと思うのでやっぱり長期保証の持つ安心感は大きいですね。

アーロンチェア リマスタード レビュー

かなでもの机周り アーロンチェア、MacBookProと外部モニター2枚など

購入してもうすぐ3ヶ月になります。まずファーストインプレッションはついに手に入れたという喜びに尽きます。前述の通り新宿の大塚家具で試し座りをしてから購入しているので初めて座ってるわけじゃ無いし、物の素材感とか質感とかそういうものも分かって購入しているので大きな驚きはありませんが、それが自分のものになって自分の事務所にあるということに大きな嬉しさを感じます。多分3、4年くらい欲しいなーと思っていつつ、まあ高価な物だし今じゃなくてもという気持ちで見送っていました。本当に欲しかったものを手に入れた時の満足感たるや無いですね。

座り心地、アームパッド、リクライニング

さて、レビューですが座った感覚などは買う前の決め手の部分で話してる通り、やっぱりこの腰回りを包み込んでくれる感じが最高だなというのが真っ先にきます。そしてアームパッド、本当にいいです。結局試し座りの時の感想そのままですがコレらの2点だけですごい満足感があります。

リクライニングもやっぱり気持ちいい。常時一番リクライニングの効く設定で使ってます。一息ついたり手が止まった時にぐーっとリクライニングさせながら体を伸ばすと気持ちいい。

正しい姿勢を取りやすくなる。

この記事内で何度もアームパッドに関して触れていますが、高さ、前後左右への調整が可能で下の画像のような姿勢が取りやすくなります。しかも硬いアームパッドでなくクッション性抜群なので腕を置いていて疲れない。座面も太ももを圧迫しない作りになってます。

パソコンを使う時の姿勢

ヘッドレストが無いこと

かなでもの机周り アーロンチェア、MacBookProと外部モニター2枚など

ヘッドレストが無いことが買う前の不安な点だったんだけど、コレが全く問題無かったよという話。コレに関しては他社製のアーロンチェア用ヘッドレストを購入することで解決しようと思っていて、実際にヘッドレストも購入して使っていたのですが、しばらく使った上で邪魔だなと思うようになって結局取ってしまいました。

ちなみに買った他社製のヘッドレストはこちら。

アーロンチェア 専用! ヘッドレスト 専用設計 リマスタード用にも ハンガー付
アーロンチェア用ヘッドレスト
アーロンチェア用ヘッドレスト
アーロンチェア用ヘッドレストを装着したところ
アーロンチェア用ヘッドレストを装着したところ

このヘッドレストも非常に可動域が広くてやろうと思えば座って自然と頭が来る場所にヘッドレストを持って来ることも出来るんですが、それで長時間過ごすと頭痛が起きてしまい、返って姿勢を悪くしてしまっているのかなと思うようになりました。その瞬間体が楽だからといって、それが相応しい姿勢とは限らないんですね。なのでリクライニングして身を預ける時にしかヘッドレストを使わないようにしました。その結果無くても良いと感じるようになったのです。実際ヘッドレストを使い始めた当時はコレはいいと思ったくらいなので、このヘッドレストの出来が悪いということでは無くてアーロンチェアにはヘッドレストは必要無いんだなと思うに至ったのです。

まあ邪魔だなと感じるのは単純に使ってる環境が狭いからです。画像のヘッドレストの後ろに羽のように出ているのはハンガーにもなっていてハンガーだけ外すことも出来るんですが、狭い環境でコレが付いてることも邪魔だなと思う理由だったので、きちんと広いスペースで使う分には邪魔ということは無いのかなと思うので無いよりはとりあえず付けてみても損は無いと思いますし買うならこちらをオススメしますが、ヘッドレストが無いことでアーロンチェアはダメかなと思ってる人には無くて大丈夫だよと言ってあげたいです。

前傾チルト機能

机に向かって前傾になると、なるほど、という風に前傾具合を実感出来るんですが、結局使っているかというと正直あまり使っていません。

本来ここぞという時の1、2時間をガーッと集中して作業するときなどに使うと良いらしいですが、癖が付いてないからあえて使っていかないと習慣づかないんですよね。必要に迫られるものでは無いから必要になったら使おうと思ってたらいつまでも使わないし、常時使うには腰に良くないのかな、そんな情報を見たような。結局使ってません。あって困る機能じゃないし、有効活用できる人にはいい機能だろうし、もしかしたら今後評価をガバッと覆してめっちゃ使うようになるかもしれないけど、現状は使ってないとしか言えない。ただ5°前傾になるだけでそんなの実感できるの?って思ってた分に関しては確かにハッキリと前傾してより机に向かってる感は出ると思う。

アーロンチェア by THE CHAIR SHOPで購入した理由

散々大塚家具で試しに座ってきたとか書いてるんだけど購入したのは楽天市場のこちらのお店 アーロンチェア by THE CHAIR SHOP

ハーマン・ミラーの正規販売店

正規販売店からの購入じゃないと12年保証がつきません。アーロンチェアの安い中古はたくさんありますが、長期保証がなくしかもすでにどれだけ消耗しているかわからない中古というのは安くて当然。本来のアーロンチェアの高価な部分には長期保証の分も含まれてるので、よほど安くて状態も良くてこれなら保証なしでもと納得出来るのでない限りはハーマン・ミラーの正規販売店から新品で購入した方が良いと思います。

楽天市場のポイントが付くので実質安く買える

楽天の各種キャンペーンに対応なのでうまくポイントキャンペーンが重なるタイミングで購入すれば商品価格が高いだけに数万円分のポイントが付きます。ちなみに楽天でアーロンチェアを扱ってるお店はいくつかありましたが、店舗独自のポイントに関しては、スーパーセールなどのセール時でもどこもアーロンチェア リマスタードに関してはポイント1倍か2倍しかありませんでした。

また、買いまわりキャンペーンは多くの場合上限ポイントがあるのでアーロンチェアを買うと他の店舗では価格を抑えても数店舗で上限に行くと思うので注意。

たまに買い回りの店舗数ではなく、合計金額で倍率が変わるキャンペーンもあるので(10万円以上買うとポイント10倍など)その場合はアーロンチェアのような高額商品は1商品だけで10倍になったりするのでよりお得。そういうタイミングで買いたかった。

本革アームカバープレゼントキャンペーン

レビューをかくとアームカバーがもらえます。カバーなしでもアームパッドが最高なのでクッション性などよりもアームパッドの保護に役立つかなと思います。貰っておいて損はない。

アーロンチェア用アームカバー
アーロンチェア用アームカバー
アーロンチェア用アームカバーを装着したところ

チェア引き取りサービス

アーロンチェアが入っていたダンボールに入れて引き取ってくれます。僕の前使っていた椅子はそのダンボールに背もたれが収まらなかったので分解して背もたれを外して梱包して引き取ってもらいました。

ご不要チェア引き取りサービス 梱包
ご不要チェア引き取りサービス 梱包
ご不要チェア引き取りサービス 梱包

平日昼までの注文で当日出荷

注文して翌日届きました。明日楽のポイントキャンペーン対象。大塚家具で聞いたときは10日ほどかかると言われた。

丸5年以上使用しての感想 2022年11月追記

アーロンチェア使用風景

2017年9月にこのアーロンチェア リマスタードを購入して丸5年以上が経過、現在2022年の11月に追記しています。

12年保証は心強い

仕事場には朝から深夜まで居て大部分の時間をこのアーロンチェア リマスタードで過ごしています。ここ数年はスタンディングデスクでの立ち作業も増えたので丸一日座ってるわけでもないけど、それにしても毎日かなりの時間を座って過ごしています。

購入を決断する要因の中でも大きなポイントだった12年保証。5年が経過した今もアーロンチェアは全然難を感流ことなく快適に使用出来ていて、さらにこの先7年も保証期間があるというんだから心強い。

また、同時に5年というのも本当にあっという間だなと感じます。デスクチェアの保証は1~3年くらいのものが多いからそれらだったらもう保証は切れてるわけなので、やっぱり保証期間は長いに越したことないですね。

かなでもの杉無垢材の天板にFLEXISPOTの電動スタンディングデスク。M1 Pro MacBook Proとデュアル外部モニター。iPad mini 6 とiPhone 13 Pro デスク環境。

腰痛がなくなった。

アーロンチェア購入前は慢性的ではないものの疲れが溜まってくると腰痛が出ていて、いつかヘルニアだとかぎっくり腰みたいなことになるんじゃないかと不安なものでしたが、アーロンチェアを使うようになって気づけばすっかり腰痛が出なくなっていました。

5つも年をとったというのに腰痛が悪化するどころか出なくなったというんだから本当この1点でもアーロンチェアを購入して良かったと思う。

とはいえ、アーロンチェアじゃないとダメとまでは思っていなくて、

アーロンチェアを使い始める前から意識の上では元々油断すると腰痛が出るというのがあったから座り姿勢とかも気にするようにしてたし、仮にアーロンチェアだろうが他の高級デスクチェアだろうが、どんなにいい椅子でも姿勢を気にせず座ってたら腰には負担はかかると思うけど、気にして座ろうとした時にいい姿勢をとりやすくしてくれるのがアーロンチェアの腰回りを包んでくれるようなフィット感だったりランバーサポートだったりすると思います。

今回5年使っての感想を追記してるのも、先日家のデスク用にCOFO Chair Premiumというデスクチェアをご提供頂いて記事を書いたのをきっかけに、そういえばアーロンチェアももう長く使ってるから何か書き足そうと思ったことなんだけど、

COFO Chair Premiumもアーロンチェアとはタイプは違うけどランバーサポートはすごく良いのを感じています。きっと他の高級デスクチェアもそれぞれに良いはず。

言いたいのは腰の負担とかだけに目を向けるなら大事なのはある程度しっかりしたデスクチェアと本人の意識かなということ。

その上で、他に長期保証や前傾姿勢、デザイン、アームレストなどのアーロンチェアの良いところがアーロンチェアならではの魅力もあるという感じ。

他のデスクチェアも使うようになって感じたこと

COFO Chair PremiumとIKEA アレフィェル
COFO Chair PremiumとIKEA アレフィェル

仕事場でアーロンチェアを、家用にもアーロンチェアは候補にあったんだけど、一旦デザインが気に入ってIKEAのアレフィェルというデスクチェアを購入して使っていました。

こちらは正直クッション的な面での座り心地は悪くないけど腰をサポートするような感じはないし、リクライニングのスムーズさは劣るし、アームレストが動かないので僕が作業をするときに取りたい姿勢にはしづらく、まあ長時間作業する使い方ではないのとデザインは気に入ってたからと使っていました。基本長時間過ごすのは仕事場なので、もともとそれを踏まえて好きなデザインだからと購入したんです。3万円くらいという価格の手頃さもあり。

で、ただだんだん家のデスクで過ごす時間も増えてくるにつれて、やっぱりもうちょっと良いデスクチェアに買い換えようかなという気にもなっていたところでCOFO Chair Premiumをご提供頂きました。

アーロンチェアと違って、ヘッドレストやフットレストが標準で付いてるんだけど、ヘッドレストはアーロンチェアと同じくやはり要らないと感じて外してしまいました。フットレストも要らないだろうと思ったんだけど、リクライニングさせた状態でロックさせてフットレストを使うととても快適でリラックスするようなタイミングではとても良かったです。そしてこのリクライニングさせた状態のロックというのがアーロンチェアには出来ないことで、アーロンチェアはリクライニング出来る幅を2段階と標準の角度からリクライニングできないロック状態には出来るんだけど、リクライニングさせた状態でロックするということは出来ないので、こういうことも出来る機種もあるんだと気づきました。そしてこれがだらっとしたい時には使い心地が良くて。他にも各部位の調節もアーロンチェアだと体を傾けたりしないと届かないような操作なんだけどCOFO Char Premiumだと座り姿勢のまま手を伸ばすだけで出来たりしてアーロンチェアよりも良いなと思う点もありました。

一方で全面のメッシュの生地感はアーロンチェアの方が質が良く感じるし、腰回りを包むようなフィット感もアーロンチェアの方が座り心地良く感じます。COFO Chair Premiumもランバーサポートはとてもいいんだけど座面全体で見るとアーロンチェアの方が好みです。ただし、アーロンチェアの座面はメッシュの縁を硬質なフレームが高くなってるのであぐらがかきづらいんだけど、COFO Chair Premiumは椅子の上でもあぐらがかきやすいです。僕はアーロンチェア以前は椅子の上であぐらを書くのが癖だったんだけどアーロンチェアであぐらをかけなくなってその癖がなくなったんです。まあそんな癖はない方がいいだろうから矯正できるならあぐらをかけない仕様な方が良いかもしれないけど、あぐらがかけなきゃ嫌だ!っていう人には大事なポイントですよね。僕もCOFO Chair Premiumで久々に椅子の上でのあぐらをかいてみたらやっぱりいいなって思いました。

仕事場でのデスクとしてはアーロンチェアで良かったと思うし、家でリラックスする時間もという時にはCOFO Chair Premiumのフットレストやリクライニングのロックも本当に良かったので、狙ったわけではないけど結果的にいい感じで使い分けられて良かったと思っています。

アーロンチェアも、他のデスクチェアも使ったからこそ思ったようなことを書いておきました。COFO Chair Premiumは3年保証なので、長期的に使ってく中でやっぱりアーロンチェアの12年保証のありがたみを感じるかもしれません。その辺も今後何か感じれば追記します。

COFO Chair Premium レビュー
COFO Chair Premium

最後までご覧いただきありがとうございました。

TwitterInstagramでブログの更新情報など投稿してるので良かったら是非フォローなどお願いします!

またお役になった情報や、記事を読んで購入した商品などあればぜひ感想などお聞かせください。
SNSのリプやコメント、DM、そのほかメールなど何でも大丈夫です。とても励みになります!

てず


オススメのモノ・コトを紹介するレビューブログ Tezlog(てずろぐ)を運営。
Apple製品など生活を便利快適にしてくれる家電・ガジェットや、
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・漫画・深夜ラジオ(主にJUNK)が好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年ブログ「Tezlog」開設。
2021年よりYahoo!ニュース エキスパート クリエイター参加。
2022年よりMakuakeアンバサダー。
2023年よりXREAL Japan SNSアンバサダー。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

-デスクチェア