ディスプレイ周り

【レビュー】PC 27インチ4K液晶ディスプレイ(モニタ) LG 27UD58-B で作業効率格段にアップ

2017年7月16日

2017年7月のamazonプライムデーでPC液晶ディスプレイを購入しました。LG製の27UD58-Bという液晶ディスプレイです。

(2020年8月追記) 同じくLG製35インチの曲面ウルトラワイドモニターを購入しました。 

トリプルディスプレイのデスク風景(LG曲面ウルトラワイド35インチ・ LG4K27インチ・MacBook Pro)
【レビュー】LG 35インチ 曲面ウルトラワイド液晶モニター 35WN75C-B。USB type-C ケーブル一本で機器への給電まで出来る!

続きを見る

また、このページで紹介してる27インチ液晶も記事投稿時から時間が空いて古くなっていたので、同じように4Kでなるべく価格を抑えたモデルということなら今買うならこちらがオススメ。

購入前に考えたこと

そのうち4K液晶ディスプレイにしたいなという気持ちは前々からあったんですが、まだ買うつもりは無かったんです。なので今回は完全に衝動買いでした。

購入前の懸念点

せっかく4K液晶を買うならより大きいものの方が恩恵が大きそう、でも高くつく。何より場所を取るから今の状態に単純にディズプレイを足すっていうよりは大掛かりになる。なにせデスク周りが狭い。もう少し待って、後々大きいものを買おうかな、という迷いもありましたが、後々もっといいものを買う余裕が出来たときはそれをメイン液晶に変えてこの4K液晶はサブにしても良いし、この値段ならとりあえず今の作業環境を良くして仕事を頑張ろうと考えました。仕事効率や快適さが向上するものに関してはなるべくケチらないで導入していきたいと考えています。仕事とプライベートの境界線も曖昧な暮らしをしていることもありますし。

商品の決め手

27インチの4Kディスプレイというだけなら他にも選択肢はありますが、この商品に決めた理由は完全に金額でした。

ディスプレイを購入するときに重要視していること

  • 4Kの高解像度ディスプレイ (前述の通り前々から4Kを買おうかなとは思っていた)
  • 27インチ以上
  • IPS液晶 角度で色の変化の少ないIPS液晶は以前から液晶ディスプレイを選ぶときの絶対条件
  • 非光沢  映り込みのない非光沢(アンチグレア)なのも絶対条件

他にも色々機能が付いてたりはするみたいだけどあまり気にしてなくて、元々急ぎで買おうと思ってはいなかったけど衝動買いしてしまったのは完全に値段。ある程度の年になってからは値段だけにつられて買うのは良くないと考えてるんだけど、ちょうど欲しかっただけに。買う理由が値段ならやめとけ、諦める理由が値段なら買っとけみたいな言葉はなんの言葉だったかな、まさに。と思っています。でも今回に関しては値段きっかけだったものの結果から言ってしまうと買ってよかったと大変満足しています。

今までのディスプレイ環境

これまでは4kでは無いものの、27インチ(PHILIPS 274E5EDSB11)、23インチ(PHILIPS 234e5edsb11)、そしてMacbookPro 15インチ (Mid 2014) のトリプルディスプレイ環境でした。なので元々メインだった27インチを23インチと交換して23インチは処分することに。そして今回購入したLG 27UD58-B をメインディスプレイに。amazonからヤマトが撤退して何かと運送トラブルがニュースにもなっていたので不安がありましたが、実際には7/10夜に注文して7/12には無事到着、それもヤマト運輸で。運送業者の欄がヤマトになってると安心なのはさすがですね。

4k液晶ディスプレイLG-27UD58 B1

LG-27UD58-B1を設置した様子

4K液晶ディスプレイ LG 27UD58-B1

4K60hzでの接続用に Thunderbolt ( Mini Displayport ) → Displayport 変換 ケーブル も購入。

接続はmacbook pro の Thunderbolt ポートから LG 27UD58-B のDisplayportへ変換ケーブルを使って接続。

接続自体は付属のHDMIケーブルでも接続できますが、HDMIケーブルだと2,560x1440以上の解像度で設定しようとするとリフレッシュシートが30hz以下しか選択出来ない上に2,560x1,440以上に項目には(低解像度)の表記がついてしまいました。正直何のことやらよくわかっていませんが本領は発揮できていないんだろうということは想像がつきますね。

4kの60hzで利用するにはDisplay portで接続しなければいけない

Macbook pro の場合 Displayport が無いのでThunderbolt port で接続してDisplayportへ変換出来るケーブルを利用する必要があります。

付属のケーブルはHDMIケーブルとDisplayportケーブルなので注意!

ちなみに変換ケーブルを探そうとするとMini Displayportという言葉が出てきますが、端子の形状はthunderbolt ケーブルとMini Displayportケーブルは同一の様です。Mini Displayケーブルから端子の形状は同一ながらさらに拡張されたのがThunderbolt ケーブルだということ。

さらにthunderboltにも1~3までバージョンがあり、1と2が上記のMini Displayportと端子形状が同一。Thunderbolt3はUSB-C(=USB3.1)と形状が同じ(端子の形状は同一だが厳密には違うものなので、Thunderbolt3対応などの表記の確認が必要)

僕が使っているMacbookpro (Mid 2014) はthunderbolt2なので上記のケーブル。

変換ケーブルもケーブルによっては販売ページに4kには非対応や(30hz)などという表記のものもあるので端子の形状だけでなくよく見て選んだ方が良さそうです。上でも紹介したこのケーブルは実際に僕が購入して4kの60hzで利用出来ました。相性保障というのも付いてる様なので良いのでは無いでしょうか。

2016年以降のThunderbolt3ポート搭載のMacで4k60hz接続するにはこちらのケーブル

2016年モデル以降のMacにはthunderbolt3ポートが搭載されてるので、こちらのようなケーブルが必要です。

4K液晶になったトリプルディスプレイでの作業風景

4K液晶にしてもそこで期待していたのは作業領域が広くなることでした。作業風景といいつつ、メインディスプレイではこのブログ画面を並べただけなんですが、記事領域とサイドバーまでをフルで表示して2つ並べて、さらに記事領域を一個置けるくらいの広さということで、今までのフルHDと言われる1,920x1,080の表示ではフルで2個も並べられなかった(少し縮めれば実質2つ並べるくらいは可能)ので広くなったのがよくわかります。ちなみに最高解像度は 3,840x2,160ですが、その解像度で27インチ液晶だと文字が小さくなりすぎて使いづらいので3,008x1,692の解像度で利用中です。ディスプレイと目の距離によっては2,560x1,440でもいいくらいじゃないかと思います。僕は写真の通り机の奥行きも狭く目と液晶が近いので3,008x1,692で利用してますが、遠くなると文字が見辛そう。

写真とか映像を触る人にはもっと違う視点での4Kがあるのかなと想像しますが、僕の場合はただただ画面を広く使って快適に作業したいということに尽きます。

トリプルディスプレイの利用法としてはメイン液晶以外はtwitterやlineなどを常時表示しておいたり、evernoteや作業中のファイル類の仮置場にしたりitunesをおいたり、無かったら無かったでバックグラウンドにあってもどうにかなるものだけどそれが常に表示されてる部分に便利さがあります。

とにかくメイン画面においても他の画面においてもいろんなウインドウが隠れないでパッと見渡せるのはとても快適です。無かったら無かったで大丈夫だけど広い方が良いっていう。

4K液晶で利用できる様になった解像度での表示を比較

画面いっぱいにブラウザを広げてこのブログ tezlog を表示しています。

まずは1,920x1,080 フルHD

4K以前に標準だったフルHD液晶と同じ表示領域です。ちなみにディスプレイのデフォルトを選ぶとこの解像度になりました。

1920x1080での表示
display portで接続できていない、HDMIケーブルで接続しているとき

そのまま変更を選んでも、これ以上の解像度の項目は表示されませんでした、その場合は、 optionキーを押しながら変更を選択することでその他の解像度が選択できる様になります。ただし(低解像度)という表記付きでした。

2,560x1,440

ディスプレイ設定のウインドウやブログの記事領域が随分小さくなって画面の作業領域が広がりました。27インチだとこれか次の3,008x1,692くらいが使いやすいかなというのが今の印象です。

2560x1440での表示

3,008x1,692

さらに作業領域が広がりましたが、当然文字も小さくなっているので、だんだん見づらくもなっています。大画面ならいいかもしれませんが27インチだとここくらいまでかなという感覚。あくまで僕の感覚ですが。実際に今利用しているのはこの解像度です。

3008x1692での表示

3,360x1,890

ここまでくると広さはすごくいいですが、文字が小さすぎて僕には使いづらくなってきました。

3360x1890での表示

3,840x2160

かなり大画面の液晶でこれくらいの解像度で使えたらすごくいいだろうなっていう感覚。27インチだと多分みんなきついんじゃないかな。

3840x2160での表示

ディスプレイアームはGH-AMCA03を使用

このディスプレイアームは以前から27インチ(PHILIPS 274E5EDSB11)、23インチ(PHILIPS 234e5edsb11)で使用していたもの、今回の 4K液晶ディスプレイ LG 27UD58-Bにも問題なく取り付けられました。ディスプレイの角度を変えたり動かしたりが簡単で、かつしっかり固定もされていてとても快適です。

ただ、購入した当時は、モノも良さそうなのに安いっていう理由で選んだので今新しく購入するとしたら、よりかっこいいエルゴトロンのを選ぶかなというのが正直なところです。

4K液晶ディスプレイ LG 27UD58-B を購入した感想1 購入から4日での感想

まだ購入して4日程度ですが仕事も趣味もPC生活が本当に快適になりました。細かい機能とかよりもただただ安価で十分な4k液晶としてとにかくこれは買って良かった。やっぱり多少のお金で明らかに環境が良くなるなら早くするべきだなって改めて実感。それでその後の生活なり仕事なりの効率をあげたり、快適にしていきたい。

4K液晶ディスプレイ LG 27UD58-B を購入した感想2 8ヶ月以上使用した感想 2018年3月1日追記

特に調子が悪くなったりということは購入以来一度も無く、ただただ快適です。もうすっかりこの広さに慣れてしまいました。

もうメイン液晶は4k液晶じゃないと駄目ですね。まあ正確には4kは持て余すんですが、フルHD(1,920x1,080)ではストレスになります。

3,008x1,692で使用していますが、2,560x1,440でも良いと思います。フルHDと比べたらどちらもすごく使いやすくなります。

LG 27UD58-Bを購入した時の決め手が、4k液晶がこの価格で買えるんだ、というとことからでしたが、そこからどんどん下がってるということは無いように見えるので、

もっと安くなるんじゃ、と、買い時を考えて導入時期をどんどん遅らせるよりも、買おうかなと思ったタイミングで思い切って導入するのが、

少しの値幅よりも早くから作業を効率化出来て良いんじゃ無いかと思います。そのうち買おうかなと考えてるならすぐにでも4k液晶の導入、オススメです。

サンワサプライのディスプレイ上に取り付ける収納棚100-MRSH001がピッタリだったので購入して設置した。2018年8月3日追記

使用風景

サンワサプライディスプレイ上部用収納台を27インチディスプレイに設置した使用風景
普段は特に何も置かずにいて、机の上を空けたい時に退けるモノの避難場所として使用。便利。
ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど
【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

続きを見る

サンワサプライディスプレイ上部用収納台を27インチディスプレイに設置した使用風景
【レビュー】ディスプレイ上に取り付ける収納棚が便利!サンワサプライ 100-MRSH001

続きを見る

BenQ ScreenBar Plus 使用風景 暖かい色に調光
【レビュー】BenQ ScreenBar Plus モニター掛け式のデスクライトが超オススメ!5ヶ月使用した感想

続きを見る

Macアプリ Spectableでウインドウを移動とリサイズ
【Macアプリ】「Spectacle」はウインドウのリサイズ・移動・整頓がショートカットキーで簡単に出来る。特にマルチディスプレイ環境には必須!

続きを見る

トリプルディスプレイのデスク風景(LG曲面ウルトラワイド35インチ・ LG4K27インチ・MacBook Pro)
【レビュー】LG 35インチ 曲面ウルトラワイド液晶モニター 35WN75C-B。USB type-C ケーブル一本で機器への給電まで出来る!

続きを見る

LG 42.5インチ 4K液晶モニター 43UN700Tをエルゴトロン HXデスクモニターアームで設置
LG42.5インチ液晶モニター 43UN700T-B をエルゴトロン HXデスクモニターアームで設置。M1 MacBook Airの外部ディスプレイに。 広い作業領域が超快適。

続きを見る

てず


オススメのモノ・コトを紹介。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2021/1/2

2020年下半期 買って良かったモノ

2020年下半期の買ってよかったモノです。 2020年上半期の記事はこちら。 記事最後にもリンクを載せておくので良かったらそちらも是非! 上半期は仕事場の机を新調したことがあってデスク周りの製品が多かったけど、デスク周りの製品は大体落ち着いたので下半期はまた違ったラインナップに。 すでに個別で記事を書いたものも多いんだけど、特に11月末から12月にかけてのブラックフライデーやサイバーマンデーで購入して記事が書ききれなかったものも。 たくさん載せてると、買ったモノ全部載せてるみたいにも見えるけど、個別記事に ...

ReadMore

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020年上半期に買って良かったモノを紹介していきます。 それぞれ個別にレビュー記事を書いてるモノが多いので、興味のあるモノがあったら個別の記事も是非! 特に順位付けしたりはしてなくて紹介してる順番は関連性のあるモノ並べたりした結果です。 機能性なんかの面で生活を快適にしてくれるモノもあれば、それを持ってることで気持ちよく過ごせるようなお気に入りのモノだったり、色んなモノがあるけどどれも本当に買ってよかったモノ。 数が結構あるので目次でも見てもらって、興味のあるモノや、コレなんだろ?っていうモノが何かしら ...

ReadMore

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/4/4

【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

ずっと欲しかった「かなでもの 」のテーブルを購入しました。 杉無垢材の天板と鉄製の脚のシンプルなテーブルで仕事用のPCデスクとして使うために購入。 組み立ては天板と脚を付属の六角レンチとボルト類で止めるだけっていう簡単なモノで5分、10分もあれば終わってしまうくらい。 無料のサイズオーダーで必要なサイズぴったりのテーブルが作れました。 購入した理由から実際にサイズをオーダーして組み立てるところ、完成した様子、PC周り・モニターアームやケーブル類などを整えたりする工程、その他一緒にデスク周りで使ってるモノな ...

ReadMore

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/3/24

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

この記事ではデスク周りで使用してるモノをまとめて紹介していますが、投稿したのは2018年。 その後、2021年時点で 仕事場で使用してるデスク 家に作ったホームオフィスデスク 以上2つのデスク周りをまとめた記事も作成してるのでそちらも宜しければ。 記事の最後にもリンクを貼っておきます。 さて、この記事で紹介してるのは仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。 家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間 ...

ReadMore

Ankerや RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介

ANKER デスク・ホーム 充電機器 買って良かったモノ まとめ

2021/3/29

【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器まとめ。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリー。

普段持ち歩いてるモバイルバッテリーや、机まわりの充電環境など実際に使用してる充電機器をまとめて紹介します。 充電周りの製品は新製品がバンバン登場。充電速度が上がったりバッテリー容量が増えたり小型化したり無線化したりと目まぐるしく進化しています。 たくさんの充電機器がある中で大事なのは自分の使い方や好みに合うモノを選べるかどうか。 使う機器も環境もバラバラなのに万人に共通の正解なんてないし、僕も自分のつかってるモノがベスト!なんて言う気はないです。 でもこういう理由でこういうモノを使ってるっていうことが人に ...

ReadMore

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

2020/12/19

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。 一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。 もう1日を通して耳が空 ...

ReadMore

スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

2020/11/27

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020年10月、今までちょっとした興味はありつつも、自分では特に必要ではないとか、活かせないという気がして手を出していなかったスマート家電を導入してスマートホーム化に手をつけてみました。 きっかけはベッドに横になりながらスマホをいじったりして、いざ寝ようって時に一旦立ち上がって電気を消すのが面倒で、横になったまま電気を消したいなと思ったこと。 リモコンで操作出来るシーリングライトやなんかだったら他にも方法はあるんだけど、壁のスイッチを押すしかないタイプの照明だと現状はSwitchBotしかないかなと。 ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

-ディスプレイ周り
-, ,