オススメ・レビュー

【オススメ商品レビュー】自動開閉式 折りたたみ傘 Knirps Fiber T2 Duomatic

2016年5月23日

もうすっかり暑くなりましたね、もう5月も下旬に入り、これからの梅雨はもちろん、夏もゲリラ豪雨と呼ばれるような急な豪雨に悩まされる時期。ということで今日は折りたたみ傘 Knirps (クニルプス)のT2をご紹介します。先ほど記事を書くにあたってと通販の購入履歴を探したところ2012年の5月上旬に購入していました、丸4年使用したみたいです。正直、もっと使ってるかなと思ってたんですけど意外とそんなもんでした。今日これを書くことに決めたのも、その後継機種 Knirps(クニルプス) T.200 が発売していたことを知ったからなんです。より高性能になってるようなので、もし興味を持ったら後継機種 Knirps(クニルプス) T.200 は今年出たばかりの様なので買い時ですよ。
(2016/5/23記事初稿 2016/12/27 後継機種のT.200に購入につき更新)

Knirps (クニルプス) Fiber T2 Duomatic

 

knirps (クニルプス) 折りたたみ傘 T2 2

自動開閉タイプの人気モデル
携帯に便利なスリムボディ
グラスファイバーを使用した柔軟性のある親骨
人間工学に基づいた新しいデザイン
受け骨を閉じることで安全性を強化
ケースにジッパーを付け、出し入れをより簡単に
露先に大きく丸みのあるキャップー怪我の防止と耐久性の向上を両立
強風テスト:95km/h(試験環境による数値)
8本骨

『クニルプス』 ドイツで生まれた 折りたたみ傘の代名詞。
質実剛健なドイツ人が認めた確かな品質とモダンなデザインが融合した折りたたみ傘ブランドKnirps(クニルプス)。
ドイツ語では’Knirps’という単語は「折りたたみ傘」の代名詞となっているほど、Knirpsは非常に高い認知度を誇っています。
最新の技術と、ファッションアイテムとしてふさわしいデザインは、こだわりのあるヨーロッパの人々に愛されています。

ワンタッチ自動開閉式折りたたみ傘の中でも人気のモデル「Fiber T2 Duomatic」は
人間工学に基づいたデザイン

自動開閉式は、荷物の多い日にも活躍してくれて、とても便利

8本の親骨に柔軟性のあるしなやかなグラスファイバーとアルミ、
シャフトにもアルミを使用することで、耐久性の向上と軽量化を同時に実現した

収納時のサイズは、直径5×長さ27cm で携帯に便利
カバンの中でもかさばりにくい

収納ケースが付属
ケースには、ジッパーも付いて、傘の出し入れをより簡単に、スムーズに
急な雨にも対応できる

既製のフレームを一切使用せず、オリジナルのフレームを使用

指などが触れる可能性のある受け骨を閉じ、
露先に大きく丸みのあるキャップを使用することで、安全性を強化

ドイツ語の辞書で、「Knirps(クニルプス)」という単語は、
「折りたたみ傘」と表記されていることからも、その実力と認知度の高さを知ることができる

また、ファッションアイテムとしてふさわしいそのデザインは、
こだわりあるおしゃれなヨーロッパの人々から高く評価されている

amazonより引用

スポンサーリンク

knirps (クニルプス)の折りたたみ傘 T2が長く使える理由

前述の通り、もう丸4年ほど使用、明らかに雨の心配が無く、荷物の多い日以外は通勤用の開くPCバッグに大体入れっぱなしにしてます。なので肝心な時に持ち忘れているということもほぼ無く、わりと歩く方ですし、本当はいけないとはわかりつつも自転車にも乗るのでかなりガッツリ使用していますが特に調子が悪くなることも無く使えています。

めんどくさがりの僕にはそれまで長く使えた折りたたみ傘はありませんでした。大体しまうのがめんどくさかったり、手間取ったり、すぐに壊れてしまったりして長く使うことが出来ませんでした。

knirps T2はバッグから出して、マジックテープ式の留め具を外してボタンを押すだけの自動開閉で、さすまでもすぐで、片手でもサッとさせますし、しまうのにも手間取りません。

しまうのには特に別売りのケース Knirps DRY BAG (↓で紹介します)が内側が水分を吸ってくれるケースになっているので、びしょびしょの状態でもサッと水を切って、そのケースに入れてしまえば、そのままバッグにしまえます。

外で傘をさしてて、お店に入るとか、電車に乗るときなんかに濡れた傘を持って歩くよりも、バッグにしまえるのは周りの人や物にぶつけたり、濡らしてしまう心配もなくなり、すごく過ごしやすいです。

そして、今時、物によっては数百円でも買うことの出来る折りたたみ傘にしては割といい値段(7000円くらいで購入)なので、ちょっと良いものを買ったという感覚もあって、満足感もあってで、結果的に長く大事に使えていると思います。気に入った道具を使ってるということも、今までの折りたたみ傘をさすときやしまう時の煩わしさを感じない理由かもしれません。

数百円でも買える折りたたみ傘に7000円は高いですが、傘ということは置いといて、頻繁に使う、いいものに出す金額としての7000円は決して高くないと思いますし、むしろそれで満足して何年も使えるなら安いものだと思います。だいたい僕が買い物する時はこんな考え方で物を買ってます。よくコスパがいいっていうのを安いものっていう意味にされがちですけど本来こういう意味ですよね。T2に関してどう思うかは置いておいて。

Knirps T2を買う前に心配だったこと

特に買う前に不安だった点は、自転車に乗りながら傘をさす場合にあっさり壊れないかと、ボタンによる自動開閉の効きがどんなものなのか、仮に初めは良くてもすぐに悪くならないかというところでしたが、どちらも全く問題無く丸4年使えています。ボタンに関しては毎回1回押すだけでしっかり開き、効きが悪くて煩わしさを感じることもありません。

ボタンを押すだけの自動開閉の折りたたみ傘はKnirps T2が初めてで、こんなに便利かと驚きました。当初は僕が今まで折りたたみ傘に無頓着だったためにこんなに感心してるだけで世間では普通のことなのかと思いましたが、今でもknirps T2をさすときに一緒の人なんかに、それいいね、なんて言われたりしますよ。

knirps (クニルプス) 折りたたみ傘 T2 5

このボタンを一回押すだけで

knirps (クニルプス) 折りたたみ傘 T2 4

この通り!

knirps (クニルプス) 折りたたみ傘 T2 6

knirps (クニルプス) 折りたたみ傘 T2 7

チェック柄のほか、黒やネイビーの無地など色々あります。

17/1/1追記 新作T.200を購入しました。

1週間ほど開閉の調子が悪かった後最終的に閉じなくなり実際にT.200に買い替えました。 T2が気に入っていたからこそT.200に買い替えたんですが、一段と高級感が出て素晴らしいです。

17/12/07追記 さらに新作TS.220を購入しました。

さらに新作のTS.220が発売されそちらを購入しました。こちらもレビュー書きました。

http://tezlog.net/knirps-ts-220/

続いて、一緒に使ってる別売りのケースも紹介します。

 

Knirps (クニルプス) DRY BAG 折りたたみ傘収納ケース MAT CROSS

knirps (クニルプス) 折りたたみ傘 T2 1

商品の説明
[商品スペック]
●生産 : 中国
●素材 :
[外側生地]: ポリエステル100%
[内側生地]: ポリエステル80%, ナイロン20%
[商品詳細]
雨に濡れた折りたたみ傘を持ち歩くのに
便利なドライバッグ。
電車やバスの混雑の中で、周りを気にせず濡れた傘を携帯できます。
防水ではありませんので、水分を多く含んだ傘を収納すると、水分がドライバッグから漏れる場合がございます。

 

確かな品質とモダンなデザインが融合した、
折りたたみ傘ブランドKnirps(クニルプス)

ドライバッグの表生地も、ただのブラックではなく、マットなクロス柄を採用
ファスナー周りには、バイピングも施されており、デザインも凝っている

シックなデザインで、ビジネスシーンにもマッチする

内側に吸水性のある素材を使用

Knirps DRY BAG 折りたたみ傘収納ケース MAT CROSS KN-DB01
外側は、傘生地と同じ素材だが、内側には、ポリエステル80%、ナイロン20%の素材を使用
タオル地のような風合いで、吸水性と速乾性がある

ファスナーを全開にして広げれば乾かしやすい

クニルプス折りたたみ傘の適用モデル

Knirps DRY BAG 折りたたみ傘収納ケース MAT CROSS KN-DB01
収納できる傘は、長さ(約)29cmまでのストレートタイプ
一部のモデルを除いて、クニルプスの折りたたみ傘のほとんどを収納することができる

【適用モデル】
・X1
・Piccolo
・Piccolo7
・Travel
・Fiber Y1
・Mini Ultralight
・Flat Duomatic
・FLOYD Duomatic
・Fiber T2 Duomatic
・NIMBUS Duomatic

amazonより引用

knirps (クニルプス) 折りたたみ傘 ケース 1

↑はknirps T2が入ってる状態。ファスナー全開するとこんな感じ↓に広がります。

knirps (クニルプス) DRY BAG 折りたたみ傘 ケース 2

↓はケースの内側に当たる部分

knirps (クニルプス) DRY BAG 折りたたみ傘 ケース 3

内側の面のアップ。このタオル地のような素材で水分を吸ってくれる。

knirps (クニルプス) DRY BAG 折りたたみ傘 ケース 4

 

Knirps T2とDRYBAGとひらくPCバッグ

画像の通り、Knirps DRY BAGは傘よりかなり大きめなのでかさばります。ひらくPCバッグだとそのまま横にして余裕を持って入るのと日頃それ以外でパンパンにすることもないので、問題ありませんが、荷物が多い人は注意が必要かもしれません。

ひらくPCバッグに入れたところ。横にしてスッポリ入ってかなり余裕もある。

knirps DLY BAG と ひらくPCバッグ3

出して比較したところ、外ポケットにも入りそうだけど、

knirps DLY BAG と ひらくPCバッグ1

入るけどチャックが閉まらない

knirps DLY BAG と ひらくPCバッグ2

ちなみにDRY BAG無しで、傘本体だけなら入ります。

knirps DLY BAG と ひらくPCバッグ4

チャックも余裕で閉まる。でも中がパンパンだと出っ張って不格好になるので注意。

knirps DLY BAG と ひらくPCバッグ5

ひらくPCバッグの記事はこちら

【オススメ商品レビュー】ひらくPCバッグ ブラックxアッシュ

いいね!してもらえると
めちゃめちゃ嬉しいです!

Twitter で

読者の皆さまへのお願い


  • このブログ内にある商品やサービスを紹介してるリンクには、そのリンクを介して商品を購入したりサービスと申し込んだりすると、その商品やサービスを提供している会社などから私に紹介料が入るものがあります。紹介料を得させたくないなと思われる方はリンクをクリックせずに商品名やサービス名などで検索をかけてご利用下さい。

  • もしブログ記事がいくらかは役に立ったし協力してあげようとなどと思って頂けましたら、是非記事内のリンク経由でご利用下さい。ご利用頂ける皆様のおかげでブログを運営出来ています。本当にありがとうございます!

  • また、記事がお役に立ったり、ブログを応援して頂ける方が居られましたら、SNSでコメントやシェア、お持ちのWebサイトなどにリンクを貼って頂くなど紹介頂けるととても嬉しいです。

  • 記事やTezlogについての感想、質問、ツッコミなどなどもコメント欄・Twitter等でお気軽にどうぞ!

-オススメ・レビュー
-,

Copyright© Tezlog , 2019 All Rights Reserved.