スマートホーム

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro レビュー | 2200ANSIルーメン。明るくても使えるプロジェクター最高峰![PR]

2021年8月30日

XGIMI HORIZON ProとX-Stand Pro 使用風景

XGIMIの4Kホームプロジェクター HORIZON Proを3週間ほどお借りしています。

以前ご提供頂いたモバイルプロジェクターのMOGO Proがとても気に入っていて、そこから値段もスペックも格段に上がるHORIZON Proがどんなにすごいのか使ってみたい気持ちが強かったのでお借りすることにしました。

普段貸し出しでのレビューのご依頼はお断りしているんですが、これは使ってみて良かったらマジで買おうと思って。

HORIZON PROは、

  • 4K(3840 x 2160)解像度
  • 明るい部屋でも視聴できる輝度2200ANSIルーメン
  • 5秒で起動
  • Android TV 10.0搭載で他の機器と接続不要で様々なアプリが使える
  • iPhoneやAndroidスマホをそのままミラーリング
  • Chromecast Built-in
  • 自動台形補正
  • 自動障害物回避
  • 高速オートフォーカス
  • Harman Kardon製スピーカー 8W 2基搭載

と、めちゃめちゃ高性能な4Kホームプロジェクター!

それだけ高性能だからお値段もお高め。税込みで17万超え。ポイントとかクーポンとか考慮で実質はもう少し下がるけどどっちみちお高い。

だから気軽には買いづらいし、正直MOGO Proで映像に綺麗さには本当に満足していて、それより綺麗ってどういう風に見えるのか想像がつかないというのを他の記事とかでも言ってきたんだけど、だからこうしてお借りすることにしたんですね。それでこんなにすごいのか!となったら買おうと思って。

で詳しくは記事内で書いていくけど、初めにざっくりと書いておくと、

  • 2200ANSIルーメンの明るさやばい!
  • 起動5秒やばい!

という2点がめちゃめちゃすごい一方で、

一番気になってた4K解像度に関しては僕の環境だとオーバースペックでフルHDと比較しての凄さが実感出来ませんでした。

4Kがすごくないんじゃなくて、フルHDでもマジで綺麗なの。

僕が使う寝室では壁までの距離の関係で投影出来るサイズは100インチにちょっと届かないくらいのサイズ。

これくらいのサイズだとフルHDでも全然映像が滑らかで、明るさの違いによる綺麗さはあっても画質っていう面での違いは実感出来ませんでした。

Horizen Pro自体は300インチという超大画面に対応してるので、300と言わずとももっと大きく投影出来る広さがあれば、フルHDだとこんな感じだけど4Kならこう!みたいに実感出来たんじゃないかな。

でもじゃあオーバースペックでHORIZON Proいらないのかというと、やばいと書いた2200ANSIルーメンという明るさと起動の速さが本当すごくてこっちで欲しくなっちゃった。

MOGO Proですっかりプロジェクターにハマったと書いたけど、これはすっかり毎晩寝る前に映画やDAZNなんかを見るようになって生活が変わったという感じだったんだけど、

HORIZON Proもこれまた、MOGO Proの寝る準備を済ませてベッドに入って見るという楽しみ方に、普通に照明の付いた明るい部屋でながら見とかするTVみたいな役割で付けておくという使い方までプラスしてくれて生活に新しい要素を加えてくれました。寝るときだけ使ってたプロジェクターが1日中使えるじゃんと。

で、今回お借りしたHorizon Proの4KじゃなくフルHD版という感じのHORIZONという機種があるので今はそっちを購入しようかなと思ってます。

HORIZON Proが良いか、HORIZONが良いか、はたまた他の機種がいいかは何を求めるかとかどんな環境で使うかによるので一概には言えないけど、僕にはオーバースペックでありながらもHORIZON Proがめちゃめちゃ良かったのは確か。むしろそれが確認出来たからいきなり買わずに貸し出しを頂けてて良かった。

実際にどんな感じで使えるのかとか画像や動画を交えながら紹介していきます。

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro パッケージと付属品

パッケージ

XGIMI HORIZON Pro パッケージ
XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro パッケージ

HORIZON Pro 本体と付属品一式

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro 斜め前方から
XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro本体
XGIMI HORIZON Pro 付属品一式
XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro付属品一式

  • 電源コード・アダプタ
  • リモコン
  • 説明書類

リモコンはBluetooth接続

XGIMI HORIZON Pro Bluetoothリモコン

アルミ素材の高級感のあるBluetooth接続のリモコン。

テレビだったら自然にテレビに向けてリモコン操作するだろうけどプロジェクターは画面と本体の場所が違うので、赤外線リモコンだと画面に向けてもプロジェクター本体に届かずに反応しない場合があるけど、Bluetooth接続だから、いちいちプロジェクターの方に向けたりせずに操作してもちゃんと反応してくれる。

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro

基本スペック

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro 斜めから
XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro本体
サイズ 約 208.4 x 218.4 x 136.2 mm (高さ x 幅 x 奥行)
重量 約 2.9 kg
解像度3840 x 2160 (4K)
輝度2200 ANSI ルーメン
その他仕様詳細はXGIMI 公式サイトへ。

アルミ素材に重厚感のあるかっこいいデザイン。

据え置き用のホームプロジェクターなので、以前ご提供頂いたモバイルプロジェクターのMOGO Proよりも断然大きく重さもずっしり。

もちろんその分性能は格段に上!

でも気軽に、日常的にとは言わないけど、家の中で移動するとか、ここぞというときにどこかに持ってくくらいなら全然持ち運べるサイズと重さだと思います。

天板からタッチ操作

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro 斜め後方上から

リモコンの他、天板部分でもタッチ操作出来る。

背面 接続ポート類

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro 背面 端子類

  • 電源端子
  • HDMI 2.0 x 2
  • USB 2.0 x 2
  • LAN x 1

ブルーレイプレイヤーとかPC、スマホ、タブレットなどと有線で接続する場合にはHDMIケーブルで接続したり、LANポートもあるのでWi-Fi環境の良くない場所でも使えますね。

底面には三脚取り付け用のネジ穴

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro 底面 三脚取り付け用のネジ穴

XGIMI デスクトップスタンド X-Desktop Stand Proを取り付け

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON ProとXGIMI X-Stand Pro

冒頭にも書いたXGIMIのMOGO Proをご提供頂いて、すっかり気に入ったので自分で購入したXGIMIのプロジェクター用のデスクトップスタンド X-Desktop Stand Pro。MOGO Proで使っていたけどHORIZON Proなど他のXGIMIのプロジェクターでも使えます。

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro にX-Stand Proを取り付け。

スタンドがついてさらにかっこいい!

少し上や下に傾けたり出来るようになるだけで設置場所や投影場所の選択肢がだいぶ広がります。

もちろんそれだけなら他の三脚でもOK。でもやっぱりずっと部屋に置いておくモノだからカッコイイ方がいいですよね。

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro にX-Stand Proを取り付け。
XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro にX-Stand Proを取り付け。

XGIMI HORIZON Proの使用感

XGIMI HORIZON ProとX-Stand Pro 使用風景

5秒で起動するから気軽に使える!(動画)

MOGO Proは電源ボタンを押して使えるようになるまでに1分くらいかかってたからボタンを押して他のことやって戻ってきたら使えるようになってるという感じで、それでも寝る前に使うのには十分だったけど、

HORIZON PROはボタンを押して5秒で起動!

ただし電源ケーブルを挿して1回目の起動はもう少しかかるので注意。その後リモコンで電源を切って、それ以降は電源コードが接続されたままであれば毎回5秒程度で起動されています。

あと照明の下でもこんなによく映ってるという点も見てもらえれば。

4K高画質

8k高画質画像を撮影
8k高画質画像を撮影
8k高画質画像を撮影

映像がめちゃめちゃ綺麗!これらはYouTubeで4Kや8Kのコンテンツを探して流してるところを撮影したものだけど、壁に映してるところをスマホで撮影してこの綺麗さ。実際に動画だと水の流れや木々の葉っぱの一枚一枚なんかまでとても精細。

でもこの綺麗さ、僕の部屋のスクリーンサイズだと実はフルHDのMOGO Proでも同じくらい綺麗でした。その辺は記事の後半で。

自動台形補正と手動台形補正

XGIMI HORIZON Pro 自動台形補正で投影された映像
XGIMI HORIZON Proの自動台形補正で生成されたスクリーンサイズの映像

上の画像はXGIMI HORYZON Proを部屋の角から斜めに壁に向けて投影してるのを、壁の正面から見やすい角度やサイズに自動で補正してくれた「自動台形補正」による映像です。

斜めから投影してるとは思えない見やすさ!

ですが横にもう少しスペースがあるのにもったいない感じも。

そこで「手動台形補正」という手動調整も加えてみることに。

まずは自動台形補正から

自動台形補正

XGIMI HORIZON Pro 自動台形補正の設定

「プロジェクター補正」から「台形補正」を選択し、その先で自動台形補正を選択します。

XGIMI HORIZON Pro 自動台形補正1

一旦真っ白になって、プロジェクターが補正なしで投影できる範囲がわかります。

XGIMI HORIZON Pro 自動台形補正2

そこにこんなふうに色々表示が。まだ補正のかかってない斜めからの投影された映像そのままという感じ。

XGIMI HORIZON Pro 自動台形補正3

そして自動補正がかかって、正面から見るのに良い角度とサイズに自動調整されます。

とは言っても僕が見るのは真正面より少し横にズレたベッドの上なので横にズラしたいし、もう少しサイズも手動で調整すして大きくしたいということでここから手動調整。

手動台形補正

XGIMI HORIZON Pro 手動台形補正1

上の画像の状態から時間をおくとこの状態になるので、

黄色で選択してるスクリーンの角の位置を上下左右に動かしてスクリーンのサイズや形を調整します。

XGIMI HORIZON Pro 手動台形補正2

左上の角を目一杯横に持っていくとこんな感じ。

XGIMI HORIZON Pro 手動台形補正3

4角を整えるとこんな感じ。面倒そうかもしれないけどリモコンの操作性もいいので簡単です。

XGIMI HORIZON Pro 手動台形補正で調整した映像

これで調整を終えるとこんな感じ。スクリーンがいい具合に広がりました!

HORIZON Proから壁までの距離がもっとあればもっと大きく投影出来るんだけど、僕の寝室ではこのサイズが限界。

でもほとんど壁いっぱいなのでめちゃめちゃ満足感高いです。

あと、ちょっと灯りのある部屋で投影してるように見えるかもしれないけど真っ暗な部屋で普通にHORIZON Proの映像で明るくなってる感じ。ナイトモードとかでもないです。

2200ANSIルーメンのスゴさ!明るい部屋でも使えて暗い部屋ではより綺麗に!

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro 照明の付いた明るい部屋での投影

こちらは普通に照明のついてる部屋で投影してる様子。画像だとイマイチこれが見やすいのかどうかわかりづらいかなと思ったんだけど、じっくり見たいなら照明を消して暗い部屋にした方がより綺麗に見えるのはもちろんだけど、何かをしながらとかで電気を付けたまま何か流しておきたいみたいな時には十分見えます。

おかげで今までは寝る準備をして照明を消してから何かを見るという感じだったけど最近は寝支度をしながらYouTubeとかを流しつつ、ベッドに入ったら映画にするみたいにより利用場面が広がりました。

ちなみに↓は300ANSIルーメンのMOGO Proから同じ状態で投影した様子。

XGIMI MOGO Pro 照明の付いた明るい部屋での投影

画像だとiPhoneの方で調整が入っちゃって壁の色とかが変わってるけど、照明の具合とかは一緒で、HORIZON Proで撮影した方が暗めにしてあるとかじゃないです。同じ日に同じ環境で先にMOGO Proで撮影してその後HORIZON Proに切り替えて撮影。時間も2分しか経過してません。同じ具合で撮れてないので比べづらいと思うけど、中の画像一つ一つがさっきのHORIZON Proで撮ったほうがくっきりしてるのがわかると思います。時刻表示の部分とか見てもらうと全然違います。

実際にMOGO Proの時は明るい部屋でも見ようなんていう発想にはならないくらいだったので体感としては画像での比較以上に違うと思います。

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Proとモバイルプロジェクター MOGO Proの比較

こんな感じで並べてテストした時の画像です。

XGIMI HORIZON Pro使用風景

この通り4灯のシーリングライトを全灯でこんな感じ。

画像で見るとあんまりしっかり映ってないように見えるかもしれないけど、テストした日だけでなく毎日とりあえず寝室に入ったらとりあえず付けて何か流し見するっていうくらい普通によく映ってます。もちろん暗くした方がより映りはいいのでしっかり見たい時は暗くして。

この写真以外にも部屋全体を写してる画像はiPhoneの超広角で撮影してます。

明るい部屋でもしっかり見れて、

XGIMI HORIZON Pro使用風景

真っ暗な部屋ではより鮮やかに。

XGIMI HORIZON Pro使用風景

投影してる映像の明るさがすごいから真っ暗な部屋だけど投影されてる映像で明るくなったり。

XGIMI HORIZON Pro使用風景

全部ナイトモードとかじゃなくて普通に真っ暗な部屋で撮影。

Android TV 10.0搭載で他の機器と接続不要で様々なアプリが使える

XGIMI HORIZON Pro使用風景 たくさんのアプリで様々なコンテンツを楽しめる

こんな感じで好きなアプリをプロジェクター本体にDL出来るから、他のレコーダーやPCなんかと繋がずにHORIZON Pro単体で使えます。

もちろんHDMIケーブルなんかで他の機器と繋ぐことも出来ます。

  • YouTube
  • Amazon Prime Video
  • Disney+
  • DAZN
  • U-NEXT
  • Hulu

などなど有名な動画配信サイトはまずアプリがあります。

トルネモバイルのアプリもあるので、Nasneなどが設置されてればTVの視聴も出来ますね。

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro でライブ映像を見る

ライブ動画を大画面で見たり、

XGIMI HORIZON Pro使用風景 DAZNでサッカーを壁一面に。

DAZNでスポーツ中継も。

XGIMI HORIZON Pro使用風景 Disney+でディズニー映画

家族でディズニー映画なんかも。

動作音は静か、発熱も気にならない

XGIMI HORIZON ProとX-Stand Pro 使用風景

MOGO Proも静音性や発熱は気にならなかったんだけど、以前使用したことのある2万円台の安価でフルHDのプロジェクターは音も発熱もすごくてプロジェクターってこういうモノなのかなと思ってことがあった。音は気になるし、発熱はこれで部屋少し暑くなるんじゃって思うレベル。

XGIMI HORIZON Proは無音とは言わないけどあえて近くに行って耳を傾けないと聞こえないくらいの動作音で普通に動画を見たりしてたらまず気にならないレベル。発熱も全然気にならない。

Bluetoothでイヤホンやマウス、キーボードなどとも接続出来る。

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro Bluetoothリモコンやマウスを接続

付属のリモコンもBluetooth接続だったように他の機器もBluetoothで接続出来ます。

本体内蔵のスピーカーもharman/kardon製 8Wを2基内臓と音もとっても良いけど、よりこだわりがあって別のスピーカーを使いたいとか、大きな音を出せないからイヤホンやヘッドホンを使いたいという場合、

また付属のリモコンも操作性はかなり良いけど、マウスやキーボードがあるとより快適に操作が出来ます。

フルHDプロジェクターとの違い。4Kはオーバースペックの場合も。

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro 暗くした部屋で投影した壁をアップで。

冒頭でも書いた通り、4Kの凄さというのは実感出来ませんでした。

綺麗じゃないわけじゃなくて、MOGO ProのフルHDで既にめちゃめちゃ綺麗で、この上がどれだけすごいのか想像出来ないっていうのはMOGO Proの記事でも、Twitterでプロジェクターについて話をした時なんかにも言ってたんだけど、

それでも実際に使ったらこういうことか!っていうスゴさを実感するのかなと思ってたんだけど、実際にYouTubeの4KコンテンツだったりAmazon Prime Videoの4Kコンテンツだったりを探して再生してみると、

実際に使ってみてやっぱり明るくなってる分もあると思うし、あと綺麗になってる気がするっていうような先入観で、初めはすげー綺麗!っていう気がするんだけど改めてMOGO Proで同じのを見ると、4Kコンテンツを見てるのにここが鮮明になってるみたいな違いはわからず、

YouTubeで4Kコンテンツの画質を下げたりしてみると、480Pや720Pから1080P(フルHD)までの変化は目に見えてわかるんだけど、1080Pから2160P(4K)の違いは僕にはわかりませんでした。

で、これはおそらく投影してるスクリーンサイズの問題かなと思うんだけど、

僕の環境だとプロジェクターからスクリーンまでが2.6mにちょっと届かないくらい。

で、実際に投影出来てる映像のサイズが230×105cmくらい。100インチっていうのが215×135cmくらいということなので100インチには届かないくらいで投影出来てる様子。

HORIZON Proは300インチまで対応らしいので、300と言わずとも、僕の環境よりももっとスペースに余裕が出来ると大きく写せて、そういう時にフルHDと4Kの違いを感じるのだと思います。

つまり僕の環境でのサイズ感だったらフルHDでも十分な映像が見れてたということかなと。

XGIMI MOGO Pro 暗くした部屋での投影 ホーム画面
XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro 暗くした部屋で投影した壁をアップで。

フルHDとの違いが感じなかったというだけで、この通り映像はめちゃめちゃ綺麗。映像のドットみたいのを感じるかもしれないけど、スクリーンじゃなくて壁に直接投影してるので壁紙凸凹です。

投影距離と投影サイズ

投影距離投影サイズ
106cm40インチ
159cm60インチ
213cm80インチ
266cm100インチ
319cm120インチ

ちなみに投影距離と投影サイズの関係はこんな感じの様です。僕の環境は100インチの手前くらい。僕の家では今まで紹介してきた場所以上にスペースを取れる場所がないので試すことはできませんでした。

Anker の4Kプロジェクター Nebula Cosmos MAXとの比較

XGIMI HORIZON ProとX-Stand Pro 使用風景

冒頭にも書いた通り今回HORIZON Proはお借りしています。

で、めちゃめちゃ良かったら自分で買おうと思ってお借りしてました。

なので借りる前にHORIZON Proの他に候補になる機種も確認してたんだけど、候補としてはAnker の4Kプロジェクター Nebula Cosmos MAXがありました。

でもそんなに迷わなくても済むくらいXGIMI HORIZON Proの方がほとんどの面で優秀なんですよね。

製品名Horizon ProCosmos MAX
サイズ約208 x 218 x 136 mm約351 x 249 x 99 mm
重量約2.9kg約3.6kg
明るさ2200 ANSIルーメン1500 ANSIルーメン
解像度4K (3840 x 2160)4K (3840 x 2160)
スピーカー16W(8W x 2)40W(10W x 4)
OSAndroid TV 10.0Android TV 9.0
価格176,880円179,980円

サイズのコンパクトさ、軽さ、明るさで上回り、4Kプロジェクター同士ということで解像度は一緒。

Android TVもHORIZON Proは10.0を搭載。

スペック表上ではスピーカーの出力だけがNebula Cosmos Max。それ以外は全てHORIZON Proが上回っていて、価格も少し安いという具合。

こりゃもう使ってみて良かったらHORIZON Pro一択だというくらいで使い始めたんだけど、いざ使ったら既に書いた通り、4Kである必要はなさそうだった。

そんなわけで初めはHORIZON Proの購入を考えながら使い始めたんだけど

4K解像度じゃなくフルHD解像度という点を除けばHORIZON Proとほぼ同等の機種 HORIZON で良いなとなって、

まだ手元にHORIZON Proをお借りしてるんだけど注文しちゃいました。HORIZON ProでもHORIZONでもどっちみち高価なんだけど、でもその価値を感じるくらい本当に良かったです。

XGIMI 4Kホームプロジェクター HORIZON Pro レビューまとめ

XGIMI HORIZON ProとX-Stand Pro 使用風景

とにかくもう最高です。MOGO Proを普段から使ってたので、HORIZON Proになって特に!というのは、冒頭から書いてる通りやっぱり起動の速さと明るさ。

5秒で起動というのはめちゃめちゃ快適だし気軽に使える。

そして明るい部屋でも使えるというのがプロジェクターの利用場面をぐんと広げてくれる。

暗くした部屋でも、画質じゃなくて明るさの面でより綺麗に見えるようになった。

言葉にしちゃうとたったこれだけという感じだけど、実際に生活がどうなるかと考えると寝る前にだけ使って満足してたのが、もう1日中使えるようになるからね。

そしてそもそもの映像の綺麗さ、Android TV 10.0搭載で他の機器と繋がずにプロジェクター単体で様々なアプリが使えるとかっていうことがもう本当に快適。

最近は映画とかサッカーとか配信ライブとか。しっかり見たいものはいつも見てる仕事場のPCじゃなくて遅い時間になっても家に帰ってからプロジェクターで見ないとちょっと損だなっていうくらいの気持ち。あとHORIZON Proになってからはちょっとした時間にYouTubeを流しておくことも増えたからコンテンツの消費量も増えた。

XGIMI HORIZONを購入したので外観の比較を追記

XGIMI フルHDホームプロジェクター HORIZON

記事内にも書いていた通りHORIZON Proはとても良かった一方で僕の環境では4Kでなくても良いなと思ったのでフルHD画質という以外ほぼ同スペックのHORIZONを購入しました。

XGIMI HORIZONとHORIZON Proを比較

HORIZON Proはお借りしていたモノだったので返却前に外観の比較だけ写真に撮っておきました。

外観はHORIZON Proの方がかっこいいんだろうなとHORIZONが手元に届く前は思っていたんだけど、HORIZONも想像以上にかっこよくて良かったです。

まだ手元に届いてとりあえず設置したというくらいで使い心地はこれからだけど、とりあえず明るい環境でも使えるとかは想定通りHORIZON Proと同じように使えていてとても満足。やっぱり借り物じゃなくて自分のモノになると一段と良く感じます!

XGIMI モバイルプロジェクター Mogo Pro
【 XGIMI Mogo Proレビュー】Android TV搭載 小型フルHDモバイルプロジェクター で憧れのホームシアターが簡単に。生活の質が爆上がり!実際の使用風景など。

続きを見る

QOLを爆上げするオススメアイテムまとめ
【2021年】QOLを爆上げするオススメアイテム 7選!高額でもそれ以上の価値がある!

続きを見る

3,000円以下の買ってよかったモノ。楽天お買い物マラソンやAmazonのセールでオススメ
3,000円以下の買ってよかったモノ。楽天お買い物マラソンやAmazonのセールでオススメ。安くて良いモノ。

続きを見る

スマートホーム化でやったことまとめ
スマートホーム化入門。やったことまとめ。Echo ShowとSwitchBotからスマートライト・スマートロックなど。随時更新中。

続きを見る

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら

Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!

一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

てず


オススメのモノ・コトを紹介するレビューブログ Tezlog(てずろぐ)を運営。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

-スマートホーム
-,