オススメ・レビュー

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

2018年5月1日

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

以前にデスク周りで使ってるモノを紹介する記事を書きましたが、記事を書いてから2年が経ち、随分と状況が変わったので改めて現在のデスク周りのモノを紹介していこうと思います。

仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間は起業前より明らかに増えていますが、それでも遊ぶ時間も確保して家でするような映画見たり漫画読んだり音楽聴いたりっていう娯楽もこの事務所でやっています。

仕事の内容についてはブログでは触れませんが、このブログは趣味ですし、アフィリエイターとかでもないです。でも仕事で役立てばという勉強の気持ちでブログを始めました。もともと面倒臭がりなので効率化とか快適な環境を作るためにっていう感じで作業環境が出来上がったり変わって行ったりしています。

この記事はとても長くなりました。目次でもざっと見て頂いて、何か興味のある項目があればちょっとでも見てもらえれば嬉しいです。

たまにお問い合わせから紹介してる商品についての質問を頂きますが、メーカーじゃないとわからないような部分は答えられません。(たまに修理の仕方や自分とは違う状況下における質問を頂くので)あくまで僕の使用感とか、使い道に合うかみたいな相談ならお問い合わせからでもコメントでもTwitterでも頂ければ出来る範囲でお答えしますのでお気軽にどうぞ。

MacBook Pro 13インチ 2018年モデル

Macbook Pro 2018 13インチ

ずっとWindowsを使用していたけど、iPhoneやiPadを使うようになって、だったらPCも、と2014年にMacBook Pro (Retina, 15-inch,Mid 2014)を購入。

そして2019年2月に2台目のMacになるMacBook Pro (13-inch,2018)を購入しました。

15インチの方が少し動作が重い場面が出てきたことと、iPhoneやGoPro,Osmo Pocketなどで撮った4kの動画の編集が出来ないことなどが理由で13インチの2018年モデルを購入して、15インチは今は家で使用しています。

1台目のMacを購入するときはそれまでずっとWindowsだったので、ちゃんと使えるか、不便さはないかなど不安もありましたが、
特に問題なく移行出来て今ではすっかりMacじゃないと、という感じです。

純正のメモやリマインダーなんかのアプリ、ユニバーサルクリップボード、AirDropなんかがiPhoneやiPadとシームレスに繋がっていて快適。

使用していて特にトラブルが起こったこともなかったんだけど13インチを購入した後に実は15インチの調子が悪くなってた原因がバッテリーにあったっぽかったことが発覚したんだけどまさかの無償交換で4年以上使ったMacのバッテリーと外装、ディスプレイが新品同様にしてもらえました。

Appleのご厚意なので、毎回このレベルの対応はアテにしちゃいけないけど、サポートの手厚さも最高です。

Windows PC HP Pavilion 15

HP ノートPC Pavilion 15 3EJ36PA-AAAA とMacbook Pro
HP ノートPC Pavilion 15 3EJ36PA-AAAA 起動した画面

2018年5月半ばに仕事でWindows PCが必要になり購入。月に数回程度しか使用しないのでメインはまだまだ上記のMacbook Pro 。

仕事で使うとはいえ、別にスペックを要求される作業ではないが、動作が遅くストレスがかかるのも嫌だし、今後長く使えるようになるべく高スペック、でも価格は抑えたいという考えで機種選定。第8世代 Core i5なら今メインで使用してるMacbook Pro 2014MidのCore i7より高性能な様なので、第8世代 Core i5かi7で10〜14万くらいで探していたところ、

第8世代 Core i7搭載の16GBメモリ、128GB SSD+1TB HDDで表示価格11万円以下、楽天ポイント考えると実質10万円以下という高性能ながらに高コスパなこの機種を発見。この価格ではamazonでは販売しておらず、楽天とYahooにあるHP Directplus でしか販売していない模様。(2018年6月11日現在)

外部ディスプレイとディスプレイアーム

トリプルディスプレイ(MacBookPro・LG 4k液晶ディスプレイ27UD58-B・PHILIPS27インチ液晶【送料無料】PHILIPS 27型液晶ディスプレイ 274E5EDSB/11)
MacBookPro(左)とLG 4k液晶ディスプレイ27UD58-B(中央)・PHILIPS 27型液晶ディスプレイ 274E5EDSB/11(右 縦に設置)を接続。ディスプレイアーム はGH-AMCA03を使用。

LG 27インチ 4K液晶ディスプレイ 27UD58-B

2017年7月にamazonプライムデーで購入。とにかく4K液晶で機能も十分なのに安いということで購入。せっかくの4Kだけど4Kの解像度だと文字が小さくなりすぎてしまうので3008x1692の設定で使用。

接続にはThunderbolt→Displayport変換ケーブルで接続。詳しくは下記のレビュー記事で。

とにかく作業領域が広がって快適。4万前後からで購入出来て一度購入してしまえば壊れるまで(保証3年)はずっと使えるんだから仕事効率化とか作業効率化とかアレコレ考えるならまず少しお金を出してさっさとWQHD(2560x1440)か4K(3840x2160)液晶導入するべき。その上で他のアレコレも考えたら良いと思う。

ディスプレイ上にサンワサプライの収納棚100-MRSH001 を取り付け

サンワサプライディスプレイ上部用収納台を27インチディスプレイに設置した使用風景
27インチ液晶ディスプレイに幅がほとんどピッタリ。机の上のものを退けたい時に一時的なモノの避難場所として使用。

PHILIPS 27インチ液晶ディスプレイ 274E5EDSB/11

2016年12月に購入。縦置きで使用。縦にしてる理由は設置スペースの問題だったんだけど返ってよかったかもっていうくらい使いやすい。

先に紹介したLG 27インチ 4K液晶ディスプレイ 27UD58-B が快適なのでこちらも4Kにしようかとも考えたけど、フルHD(1920x1080)のこちらにウインドウを持ってきた方が文字なんかが大きくて見やすい場面もあるので。

グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム GH-AMCA03

グリーンハウス ディスプレイアーム GH-AMCA03
グリーンハウス ディスプレイアーム GH-AMCA03。壁際から撮影。画像の通り支柱を設置する箇所から少し後ろに余裕があった方が動かすのに自由が効きます。

上記のモニター2つはこのモニターアームで設置。上記の通り27インチモニター2枚設置でも全然危なげない。動かす時は片手で動かせて、離せばしっかり固定されて快適。前後上下左右にアームを動かせてさらにディスプレイの角度だけ斜めに下げたり上げたりとかも動かせる。気持ち見下ろす感じでディスプレイを見るような角度の方が目が疲れないみたい。

マウスとキーボード

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2SとワイヤレスキーボードK811
キーボードとマウスはずっとロジクール。K811とMX1600GR ANYWHERE 2S。どちらもBluetoothで接続。

Logicool キーボード K811

2015年2月ごろに購入。ボタンを押すだけで3つのAppleデバイス間で切り替え可能ということで買って見たもののもうすっかりMacでしか使ってません。それでもサイズ感と打鍵感も良くてデザインも好きだし購入して良かった。現在は後継機も生産終了してるっぽくてちょうど同じくらいの用途・サイズ感のロジクールのキーボードが見当たらないので壊れるのが怖い。

Logicool MX1600sGR Anywhere 2S

2016年に購入したロジクールのワイヤレスマウス MX ANYWHEREが壊れてしまい保証で交換になるも生産終了していたため、新機種のMX ANYWHERE 2Sに交換してもらいました。保証期間が2年あって(前は3年が標準だったけど)前に別のマウスでも同じように新機種に交換してもらったことがあり、信頼があるのでマウスとキーボードはロジクールと決めています。

こちらは手のひらに収まるコンパクトなマウスながら3つまでの機種と切り替えられたり複数のPC間をシームレスに移動できるFLOW機能が目玉(使ってないけど)。

それよりジェスチャーボタン機能が便利でサイドの2つのボタンや上面のボタンを押しながら前後左右に動かすとそれぞれに割り当てた動作を行えるっていう機能で、コピー&ペーストとか、良く使うアプリの起動やフォルダを開くなど割り当ててる。ボタンを押すだけなのでキーボードでショートカットキー叩くより早い

さらに特定のアプリを操作中だけ別にカスタマイズ出来たりもしてevernoteを開いてるときはボタン押しながら前後左右に動かすだけで全部別々の良く使うノートに飛べるようにしたりしてる。

スピーカー・イヤフォン

Bose SoundWear Companion speaker

Bose Soundwear Companionをヘッドフォンスタンドにかける
ヘッドホンスタンドに置いています。

肩掛けの、いわゆるウェアラブルスピーカー。2018年3月に購入以来毎日使用。首にかけたまま動き回れるので机の前での作業に限らず、掃除や洗濯・洗い物をしながらなど聞きにも最高だし、じっくり映画やライブDVDなんかを見るにも迫力のある音が楽しめて素晴らしいです。主にMacとiPhoneと接続して切り替えて使用。

外ではBluetoothイヤフォンのBeats X 、事務所ではBose SoundWear Companion Speakerを、ベッドではAirPodsを使用して大体常に何か音を流しています。音楽だったりラジオだったり。

Google Home Mini

Google Home Mini

スピーカーとしての用途より主に音声操作でのGoogleカレンダーへのスケジュール登録に使用。僕的にはSiriでの登録よりスムーズ。リマインダー登録はSiriを使用。あと初めて行く地域への行き方とかをざっくりと見当つけたい時に「◯◯までの行き方」とか聞いたり。日にちとか時間とかまで決めたりするような絞り込みにはiPhoneの乗り換えアプリとか使うけど場所があまりよくわかってない時にざっくりと新幹線から〇〇線か、とか、ああ〇〇の近くなのか、とかっていうイメージ作りに。

スマホとタブレット

iPhone X

クレジットカードとPASMOを入れたTwelve South Relaxed Leeather for iPhone X
iPhone X 。ケースはTwelve South Relaxed Leeather for iPhone X。カードを入れて財布要らずに。

2017年の大晦日に購入。iPhone 4→iPhone 5→iPhone 6→iPhone 6s→iPhone Xという具合に機種を変えてきた(本当はiPhone 6から7にする予定だったのに7が発売する少し前に6が壊れて7の発売まで待てなかった。)のでiPhone Xの快適さが凄い。

動作の快適さ、液晶の表示の綺麗さ、撮影した写真の綺麗さ、バッテリーの持ちの良さとかが特に素晴らしく感じてる。

iPhoneケースはTwelve South Relaxed Leather for iPhoneX

ケースにはEDY付きの楽天クレジットカードと定期券付きのPASMOを入れてて基本普段の支払いはこれだけでOK。音楽ライブとかでロッカー使うとかドリンク代とか、あと100均とかでは小銭持ってくけど基本財布なしで過ごせる。iPhone4の頃からこのスタイルなのでiPhoneのケースはカードが入ることが絶対条件。なおかつ手帳型は写真撮るときとか邪魔になるので嫌。今使ってるケースみたいな背面にカードが入るケースでなおかつ合皮じゃなくて本革のものって少ないから今のケースは気に入ってる。

iPad Pro 12.9インチ 第3世代 2018年モデル

iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデルとApple Pencil ・ANKERのスマホ・タブレットスタンド

iPad Air

iPad 9.7インチとiPad mini3
iPad mini3 (左)とiPad Air (右) 。普段外に持ち歩くのはiPad mini3。仕事で用事によってはiPad Airも。

iPad Airは懸賞で当選してもらったもの。一定期間、1年だったか2年だったかはSoftbankの回線利用込みっていう太っ腹なものだったんだけど、その期間も終えて現在はwi-fi利用のみ。基本テキストを打ったりはMacかiPhoneで。iPadは閲覧用っていう使い方。動画だったり雑誌だったりスキャンした書類だったりevernoteだったり。iPad Airの前は自分で購入したiPad Retinaモデルを使用していて、今はそれは寝室で動画とか見る用途に。

動画はNetflix・Hulu・amazonプライムビデオ その時その時の見たいものがあるサービスを一ヶ月くらいずつ契約。雑誌は楽天マガジン。

電子書籍はあとで紹介するDurodex 200DXで裁断してScanSnapで自炊してiPad miniかiPhone Xで読む。雑誌はiPad Airで。

iPad mini 3

iPad mini3 とAnker スマホ・タブレットスタンド
iPad mini3 。スタンドはこの下で紹介してるAnkerのタブレットスタンド。iPad mini3は主に読書用端末に。

メイン用途は読書。スマホがiPhone Xになり、普通の書籍サイズの本を自炊したものならそちらでも十分に読めるのでちょっとの隙間時間での読書はiPhone Xで。少しじっくり読めるならiPad mini3 で。出先でフリーWifiかテザリングでブラウジングしたり動画を見ることも。

読書用端末ならKindleのイメージだけど、KindleのUIが使いづらいことや電子ペーパーのページめくりの挙動とかが苦手で僕には合いませんでした。

Anker タブレットスタンド

Anker スマホ・タブレットスタンド
畳むとこのサイズなのでバッグに忍ばせて置いても全然かさばらない。

大変便利なスマホ・タブレットスタンド。3つ持ってます。事務所と家とバッグに一つずつ。似たカタチのスマホ・タブレットスタンド増えてきたけど多分Ankerが最初なんじゃないかな。2014年に購入。

Ankerのは生産終了っぽいので、リンク先は似た形の他社のスタンドです。

アーロンチェア リマスタード

アーロンチェア リマスタードとデスク周り
高額だけど12年保証もついてるし本当に快適なので長く机に向かう仕事をしてるなら早めに手に入れて長く使うと良いと思う。本当に購入してよかったしもっと早く買えば良かった。

2017年9月に購入。数年前からずっと欲しかったアーロンチェア。それまでの椅子が調子悪くなってきたのを機に購入。購入を見送っていた間にいつの間にか新型が出ていたのもラッキーな気分に。購入に際しては大塚家具にその他の高級オフィスチェアを座り比べに行ってきました。

他社製のアーロンチェア用ヘッドレストも購入しましたが、実際に使ってアーロンチェアにヘッドレストは不要なんだとわかり結局外してしまいました。高いですが、購入から半年以上が経過する今も大満足。買ってよかったです。慢性的な腰痛は無かったものの疲労が溜まると出てた腰痛がすっかり出なくなりました。座り心地はもちろん、購入の決め手にもなったお気に入りの部分は上下左右前後に動かせてクッションの効いてるアームレストです。

机周りの小物

木製のトレイとポストイットとジェットストリーム4+1とJINS SCREEN
ポストイットとJINS SCREEN・手前のペントレーにはジェットストリーム4+1が2本とEvernoteのスタイラスペン JOT SCRIPT。もう滅多に使ってない。あと目薬。ペントレーは雑貨屋さんで買った本来お箸とか入れるカトラリーケース。

ブルーライトカット PCメガネ

一日中ディスプレイを見てることも珍しくないので目が疲れるんですね。PCにもブルーライトカットのソフトやNight Shiftも使っていますが、合わせてJins SCREENをかけてると明らかに目の疲労度が違います。普段はメガネをかけてないので、かけ忘れてても目が疲れてきたのを合図にかけたりします。

Jins SCREENの前に出ていたJins PCの頃から使っていて、寝る前にブルーライトを浴びていると睡眠の質が落ちるというので、Jins SCREENを購入して事務所用にして、それまで使用していたJins PCを枕元に置いて寝室に入ってから寝るまでかけています。JINS SCREENの方がブルーライトカット率が低いんですがレンズが透明なので。寝室でかけてるJINS PCはレンズが少し茶色。

使わないのが一番いいとわかっていても寝る前にスマホなりタブレットなり使わないのが難しいので。

JINS SCREENはAmazonや楽天になかったので、リンク先はブルーライトカット メガネで良さそうだったものを。

Jet Stream 4+1

書き心地の素晴らしさで有名なジェットストリーム。ちょっとした高級感もありながら4色ボールペンにシャープペンと消しゴムまで付いていて便利!ちょこちょこヤフーショッピングから何にでも使える数百円分のクーポンとかもらっては使い道に困って少し足してジェットストリームを購入してたんで今何本持ってるのか自分でもよくわかってない。多分事務所に3本、家に1、2本、バッグ2つに1本ずつくらい持ってる。本体の色とか0.5mmと0.7mmとかは色々。色は前はボルドーが好きだったけど今はブラックとネイビーが好き。

ポストイット

昔は何でもノートに書き殴っていたんだけど、今はすっかりEvernoteやappleのメモやリマインダーになってきて、紙に書くことが激減。そんな中サッと書きたい時はポストイットに。そんなに頻繁に書かなくなった分大したペースで減らないしあんまり気兼ねなく使える。ガンガン書いてた時は勿体無いと感じてたと思うけど。

あとポストイットに書いてノリのついてる部分で貼り付けて上から梱包用の透明テープとかで覆ってラベル代わりに使ったり。

サーモマグとSoil 珪藻土コースター
Soilの珪藻土コースター 左が未使用、右側のサーモマグが乗ってるのが4年くらい使ってるもの。

サーモマグ

2013年に購入。400mlと大容量、いっぱい入って保冷保温能力が高いということで購入。蓋もあるんだけどほとんど使ってない。もう慣れちゃって保温性能高いんだかどうなんだかよくわかんなくなっちゃったけど買ったばかりの頃はこれはいい!と思ってたから多分いいはず。ステンレスに大分使用感が出たけどなんか味が出た感じで愛着が湧いてる。

Soil 珪藻土コースター

吸水性の高さ、バスマットなんかで有名な珪藻土のコースター。4枚入りで2014年に購入して家と事務所で1枚ずつ使ってて2枚残ってると思ってたけど写真撮ろうと思って箱を出したら1枚しかなくて1枚行方不明。新品と比べて色の差が酷いけどコーヒーばっかり飲んでるから。ある程度汚れたり吸水性が悪くなったらヤスリをかければいいし何回かはかけたんだけど、今はこの使用感もそれはそれでいいっていう感じ。

こんな具合でも水はすっかり吸ってくれます。当時購入したセットは売ってなかったのでリンク先は2枚組です。

Bosk ボスク ティッシュボックスとデスク周り
机の奥の段差の出来てる本棚にちょうどいい高さで治ったBosk ボスク のティッシュボックス。

Bosk バスク ティッシュボックス

2018年4月に購入したばかりのティッシュボックス。机の天板とその奥の本棚に段差があるんだけど、ちょうどそのスペースに上手く入ってくれる上に前面が斜めになっていてティッシュが取りやすく、さらに裏側が小物入れになっていて便利。花粉症やアレルギー性鼻炎持ちなのでティッシュは欠かせません。

机の下 ケーブルボックス、電源タップや充電器、立ち作業用マット

八幡ねじ 疲労軽減マット デスク下収納時

机の下にはサンワダイレクトのルーターボックスや、立って作業する時用の疲労軽減マットなど。

サンワダイレクト ケーブルボックス

サンワダイレクト ケーブルボックス使用風景
ケーブルボックスの中は上下段に分かれていて、下段にNECのルーターとフレッツ光のモデム

外側にNuAns FOLDKEEPER を貼り付けてケーブルのガイド兼ホルダーに。

Anker PowerPort Speed 1PD 60はコンパクトなのでケーブルボックスの中もスッキリ
上段にAnkerの充電器 PowerPort 1PD4IQ、PowerPort Speed 1PD60。電源タップは間隔が広めでACアダプタとかでも隣に干渉しないやつ。

充電器は前はケーブルボックス内じゃなくて机の天板下に両面テープで貼り付けたりしてました。

ライトニングケーブルを止めるのに使ってるネオジウム磁石

Anker USB-C & ライトニングケーブルのライトニング端子はネオジム磁石で止められる
頻繁に使うライトニングケーブルはネオジム磁石で手元の横くらいに固定。

NuAns MAGDOT ケーブルホルダーを見て、これ磁石買って両面テープで貼ればよくない?って思って試して見たら便利だった。

ネオジム磁石っていう強力な磁石で、ライトニングケーブル以外にも磁石に付くモノの収納に便利。

記事にも書いてある通り100均でも買えます。僕はダイソーで購入。

引き出しタイプトレー テンダーワイド

引き出しの無い机に後付けで取り付けられる引き出し。付属の両面テープとネジだけで取り付けられる。(何ならテープだけでも。)机の他、カラーボックスに取り付けたりとかテープが張り付くかネジが刺されば何にでも取り付け可。

机はウォールステッカーで木目のデスクにリメイク。

机はもともと賃貸の事務所を借りた時に前の人が置いていったという、その人が自作したっぽい机。

ペンキが色移りしたりするのでテーブルクロスを敷いて使っていた。それも汚れてきたりしていたので何かいいもの無いかなと考えて木目のウォールステッカーを貼ってみることにしてわりといい感じになったと思ってます。

机の横のモノ

机には置けないけど机に向かってる時に手近なところに欲しいものが集まっています。

デスク横のサンワダイレクト ウッドラックとエセルテ ソーテッドファイルA4
壁にかかってる黒枠のポケットがエセルテ ソーテッド。左の棚はサンワサプライのウッドラック。写真を撮るためにイスはどけてるけどエセルテ ソーテッドの正面にイスがある感じ。最近は出勤するなりBose SoundWear Companionをとって肩にかけてる。

エセルテ ファイル ソーテッド

A4の書類の入るポケットが6つ連なって壁掛け出来る書類収納。月ごとの領収書や請求書を管理するのに使用。いちいちファイルを出して入れてとかしないでポケットに突っ込んでいってあとは税理士さんに投げるだけっていう仕組み。他にも書類なんかの一時避難所に。めちゃくちゃ便利。

レビュー

 【レビュー】書類の壁掛け収納!しっかり仕分けてサッと出し入れ出来る!| エセルテ ESSELTE ソーテッドファイル A4

サンワダイレクト ウッドラック 5段 幅90cm×高さ179cm×奥行40cm 100-DESKH006

画像には下2段しか載せてませんが5段ある棚を使ってます。上の方は消耗品のストックとか、保管の必要のある書類とか。いかにも倉庫みたいな棚の方が安上がりなのは見つかるんだけど、仕事場なので少しでも気持ち的に快適に仕事できるように木の温もりを感じられるものに。

違う設置場所にこの商品の幅が狭いタイプも置いてます。しっかりしてるし木の感じなんか、子供部屋とかにも良さそう。

iPhone 6s

棚に貼り付けたiPhone6sとScansnapとTIGER 電気ケトルPCH-G080
サンワサプライのウッドラックに両面テープで貼り付けてあるiPhone 6s

iPhone Xを購入するまで使っていたiPhone 6s 。今は机の前に座った時にすぐ左手にある棚の脚に貼り付けてBluetoothスピーカーと接続して事務所のBGMのリモコン代わりや、事務所で電話するときのメモ用の録音機器代わりみたいな使い方に。100均一で買ったクリアケースに入れて、上でも紹介した二トムズの剥がせる両面テープで貼り付けてます。

ScanSnap iX1500

ScanSnap iX1500 開けたところ
ScanSnap iX1500。前機種iX500から6年越しの新機種が発売ということで購入。前機種も5年半以上使用しました。

もはや無くてはならないのがScanSnap。一家に1台は必須だと思っています。

紙類は明らかに不要なもの以外全てスキャン。捨てるか迷う暇があったらスキャン。

タイガー 電気ケトル 「わく子」800ml PCH-G0800KP

2017年2月に購入。それまでは電気ポットを使っていたけど電気ポットより場所を取らないこととお湯を沸かすのが早いことで購入。購入するときはティファールと迷って、こちらの方がフタが丸々取り外せて手入れがしやすいというようなところで購入。デザインも良いと思う。

それまで使用していた電気ポットはレトルト食品の湯煎とゆで卵作る用として活躍中。事務所にはガスが無いので。

現在は購入したモデルより新しいものが出てるようなのでリンクは新しい方。

バリスタ i

最近はバリスタよりドルチェグストの方が良く使ってるんだけどドルチェグストは別の場所に置いてる。美味しいのは間違いなくドルチェグストなんだけど一杯あたりのコストもドルチェグストのが割高なので、そのときの気分でバリスタで飲んだりドルチェグストで飲んだり。

バリスタはiPhone からアプリで操作出来て便利。

ドルチェグストのカプセルもバリスタの粉も、どちらも楽天の買いまわりでまとめ買いしてる。

爽快ドラッグは8,000円以上で12%OFFのクーポンがいつも出てるので、必要な消耗品にこれを加えて8,000円オーバーに。出荷に10日くらいかかるのが珍しく無いので急ぎのものは買わない。

リンク先のバリスタは新しい機種

Special.T

バリスタ・ドルチェグストと同じくネスレから出てるお茶用のマシン。普段はコーヒーばっかり飲んでるけど時期によってお茶が飲みたくなるので置いてます。

積んでBOX

スタンディングデスクとして使用中のボックス使用風景

机の上に乗せてスタンディングデスク環境にするために使用。モニターはアームを高くするだけで立ったまま作業するのに良い高さになるので、立った状態でキーボードとマウスを操作するのに手を自然な高さにするための台として。常時使うよりはちょっと作業のし始めが億劫な時と眠気のあるときに。

立って作業してると眠気がなくなったり、手をつけてしまえば集中出来たりするのでそしたらそのまま作業を終えるまで一気にというときもあるし、座り直して作業を継続するときも。

サンワダイレクト シュレッダー  400-PSD017

12枚同時裁断となっていますが、多少多かったかなと思ってもしっかり裁断してくれます。

基本紙の資料など受け取ってもスキャンして捨ててしまうので裁断機は結構使います。棚の上段のScanSnapでスキャンしてそのまま下段のシュレッダーへ。なんでも無いチラシなんかは破いて雑にゴミ箱に入れますが、少しでも仕事の情報、自分や取引先、お客さんの個人情報なんかが含まれる部分は全てシュレッダーで。

CD・DVDやクレジットカードなんかもいけるし、クロスカット方式よりさらに細かいミニクロスカット方式なので安心です。ホチキス留めの書類がそのままいけるのもスゴイ。

Durodex 裁断機 200DX

自炊用裁断機。一般の書籍の他、仕事で受け取る資料の冊子なんかも裁断して片っ端からスキャンしてiPhoneやiPadで。全部電子データで管理するので紙で保管する場所が無くなる他、持ち運びも楽になるし、クラウドへの保管でデータへのアクセスもMac・iPad・iPhone何でも見れて便利。書籍に関しては電子版が販売されるのも随分早くなってきたけど前まではそもそも電子版が出なかったり、出るにしても紙版より随分遅かったりしてたので普通に買って裁断してスキャンしてた。さらに一部はPDFで持ってて、また一部はKindle、また別のものは楽天のKoboとか散らばるとどこにあったか探すのに時間がかかるので、全部自前のデータの方が探す場所が1箇所で楽。

紹介してる200DXより裁断数の少ない180DXも安めに売ってるけど、書籍の裁断がしたいのなら200DXでギリギリの厚さというのは珍しく無いので絶対に200DXの方がオススメ。また、このリンク先の楽天のお店はポイント10倍とかもちょこちょこやってるし送料もかからないので、特にamazonで購入したいわけでないならそちらの方がオススメ。

 

いいね!してもらえると
めちゃめちゃ嬉しいです!

Twitter で

読者の皆さまへのお願い


  • このブログ内にある商品やサービスを紹介してるリンクには、そのリンクを介して商品を購入したりサービスと申し込んだりすると、その商品やサービスを提供している会社などから私に紹介料が入るものがあります。紹介料を得させたくないなと思われる方はリンクをクリックせずに商品名やサービス名などで検索をかけてご利用下さい。

  • もしブログ記事がいくらかは役に立ったし協力してあげようとなどと思って頂けましたら、是非記事内のリンク経由でご利用下さい。ご利用頂ける皆様のおかげでブログを運営出来ています。本当にありがとうございます!

  • また、記事がお役に立ったり、ブログを応援して頂ける方が居られましたら、SNSでコメントやシェア、お持ちのWebサイトなどにリンクを貼って頂くなど紹介頂けるととても嬉しいです。

  • 記事やTezlogについての感想、質問、ツッコミなどなどもコメント欄・Twitter等でお気軽にどうぞ!

-オススメ・レビュー
-,

Copyright© Tezlog , 2019 All Rights Reserved.