Scansnap

【レビュー】本の自炊の方法 Durodex 自炊裁断機 200DX で書籍丸ごと裁断!1.8cm以上の厚さの本はオルファ ロータリーカッターで分割。

2018年3月17日

2014年5月に購入しました。2013年にScanSnap ix500を購入して以来、仕事のものもプライベートのものも、紙類は片っ端からスキャンしています。あえて紙で残しておく必要のあるもの以外紙がなくなるスキャンした紙類はEvernoteやDropbox、iBooksなどを通じてiPhone、iPad、Macなど、どれでも、どこでも利用でき、大変便利です。

そうなってくると、本や雑誌などもスキャンして電子データで管理したくなるものです。紙の本を自分で電子書籍化する。いわゆる自炊ですね。カッターなどで切り分けることなども考えましたが、流石に一冊のスキャンに時間がかかりすぎると考え、丸ごと裁断出来る裁断機が欲しくなりました。

今回紹介するDurodexの自炊用裁断機 DX200なら1.8cmまでの書籍がそのまま裁断出来ます。それ以上の厚さのものは本を分割する必要がありますが、それでも10枚、20枚程度しか切れないようなものと比べて分割する数が減らせて手間は圧倒的に減らせます。大抵の本なら丸々裁断できるし、少し分厚くても2個に分割する程度で裁断出来るでしょう。分割する方法も紹介します。

Durodex 自炊裁断機 200DX

裁断する時

Durodex 200DX 自炊裁断機

Durodex 自炊裁断機 200DX本体。1.8cmまでの書籍等を裁断出来ますが、使っていると結構1.8cmギリギリということがあるので1.5cmまでの裁断機より断然オススメです。

Durodex 200DX 自炊裁断機 LED点灯

左側にある赤いボタンで赤色LEDを点灯。写真だとわかりづらいですが、この状態でハンドルを下ろした時に裁断されるラインが赤い直線で示されています。

Durodex 自炊用裁断機200DXを収納する

Durodex 自炊裁断機 200DX 収納

左側に立ててあるのが200DX。収納するときはこんな風に立てておけます。幅400×奥行340×高さ170mm(ハンドル収納時) 重量 約9.8kg 重いといえば重いですが、ハンドルも付いてるので移動もしやすく収納するときは立てておけば意外と場所を取りません。ちなみにその200DXの右側はシュレッダーで上の段右側に半分くらい写ってるのがScansnap ix500。裁断やスキャンは全てここでやります。

Durodex 自炊裁断機 200DXで書籍を裁断する

Durodex 200DX 自炊裁断機で実際に裁断する

実際にDurodex 200DXで書籍を裁断してみます

Durodex 200DX 自炊裁断機に裁断する本をセット

赤いボタンでLEDを点灯。(写真では本の厚さがあるのでLEDの光がわかりづらいですが)裁断するラインを確認しながら本をセット。グレーのバーを動かして固定。

Durodex 200DX 自炊裁断機で実際に裁断したところ

ハンドルを両手で下ろして裁断します。ハンドルを下げ始める時だけ右上の解除のレバーを押しながら。完全に下ろしてカチッとした手応えがあればギリギリの分厚さでも、紙1枚だけでも切り残しが出たことがないくらい切れ味が良いです。

Durodex 200DX 自炊裁断機で裁断した書籍と切れ端

裁断できました。

Durodex 200DX 自炊裁断機 裁断されるラインをLEDで表示

表紙はカバーの織り込まれてる部分があるのでさっき裁断した側と反対側も裁断。さっきと違い厚さがないので写真でもLEDの光が見やすいですね。

Durodex 200DX 自炊裁断機 表紙も裁断

裁断できました。裏表紙も同じように裁断して完了です。厚さギリギリのものでも、このように紙1枚でも、カチッとした手応えのあるところまでハンドルをしっかり下ろせば切れ損ないなどは出たことありません。表紙は面倒だったり、本の紙の束を包むのに残したかったりするなら切らないで繋がったままスキャンすることも出来るけど電子データを管理するときに表紙も切ってあったほうが見やすくていいと思う。

これで裁断が完了しました。1.8cm以内の書籍はこれだけなので本当に簡単です。

裁断が完了したらScansnapでスキャンすれば書籍の電子化、いわゆる自炊が完了です。

Durodex 200DX でロッキング・オン・ジャパンを裁断

音楽雑誌のロッキング・オン・ジャパンとかもこの通り裁断できる厚さです。

スポンサーリンク

1.8cmを越える分厚い書籍の裁断

オルファのロータリーカッターで分割する

まあ、カッターは切れれば何でもいいんですけど、オルファのロータリーカッター LL 使いやすくてオススメです。切れ味もいいしカッターみたいに刃が折れたりもしないし。

Durodex 200DX 自炊裁断機で分厚い書籍の裁断

こちらは1.8cmを大きく越える書籍。

Durodex 200DX 自炊裁断機 1.8cm以上の書籍

当然本の差し込み口に入らないので、本を分割することにします。

1.8cmを越える書籍を裁断するために分割する方法

テキトーに半分くらいに分けます。きっちり半分でなくて大丈夫です。半分でも入らないくらい分厚ければ3分割、4分割と一つの束の厚さが1.8cm以内になるように分けます。

1.8cmを越える書籍をオルファ ロータリーカッターで分割する

ここでオルファロータリーカッターが登場。長く使ってる上に保管も悪く錆びてしまってますがまだまだしっかり切れます。別に切れればどんなカッターでも大丈夫です。

オルファ ロータリーカッターで本を裁断する

こんな感じでザクっと切っていきます。オルファ ロータリーカッターなら刃を当てて、押し込んでいくように力を込めれば簡単に貫通出来ます。ホチキス留めの書籍などは先にホチキスの針を取りましょう。

オルファ ロータリーカッターで本を裁断した

ザクザク切っていきます。どうせこの後裁断機 Durodex 200DXで裁断するので神経質にならずざっくりで大丈夫です。

オルファ ロータリーカッターで本の分割が完了

これでDurodex 200DXで裁断出来る厚さ「1.8cm以内」に分割出来ました。

分割した書籍をDurodex 200DX で裁断する

分割が済んだら後は1.8cm以内の書籍と同じようにDurodex 200DXで裁断していきます。

Durodex 200DX 自炊裁断機 分割した書籍の裁断

分割した束を一つずつ裁断していきます。

Durodex 200DX 自炊裁断機 分厚い書籍を裁断

この通り綺麗に裁断できました。

Durodex 200DX 自炊裁断機 表紙の裁断

最後に表紙の折り込み部分も切り分けて完了です。

1.8cmを越える書籍の裁断が完了

1.8cmを越える分厚い書籍の裁断が完了しました。薄い書籍に比べて確かに手間は増えていますが、実際にかかる時間は数分程度。面倒は面倒ですが簡単ですよ。あとはScanSnapでスキャンすれば自炊完了!

てず


オススメのモノ・コトを紹介。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2021/1/2

2020年下半期 買って良かったモノ

2020年下半期の買ってよかったモノです。 2020年上半期の記事はこちら。 記事最後にもリンクを載せておくので良かったらそちらも是非! 上半期は仕事場の机を新調したことがあってデスク周りの製品が多かったけど、デスク周りの製品は大体落ち着いたので下半期はまた違ったラインナップに。 すでに個別で記事を書いたものも多いんだけど、特に11月末から12月にかけてのブラックフライデーやサイバーマンデーで購入して記事が書ききれなかったものも。 たくさん載せてると、買ったモノ全部載せてるみたいにも見えるけど、個別記事に ...

ReadMore

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020年上半期に買って良かったモノを紹介していきます。 それぞれ個別にレビュー記事を書いてるモノが多いので、興味のあるモノがあったら個別の記事も是非! 特に順位付けしたりはしてなくて紹介してる順番は関連性のあるモノ並べたりした結果です。 機能性なんかの面で生活を快適にしてくれるモノもあれば、それを持ってることで気持ちよく過ごせるようなお気に入りのモノだったり、色んなモノがあるけどどれも本当に買ってよかったモノ。 数が結構あるので目次でも見てもらって、興味のあるモノや、コレなんだろ?っていうモノが何かしら ...

ReadMore

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/5/8

【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

ずっと欲しかった「かなでもの 」のテーブルを購入しました。 杉無垢材の天板と鉄製の脚のシンプルなテーブルで仕事用のPCデスクとして使うために購入。 組み立ては天板と脚を付属の六角レンチとボルト類で止めるだけっていう簡単なモノで5分、10分もあれば終わってしまうくらい。 無料のサイズオーダーで必要なサイズぴったりのテーブルが作れました。 購入した理由から実際にサイズをオーダーして組み立てるところ、完成した様子、PC周り・モニターアームやケーブル類などを整えたりする工程、その他一緒にデスク周りで使ってるモノな ...

ReadMore

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/3/24

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

この記事ではデスク周りで使用してるモノをまとめて紹介していますが、投稿したのは2018年。 その後、2021年時点で 仕事場で使用してるデスク 家に作ったホームオフィスデスク 以上2つのデスク周りをまとめた記事も作成してるのでそちらも宜しければ。 記事の最後にもリンクを貼っておきます。 さて、この記事で紹介してるのは仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。 家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間 ...

ReadMore

実際に今使用しているオススメの充電機器 Anker・CIO・Satechi・NOMAD・TUNEWEAR・革のポーチとケーブルクリップ。

充電機器 買って良かったモノ まとめ

2021/4/12

【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリーをまとめて紹介!

普段持ち歩いてるモバイルバッテリーや、机まわりの充電環境など実際に使用してる充電機器をまとめて紹介します。 充電周りの製品は新製品がバンバン登場。充電速度が上がったりバッテリー容量が増えたり小型化したり無線化したりと目まぐるしく進化しています。 たくさんの充電機器がある中で大事なのは自分の使い方や好みに合うモノを選べるかどうか。 使う機器も環境もバラバラなのに万人に共通の正解なんてないし、僕も自分のつかってるモノがベスト!なんて言う気はないです。 でもこういう理由でこういうモノを使ってるっていうことが人に ...

ReadMore

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

2020/12/19

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。 一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。 もう1日を通して耳が空 ...

ReadMore

スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

2020/11/27

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020年10月、今までちょっとした興味はありつつも、自分では特に必要ではないとか、活かせないという気がして手を出していなかったスマート家電を導入してスマートホーム化に手をつけてみました。 きっかけはベッドに横になりながらスマホをいじったりして、いざ寝ようって時に一旦立ち上がって電気を消すのが面倒で、横になったまま電気を消したいなと思ったこと。 リモコンで操作出来るシーリングライトやなんかだったら他にも方法はあるんだけど、壁のスイッチを押すしかないタイプの照明だと現状はSwitchBotしかないかなと。 ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

-Scansnap
-,