Apple Watch

【レビュー】初めてのApple Watch 。Series 5 スペースグレイアルミニウムケースとミラネーゼループ シルバー。金属アレルギーでも大丈夫だった。3週間以上使用した感想。

Apple Watch Series5 スペースグレイ ミラネーゼループ シルバー

2019年9月にApple Watch Series5を購入しました。44mmのスペースグレイアルミニウムケースにシルバーのミラネーゼループ。

Apple Watchを購入するのはコレが初めてです。前から欲しかったものの自分には必要ないかなと思い真剣には購入を検討しないできました。

そんな中今回ついに購入した理由や、
金属アレルギーでもApple Watchやミラネーゼループは大丈夫かなど購入する時に心配だったこと、
また、何もわからずに購入したので、バンドの付け方や交換方法、ミラネーゼループ、充電の仕方など基本的なことから、

3週間以上実際に使用した感想などを紹介します。

Apple Watch Series5を購入した理由

Apple Watch Series 5パッケージ

初めてのApple Watchを購入しました。

初代Apple Watchが出る頃から気にはしてたし欲しい気持ちもあったんだけど、
これまで購入していなかったのは使う人によってはとても便利でも僕の生活では何かが快適になるイメージが沸かなかったから。

走ったりもしないし、Apple Payも使わないし、
わりといつでもMacやiPhoneを触れる環境で仕事をしてるから、
通知やなんかもApple Watchじゃなくて直接MacやiPhoneで確認すればいいしと思って。

Apple Payを使わないのは職場までの電車が東武鉄道だから、定期付きのPASMOが必要でSUICAにするわけにいかないのが一番大きい。

そんなわけでApple Watchが手に入ればこんな場面でこんなに快適になる。これが出来るようになる。っていう具体的なイメージが全然浮かばなかった。

でも新しいApple Watchが出るとなると毎回気にはなってて、自分にとってこれは便利だっていう機能が発表されればすぐにでも買うのになって。

男のロマンじゃないけど腕時計型の端末を使ってみたい気持ちはめちゃめちゃあったからただただ買う理由が欲しかった。

そんなまま結局買わずにSeries5まで来て、

今回ついに買う理由が出来たのかと言えば、そうでもなくて、

相変わらず自分には「必要」ではないよなーとか、
必要ではない、どころか、全然役立つ場面が思い浮かばないなーとか思いながら、

でもいい加減使ってみたいなって思いの方が強くなったので買ってみることにしました。

これでやっぱり全然いらねーじゃんて思ったら今後気になることもないだろうと。

それで気が済んだら売却することも出来るだろうと。

というわけでいつもなら、コレをこういう場面で役立てるとか、具体的に使うイメージを思い浮かべて購入するのに、

今回は全然自分が便利に使ってるイメージが沸かないままに購入しました。

でも投げやりな気持ちでとか後ろ向きな気持ちではもちろんなくて、

ずっとなんとなく欲しかったのに買う理由が見つからずに買えなかったモノをいよいよ手に出来るていうワクワクした気持ちで。

Apple Watch Series5 44mm スペースグレイアルミニウムケース と ミラネーゼループ(シルバー)を購入

Apple Watch Series 5パッケージ

そういう訳で購入したApple Watch Series5。

Apple Watchは本体のサイズやカラーの他、バンドも色んな種類・カラーから選べます。

今まで興味はありながらも、実際に購入を検討までしてなかったので正直細かいことは初めて調べて購入しました。

本体はスペースグレイアルミニウムケース(GPSモデル)。画面は少しでも大きい方がと思って44mmを。

バンドはミラネーゼループ。あえて本体はスペースグレイ、バンドはシルバーの組み合わせで購入しました。

普段使いにはレザーのバンドが欲しかったんですが、純正のレザーバンドはあんまり好みじゃなかったので、
それは別途他社のレザーバンドを購入することに。

Apple Watch Series5 同梱品一式

Apple Watch Series 5 ミラネーゼループ・付属品一式
  • Apple Watch Series5 本体
  • 磁気充電ケーブル(1m)
  • 5W USB電源アダプタ
  • ミラネーゼループ

Apple Watch Series 5 44mm スペースグレイ アルミニウムケース

Apple Watch Series 5

44mmのスペースグレイアルミニウムのケース。シルバーと迷いつつでしたがこちらの方が好みだったり、一緒に購入したiPhone 11Proや少し前から使用してるMacBook Proもスペースグレイなので合わせる感じに。

こうなるならもっと前に購入したiPad Proもスペースグレイにすればよかった。

Apple Watch Series 5 背面

背面はこんな感じ。今まで家電量販店やApple Storeで少し見たり触ったりしたことはあったけど背面がこうなってるのは知らなかった。

電気心拍センサーと光学式心拍センサーだそう。

電気心拍センサーはSeriies4からだそうなので、今回値下げされたSeries3には付いてないみたい。

光学式心拍センサーもSeriis5のは第2世代でSeriies3のは第1世代ということになるそう。

Apple Watch バンドの取り付け方

Apple Watchはバンドの交換も簡単というのは聞いたことがあったんだけど、実際にどういう仕組みなのかは知らなかったので、

バンドの取り付け方も紹介しておきます。

Apple Watch バンドの取り付け方

仕組みは簡単でケースの窪みにバンドの取り付け部分を嵌め込むだけ。

Apple Watch バンドの取り付け方

こんな風に横から差し込んで通すだけです。外すときはバンドの取り付け部分の中央辺りにあるボタンを押しながら引き抜くだけ。

Apple Watch バンドの取り付け方

反対側も差し込めば取り付け完了です。

Apple Watch Series5 スペースグレイ ミラネーゼループ シルバー

ミラネーゼループ以外のバンドも同じ仕組みで簡単に交換が出来ます。

Apple Watch ミラネーゼループの着け方

バンドの取り付け方と同じく、Apple Watchでよく見ていたミラネーゼループもどういうものなのか全然知りませんでした。

Apple Watch ミラネーゼループの着け方

ミラネーゼループはステンレススチール素材で出来てい留め具部分がマグネット式になってます。

だからどこでも一番フィットする場所で留められて、フィット感抜群、着脱簡単。

そして金属製ゆえの高級感もあってかっこいいです。

Apple Watch ミラネーゼループの着け方

留め具部分は乗せるように近づけるだけでパチンとくっつきます。

磁力も強くてうっかり外れたりズレたりとかは一切なし。

金属アレルギーでもApple Watchは大丈夫でした

Apple Watch Series5 スペースグレイ ミラネーゼループ シルバー 着用画像

実は金属アレルギーでApple Watchを購入する前にどうなのかなという疑問があったので調べていました。

Apple のデバイスに使われている素材は、徹底した配慮と綿密な調査・研究をもとに選び抜かれています。すべての素材が関連法規制をクリアしているのはもちろんのこと、Apple では法規制よりもさらに厳しい仕様を独自に策定しています。実際、皮膚に触れる素材はすべて、Apple 独自の仕様に基づいて厳密に検査・評価されています。たとえば、以下のような試験が実施されます。
数千回におよぶ材質組成試験
千台以上の試作機を使った装着試験・研究
数千項目にわたる毒性試験
複数の皮膚科医からのアドバイス
ごく少数とはいえ、特定の物質に対して敏感な皮膚反応を示す方がおられます。原因としては、アレルギー、環境的要因、刺激性物質 (石鹸や汗など) に長時間さらされることなどがあげられます。アレルギーその他の過敏症をお持ちの方は、Apple Watch とバンドに以下の物質が含まれていることにご留意ください。

Appleサポート 特定の物質に対して皮膚が敏感な方 https://support.apple.com/ja-jp/HT204665

Appleの公式サイトによると、素材には徹底して配慮して法規制よりも厳しい基準があるということです。

これで全ての人にアレルギーが出ないということはないだろうけど、僕の場合はどうなのかというと、
実際に使ってみての結果だけ言うともう丸3週間ほど使用して問題は全く起きていません。

金属アレルギーだと言っても、きちんと検査を受けて、この金属が合わないとか言われた訳じゃなくて、
実際に金属製の腕時計をつけて手首に発疹が出たりかぶれたりしたことがあって以来、腕時計を避けていたので、
具体的にどの金属がダメなのかは自分でもわかっていません。

今回上記のAppleの素材に配慮して云々というのと、
実際にApple Watchがアレルギーで着けられないという話を全然聞いたことがなかったので、
あとはもう試してみるしかないということで購入してみました。

それもわざわざ金属製のミラネーゼループで試してみました。

アレルギーが出ようが出まいが、サードパーティ製の革バンドを買う予定だったので
ミラネーゼループでアレルギーが出るなら革バンドだけで使ってみようと思ってましたが、
ミラネーゼループでも問題ないので今は革バンドと両方使ってます。

あくまで僕の場合はアレルギーが出なかっただけで、
一口に金属アレルギーと言ってもどんな金属でどれくらい敏感にアレルギーが出るかは人によって違います。

だから金属アレルギーでも大丈夫だよとは言えませんが、
金属アレルギーだからと即Apple Watchを諦めなくてもいいかもしれませんよ。

iPhoneを使用してApple Watchを設定。

iPhoneでApple Watch Series 5を設定

初めて起動するときはApple WatchとiPhoneをペアリング。近くに置いて指示に従うだけで簡単に接続。

Apple Watchも、iPhoneやiPad、Macなんかも、毎回新しいものを買うたびにデータの引き継ぎや設定なんかが簡単になっていくなって実感します。

Apple Watchの充電方法

Apple Watch Series 5 充電器

充電は付属の磁気充電ケーブルで行います。

Apple Watch Series 5 を充電

磁気充電ケーブルの上に置くとマグネットでくっついて充電が始まります。

付属のケーブルだけでもちろん充電できますが、他社製のスタンドなんかも販売されています。

僕は事務所のデスクと家のベッドの枕元に一個ずつ充電スタンドを置いてます。

Moobom Apple Watch 充電スタンド アルミニウム製 使用風景
WUUDI Apple Watch 充電スタンドでApple Watchを充電

Apple Watch Series 5 を使った感想

Apple Watch Series5 スペースグレイ ミラネーゼループ シルバー 着用画像

冒頭でも書いてた通り、Apple Watchを使ってみたくてとか、モノとしていいなーっていう憧れみたいな気持ちで購入したんだけど、
実際にこれが手に入ればこんな場面で役に立つはずっていう具体的な狙いは全然なくて、

むしろ僕の生活には必要ないだろうなっていう覚悟で購入しました。

なんでかって言えば大体の使い道でiPhone出せば良くない?って思うから。

iPhoneが出しづらい場面が多いとか、とにかく有効に活用できるくらい条件が合ってる人なら便利なんだろうっていう感じで。

で、実際に使ってみてどうかというと、

やっぱり使ってみないとわかんないもんだなーっていうくらい便利!

やっぱりApple Watchで劇的に何かが変わったとか、新しいことが出来るようになったっていうことはないんだけど、
iPhone出せば良くない?って思ってたちょっとしたことの確認とか処理が、
Apple Watchで出来るようになるのはとっても便利でした。

メールやメッセージ系のアプリのアーカイブやクイック返信が便利

便利なのはLINEやメール類の処理。

簡単な返信やアーカイブがApple Watchで出来るのが想像以上に便利で快適でした。

通知の処理に関してすごいなーと思ったのが、
iPhoneやiPad、Macなんかの複数の端末で同じ通知を受けてる時って大体はどれかで処理しても他の端末にも通知が残ったままで、
Apple Watchも同じことだと思っていたんだけど、

Apple Watchの通知はiPhoneとシームレスに繋がっていて、どちらかで処理するともう片方の通知は消えるし、
iPhoneを見てる時はApple Watchに通知は来ないし、iPhoneを見ていない時はApple Watchに通知が来てiPhoneは鳴らない。
でも、Apple Watchで見て、これはiPhoneで開こうと思えばiPhoneのロック画面にも通知が来てるっていう具合。

そんなのApple Watch持ってなくても常識だったのか知らないけど、
このシームレスさがとても使い心地が良くて、よく出来てるなーと。

LINEは元々「はい」しか返さないこととか多いんでクイック返信も良く使うし、
メールはメルマガとかもたくさん来るけど受診箱に来るものは全部通知が来るようにしてるので、
移動中なんかにもちょこちょこアーカイブ出来るのは便利です。

少し話がそれるけど受信箱に来るものは全部通知来るようにしてるので、
通知来て欲しくないものはGmailでフィルタを作って自動的にアーカイブされるようにしています。

必要ないメールが来るたびに、そのアドレスからのメールをアーカイブしたり、
タイトルに特定のワードが入ってるメールをアーカイブしたりとか。

それである程度受信箱に来るメールをコントロールしつつ、来たものは全部通知させてなるべくため込まない様、
集中して作業してる時なんか以外は即座に処理するようにしてます。

これはメール以外にも色んなメッセージ系全般。

それを今まではMacとiPhoneでやってたんだけど、
Apple Watchでも出来るようになると場面によってはより手間なく処理出来るようになりました。

他にも通知類とか、天気とかリマインダーとか確認するだけみたいな時に便利

じっくり見るものと違って、通知類やリマインダー確認・処理なんかはApple Watchだけで十分で、移動しながらとか、Macでキー叩きながらでもiPhoneに手を伸ばさずに処理出来るのが便利です。

天気や降水確率なんかも常時表示の画面に出てるのでちょっと見るだけだし。

そういう意味では時計だから当たり前なんだけど時間がサッと見れるのも、
今まですっかりiPhone出してみるのが当たり前だったから腕時計って便利!みたいな状態になってたり。

Apple Watch Series5 からの常時表示ディスプレイだからこそなのかな。それ以前のを使用してないから実感は少ないけど。

オーディオ系の操作が便利

Apple Watchにミュージックの音楽をDLしたりも出来るんだけど、特にその必要性は感じてなくて、

あくまでiPhoneで再生してるオーディオ類の操作が出来るのが便利だと感じてる。

ミュージックだけじゃなくて、ラジコでもYoutubeでも、それ以外の音声ファイル類なんかでもApple Watchがリモコンみたいになって便利です。

これも実際に使うまでは別にiPhoneで操作すれば良くない?って思ってたんだけど、思いの外便利でした。

何にしてもやっぱりポケットからiPhoneを出さずに手首のApple Watchでサッと操作出来るっていうのは快適です。

音量調整もだけど、BluetoothイヤフォンからiPhoneのスピーカーへの切り替えとかもApple Watchでやるのが早かったりして便利。

マップでの経路案内がわかりやすくて便利。

iPhoneで純正のマップアプリから経路案内をさせると、音声の案内をしつつApple Watchには矢印で進む先を示してくれるので、初めての場所なんかでもiPhoneで地図を見て位置関係把握するよりも早く歩き出せる。

これまではGoogleMAPを使ってたからApple 純正のマップアプリは全然使ってなかったんだけど、純正マップを使うようになりました。

初めは音声での案内もApple Watchからだと思って、おお、Apple Watchすげえとか思ったんだけど、
よくよく考えると音声での案内は多分iPhoneのマップアプリだけで前から出来たんだろうなとか思ったり。

このまま何m直進して〇〇の交差点を左折して何m直進とか音声で、
曲がる前にも、ここを左折して何m直進、
曲がった瞬間にも何m直進ですとか言ってくれて、

すげーちゃんと分かってるわーって。

このマップでの案内もApple Watch Series 5にはコンパスが内蔵されているっていうことで多分精度が良くなってるんだと思います。

仕事でもだし、趣味がライブに行く事だったりするんで初めていくライブハウスの時とかに役立ってます。

アクティビティや睡眠トラッカーなんかも楽しい

特に積極的に測定したり、それをどうこうしたりはしていないんだけど、これくらい歩いてるとかアクティビティが記録されて、自然と達成したものでバッジが貰えたりとかも何かとちょっとゲームみたいで楽しかったりします。

せっかくだからちょっと立っておくかとか、気づくとそこまでじゃなくても幾らかはそっち寄りの行動をしてたりするのもいいことだと思うし。

睡眠を測定するアプリも純正ではないけど使ってみてて睡眠の質とか測定して安心してみたり、そのうち純正でも登場しそうらしいからそれもちょっと楽しみだったり、決してApple Watchを健康方面での利用にはそんなに強くは考えてないんだけど、それでもあるならあるで楽しくて良いです。

Apple Payは使ってない

iPhoneケースに定期付きのPASMOと楽天カードを入れていて、物理のカードで支払ってます。

Apple PayでPASMOの定期まで使えたら是非使いたいんだけどそれは出来ないので諦めてます。

楽天カードに関してはApple Payにも登録することは出来るけど、結局Apple Payが使えない所用に物理のカードも持たないといけないのは変わらないので、だったら物理だけでいいっていう感じ。

通勤の駅がJRだったらSuicaで使えるのになーってiPhone7くらいの頃からずっと羨ましい。

充電の減りはまちまち

だいたい感覚的には1時間で5%くらい減ってるような感覚なんだけど、
過ごし方によってやけに減る日もあれば、逆に減りが少ない日もあって、
何が減りを早めてたり、逆に消耗が少なかったりするのか見極めたいなと思ってる。

でも大体公称の18時間はもってるようなイメージ。本当たまにやけに減ってるって感じる日は18時間もたないかも。

でも職場の机とベッドの2箇所で充電出来るようにしてるので特にバッテリーに困ったことはないです。

睡眠時にも睡眠の質を測ったりしてるから家では帰ってきて風呂に入る時だけ充電して、あとは事務所の机で1日にトータル3時間前後くらい充電で回してる感じ。

買ってよかった!

購入して3週間以上が経ちました。

繰り返し自分には必要ないんじゃないかと思ってた、と言ってきたけど、
実際に使わないとわからないものだなというのが正直な感想で、本当に買ってよかったと思う。

Apple Watchで出来る処理とかもそうなんだけど、それだけじゃなくて使っていて気持ちい使い心地が満足度を上げてくれてると思う。

まだまだ標準的な機能しかほとんど使っていないと思うから今後もいい使い方を見つけて追記していきたいと思います。

いいね!してもらえると
めちゃめちゃ嬉しいです!

Twitter で

読者の皆さまへのお願い


  • このブログ内にある商品やサービスを紹介してるリンクには、そのリンクを介して商品を購入したりサービスと申し込んだりすると、その商品やサービスを提供している会社などから私に紹介料が入るものがあります。紹介料を得させたくないなと思われる方はリンクをクリックせずに商品名やサービス名などで検索をかけてご利用下さい。

  • もしブログ記事がいくらかは役に立ったし協力してあげようとなどと思って頂けましたら、是非記事内のリンク経由でご利用下さい。ご利用頂ける皆様のおかげでブログを運営出来ています。本当にありがとうございます!

  • また、記事がお役に立ったり、ブログを応援して頂ける方が居られましたら、SNSでコメントやシェア、お持ちのWebサイトなどにリンクを貼って頂くなど紹介頂けるととても嬉しいです。

  • 記事やTezlogについての感想、質問、ツッコミなどなどもコメント欄・Twitter等でお気軽にどうぞ!

-Apple Watch
-

Copyright© Tezlog , 2019 All Rights Reserved.