スマートホーム 生活家電

ROIDMI EVA レビュー。自動ゴミ収集にモップ洗浄・乾燥まで!全部入りの5in1ロボット掃除機が超すごい!

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー 使用準備完了

吸引・水拭き・モップ洗浄・モップ乾燥・自動ごみ収集と5in1の全自動ロボット掃除機 ROIDMI EVAをレビュー。ご提供頂きました。

ロボット掃除機の進化は本当にすごいですね。まだまだ機能の乏しいロボット掃除機でもなんて便利なんだと思って使っていたモノでしたが、水拭きができる様になったり優秀な障害物検知機能が備わったり、そして自動ごみ収集機やモップの自動洗浄と進化が止まりません。

これまでにも2種類の自動ゴミ収集機能付きのロボット掃除機と、1種類のモップ自動洗浄機能付きのロボット掃除機を使用してきました。そしてついに自動ゴミ収集機とモップの自動洗浄が両方備わった全部入りの5in1!

もちろん5in1に加えて、目欲しい機能はあらかた備わってるし使用感もバッチリ。

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー 自動で吸引と水拭きの清掃をしている様子

基本の清掃機能も高くて最大3,200Paの吸引性能に、水拭きも上を撫でるだけじゃなくてモップが加圧しながら高速回転。

アプリ上で簡単に立ち入り禁止エリアを設定したりスケジュール設定で毎日自動で留守中に掃除を任せたり、障害物検知も優秀。落下防止やちょっとの段差の乗り越えで家中回ってくれます。

これだけ高機能となればそれはもうお高いんでしょう?という感じですが、現在Makuakeで予約販売中。購入するプランにもよりますが10万円前後から購入出来ます。一般販売時は通常価格が13万円予定だそうです。

10万とか13万という数字だけ見て安いとは言えないけど、ECOVACSのDEEBOT X1 OMNIという機種が同じようにモップの自動洗浄や乾燥、ゴミ自動収集機能が備わって全自動で20万近い機種になっています。こちらは実際に使用したことがないので大まかに似た機能が揃ってるだけでその他の細かなスペックや使用感の比較は出来ませんが価格差を見るとROIDMI EVAは価格面でもだいぶ頑張ってくれてる気がしますね。

ROIDMI EVAはMakuakeで予約販売中。

ROIDMI EVA レビュー パッケージと付属品

ROIDMI EVA パッケージ

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機 パッケージ

ROIDMI EVA パッケージです。全部入りというだけあって覚悟してましたがやっぱり大きい!

ROIDMI EVA本体とベースステーション

今までのゴミ自動収集機能のみのベースステーションよりも明らかに大きくて、パッケージから出しながらこれはとんでもないのが来た!という感じがしました。もちろんいい意味です。逆に不安だったのが本体がかなりデカいんじゃないかと思ってたことだったんだけど、これはむしろそこまででもないなっていう印象で安心しました。

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー 使用準備完了ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー

ご依頼をいただいた時点で頂いていた資料を見て良さそうだなと思ってただけに、警戒してたんですよね。資料には載ってないけどがっかりするポイントがあるんじゃないかって。でもマジで杞憂でした。とても良かった。

ROIDMI EVA 付属品一式

  • 説明書
  • 電源ケーブル
  • ロングクリーニングブラシ (本体に小さなクリーニングブラシも装着済み)
  • モップ 4個(本体に装着済み2個と予備2個)
  • ゴミパック 5個 (ベースステーションに設置済み1個と予備4個)
  • HEPAフィルター 2個(本体に装着済み1個と予備1個)

よくあるロボット掃除機の水拭き用のパッドよりもかなりしっかりしたモップ。ゴミパックもこんなにたくさん付いてきたのは初めて。実はいつもゴミパックが溜まったらそのまま捨てずに中身を掻き出して再利用してました。

1年分の消耗品を想定して付属させてるそうです。

ROIDMI EVA レビュー ベースステーション

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー ベースステーション 正面

サイズ

ベースステーションのサイズは W400 × D382 × H465mm

画像だと伝わりづらいかもしれないけどベースステーションがかなり立派。大きいというだけじゃなくて。これ単体でも高級家電ぽい佇まい。正面の黒い部分はLEDディスプレイで手動で操作出来るボタンも備わってます。

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー ベースステーション

背面

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー ベースステーション 背面

背面。窪んだ箇所は電源ケーブルの差し込み口があります。

上部に水タンクとゴミパック

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー ベースステーション 上蓋裏に説明書き

上蓋を開くと汚水タンク(4L)、ゴミパック(3L)、清水タンク(4L)が収納されています。タンクの色で汚水と綺麗な水を間違えることもなさそうだし、蓋の裏に使い方が分かりやすく書いてあるのがすごくいいと思いました。

ロボット掃除機格納部

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー ベースステーション ロボット掃除機格納部分

下部はロボット掃除機の格納部。掃除が終わったら自動でここに戻ってきて充電しつつゴミを排出し、モップを自動洗浄から乾燥まで。めちゃめちゃすごい。

クリーニングブラシの収納場所も。

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー ベースステーション 付属ブラシ収納

さらに格納部の上部に付属品のクリーニングブラシを収納出来ます。こういう収納場所があるのもめちゃめちゃいいですよね。

ベースステーションを設置

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー ベースステーションを設置

実際にこんな感じで設置しました。説明書には左右に50cmスペースが必要とありましたが、ロボット掃除機だと毎度のことでいつも左右にそんなスペースは作れずに設置してるけど問題が起きたことはありません。

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー ベースステーションを設置 背面は電源ケーブル分の隙間が必要

壁際は電源ケーブルがあるので少し隙間が。

ROIDMI EVA レビュー ロボット掃除機本体

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー ロボット掃除機本体 正面

ロボット掃除機 本体サイズは、W330 × D330 × H106mm。デザインとサイズに関して画像だけで見てた時にはどうかなーと不安もあったんだけど実物は良い感じでした。前方にはサイドブラシが見えてますね。片側にだけ付いてるタイプ。

後ろ側はしっかりとしたモップが。充電の接点や自動ごみ収集の排出口も。

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー ロボット掃除機本体 上から

上から。直前まで使ってたロボット掃除機はまん丸だったけど、ROIDMI EVAは四角に近い感じ。

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー ロボット掃除機本体 上蓋を開けてダストボックスとメンテナンスツール

上面を開くとダストボックスとクリーニングブラシが収納されてます。自動収集だから普段はほとんど触る必要ないけど何か問題があったりしたときはここから手動でメンテナンスを。

底面。よくあるロボット掃除機用の水拭き用パッドと違ってボリューム感のあるしっかりしたモップが2個。ただ撫でるように拭くだけじゃなくて加圧しながら高速回転でしっかり汚れを落とせるようです。

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー 使用準備完了

ベースステーションに置くとこんな感じ。画像以上に実物はすごくいいですよ。ただ当然色々備わってるだけあってごみ収集だけや、ごみ収集のないロボット掃除機よりも場所を取るので、今までのロボット掃除機と入れ替えるつもりで買う場合にはちゃんとサイズの確認はしたほうがよさそう。

ROIDMI EVA レビュー 使用感

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー 自動で吸引と水拭きの清掃をしている様子

実際に丸1ヶ月以上使用してこの記事を作成しています。

さすが今までで一番の高級機種だけあって使用感もとっても良かったです。

アプリの初期設定やWi-Fi接続なんかも非常にスムーズ。

どうしてもゴミの自動収集やモップの自動洗浄なんかに注目してしまいがちだけど、そもそもの掃除性能も吸引力も必要十分だしモップは力強いし、障害物検知とかも高性能。高い掃除性能のほか、備えていて欲しい機能はあらかた備えている上で自動収集や自動洗浄があるので正しく全部入りという感じです。

使用感としての不満はほとんどないけど、しいてあげるならアプリが日本語に最適化しきれてない感があるところ。ちょっとアップデートでいくらでも対応可能だと思うので今後に期待ですね。

高性能なマッピングや立ち入り禁止エリアもアプリ上で簡単に設定

初回は清掃をスタートさせるとまず動きながら各部屋をぐるりと一周マッピングを始めます。マッピングも高性能でサクサク進んでいきました。

マッピングが終わると一旦戻ってきて改めて清掃がスタート。

ROIDMI EVA アプリ メイン画面清掃完了時

初回の清掃が終わった時のアプリのマップがこんな感じ。清掃した経路が白線で表されてます。

戻ってきて清掃をスタートする前にぶつかったりして欲しくない場所に立ち入り禁止エリアを設定しました。左上の部屋の右下の赤い線と、右下の大きな部屋の真ん中の赤い四角部分。アプリ上で簡単に設定できます。

通ってないところは家具があったり段差で落下する場所だったりをちゃんと避けてるところで入れるのに掃除出来てない場所はありませんでした。

自動である程度エリア分けして効率的に回ってくれていて、途中設定分数(6,9,12分から選択)ごとにベースステーションに戻ってきてモップの自動洗浄を行う仕組み。

障害物検知で家具にもほとんどぶつからない

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー 狭いスペースにもぶつからずに侵入して掃除

以前使用してたロボット掃除機で画像の右側に写ってるフットレストや椅子が毎回掃除の度にちょっと動いてしまってるっていうモノの時があったんだけどROIDMI EVAはフットレストも椅子も全然ぶつかることなく、それでいて隙間の通れるところはしっかり通って掃除をしてくれます。

一切ぶつからないわけじゃなくて、優しく当たる程度にはぶつかるものもあるんだけど家具が動いちゃうほどの衝突はなく安心して使えています。

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー 狭いスペースにもぶつからずに侵入して掃除

マットや絨毯を検知。

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー デスクマットの上を掃除中

画像くらいの大した厚さのないチェアマットもしっかり検知してくれて、初期設定のマットや絨毯を避ける設定になってると濡らさないように避けてくれます。逆に設定をオフにすれば気にせずマットの上も掃除してくれます。僕は水拭きの水量を少なめに設定した上で絨毯を避ける設定はオフにしてマットの上も普通に水拭きさせてます。

ROIDMI EVA アプリロボット掃除機本体の設定

マット関係なく、水量多めだと結構水量が多いので普通の住宅で常用する設定としては少なめの方がいいんじゃないかなと思います。

あとマット上だけ吸引力を強くする設定があるのもいいですね。

家具の下にも入り込んで

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー 棚の下にも入り込んで清掃

ROIDMI EVA本体の厚さが106mm。薄型とは言わないけど想像してたよりも本体は大きくなくて入れなくなるだろうなーって覚悟してた画像に写ってる棚の下も奥まで入り込んで掃除してくれてます。もう少し分厚い機種も使ったことがあってその時は入れなかったんですよね。

段差の乗り越えや落下防止

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー 廊下への段差を乗り越え

段差はモップなしで2cm、モップありで1.5cmまで乗り越えられます。画像の段差だと全然問題にならずに乗り越えてます。

落下防止の機能もあるので玄関なんかでも落下の心配なく使えてます。

清掃後は自動ゴミ排出とモップの自動洗浄・乾燥

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー 使用準備完了

掃除が終わってベースステーションへ帰るとROIDMI EVA本体からゴミの排出とモップの自動洗浄から乾燥へ。

ゴミの排出は結構大きな音がするんだけど、自動ごみ収集のついた他のロボット掃除機と同等だと思います。それに対してモップの洗浄や乾燥に関しては音は全然気にならないので気づいたら終わってるという感じかと。モップの洗浄中はベースステーションのディスプレイに洗浄中のアニメーションが。

自動洗浄&乾燥後のモップ

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー 洗浄乾燥後のモップ

1回目の清掃を終えて、自動洗浄と乾燥も終えたモップがこんな感じ。

ROIDMI EVAを使う前からもう何ヶ月もロボット掃除機で毎日水拭き込みの掃除をしてるし、一人暮らしで仕事場にいる方が長いから家自体もそんな汚す方でもないのでひどい汚れを落としたような場所はないので、まあそんな汚れないだろうと思ってて実際そんなに汚れませんでした。外すのも簡単なので長期的に使ってく中で仮に自動洗浄で落とせないような汚れや臭いがついたら普通に洗濯するなりオキシ漬けにするなりするといいのかなと思います。

清掃後の汚水タンク

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー 清掃後の汚水と綺麗な水の比較

左が清掃後の自動洗浄を終えた後の汚水の溜まった汚水タンク、右が綺麗な水を補充した清水タンク。

モップであんまり汚れを感じなかった一方で水に関してはかなりはっきり汚れてるのがわかりました。毎日毎日水拭きをしてもらってる甲斐を感じますね。目立った汚れがなくても窓開けてるだけで、なんなら閉め切ってるはずでも埃とか入ってきますもんね。うちもわりといい風が入ってくるのが気に入ってるんだけど裏を返せばチリや埃も入ってきてるんだろうし、花粉症なんかもひどい方なのでそういう面でも少しでも綺麗に出来るんならしておきたいですよね。なのでなるべく帰ってくる前の時間帯にロボット掃除機が動いて、帰ってくる頃が綺麗になってるようにしています。

汚水を捨てて綺麗な水を補充する頻度

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー ベースステーションに綺麗な水をセット

使用し始めは水の補充が2日に一回はしないといけなかったんだけど、掃除に時間がかかるだけ洗浄の回数が増えて水が多く使われてしまうので要領よく部屋を回ってくれるように設定を少し調整したら4日に1度で良くなりました。

水の交換も上蓋を開いてタンクへのアクセスが簡単なのでそんなに面倒じゃありません。ここで手数がかかると途端に面倒なんですよね。ロボット掃除機本体のゴミ捨てや水拭きのパッドの交換はロボット掃除機を引っ張り出さないといけないのが結構面倒になりがち。

今日が何日目かとか考えるのは面倒なのでなるべく風呂に入る前とかに汚水を捨てて綺麗な水を補充するのをルーティンにしていますが、うっかり忘れたりすることもあるから、効率的に回ってくれるようにして洗浄回数を減らせるならしておいた方がいいですよね。

というわけで、掃除経路の設定と立ち入り禁止エリアの設定も紹介。

掃除経路の設定

ROIDMI EVA アプリ マップ編集画面

効率よく回ってもらうために自動でエリア分けされたのを手動で少し編集して、さらにどういう順番で回らせるかも設定しました。

特に設定しなくても勝手に掃除してくれるけど、12分おきにベースステーションに帰ってモップを洗浄する設定になってるので最初にベースステーションから一番遠く広い部屋を掃除させてしまった方が、遠い部屋から一旦ベースステーションへ戻るっていう場面を無くせて移動時間効率がいいかなと。最後がベースステーションのある部屋なら掃除への復帰も早いし。

水の問題だけでなく、使用する環境や家族の関係によって先にどの部屋を掃除させたいとか、こっちにきたらあっちのドアを開けようとか決まり事なんかも作りやすそう。掃除するタイミングでドアが閉まってるとスルーされちゃうので。

あと1箇所、棚の下に入り込んで掃除をする場所で正面からだったら問題なく入り込めるのに、横から行くと足に乗り上げてハマるとまでは行かなくても空回りして時間がかかる場所があったので、横側からは入れないように仮想の壁を作って正面からしか侵入しないようにしたりしました。

単純に部屋の広さがどれだけだと何分かかるというものでもなくて、同じ面積でもただただスムーズに回れるのか、家具がたくさんあって間を縫うように回るのか、前述の棚の脚に乗り上げてしまう場所があるとか、条件によっては必要以上に時間がかかってしまう場所もあるかもしれないので、マップや設定側をいじったり、部屋側で何か工夫したりするとロボット掃除機を手助け出来るかもしれません。

スケジュール設定で留守中に掃除が完了!

ROIDMI EVA アプリ スケジュール設定
ROIDMI EVA アプリのスケジュール設定画面

スケジュール設定はアプリ上ではタイミングの設定という項目になってます。こんな感じで細かく設定出来ます。

ROIDMI EVA以外でも基本ロボット掃除機はスケジュール設定で留守中に動いてもらうように運用してきたけど、やっぱりモップの洗浄が付いてると帰ってきて汚水を捨てて綺麗な水を補充するのをルーティンにするくらいで済むのでめちゃめちゃ楽ちん。

普通のロボット掃除機で水拭き用のパッドを洗濯すること自体は洗濯機に突っ込むだけだから面倒じゃないんだけどパッドの付け外しが結構面倒だったりして。とはいえ、そりゃしょうがないと思ってるから不満にも感じてなかったけど、こうやって自動洗浄をしてくれる機種を使っちゃうともう戻りたくなくなっちゃいますね。

アプリを開くと前回の掃除を終えた時の経路や総面積、かかった時間なんかが表示されてるので、自動化してもちゃんと問題なく全エリアを回ってるかとか、設定した立ち入り禁止エリアが機能してるかとかも確認出来ます。

ROIDMI EVA レビューまとめ

ROIDMI EVA 5in1 全自動ロボット掃除機レビュー 使用準備完了
  • 吸引力も強く、水拭きは加圧+高速回転とより強力。
  • 自動ごみ収集と自動モップ洗浄、乾燥で手がかからない。
  • 掃除後の溜まった汚水で水拭きの効果が見て取れる。
  • 障害物検知で家具などへの衝突も最低限。ほとんどぶつからない。
  • 立ち入り禁止エリアや清掃経路、スケジュールなどがアプリ上で簡単に設定出来る。
  • マットやカーペット、絨毯などを検知して掃除を避けたり、吸引力と強めたり出来る。

色々紹介してきましたが、簡単にまとめるとこんな感じで、さすが全部入り!今までに使ったロボット掃除機の中でも一番だとはっきり言えるくらいめちゃめちゃ満足してます。

来るとこまで来たという感じすらしますが今後のロボット掃除機にはどんな機能が搭載されていくんでしょうね。楽しみです。

ROIDMI EVAはMakuakeで予約販売中。

てず


オススメのモノ・コトを紹介するレビューブログ Tezlog(てずろぐ)を運営。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

-スマートホーム, 生活家電