ANKER イヤフォン・スピーカー

【レビュー】ANKER Soundcore Liberty Air 。カナル型のAirPodsが欲しかったならこの完全ワイヤレスイヤフォンがオススメ!

2018年12月30日

  1. HOME >
  2. ガジェット・家電 >
  3. ANKER >

【レビュー】ANKER Soundcore Liberty Air 。カナル型のAirPodsが欲しかったならこの完全ワイヤレスイヤフォンがオススメ!

2018年12月30日

ANKER soundcore Liberty Air 完全ワイヤレスイヤフォン 充電ケースとイヤフォン本体

ANKERのオーディオブランド「soundcore」から発売した完全ワイヤレスイヤフォン「Liberty Air」を購入しました。

ANKER soundcore Liberty Air 完全ワイヤレスイヤフォン

これまでにも同じくANKERのZoloから「 Liberty+」と「Liberty」、
そしてSoundcore から「Liberty Lite」と完全ワイヤレスイヤフォンのLibertyシリーズが販売されてきました。

zoloもSoundcoreもどちらもモバイルバッテリー等で有名なANKERのブランド。

Zolo Libertyは2017年12月に発売、さらにLiberty+も発売と続きましたが、その後ANKERのオーディオブランドとしてSoundcoreが発足したので、そのあとのLiberty Lite、今回のLiberty AirはSoundcoreブランドでの発売となりました。

Liberty Airは今までのLibertyシリーズとは形状が変わったAirPodsライクな形の完全ワイヤレスイヤフォンです。

ANKER soundcore Liberty Air 完全ワイヤレスイヤフォン

Soundcore Liberty Airの特徴

Soundcore Liberty AirとZolo Libertyの比較

ANKER soundcore Liberty Air とzolo Libertyを比較

左側がZolo Liberty、右側がSoundcore Liberty Air。

完全ワイヤレスイヤフォンはLibertyのような球形に近い形状のモノが多いですが、Liberty AirはApple AirPodsに近い形。

ケースも小さく軽くなって持ち運ぶにはより便利に。Zolo Libertyのケースも高級感あって好き。

Soundcore Liberty AirとAirPodsの比較

ANKER soundcore Liberty Air 完全ワイヤレスイヤフォンとAirPodsを比較

1番の違いはオープンエア型のAirPodsとカナル型のLiberty Air

どっちが良いかは使う目的とか好みの問題だけど、

AirPodsの形はいいんだけど、カナル型じゃないのが残念と思ってた人も多分いると思います。AirPodsはすごくいいんだけど、遮音性は皆無なので使用シーンによっては全然合わないんですよね。

僕は普段はカナル型のBluetoothイヤフォンのBeats Xをメインに使用してるんだけど、オープンエア型のAirPodsを使いたい時もあって、使いわけています。カナル型は耳栓的にも使えるので。

形は似ててもケースとかイヤフォン本体の質感とかはAirPodsの方が高級感がある。

AirPodsが2016年12月発売で17,000円くらいするのに、2018年12月発売で8,000円くらいなLiberty Airなんだから流石に無理ないけど。

AirPodsよりカクカクっとしてるし、いわゆる耳からうどん感はLiberty Airの方が少なくて付けやすいかも。

ANKER soundcore Liberty Air 完全ワイヤレスイヤフォン

装着感はAirPodsと同じように、もしくはカナル型でイヤーピースを耳に入れる分より耳にしっかりハマる感じ。

この辺は耳に合う合わないあるのかもしれないけど、

僕の場合はLibertyでもAirPodsでも耳から落ちそうとか、そういう不安は一切なかった中、

より一層いいよ、という感じ。

ANKER soundcore Liberty Air 完全ワイヤレスイヤフォン

音ズレ無し!

完全ワイヤレスイヤフォンではわりと多くて、Zolo Libertyもそうだったんだけど、例えばiPhoneでYoutubeの再生をしたりすると映像と音声に少しズレがあったんですが、

Soundcore Liberty Airではこの音ズレがありませんでした。これはBluetooth5.0に対応してることによるのかな。音飛びなども極限まで抑えた安定した接続だそうです。Zolo LibertyはBluetooth4.2でした。

ANKER soundcore Liberty Air 完全ワイヤレスイヤフォン 充電ケースに収納

本体フル充電で5時間、充電ケースと合わせて20時間使用可能

充電ケースと合わせて20時間使用可能というのはそんなに珍しくもないし、なんならLiberty+は48時間使用可能だったり。

なんだけど、完全ワイヤレスイヤフォンで本体充電だけで5時間使用可能は結構長い方だと思う。

Liberty・Liberty+は、3.5時間だし。3,5時間くらいだとつけっぱなしでいると結構切れるから5時間イケるのは嬉しい。

ANKER soundcore Liberty Air 完全ワイヤレスイヤフォン ケースを充電中

マルチペアリング機能は無し

複数の機器とペアリングしておけるような機能はないので、複数の機器と切り替えて使うには不向き。スマホとしか繋げないなどの使い方なら全く問題なく、初回にケースから出した時に自動でペアリングモードになるので、接続を済ませれば次回以降はケースから出すだけで自動でスマホなどと繋がります。

コンプライなどのイヤーピースと取り替えるときはサイズに注意

ANKER soundcore Liberty Air 完全ワイヤレスイヤフォン コンプライなどのウレタン製イヤービースに変える時はサイズに注意

左側がウレタン製のイヤーピース、右側が付属のイヤーピース。

ANKER soundcore Liberty Air 完全ワイヤレスイヤフォン コンプライなどのウレタン製イヤービースに変える時はサイズに注意。充電ケースに入らない。

ウレタン製のイヤーピースなど大きいサイズのイヤーピースをつけるとケースに入らないので注意。

コンプライでも完全ワイヤレスイヤフォン用に従来のものよりサイズの小さいイヤーピースが販売されてるのでそちらなら大丈夫そう。

Soundcore Liberty Air 付属品一式

ANKER soundcore Liberty Air 完全ワイヤレスイヤフォン 付属品一式

  • イヤーピース 4サイズ XS・S・M・L (Mは本体に装着済み)
  • マニュアル類
  • 充電ケース(中にイヤフォン本体)
  • Micro USBケーブル

Soundcore Liberty Airを使用した感想

ANKER soundcore Liberty Air 完全ワイヤレスイヤフォン

従来の完全ワイヤレスイヤフォンの形状よりもAirPodsやSoundcore Liberty Airのような形状の方が使いやすいなと思った。

好みの問題もあるだろうけど。

あとモノの高級感みたいのはAirPodsの方があるんだけど、AirPodsの方がツルツルしてケースから出す時に取り出しづらかったりするから、そういう使いやすさではLiberty Airの方が上。

ただ形状が似てるからAirPodsと比べてしまうけど、カナル型とオープンエア型っていう違いが決定的だから、AirPodsかLiberty Airかっていう迷い方はあんまりしないと思うので、

(オープンエア型が欲しいならAirPods一択なので)

どちらかといえばよく見る形の完全ワイヤレスイヤフォンとLiberty Airで迷うことになるのかなと思うけど、

装着感とか音質とか、充電の持ちとか、そういう面ではすごく良くて、

音ズレが無いのも大きなポイント。Bluetooth5.0対応の安定性。

音質の良い悪いとかはよくわからないんだけど、それでも音質も申し分ないと思う。

マルチペアリングの機能さえ不要ならこの価格でこれだけ使い易いのが素晴らしい。

そして信頼のANKER製。18ヶ月の保証付。やっぱりコレいいかもな、どうしようかなっていう時にANKER製っていうのは安心感。

完全ワイヤレスイヤフォンを買うタイミングを見計らってたとか、AirPodsの形でカナル型が欲しかったという人には一番オススメ!

よりAirPodsっぽいのが欲しい場合は白も売ってるのでそちらが良いかも。

ANKER soundcore Liberty Air 完全ワイヤレスイヤフォン 充電ケース

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!
一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

てず


オススメのモノ・コトを紹介。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2021/1/2

2020年下半期 買って良かったモノ

2020年下半期の買ってよかったモノです。 2020年上半期の記事はこちら。 記事最後にもリンクを載せておくので良かったらそちらも是非! 上半期は仕事場の机を新調したことがあってデスク周りの製品が多かったけど、デスク周りの製品は大体落ち着いたので下半期はまた違ったラインナップに。 すでに個別で記事を書いたものも多いんだけど、特に11月末から12月にかけてのブラックフライデーやサイバーマンデーで購入して記事が書ききれなかったものも。 たくさん載せてると、買ったモノ全部載せてるみたいにも見えるけど、個別記事に ...

ReadMore

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020年上半期に買って良かったモノを紹介していきます。 それぞれ個別にレビュー記事を書いてるモノが多いので、興味のあるモノがあったら個別の記事も是非! 特に順位付けしたりはしてなくて紹介してる順番は関連性のあるモノ並べたりした結果です。 機能性なんかの面で生活を快適にしてくれるモノもあれば、それを持ってることで気持ちよく過ごせるようなお気に入りのモノだったり、色んなモノがあるけどどれも本当に買ってよかったモノ。 数が結構あるので目次でも見てもらって、興味のあるモノや、コレなんだろ?っていうモノが何かしら ...

ReadMore

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/4/4

【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

ずっと欲しかった「かなでもの 」のテーブルを購入しました。 杉無垢材の天板と鉄製の脚のシンプルなテーブルで仕事用のPCデスクとして使うために購入。 組み立ては天板と脚を付属の六角レンチとボルト類で止めるだけっていう簡単なモノで5分、10分もあれば終わってしまうくらい。 無料のサイズオーダーで必要なサイズぴったりのテーブルが作れました。 購入した理由から実際にサイズをオーダーして組み立てるところ、完成した様子、PC周り・モニターアームやケーブル類などを整えたりする工程、その他一緒にデスク周りで使ってるモノな ...

ReadMore

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/3/24

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

この記事ではデスク周りで使用してるモノをまとめて紹介していますが、投稿したのは2018年。 その後、2021年時点で 仕事場で使用してるデスク 家に作ったホームオフィスデスク 以上2つのデスク周りをまとめた記事も作成してるのでそちらも宜しければ。 記事の最後にもリンクを貼っておきます。 さて、この記事で紹介してるのは仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。 家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間 ...

ReadMore

Ankerや RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介

ANKER デスク・ホーム 充電機器 買って良かったモノ まとめ

2021/3/29

【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器まとめ。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリー。

普段持ち歩いてるモバイルバッテリーや、机まわりの充電環境など実際に使用してる充電機器をまとめて紹介します。 充電周りの製品は新製品がバンバン登場。充電速度が上がったりバッテリー容量が増えたり小型化したり無線化したりと目まぐるしく進化しています。 たくさんの充電機器がある中で大事なのは自分の使い方や好みに合うモノを選べるかどうか。 使う機器も環境もバラバラなのに万人に共通の正解なんてないし、僕も自分のつかってるモノがベスト!なんて言う気はないです。 でもこういう理由でこういうモノを使ってるっていうことが人に ...

ReadMore

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

2020/12/19

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。 一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。 もう1日を通して耳が空 ...

ReadMore

スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

2020/11/27

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020年10月、今までちょっとした興味はありつつも、自分では特に必要ではないとか、活かせないという気がして手を出していなかったスマート家電を導入してスマートホーム化に手をつけてみました。 きっかけはベッドに横になりながらスマホをいじったりして、いざ寝ようって時に一旦立ち上がって電気を消すのが面倒で、横になったまま電気を消したいなと思ったこと。 リモコンで操作出来るシーリングライトやなんかだったら他にも方法はあるんだけど、壁のスイッチを押すしかないタイプの照明だと現状はSwitchBotしかないかなと。 ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

-ANKER, イヤフォン・スピーカー
-,