Mac周辺機器 充電機器

【レビュー】RAVPower RP-PC128 PD USB-C2ポート充電器。90W出力が欲しかった僕の使い方。45WずつでMacとiPhoneを同時に急速充電も!

2020年4月22日

RAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器

2020年4月20日にRAVPowerの最大90W出力のPD対応Type C 急速充電器 RP-PC128 を購入しました。

詳細は製品の販売ページを見て頂ければと思いますが、簡単な特徴は、

  • USB PD対応のUSB-Cポートを2ポート搭載
  • 1ポートで使用時最大90W出力
  • 2ポートで使用時はそれぞれ最大45W出力
  • 新素材GaN(窒化ガリウム)採用でコンパクト

つまり、高出力でMacBookProなどのノートPCの充電も出来るし、2ポート搭載で合わせてスマホも急速充電したりも出来る。

それでいてMacBookProに付属してくる1ポートの充電器よりもコンパクト。

っていうような充電器!

USB-CでPD(PowerDelivery)に対応した高出力の充電器は今までにもあったんだけど、これだけの高出力でしかも2ポート両方USB-Cっていうのは今までに無かったんです。

Apple純正の充電器はケーブルボックスに収めるのが難しいくらいかさばるし、今回購入したRAVPowerからは1ポートならもっとコンパクトな充電器も販売されていて今まではそれを使ってたんだけど、それも2個使うとなるとやっぱりかさばるし、出先に持ってくとなる少しでも荷物は軽くしたいところ。

だから今回発売したRAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器は、これ一つでノートPCもスマホもPD充電出来る!っていうところに魅力を感じる人が多いと思うんだけど、

僕の場合は違った理由で高出力の充電器を待ってたので発売開始の情報を見た時にはついに来た!という感じでソッコーで注文しました。

僕がRAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器を待っていたのは、使用してるMacBook Pro13インチ(2018)に繋いでるUSB-Cハブがハブだけで20Wの電力を消費してるから。

だから今まで使用していたRAVPowerの61W出力の急速充電器 RP-PC112だとせっかくMacBookPro13インチに付属してきた充電器と同じ61W出力なのに20WはUSB-Cに持ってかれてMacへは41Wでしか給電されていませんでした。

それでも充電は出来るし常に61W給電じゃなければ使えなくなるってもんでもないし、それよりもUSB-Cハブの方が使いたかったのでそのまま。

(ちなみにUSB-CハブはMacBookProへの給電の他、ディスプレイ出力、有線LAN、外付けブルーレイドライブ、外付けのデスクライトへの給電などに使用)

だから20Wをハブに回しても61W以上Macに給電出来る高出力の充電器の発売を今か今かと待っていたんです。

ちなみにApple純正の87Wや96Wの充電器を買えば出力は解決するんだけど大きすぎて電源タップを入れてるケーブルボックスに高さが収まらない。価格も高いし!

冒頭が長くなってしまいましたが、そういうわけで今までもコンパクトな61Wの充電器などをRAVPowerの他、ANKERのものなど複数使ってきたりしてるし1ポートのモノとのサイズ差やUSB-Cハブと繋いだ結果(無事期待通りに使えた)とかも写真やスクショとともに紹介していきます。

【レビュー】RAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器

RAVPower RP-PC128 開封と同梱品一式

付属のUSB-Cケーブルは90Wの高出力に対応した高性能なUSB-Cケーブル!

付属品はカードや説明書(日本語でも書かれてます。)の他、1.5mのUSB-Cケーブルが付いてくるんだけど、90Wの高出力ともなるとこのケーブルが大事。

何かに付いてきてたまたま手元にあるくらいのUSB-Cケーブルだと90Wもの高出力には対応してない可能性が高いです。

というのも、僕自身はじめに今まで繋いでたケーブルで繋いでしまって61Wしか出てない!ってなりました。

RAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 本体サイズと特徴

本体は冒頭にも書いたとおり2ポート搭載。両方ともPD対応のUSB-Cポート。

1ポートだと最大90W、2ポート使用だとそれぞれ最大45W出力

90W出力っていうのはMacBook Pro15インチに付属してくる充電器よりも高出力、16インチには少し届かないっていうくらい。

PD対応っていうのは高速充電の規格で充電器・ケーブル・充電する機器本体がそれぞれ対応してると従来のUSB-AやMicroUSBとかで充電してたよりもうんと早く充電出来るっていうモノ。

高出力だとそれだけ充電器自体も大きくなるんだけど、ここ最近は新素材のGaN(窒化ガリウム)を採用して以前よりもとってもコンパクトな充電器が増えました。

充電器って結構かさばることが多いんだけど、コンパクトに出来れば据え置きのものでもケーブルボックスや電源タップ周りをすっきりさせられるし、持ち運ぶ用途ならそりゃ小さくできた方が嬉しいに決まってると。

RP-PC128 は おおよそ6.5×6.5×3.2cm

数字で見てもいまいちピンとこないと思うので他の充電器とサイズの比較を写真で。

RAVPower RP-PC128 とApple純正やANKERの60W以上のUSB-C充電器とのサイズ比較

USB-C 60W以上の急速充電器 Apple・ANKER・RAVPowerの3社5機種のサイズを比較

左から、

USB-C 60W以上の急速充電器 Apple・ANKER・RAVPowerの3社5機種のサイズを比較

画像の通り今回比較した5機種では2番目に大きいんです。

ただ忘れないでもらいたいのが他のは全て60Wや61W出力の1ポートっていうところ。

これだけのサイズ差で90Wと圧倒的に高出力になり、さらに45Wで2ポートからの出力まで出来るっていうのがすごい。

それでも、いやいや1ポート60Wで十分だし。っていう場合にはRAVPower RP-PC112 61Wがいいでしょう。

でも2ポート使うっていうならRAVPower RP-PC128 90Wが一気に優位に。コンセント2つ塞いだり荷物に2つ充電器入れずにコレだけで済む!っていうのはめちゃめちゃ強いですね。

さらに冒頭でも書いた通り80W以上の高出力のものが欲しかった僕にはRAVPower RP-PC128 90Wしか考えられないと。

RAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器とApple純正のMacBook Pro付属の61W充電器のサイズを比較

Apple純正の充電器とだけ並べるとこんな感じ。電源タップとかに挿すイメージで。

RAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器 を電源タップに挿してケーブルボックスへ

実際に電源タップに挿すとケーブルボックスの中はこんな感じで、大きすぎると隣のコンセントを塞いだりそもそも収まらなくなったりしてしまう。

RAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器 を使用して20W消費するUSB-CハブとMacBook Proを接続

Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブの使用風景

使用してるANKERのUSB-Cハブ。100WのPD出力ポートがあるので、このハブとRAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器を接続して、さらにハブとMacBookProをケーブルで接続すると、RAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器でハブまで90W給電、ハブで20W使用してMacBookProへ70W給電されるという予定。

ゴチャゴチャしてるようだけどディスプレイ裏に全部持ってきて目に触れるところはスッキリさせるためにハブを使ってます。たまにMacBook Proを動かすときに本体にアレコレ付いてると付けたり外したりが面倒なのと、何より見た目にスッキリしてる方が良いので。

ちなみにそれまでは61W給電の充電器からハブに繋いでたのでMacBookProへは41W給電でこの通り。

RAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器を使う前のシステムレポート

これがRAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器に変えたらこの通り!

RAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器を使用中のシステムレポート

無事70Wで給電されました。

ずっと待ってた製品だけに嬉しくてソッコーで購入、動作も期待通りで大満足ということで久々に手元に届いて当日のうちに記事にしてしまいました。

そんなに心待ちにしてたのにも理由があって、ここしばらくMacBook Proの動作が不安定なことがあって、長時間スリープした後に復帰できなくて再起動が始まってしまったり。その辺が好転しないかなーとちょっと期待してるんだけど、これは起こるのもたまになのでしばらく使い続けてみないので様子を見て追記しようと思います。

とりあえず手元に届いて8時間くらいは経ってるんですがこの間は全く問題なく期待通りに動作してます。

記事中にも書いた通り1ポートしか使わないし61W出力で十分!それより最小サイズが欲しいっていう場合にはRP-PC112がオススメ!

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど
リモートワークや自宅オフィスにオススメ!「かなでもの 」の杉無垢材のテーブルとPCデスク環境を構築してるモノ

続きを見る

Macbook Pro 2018 13インチ
【レビュー】Macbook Pro 13インチ (core i7 メモリ16GB SSD 1TB) と使用してる周辺機器・アクセサリー 2020年8月更新

続きを見る

Ankerや RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介
【2020年】Anker・ RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリーを関連製品や用途と共に一挙紹介。

続きを見る

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!
一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

RAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器

てず

オススメのモノ・コトを紹介。Apple製品など生活を便利快適にしてくれる家電・ガジェットや革製品など長く付き合っていける一生モノみたいなのが好き。好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。 音楽ライブ・洋画・海外ドラマが好き。 2012年から一人会社。2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。 プロフィール / お問い合わせ

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/7/30

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・収納

2020/7/31

リモートワークや自宅オフィスにオススメ!「かなでもの 」の杉無垢材のテーブルとPCデスク環境を構築してるモノ

Ankerや RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介

ANKER デスク・収納 充電機器 買って良かったモノ まとめ

2020/8/14

【2020年】Anker・ RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリーを関連製品や用途と共に一挙紹介。

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・収納 買って良かったモノ まとめ

2020/7/30

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

iPhoneを財布にしてキャッシュレス生活

節約・マネー

2019/10/9

「ほぼキャッシュレス生活」iPhoneを財布に。クレジットカード・電子マネー・ポイントカード 全てここに。

ScanSnap iX1500

Scansnap

2020/4/19

【レビュー】ScanSnap iX1500とScanSnap Homeでスキャンした実例や良い点・悪い点・オススメの設定・使い方

アーロンチェア リマスタードとデスク周り

デスク・収納

2020/5/24

アーロンチェア リマスタード レビュー 購入前に考えたことと購入した後の感想

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

HP ノートPC Pavilion 15 3EJ36PA-AAAA とMacbook Pro

デスク・収納

2020/6/25

【レビュー】HPノートPC Pavilion 15 8ST51PA-AAAR が高スペック激安価格でオススメ!最新第10世代Core i7とメモリ16GBにSSD搭載!

-Mac周辺機器, 充電機器
-,

© 2020 Tezlog