マウス・キーボード

【レビュー】Logicool Bluetoothワイヤレスマウス MX ANYWHERE2S カスタマイズでPC作業がめちゃめちゃ効率化!

2018年4月15日

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2S
Logicool MX ANYWHERE2S

※2020年10月に後継機種の Logicool MX Anywhere 3 が発売しました。

USB-C充電に対応し、MagSpeed電磁気スクロールホイールを搭載とさらに進化。

これから購入するならそちらがオススメ。

僕も購入してこちらで紹介しています。

今まで使用していたLogicoolのワイヤレスマウス MX ANYWHERE2の調子が悪くなってしまい、ロジクールのサポートに保証請求をしました。MX ANYWHERE2には2年保証が付いていたので無事交換対応となりました。しかも生産終了していたMX ANYWHEREに変わり昨年発売したばかりのMX ANYWHERE 2S に交換してくれました。

それまで使用していたMX ANYWHERE2もコンパクトなのに多機能、操作感も抜群でお気に入りでした。その後継機であるMX ANYWHERE 2S。サイズは全く同じくらい、新しく搭載されたFLOW機能は僕は特に使用しないのですが、ぱっと見ではわからないところもパワーアップしているようです。今回この新マウスを紹介しようと仕様を確認してる中でそもそもの前機種のMX ANYWHERE2のスゴさに改めて気付きながら、それよりパワーアップしてるMX ANYWHERE 2Sの凄さに驚いています。

ロジクール ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2S の仕様と特徴

MX ANYWHERE 2Sは、パワーユーザー向けの超高性能モバイルマウス。新機能Logicool FLOWのパワーを利用し、マルチデバイスを新しい次元へ引き上げる。最大3台のパソコンでテキスト、画像およびファイルをクラウド等を経由することなく直接移動。

高速スクロール機能で長い文書やウェブページを高速かつ簡単にスクロール。わずか3分の充電で丸1日使用するのに十分な電力を供給できる高速充電機能を搭載し、フル充電で2ヵ月以上使用することが可能。 高精度Darkfieldトラッキングで、カフェ、機内、ホテルの部屋など、場所を選ばず、ガラス上などのほとんど全ての表面で使用可能。 コンパクトながら手にフィットするデザインで、長時間使用しても快適さを維持。

製品仕様

製品寸法:100.3mm(長さ)x 61.6mm(幅)x34.4mm(高さ)、重量:106g

Unifyingレシーバー寸法:14.9mm(長さ)x 14.3mm(幅)x 6.5mm(高さ)、重量:1.63g

センサーテクノロジー:Darkfieldレーザーセンサー

初期値:1000dpi

最小値/最大値:200~4000dpi

ボタン数:7

ワイヤレステクノロジー:アドバンス2.4 GHzワイヤレステクノロジー

オプション ソフトウェア:Logicool Options

ワイヤレス動作距離:約10m

電池:

充電式Li-Po(リチウムポリマー)バッテリー(500mAh)

amazon販売ページより引用

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ
Logicool MX ANYWHERE 2S
Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ を開封したところ
Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ 裏
パッケージ裏面。2Sになって搭載された3台までのMac/Windows間でシームレスにマウスを操作できる「FLOW」機能の説明が載ってます。
Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ に付いてるネオジウム磁石
箱の開閉はマグネット式。箱の淵のところにネオジウム磁石がテープで貼り付けてありました。
Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2S 本体と付属品一式
MX ANYWHERE2S 本体と付属品一式。USBポートにレシーバーを刺すunifying接続と、マウスに内蔵のBluetooth接続を選んで使用できます。
Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのペアリング設定の仕方
底面のボタンでペアリング。3つまでの機器とペアリング出来ます。ボタンを一回押せば1番の機器と接続。ペアリング前は待機状態で早い点滅に。ボタンを押すたびに次の番号に切り替え。
Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2SをMicroUSBで充電してる画像
充電はMicroUSBケーブルで。3分間充電で8時間使用でき、フル充電なら70日以上使用可能になるそうです。
Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2S
マウス外観。ロジクールは好きだけどlogiのロゴは無い方が良かったな。前の機種の方が目立たなかった。
Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2S サイドボタン
サイドにボタン二つ。スクロールホイールも左右にコマンドを割り当てられるし、ホイールの下にもボタンが一つ。小さなマウスなのに多機能で便利。

Logicool MX Anywhere 2と MX Anywhere 2S の比較

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sと旧型の比較
前機種 MX ANYWHERE2(左)と新機種 MX ANYWHERE2S(右) 外観は色やロゴの違いがあるもののサイズは全く同じくらい。
Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sと旧型の比較
MX ANYWHERE2は縁が金色がかったデザイン ロゴはよく見ないとわからないくらいの感じでした。2Sはよりグレーという感じに。

Logicool MX MASTER2S とMX ANYWHERE 2Sの比較

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2SとMX MASTER2Sの比較
同時に発売した2機種。サイズ感にハッキリ違いがあり好みが分かれるところ。僕はコンパクトなMX ANYWHERE 2Sの方が使いやすいです。
Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2SとMX MASTER2Sの比較
MX MASTER1500S にはMX ANYWHERE2Sには無いサイドホイールが付いています。サイドボタンも付いてます。

Logicool Options アプリでボタンカスタマイズ

単純にマウスとしてだけでも使いやすいんだけど、やっぱりボタンカスタマイズしてこそ便利になります。今回もすぐにカスタマイズ設定をしていきました。

Logicool MX ANYWHERE 2SをMacとBluetooth接続
Bluetooth接続します。
Logicool optionsアプリでMX ANYWHERE 2Sのボタンカスタマイズ
Logicool optionsアプリを起動するともう認識されています。左下。
Logicool optionsアプリでMX ANYWHERE 2Sのボタンカスタマイズ
上のタブでマウスのボタンのカスタマイズの他、マウスポイントの移動とかスクロールの速さの設定・新機能のFlow設定を選択。
Logicool optionsアプリでMX ANYWHERE 2Sのボタンカスタマイズ
ボタンカスタマイズは全てのアプリケーションで共通のボタン設定と、特定のアプリケーションの時だけのボタン設定などをいくつも作れます。
Logicool optionsアプリでMX ANYWHERE 2Sのボタンカスタマイズ
普段はコピー・ペースト・アプリの起動とかをジェスチャーで割り当ててるんだけど、evernoteの時だけはcommand+数字を割り当ててジェスチャーでノートを切り替えられるようにしてたり。
Logicool optionsアプリでMX ANYWHERE 2Sのボタンカスタマイズ
Flow機能の設定はこちら。僕は1台しか使ってないので使わない。目玉機能なのに勿体無い。

今回改めて設定するということでジェスチャーボタン(1つのボタンに1機能じゃなくて、1つのボタンに、ただ押すだけと押しながら前後左右に動かすっていうそれぞれに機能を割り当てる設定。1つのボタンあたりに割り当てられる機能が5倍に!)の見直し。初めて設定した時とかはあんまり複雑にしちゃうと覚えられないと思ってジェスチャーボタンは一個だけで残りは1ボタン1機能にしてたんだけど今回少し見直してジェスチャーボタンを増やして見ました。よく使うアプリの起動を割り当てたりするだけですごく便利に。定期的に見直すべきだなと再認識。

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2SとMacbook Pro

Logicool MX ANYWHERE 2Sのオススメなところ

      • より制度のパワーアップしたマウス性能の安定感
      • ボタンカスタマイズで多機能マウスに。
      • 長いWEBページも一気に下までいける高速スクロール
      • 手のひらに収まるコンパクトさ
      • 3分の充電で8時間、フル充電で70日使用可能な充電性能
      • BluetoothとUnifyingの2種類のワイヤレス接続
      • 複数PCに人にはFLOW機能は間違いなく便利なはず
      • 2年保証(重要!)

新機種 MX Anywhere 3を購入しました。

ここからは2020年に追記。

冒頭にも追記しましたが、新機種が登場して、そちらを購入しました。

MX Anywhere 2Sは直前までずっと気に入って便利に使ってたのでとてもオススメですが、これから購入するなら新機種のMX Anywhere 3がオススメ。

良かったらこちらもご覧ください。

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど
【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

続きを見る

Macbook Pro 2018 13インチ
【レビュー】Macbook Pro 13インチ (core i7 メモリ16GB SSD 1TB) と使用してる周辺機器・アクセサリー 2020年11月更新

続きを見る

実際に今使用しているオススメの充電機器 Anker・CIO・Satechi・NOMAD・TUNEWEAR・革のポーチとケーブルクリップ。
【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリーをまとめて紹介!

続きを見る

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!
一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

てず


オススメのモノ・コトを紹介。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2021/1/2

2020年下半期 買って良かったモノ

2020年下半期の買ってよかったモノです。 2020年上半期の記事はこちら。 記事最後にもリンクを載せておくので良かったらそちらも是非! 上半期は仕事場の机を新調したことがあってデスク周りの製品が多かったけど、デスク周りの製品は大体落ち着いたので下半期はまた違ったラインナップに。 すでに個別で記事を書いたものも多いんだけど、特に11月末から12月にかけてのブラックフライデーやサイバーマンデーで購入して記事が書ききれなかったものも。 たくさん載せてると、買ったモノ全部載せてるみたいにも見えるけど、個別記事に ...

ReadMore

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020年上半期に買って良かったモノを紹介していきます。 それぞれ個別にレビュー記事を書いてるモノが多いので、興味のあるモノがあったら個別の記事も是非! 特に順位付けしたりはしてなくて紹介してる順番は関連性のあるモノ並べたりした結果です。 機能性なんかの面で生活を快適にしてくれるモノもあれば、それを持ってることで気持ちよく過ごせるようなお気に入りのモノだったり、色んなモノがあるけどどれも本当に買ってよかったモノ。 数が結構あるので目次でも見てもらって、興味のあるモノや、コレなんだろ?っていうモノが何かしら ...

ReadMore

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/5/8

【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

ずっと欲しかった「かなでもの 」のテーブルを購入しました。 杉無垢材の天板と鉄製の脚のシンプルなテーブルで仕事用のPCデスクとして使うために購入。 組み立ては天板と脚を付属の六角レンチとボルト類で止めるだけっていう簡単なモノで5分、10分もあれば終わってしまうくらい。 無料のサイズオーダーで必要なサイズぴったりのテーブルが作れました。 購入した理由から実際にサイズをオーダーして組み立てるところ、完成した様子、PC周り・モニターアームやケーブル類などを整えたりする工程、その他一緒にデスク周りで使ってるモノな ...

ReadMore

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/3/24

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

この記事ではデスク周りで使用してるモノをまとめて紹介していますが、投稿したのは2018年。 その後、2021年時点で 仕事場で使用してるデスク 家に作ったホームオフィスデスク 以上2つのデスク周りをまとめた記事も作成してるのでそちらも宜しければ。 記事の最後にもリンクを貼っておきます。 さて、この記事で紹介してるのは仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。 家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間 ...

ReadMore

実際に今使用しているオススメの充電機器 Anker・CIO・Satechi・NOMAD・TUNEWEAR・革のポーチとケーブルクリップ。

充電機器 買って良かったモノ まとめ

2021/4/12

【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリーをまとめて紹介!

普段持ち歩いてるモバイルバッテリーや、机まわりの充電環境など実際に使用してる充電機器をまとめて紹介します。 充電周りの製品は新製品がバンバン登場。充電速度が上がったりバッテリー容量が増えたり小型化したり無線化したりと目まぐるしく進化しています。 たくさんの充電機器がある中で大事なのは自分の使い方や好みに合うモノを選べるかどうか。 使う機器も環境もバラバラなのに万人に共通の正解なんてないし、僕も自分のつかってるモノがベスト!なんて言う気はないです。 でもこういう理由でこういうモノを使ってるっていうことが人に ...

ReadMore

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

2020/12/19

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。 一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。 もう1日を通して耳が空 ...

ReadMore

スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

2020/11/27

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020年10月、今までちょっとした興味はありつつも、自分では特に必要ではないとか、活かせないという気がして手を出していなかったスマート家電を導入してスマートホーム化に手をつけてみました。 きっかけはベッドに横になりながらスマホをいじったりして、いざ寝ようって時に一旦立ち上がって電気を消すのが面倒で、横になったまま電気を消したいなと思ったこと。 リモコンで操作出来るシーリングライトやなんかだったら他にも方法はあるんだけど、壁のスイッチを押すしかないタイプの照明だと現状はSwitchBotしかないかなと。 ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

-マウス・キーボード
-, ,