マウス・キーボード

【オススメ商品レビュー】ロジクール パフォーマンス マウス 950t ワイヤレス

2016年5月8日

先日のBluetooth キーボード k811 に続いて、同じくロジクールのワイヤレスマウス 950t の紹介です。Macbook Pro Retina 15インチ をスタンド上に置いて使用しているのでトラックパッドも必要に応じて使えなくもないですが、基本的にはこのマウスを使用しています。

オススメ マウス ロジクール パフォーマンス マウス M950t ワイヤレス

ロジクール パフォーマンス マウス 950t ワイヤレス 1

ロジクール パフォーマンス マウス 950t ワイヤレス 2

ロジクール パフォーマンス マウス 950t ワイヤレス 3

ロジクール パフォーマンス マウス 950t ワイヤレス 4

ロジクール パフォーマンス マウス 950t を購入する時に検討したこと

マウスかトラックパッドか

Macはこれが初めてで、、数ヶ月はスタンドなどに置かずそのまま使用していました。トラックパッドの使い心地もとても良かったので、スタンドに置く様になって外付けのトラックパッドとマウスどちらを買うか迷ったのですが、画像を作成したりなど細かい操作はマウスがあったほうがいいという声をweb上で見て、それほど頻度も高くないですが、仕事でpowerpointなどで資料を作ったりもするので、マウスのほうがいいかなと思い、マウスを選択しました。

マウスは信頼のロジクール製

機種を選ぶ上では、まずメーカーを過去に使用してきて僕の中で信頼度の高いロジクール製のものに。ここは迷うことなくすんなりと。

ワイヤレスであること

そしてbluetoothなり、別途レシーバーをつけるものなりでワイヤレスで使用できること。

スクロールホイールの使用感

あと以前使ってすぐに使用をやめた別メーカーのマウスでスクロールホイールを動かす時に何の引っ掛かりもなくスルスルと回ってしまい、最小単位でのスクロールがしづらいものがあって、非常に使いづらかったので、ちゃんと動かす時にカリカリと引っ掛かりのある、最小単位でのスクロールが問題なく出来るものというのを最低条件として選ぶことにしました。

+αでちょっと付加機能のあるものに。

それらを満たすものであれば、極端な話一番安いものでも良かったんですが、せっかくならより機能の多い便利そうなものがいいな、とか無線が安定してないとな、なんて思いながらwebで口コミを探しながら機種選定しました。
使用感が高評価だったのと、多ボタンなあたりが決め手で結果多少値段高めのものになりましたが、それでも数千円高い程度だし、仕事で使うものだし、少し高いくらいで仕事が捗るならということで、この950tに決まりました。

3年保証

950tに決めた気持ちを後押しというか決定づけてくれたのは3年保証がついていること。定価よりは下がっているものの結構値段のするマウスなので、なるべく長く使いたいところです。その点3年保証があれば交換なり修理なりで最低3年以上はどうにかなるんでしょうから年いくらで考えればヨシかなっていう気持ちになりました。

2017年12月追記、まさにこの保証のおかげで故障するも新製品へ交換して頂きました。

ロジクール パフォーマンス マウス M950t の特徴

1.ガラス上など、場所を問わず動作。

オプティカルマウスや通常のレーザーマウスでは使えないガラステーブルの上でさえも、スムーズなカーソル操作を可能にしました。

ロジクールのDarkfieldレーザートラッキングが、マウスを使用する面にごくわずかな凹凸をも読み取って、あらゆる面で精確にトラッキングします。

2.高速スクロール機能搭載

通常のホイール機能、水平スクロール機能に加え、高速スクロール機能を搭載。1回のスピンで回り続け、長い文章やウェブページを一瞬でスクロールできるので、作業効率が飛躍的にアップします。

3.パワフルな親指操作

親指で操作できる4つのボタンを使用して、アプリケーションやウインドウの切り換え、ウェブページの「戻る/進む」、写真やマップの「ズームイン/ズームアウト」など頻繁に行う作業がワンクリックで実行できます。
①デュアルモードスクロールホイール
②スクロールモード変換ボタン
③速度コントロール付き水平スクロール
④サイドボタン(戻る、進む、Zoom)
⑤アプリケーションスイッチャ―
⑥ステータスインジケーター
⑦左右ボタン
⑧充電ポート(Micro-USB)
⑨ON/OFFスイッチ
⑩ロジクール Darkfield レーザーセンサー
⑪電池スペース
⑫Unifyingレシーバー

amazonより引用

Bluetoothではなく、ロジクール UNIFYINGレシーバーによる無線

M950tはUnifyingレシーバーに対応しており、これにより無線での使用ができます。
Bluetooth接続ではないことと、USBポートを一箇所使うことに注意。

ぼくはマウスはUNIFYINGでキーボードはbluetoothという使い方ですが、特に接続が乱れたりということはありません。

最大6台のUnifyingデバイスに1つの小型レシーバーが対応。差し込むだけで、追加マウスとキーボードが1台のパソコンにつながります。

準備、設定して、最大6台のUnifyingデバイスまたはUnifying対応デバイスを1つのレシーバーに接続。Unifyingソフトウェアをダウンロードして、お使いのデバイスすべてを1つのレシーバーに素早く追加。

Unifyingの有利性

便利で扱いやすい、高度な2.4 GHzワイヤレス テクノロジー
簡単な移動性と優れた経験を実現 - マウスとキーボードをパソコンバッグに簡単に入れて、職場や自宅で使用。マウスやキーボードは、1つのUSBポートがあればいつでも使用できます。

ロジクールのwebサイトより転載

 

ロジクール パフォーマンス マウス M950t の使用感

購入したのが15年3月の頭なので、1年と2ヶ月程度使用しました。

無線であることに関しては非常に安定していて、使用場所である事務所内では他の製品でもbluetoothやwi-fiをたくさん使用していますが、接続が乱れたり、マウスの操作が途切れたりということは全くと言っていいほど無し。

電池の減りがわりと早い気がしますが、もう何年か使用している充電池のエネループやエネロングを使ってるので、そもそもそういうものなのか、電池側の問題なのかはわかりません。
ちなみに単三電池二つ使用です。

きっちり計っていませんが、体感では2週間くらいで電池交換してる気がする。上述の通り充電池で別に大した手間でもないので問題にはなってません。

必須な条件とは考えてなかったにもかかわらず、最後に、使ったことないけどせっかくなら多ボタンマウスな方が便利なんだろなーなんて思って決めた多ボタンな部分ですが、

これが非常に重宝していて、すごく便利です。

今はもっとボタン数の多いものもあるみたいなんでボタン数は多いなら多いに越したことなさそうだなーって思ってます。それほど詳しく調べたわけではないけど、ちょっと目につくところだとボタンが9とか12とかあるようなのはゲーミングマウスなんてカテゴライズされていて、有線な場合が多そうなんで、それならボタンが減っても無線な方がいいので、何とトレードオフな関係になるのかだけど、あまり問題にならない部分を犠牲にしてボタンが増えるならその方がいいってとこかな。

まあ950tが3年の保証つきなので保証が切れた上で壊れでもしない限りはコレを使っていくつもり。その頃にはきっと標準的なマウスの性能とか機能も変わってるのかな。

ロジクール パフォーマンス マウス M950tのボタン設定方法

サイドボタンなどの機能はデフォルトだと「進む」や「戻る」などが割り当てられています。それ以外にもズームボタンやアプリケーションスイッチャーなどがあり、そのままでも便利に使えますが、自分がよく行う作業に合わせてボタンをカスタマイズすることでより便利に使えます。

そのボタン、機能の設定は、
システム環境設定→Logicool Control Center→設定 で行います。

マウス 950t サイドボタンの設定1

マウス 950t サイドボタンの設定2

マウス 950t サイドボタンの設定3

僕は戻る・進む・ズームのボタンにコピー、ペースト、カットを登録しています。

特にペーストはcommand+Vではなく、command+shift+option+Vの、書式を無視してテキストとしてのペーストを登録していて、これがかなり便利です。もちろんぼくはこうしているだけなので、普段の使い方に合わせて必要なもの、使用頻度の多いものを登録するのがいいですね。一つの例ということで。

 

この他Macbook ProやiPadなどと共に机周りで使ってる商品はこちらで紹介しています

てず


オススメのモノ・コトを紹介。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2021/1/2

2020年下半期 買って良かったモノ

2020年下半期の買ってよかったモノです。 2020年上半期の記事はこちら。 記事最後にもリンクを載せておくので良かったらそちらも是非! 上半期は仕事場の机を新調したことがあってデスク周りの製品が多かったけど、デスク周りの製品は大体落ち着いたので下半期はまた違ったラインナップに。 すでに個別で記事を書いたものも多いんだけど、特に11月末から12月にかけてのブラックフライデーやサイバーマンデーで購入して記事が書ききれなかったものも。 たくさん載せてると、買ったモノ全部載せてるみたいにも見えるけど、個別記事に ...

ReadMore

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020年上半期に買って良かったモノを紹介していきます。 それぞれ個別にレビュー記事を書いてるモノが多いので、興味のあるモノがあったら個別の記事も是非! 特に順位付けしたりはしてなくて紹介してる順番は関連性のあるモノ並べたりした結果です。 機能性なんかの面で生活を快適にしてくれるモノもあれば、それを持ってることで気持ちよく過ごせるようなお気に入りのモノだったり、色んなモノがあるけどどれも本当に買ってよかったモノ。 数が結構あるので目次でも見てもらって、興味のあるモノや、コレなんだろ?っていうモノが何かしら ...

ReadMore

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/5/8

【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

ずっと欲しかった「かなでもの 」のテーブルを購入しました。 杉無垢材の天板と鉄製の脚のシンプルなテーブルで仕事用のPCデスクとして使うために購入。 組み立ては天板と脚を付属の六角レンチとボルト類で止めるだけっていう簡単なモノで5分、10分もあれば終わってしまうくらい。 無料のサイズオーダーで必要なサイズぴったりのテーブルが作れました。 購入した理由から実際にサイズをオーダーして組み立てるところ、完成した様子、PC周り・モニターアームやケーブル類などを整えたりする工程、その他一緒にデスク周りで使ってるモノな ...

ReadMore

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/3/24

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

この記事ではデスク周りで使用してるモノをまとめて紹介していますが、投稿したのは2018年。 その後、2021年時点で 仕事場で使用してるデスク 家に作ったホームオフィスデスク 以上2つのデスク周りをまとめた記事も作成してるのでそちらも宜しければ。 記事の最後にもリンクを貼っておきます。 さて、この記事で紹介してるのは仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。 家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間 ...

ReadMore

実際に今使用しているオススメの充電機器 Anker・CIO・Satechi・NOMAD・TUNEWEAR・革のポーチとケーブルクリップ。

充電機器 買って良かったモノ まとめ

2021/4/12

【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリーをまとめて紹介!

普段持ち歩いてるモバイルバッテリーや、机まわりの充電環境など実際に使用してる充電機器をまとめて紹介します。 充電周りの製品は新製品がバンバン登場。充電速度が上がったりバッテリー容量が増えたり小型化したり無線化したりと目まぐるしく進化しています。 たくさんの充電機器がある中で大事なのは自分の使い方や好みに合うモノを選べるかどうか。 使う機器も環境もバラバラなのに万人に共通の正解なんてないし、僕も自分のつかってるモノがベスト!なんて言う気はないです。 でもこういう理由でこういうモノを使ってるっていうことが人に ...

ReadMore

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

2020/12/19

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。 一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。 もう1日を通して耳が空 ...

ReadMore

スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

2020/11/27

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020年10月、今までちょっとした興味はありつつも、自分では特に必要ではないとか、活かせないという気がして手を出していなかったスマート家電を導入してスマートホーム化に手をつけてみました。 きっかけはベッドに横になりながらスマホをいじったりして、いざ寝ようって時に一旦立ち上がって電気を消すのが面倒で、横になったまま電気を消したいなと思ったこと。 リモコンで操作出来るシーリングライトやなんかだったら他にも方法はあるんだけど、壁のスイッチを押すしかないタイプの照明だと現状はSwitchBotしかないかなと。 ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

-マウス・キーボード
-,