iPad

【レビュー】iPad Pro 12.9インチ 2018 と Apple Pencil 第2世代 実際に使用した感想と合わせて使用してるモノなど

2018年11月11日

  1. HOME >
  2. Apple >
  3. iPad >

【レビュー】iPad Pro 12.9インチ 2018 と Apple Pencil 第2世代 実際に使用した感想と合わせて使用してるモノなど

2018年11月11日

iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデルとApple Pencil ・ANKERのスマホ・タブレットスタンド

iPad Pro 2018年モデル(第3世代)iWi-Fiモデルの256GB シルバーとApple Pencil (第2世代)を購入しました。

iPad は10.5インチのRetina Displayモデル(第4世代)とAir、mini3をこれまでに使用して来てProは初めて。Apple Pencilも初めて。

ずっと使ってみたかったものの、購入にまでは至っていなかったiPad ProとApple Pencilが両方とも新型になったということでここで購入することに。

購入したiPad Proは12.9インチ 256GB Wi-Fiモデルのシルバー。

サイズや容量、通信など選んだ理由はこちら。

iPad ProとApple Pencil、それからiPadを紙のような書き心地にするというペーパーライクフィルムも購入しました。

それぞれ使用した感想などを紹介していきます。

iPad Pro 12.9インチを開封から初期設定

Apple Store ショッピングバッグ
いつもはApple製品は配送で受け取るので知りませんでしたがApple Storeで買うとビニールのショッピングバッグに入れてもらえるんですね。こういうのもちょっと嬉しい。
iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル とApple Pencil
購入したのはiPad Pro 2018(第3世代) 12.9インチ 256GB Wi-FiモデルのシルバーとApple Pencil(第2世代)
iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル
iPadから開封していきます

iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル 本体と付属品一式

iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル 本体と付属品一式
iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル 本体と付属品一式です。
  • iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル 本体
  • USB-C 充電ケーブル (1m)
  • USB-C 電源アダプタ 18W
  • Apple ロゴ ステッカーと書類

iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル 本体の外観チェック

iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル 256GB シルバー Wi-FIモデル
iPad Pro 本体。ベゼルレスになったということで画面がオフだと一面真っ黒に。
iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル 背面
iPad Pro 背面。カメラ部分は出っ張ってます。
iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル 背面 スマートコネクター
背面の下部に丸が3つ並んでる部分、これは純正のキーボードアクセサリの「Smart Keyboard Folio」と接続するためのSmart Connector。今回キーボードアクセサリは購入しませんでした。
iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル 縁取りのアップ
今までのiPadの縁は背面から表面にかけて丸みがありましたがこの機種からカチッとしたデザインに。高級感があってかっこいい。
iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル 底面スピーカーとUSB-C端子差込口
底面のUSB-Cの差込口とスピーカー。スピーカーは底部左右に2つ、上部にも左右で2つ付いています。
iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル 音量ボタンとApple Pencil装着部分
音量ボタンとApple Pencilを装着する箇所。ここにApple Pencilを取り付ければ充電出来ます。
iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル 音量ボタンと電源ボタンと上部スピーカー
本体の上部、長押しで電源・スリープのボタンとこちらにもスピーカーが2つ。

iPad Pro 初期設定はクイックスタート機能であっという間に完了!

iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデルを起動
電源を入れて初期設定をしていきます
iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデルをiPhoneと近づけてクイックスタート
すでに利用してるiOS11以降を搭載したiPhone またはiPadがあれば自動でApple IDなどの細かい設定が済みます。apple IDの入力だとかWi-Fi設定だとかが飛ばせて便利!iPhone Xの設定の時にも感じましたがこういうところがどんどん便利になっててありがたい。

今回はiPhoneを近くに置いてクイックスタート機能を使用しました。AppleIDの設定などがあっという間に完了。

iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル 初期設定が完了
クイックスタートを済ませたらFaceIDの設定などを済ませて初期設定は終了。他のiPadのバックアップを復元することも出来ますが、今回は新しいiPadとして使用。

昔はアプリを入れ直したり、何かのサービスへのログインパスワードちゃんと残ってるかとか、全部元に戻るまで不安なものだったけど、

今は新しいiPadとして使用しても、iCloud、Evernote、Dropbox、Googleフォト、Chromeとほとんどクラウドで管理されてるので環境を作り直すのも簡単。

iPhoneだと入ってるアプリとかも多くて普段の環境にするまでに時間がかかりますが、iPadはアプリなんかもそこまで入ってないしであっという間にいつもの環境に戻せますね。

Apple Pencil(第2世代)

Apple Pencil パッケージ
iPadの初期設定が済んだところでお次はApple Pencilを。
Apple Pencil パッケージ開封
開封。
Apple Pencil
第一世代のApple Pencilとはデザインも変わったし長さも少し短くなりました。
Apple Pencil
ロゴの入ってる面以外は丸みのあるボディ。
Apple Pencil
このApple Pencilのロゴのある面は面取りされていて、置くときに転がらないしiPadに取り付けるのもこの面。
Apple Pencil(第2世代)ペン先
ペン先

Apple Pencilの長さを比較

Apple PencilとJetStream4+1ボールペンのサイズ比較
長さのイメージ用に。JetStream4+1と。

Apple PencilのペアリングはiPad Pro本体に取り付けるだけ。

iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデルにApple Pencilを装着して充電
Apple PencilのペアリングはiPad Pro本体に取り付けるだけ。第一世代の不恰好な接続方法が改善されたのは何よりですね。

Apple Pencil(第2世代)のiPad Proへの取り付け方

iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデル Apple Pencil取付部分
Pencilの面取りされた面をiPad Pro本体の磁気コネクタへ付けるだけ。磁石でパチッとくっ付きます。
iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデルとApple Pencil ・ANKERのスマホ・タブレットスタンド
付けたまま横置きも
iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデルとApple Pencil ・ANKERのスマホ・タブレットスタンド
縦置きも大丈夫。くっつけておけるので無くさず、使うときはサッと取れていいですね。

インスタントメモ機能が便利

ロック中のiPad Pro 2018年モデルにApple Pencilをタッチするとインスタントメモが起動してすぐに手書きメモが出来る
スリープ中の画面にApple Pencilでタッチすると、
ロック中のiPad Pro 2018年モデルにApple Pencilをタッチするとインスタントメモが起動してすぐに手書きメモが出来る
スリープ解除はもちろん、自動でメモが開いて手書き出来るように。今までは急にメモするときはスリープを解除したりアプリを起動したりという手間を考えるとiPadとスタイラスペンは実用的ではないという結論だったのでこれは良い。

Apple Pencilのサイドをダブルタップでペンと消しゴムを切り替え

Apple Pencil(第2世代)は側面をダブルタップで消しゴムとペンを切り替えられる
先ほどの画像の状態からApple Pencilの側面をダブルタップすると画面下部で選択していたのがペンから消しゴムへ。アプリ側でもっと細かく設定できたりするものもあるのかな。

Apple Pencilの充電方法はiPad Pro本体へ装着するだけ。

iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデルにApple Pencilを装着して充電
使い終わったら、iPad Pro本体に装着で充電。

iPad Proに紙のような書き心地をプラスするペーパーライク保護フィルム

今回iPad ProとApple Pencilは同時に購入。そして、iPadを受け取りにApple Storeへ向かう最中の電車の中でAmazonでペーパーライク保護フィルムを購入しました。

前から話題にあがっていたので存在は知っていたけどApple Pencilを持っていなかったので使ったことがなくて気になっていたんですね。どんな書き心地になるのかと。

iPad Proの発売日当日でしたが既に今回の新型のiPad Pro用のモノがちゃんと販売されていました。

ペーパーライク保護フィルム iPad Pro 2018 12.9インチ 第3世代用
PDA工房のペーパーライク保護フィルムを注文しました。

こちらが届いたペーパーライク保護フィルム。紙に書いているような感覚!と書いてあります。折り曲がりなど防止のダンボール片と共に封筒に入って到着しました。早く使ってみたかったので注文して翌日に届いたのが嬉しい。

ペーパーライク保護フィルム iPad Pro 2018 12.9インチ 第3世代用
iPad Pro 12.9インチ 第3世代・2018年発売モデル用。前面のみのフィルムです。
ペーパーライク保護フィルム iPad Pro 2018 12.9インチ 第3世代用
メインのフィルムの両面に保護フィルムが付いてる状態で入っていました。

貼り付けは簡単だったけど一つだけ注意

貼り付けは簡単でした。

貼り付けは粘着面の保護フィルムを剥がしてiPad Pro本体に貼り付け、貼り付けが終わったら表面の保護フィルムを剥がします。

貼り付ける際には、粘着面の保護フィルムの上の方だけ剥がして、iPad Pro本体の上部の両サイドの丸みと上部中央に5つ空いてる丸い穴がそれぞれピッタリ合うように、そこだけは慎重に調整しました。

上部の調整がピッタリ合ってしまえばあとは、上の方の貼り付け済みの部分に手を添えて残りの粘着面の保護フィルムを一息に剥がしながら、添えていた手も一緒に下ろしていくようにして貼り付けました。

結果気泡が入ることもなく綺麗に貼り付けることが出来ました。

もともとこういうフィルムを貼るのは苦手な方で、iPhoneを購入した後などはまっすぐ保護フィルムの貼り付けまでやってくれる家電量販店へ行っていました。今回久々に自分で貼ることでドキドキしましたが、昔自分で貼ってた頃より全然簡単に貼れて拍子抜けでした。

が、一点注意点が、貼った後に、メインのペーパーライク保護フィルムの表面を保護しているフィルムを剥がすんですが、このフィルムを剥がすためのタブを引っ張るとタブだけが剥がれてしまいそうになり、タブを貼り付け直して抑えながらフィルムを剥がしたりと少し苦戦しました。

タブだけが剥がれてしまう予防に前もって表面のフィルムを少し剥がして紙でも噛ませて後から剥がしやすくしておくと良いかなと思いました。

ペーパーライク保護フィルムをiPad Pro 2018 12.9インチに貼付
気泡が入ることなく、ズレもなく綺麗に貼れました。

ペーパーライク保護フィルムの感想

本当に紙のような書き心地

iPad Proが紙のような書き心地になるという触れ込み通り。本当に紙のような書き心地でした。

手で触ると

字を書くとカリカリと、まるで紙に鉛筆を走らせているような感覚。

ペーパーライクフィルムなしでも、iPad ProとApple Pencilの書き心地は素晴らしかったし、

僕なんかは特に絵を描くわけでもないし(これを機に落書き程度には描いてみようと思ってるけど)、

字に関しては書き心地は良くなったけど綺麗になるかというとそんなには感じなかったので、それで凄く何かが変わるわけでもないんだけど、

描くという事に関してハードに使う人ほど、こういう書きごこちの変化は大きいのだろうと思う。

映り込みが少ないのと指紋が付きづい

書き心地以外にもアンチグレアフィルムのように映り込みが少ないのとザラザラしてるからか指紋が付きづらいのも良いです。

映り込みとか反射は、画面のクリアな感じとトレードオフになるから好みかと思うけど、

僕は映り込みや反射が多いと目が疲れるのでアンチグレアが好き。

指紋もここ数日使ってもほとんど付いてない状態で嬉しい。

まだApple Pencilの充電に対応してるケースが少ない

iPad Proを受け取りに向かいつつ上記のペーパーライクフィルムを注文しましたが、合わせて購入しようとして見つからなかったのが、

クリアケース。

従来のiPad用と同じようなクリアケースはいくつかあったのですが、iPad Pro 2018年モデルはApple Pencil充電の接続部分を塞いでしまうんです。

ペン部分はくり抜かれてるようなケースがそのうち出るだろうとは思ってますが現状では見つかりません。

仕方なく現在は裸で使用していますが、傷の心配さえ無視すればやっぱり裸が一番使いやすいんですよね。このままでもいいかなとも思ってます。

Apple Pencil との接続に対応したケースが登場 2018年11月13日追記

Amazonで早くもiPad Pro 2018年モデルとApple Pencilの接続に対応したケースが販売されていたので購入しました。

iPad Pro 2018年モデル用 Apple Pencil対応のクリアケース

NUPO iPad Pro 12.9 インチ2018 ケース 耐衝撃 クリア 透明 TPU シリコン iPad Pro 12.9 2018 専用カバー (クリア)
NUPO

NUPO iPad Pro 12.9 インチ 2018 クリアケース Apple Pencil充電対応

iPadがいい感じで、元々は事務所に置きっ放しのつもりだったんだけど結構バッグに入れて家に持って帰ってるのでやっぱりケースを付けようということでこちらを購入。

実際に届いたものも必要十分で満足。

NUPO iPad Pro 12.9 インチ 2018 クリアケース Apple Pencil充電対応

【レビュー】 iPad Pro 12.9 インチ (2018)用クリアケース Apple Pencil充電対応【NUPO】

iPad Pro 12.9インチで使用するキーボードとスタンド

iPad Pro 12.9inti 第3世代 2018モデルとLogicool Bluetooth キーボード

純正のキーボードカバー「Smart Keyboard Folio」は購入しませんでした。

購入しなかった理由は、今までのiPadを使ってきて、

  • あまり外に持ち運ばないこと
  • 持ち運ぶ場合にはカバーが付いてて厚くなるのが嫌
  • スタンドとキーボードが別の方が使いやすいから

といったところ。スマートコネクターでつけた途端に使えるとか、充電もそれで出来るとかは便利だと思うんだけど、

結局今までの形が僕には使いやすいということで。

Smart Keyboard Folioはデザインとか質感もあまり好きな感じじゃないし。

それで今までのiPhoneと同じくANKERのスマホ・タブレットスタンドとLogicoolのBluetoothキーボードK811を合わせて使用しています。

ANKERのスマホ・タブレットスタンドは家と事務所とバッグの中に入れておくのに3つ持っていていろんな端末で使いまわせるし嵩張らないしで本当に便利。

ANKERのはもう製造は終わってしまったみたいなんだけどこちらがほぼ同じモノ。

LogicoolのBluetoothキーボードK811も普段はMacで使用しつつボタン一つでiPadやiPhoneと切り替えられるので便利です。スリムで机の上でそれほど場所を取らないのも良いところ。

上記で紹介してるキーボードK811は生産終了でAmazonでは価格が高騰。

同じ様に端末を切り替えられるタイプのLogicoolのBluetoothキーボードK380を。

2019年1月24日追記 iPad Pro とApple Pencilを一緒に入れられるスリーブケースを購入

iPad Pro (2018) 12.9インチ 用スリーブケース にiPadとApple Pencil(第2世代)を入れる

普段は必要ないけどバッグなどにいれて持ち歩く時にだけ入れるためにスリーブ ケースを購入。

【レビュー】iPad Pro 12.9インチ(2018)用スリーブ ケース。Apple Pencilが一緒に入る!

2020年8月2日追記 KlearlookのノートPCスタンドをiPad Pro用に購入

Klearlook iPad ProスタンドにBluetoothマウスとキーボードを用意してPC風に。

上記のスタンドよりも高さが出せるスタンドを購入しました。

角度が自由自在、高さも調整が効くのに加え、調整した角度や高さの保持力がめちゃめちゃ高いので寝かせてApplePencilで書くときにも不意に動いてしまったりせずに使えて良いです。

Klearlook iPad ProスタンドにBluetoothマウスとキーボードを用意してPC風に。
【レビュー】Klearlook ノートPCスタンドをiPad Pro用に。高さを出せて角度無段階・固定力抜群でApplePencilにも動画視聴やZoom用にも。

続きを見る

iPad Pro とApple Pencilを4日間使用した感想

まず、久々の新しいiPadの購入ということで、動作がとても早くて、MacでもiPhoneでも全部そうだけど新しい端末はやっぱりいいなと。

Apple Storeへ買いに行った時に展示のiPadも触ってみたんだけど、その時は正直思ったより何の印象も無いなという感じだったんだけど、やっぱり購入して手にするとすごく満足感があるしワクワクする。

何か外観も見慣れたiPadからフチの丸みがなくなったり、ベゼルレスになったりとiPadでは久々にデザインが変わったこともあってそれも新鮮。でも不思議と展示品見た時は本当に大した印象がなかったんだよな。混んでたからかな。

ベゼルレスになったことで本体サイズにに占める画面のサイズが大きくなったのも魅力。この辺は使わずともパッと見だけで感じられる。

Face IDがすごくいい。

iPhone Xを購入する前、購入した後、そしてこのiPad Proを使ってからと、どんどんFace IDが素晴らしいと感じている。

iPhone Xを購入する前は正直Face IDよりTouch IDの方がいいよと思っていた。マスクをしたりすると認識されないだろうしと。

iPhone Xを実際に使ってからは、確かにマスクをしてる時とかはダメだけど、そうでない時のスムーズに解除された時の気持ちよさはすごくいいなと思うようになり、ダメな場面もありつつも満足という感じになっていた。

それからiOSのアップデートか何かでFaceIDの精度が高くなって、早くもなったんだったかな、とにかくより良くなった時期があって、

それで今回のiPad ProでのFace ID。これはiPhoneより悪いわけはない(iPhoneよりあちこちで使わない、マスクしてる場面も少ないから)と思っていたから期待しつつも、

ただiPadを使う時にスタンド置いてる位置・角度はカメラが顔をちゃんと捉えてる場面ばかりじゃないからなと、ダメな場面も多いかなと思っていたんだけど、実際に使ってみるとこれが凄くて、

縦置きでも横置きでも、これ顔(一部かあるいは全然)写ってなくない?と思う場面でもどういうわけかちゃんとロックが解除される。もちろん明らかに無理な位置にして試したりすれば解除されないのできちんと動作してるんだけど。

さらにカメラを手で隠しちゃってたりするとカメラが覆われていますっていう表示が出るのも親切。

ホームボタンが無くなって使いやすくなった

今までのiPadはスリープ解除にはホームボタンを押していたけど、ホームボタンが無くなったことで、画面に触れればスリープが解除されるようになった。

スタンドに立てたりして使用してる時に本体の下部のホームボタンを押し込まないといけないのと比べて、画面のどこかを軽くタッチするだけで良いというのはとても使いやすくなった。さらに上記の通りFace IDもスムーズなので画面に触れればスリープ解除だけでなくロック解除まで非常にスムーズ。

Apple Pencilは手軽さが素晴らしい。

Apple Pencil自体は第一世代を展示品を触ったことはあったくらい。その時もすごいとは思ったんだけど、やっぱりちょっと書き心地を見てみる程度だったので、今は使えば使うほど良いなと感じている。

これまでスタイラスペンはJot ScriptのEvernoteエディションを持っていて、一時期は使っていたんだけど、だんだんと使わなくなってた。もう数年前の話。その後もいろんなスライラスペンが発売されてたけど、もう自分の中では必要ないかな、使いこなせないかなという感じに思っていたんだけど、

ここにきてApple Pencilのその手軽さで、これはこれまでのイメージを覆して使っていけるかもしれないという気になってる。

書き心地が素晴らしいのもそうなんだけど、

それ以上に手軽さが僕には大事で、

常にiPad本体にくっ付けておけて、意識せず充電出来て、電源のオンオフも必要なくて、スリープ状態のiPadにもアプリを起動したりせずすぐに書ける。

また、書く以外にも指でタッチする代わりにも使えていい。

今までのタッチペンでもタッチするだけなら同じことなんだけど、やっぱりiPad本体にくっ付けておけるからこそ便利。

12.9インチを選んで良かった。

もちろん目的によるので誰もが12.9インチを買うべきとは思わないけど、僕の場合は12,9インチにして良かったと満足している。
今まで10.5インチのiPad Airを使ってたので本体サイズが大きくなった上にベゼルレスになってもう完全に別物になったという感じ。

主に閲覧用のデバイスとして使ってるので、見るという部分では大きい方が良いし、
持ち運びの部分で言えば、まだ大きくなったといって平面的なサイズではA4より少し小さいくらいなのでA4が入るバッグには入れられる。

重さに関してもiPad Airと比べて200gも増えてない(iPad Pro 12.9インチ Wi-Fiモデルは631g)

頻繁に持ち歩いて混雑した中でサッと取り出す必要があるとかなら少しでも小さく軽く、というのも必要になると思うけど、
僕みたいにたまにしか持ち歩かないし、取り出すのも落ち着いた場所でなら、大きすぎて無理という様なサイズじゃない。

前は少しでも小さく軽く、でもiPhoneじゃ小さいという時のためにiPad miniを持ってたけど、今はiPhoneが大きくなってるのでiPad miniが出番を失ってる。移動中とかに電子書籍を読むのとかもiPhoneで読んでるし。

10,5インチから12.9インチになって、動画なんかを見るのは単純にデカけりゃデカいだけいいという意味で良いんだけど、本を読む時、特に楽天マガジンで雑誌を読む時に見開きでも楽に読める様になったのが良かった。

10.5インチでも漫画とか書籍は見開きで読めたし、その辺はiPad miniやiPhone Xで読んだりもしてたんだけど、雑誌に関しては10.5インチのiPad Airで片ページずつじゃないと小さい文字が辛かった。12.9インチで見開きで読める様になったのはすごく良い。

今後はモノを書くアプリを色々調べたり試したりしてみる

今はロック画面からインスタントメモでメモをとるのとEvernoteで手書きメモを書くのしか試してないので、お絵かき用のアプリとか色々試したいと思ってる。

持ち運び用にスリーブケースみたいなものも欲しい。

まだ2018年11月7日の購入から使用して数日なので、今後使用していく中でまた何か感じることがあれば追記しようと思います。

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!
一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

Klearlook iPad ProスタンドにBluetoothマウスとキーボードを用意してPC風に。
【レビュー】Klearlook ノートPCスタンドをiPad Pro用に。高さを出せて角度無段階・固定力抜群でApplePencilにも動画視聴やZoom用にも。

続きを見る

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど
【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

続きを見る

買って良かったモノ 2020年上半期
2020年上半期 買って良かったモノ 14品

続きを見る

てず


オススメのモノ・コトを紹介。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2021/1/2

2020年下半期 買って良かったモノ

2020年下半期の買ってよかったモノです。 2020年上半期の記事はこちら。 記事最後にもリンクを載せておくので良かったらそちらも是非! 上半期は仕事場の机を新調したことがあってデスク周りの製品が多かったけど、デスク周りの製品は大体落ち着いたので下半期はまた違ったラインナップに。 すでに個別で記事を書いたものも多いんだけど、特に11月末から12月にかけてのブラックフライデーやサイバーマンデーで購入して記事が書ききれなかったものも。 たくさん載せてると、買ったモノ全部載せてるみたいにも見えるけど、個別記事に ...

ReadMore

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020年上半期に買って良かったモノを紹介していきます。 それぞれ個別にレビュー記事を書いてるモノが多いので、興味のあるモノがあったら個別の記事も是非! 特に順位付けしたりはしてなくて紹介してる順番は関連性のあるモノ並べたりした結果です。 機能性なんかの面で生活を快適にしてくれるモノもあれば、それを持ってることで気持ちよく過ごせるようなお気に入りのモノだったり、色んなモノがあるけどどれも本当に買ってよかったモノ。 数が結構あるので目次でも見てもらって、興味のあるモノや、コレなんだろ?っていうモノが何かしら ...

ReadMore

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/4/4

【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

ずっと欲しかった「かなでもの 」のテーブルを購入しました。 杉無垢材の天板と鉄製の脚のシンプルなテーブルで仕事用のPCデスクとして使うために購入。 組み立ては天板と脚を付属の六角レンチとボルト類で止めるだけっていう簡単なモノで5分、10分もあれば終わってしまうくらい。 無料のサイズオーダーで必要なサイズぴったりのテーブルが作れました。 購入した理由から実際にサイズをオーダーして組み立てるところ、完成した様子、PC周り・モニターアームやケーブル類などを整えたりする工程、その他一緒にデスク周りで使ってるモノな ...

ReadMore

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/3/24

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

この記事ではデスク周りで使用してるモノをまとめて紹介していますが、投稿したのは2018年。 その後、2021年時点で 仕事場で使用してるデスク 家に作ったホームオフィスデスク 以上2つのデスク周りをまとめた記事も作成してるのでそちらも宜しければ。 記事の最後にもリンクを貼っておきます。 さて、この記事で紹介してるのは仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。 家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間 ...

ReadMore

Ankerや RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介

ANKER デスク・ホーム 充電機器 買って良かったモノ まとめ

2021/3/29

【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器まとめ。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリー。

普段持ち歩いてるモバイルバッテリーや、机まわりの充電環境など実際に使用してる充電機器をまとめて紹介します。 充電周りの製品は新製品がバンバン登場。充電速度が上がったりバッテリー容量が増えたり小型化したり無線化したりと目まぐるしく進化しています。 たくさんの充電機器がある中で大事なのは自分の使い方や好みに合うモノを選べるかどうか。 使う機器も環境もバラバラなのに万人に共通の正解なんてないし、僕も自分のつかってるモノがベスト!なんて言う気はないです。 でもこういう理由でこういうモノを使ってるっていうことが人に ...

ReadMore

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

2020/12/19

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。 一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。 もう1日を通して耳が空 ...

ReadMore

スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

2020/11/27

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020年10月、今までちょっとした興味はありつつも、自分では特に必要ではないとか、活かせないという気がして手を出していなかったスマート家電を導入してスマートホーム化に手をつけてみました。 きっかけはベッドに横になりながらスマホをいじったりして、いざ寝ようって時に一旦立ち上がって電気を消すのが面倒で、横になったまま電気を消したいなと思ったこと。 リモコンで操作出来るシーリングライトやなんかだったら他にも方法はあるんだけど、壁のスイッチを押すしかないタイプの照明だと現状はSwitchBotしかないかなと。 ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

-iPad
-