ANKER 充電機器

【レビュー】Anker PowerPort Atom III Slim 30Wと45W・RAVPower RP-PC112 PD対応の超小型充電器3機種を比較。

2020年6月9日

Anker PowerPort Atom III Slim 30Wと45WとRAVPower RP-PC112の比較

前から使用しているAnkerのPD対応USB-C急速充電器 PowerPort Atom III Slim 30W の新型 Anker PowerPort Atom Ⅲ45WSlimが発売されました。

実は同じサイズのまま30Wから45Wにパワーアップしたのだと勘違いして即購入してしまったんですが、実際はサイズもひとまわり大きく。

そうなると僕の用途だと相変わらず30Wの方で良かったかなっていう感じなんだけど、どちらがいいかは用途次第。

必要な人にとってはこんなちょっと大きくなっただけで出力1.5倍になったなんて!と嬉しい新モデル。

で、前から使用してる30Wの方も他の記事で少し触れたりはしてるものの、紹介する記事は書き逃していたのでこのタイミングでまとめて紹介しておこうと。

書き逃していたのは書きたいネタが多すぎて書けてなかっただけでPowerPort Atom III Slim 30Wはめっちゃ使ってるの。

だからこういう記事中にも登場してます。

イルビゾンテのヌメ革 ポーチ
イルビゾンテの革のポーチをモバイルバッテリー入れに。ガジェットポーチも機能性よりも長く使っていく楽しみを。

続きを見る

実際に今使用しているオススメの充電機器 Anker・CIO・Satechi・NOMAD・TUNEWEAR・革のポーチとケーブルクリップ。
【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリーをまとめて紹介!

続きを見る

で、正直サイズ大きくなってるの気づいてたらわざわざ購入はしなかったんだけど、持ってるなら持ってるで僕の場合でも使い道はあるかなって思ってます。

でこの2製品の特徴は高出力かつスリムでコンパクトなUSB-C急速充電器っていうことで、

そうなると他に比較対象になりそうなのが形のタイプは違うけどRAVPowerの RP-PC112 っていうめちゃめちゃコンパクトなのに61W出力っていう急速充電器があるので、その辺にも触れておこうと思います。

RAVPower RP-PC112も単体のレビュー記事は書いてないんだけどこの記事で紹介しています。

RAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器
【レビュー】RAVPower RP-PC128 PD USB-C2ポート充電器。90W出力が欲しかった僕の使い方。45WずつでMacとiPhoneを同時に急速充電も!

続きを見る

Anker PowerPort Atom III Slim 30Wと45Wの比較

サイズ

大きい方が新モデルのPowerPort Atom III Slim 45W Slim で 8.4 x 5 x 2 cm 77.1 g

PowerPort Atom III Slim 30Wは、4.5 x 7.6 x 1.6 cm 59 g

特徴

どちらもスリムでコンパクトなPD対応のUSB-C急速充電器

GaN(窒化ガリウム)っていう新素材を採用した製品がここ1、2年でガーっと登場してどんどんバッテリー関連の製品の小型化が進んです。

で、名前の通り30W出力の、より小型な方と、ひとまわり大きくなった代わりに45Wでより高出力な方。

PD対応のUSB-Cとは、

USB-Cっていうのはあくまで端子の形のことで、その同じ端子でも製品によって性能が違う。

充電だけ出来たり、データの転送が出来たり、映像を送れたり。

で、USB-PD(Power Delivery)っていうのは、高出力で急速充電出来るよっていう給電の規格の一つ。

要は、PD対応の充電機器を使えば、PD表記のない機器よりも短時間でたくさん充電出来るよってこと。

ただし、

  • PDで急速充電するには充電器、ケーブル、充電する機器全てが対応してる必要がある
  • PDに対応してても何Wまで対応してるかは製品によって違う(現状最大100W)

例えば、8以降のiPhoneだとPDによる急速充電に対応してるけど充電器とケーブルが30W出力だろうが45W出力だろうがiPhoneに給電出来るのは最大18W程度まで。iPad Pro 12.9インチだと最大30W程度まで給電出来る。

Anker PowerPort Atom III Slim 30Wをコンセントに。

Anker PowerPort Atom III Slim 30Wと45W どちらが良いか

この2製品のウリは、スリムでコンパクトなのにPD対応で高出力なUSB-C充電器だということ。

売りであるスリムでコンパクトっていうところを突き詰めたければ30Wだし、45Wでも十分コンパクトだから出力面を重視して45Wというのもアリ。

っていう風に考えられるんだけど、そもそも用途が何なのかっていうことが大事で、

iPhoneやiPadに使うならは30Wで十分

前述の通り、iPhoneには18W程度まででしか給電出来ないので、30Wで十分

同じくiPadも12.9インチのiPad Proのみ45W、その他のサイズのiPadはminiから11インチのProまで最近のは全て最大30W程度まででしか給電出来ないので30Wで十分

というように実は30Wの方で十分っていう機器が多い。

しかもiPad Pro 12.9インチに付属の電源アダプタは18W出力。

つまり30Wでも付属のものよりはかなり早く充電出来る。

だからiPad Pro 12.9インチをガンガン使って、最大出力を一番大事にしたいなら45W。

iPad Pro12.9インチを使うけどまあまあ充電出来れば良くてそれよりスリム差に拘りたいなら30Wも全然あり!

そしてそれ以外のサイズのiPadはそもそも30W一択と。

そんな中MacBookシリーズは機種によって付属する電源アダプタの出力が大きく違う。

MacBookシリーズに付属する電源アダプタの電力の比較

  • MacBook (2015年以降のモデル) 29Wまたは30W
  • MacBook Air (2018年以降のモデル) 30W
  • 13インチのMacBook Pro (2016年以降のモデル) 61W
  • 15インチのMacBook Pro (2016年以降のモデル) 87W
  • 16インチのMacBook Pro 96W

MacBookとMacBook Airなら30Wで十分ということがわかる。

MacBook Proは45Wでも不足するけど充電は出来る。

そしてじゃあMacBook Proはというと、なんと全機種45Wでも不足するっていう事態。

でも、上記の13インチなら61Wとか、15インチなら87Wとかっていうのは、あくまで付属する電源アダプタの出力で、まあそれくらい出るのが最適だろうとは思われるんだけど、それより低い出力の充電器で充電できないわけではない。

つまり僕が使用してる13インチのMacBook Proでいうと、61Wの充電器が望ましいだろうけど、実際に30WのAnker PowerPort Atom III Slimでも充電自体は出来てる。(15インチも充電出来るという情報あったけど、16インチは確認取れてません。)

ただ使いながらだと、使い方にもよるだろうけど給電される電力よりも消費される電力の方が多くなってしまって、充電残量が増えるというよりは減っていくのを軽減するっていう形に。

とはいえ、充電なしでも何時間も使えるんだから減っていくのを軽減出来れば、出先で使う分には十分な場合が多いでしょう。

家や職場で常用する充電器としては不足だけど、外出時に持ち歩く分には十分と考えます。

今回はMacBookシリーズで考えましたが、Windows PC などでも付属の電源アダプタが何Wなのかを確認すれば判断出来ますね。

45Wが必要な機器を使うなら、その上で出力を取るか、サイズを取るか

その上で30Wの方がいいのか45Wの方がいいのかは、どのくらいの頻度、時間使うのか、

念のため少しでも出力の高い45Wなのか、頻繁に使うわけでもないけど邪魔にならないようにバッグに入れておきたいから少しでも小さくとか、用途や好みで判断すればいいと思います。

僕の場合はモバイルバッテリーは頻繁に使うんだけどコンセントに挿す充電器は出先ではそんなに使わないし、使うにしても基本はiPhoneとかモバイルバッテリーを充電するのに使って、すごくたまにiPad ProとMacBook Pro13インチもっていうところなのと、荷物は極力軽くしたい方なので30Wを使っていくと思います。

でも何泊もする時とかちょっと荷物増えてもしっかり備えておきたい時なんかには追加で持っていくっていう使い方も出来るかな。

ただ、それくらいしっかり備えたいっていうんであれば45Wよりこちらの方がいいかもしれない。

61W出力のRAVPower RP-PC112もオススメ

Anker PowerPort Atom III Slim 30Wと45WとRAVPower RP-PC112の比較

画像の通り厚みある立方体に近い形のRAVPower(ラブパワー) RP-PC112はこのサイズで61W出力。

61Wといえば前述の通りMacBookPro 13インチに付属する電源アダプタと同じ出力。もちろんサイズはApple純正よりもこちらの方がめちゃめちゃ小さい。

え、じゃあMacBook Pro使うならこっちで良くない?って思われるかもしれないんだけど、僕の場合は普段持ち歩く時にこの立方体みたいな形よりAnker PowerPort Atom III Slimのカードみたいな形の方が持ちやすいのでそれを優先。

じゃあRP-PC112は何で持ってるのかといえば、前までMacBook Pro13インチに常用する電源アダプタとして使ってたんだけど、90W出力のものに乗り換えて今は使ってないという経緯が。

RAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器
【レビュー】RAVPower RP-PC128 PD USB-C2ポート充電器。90W出力が欲しかった僕の使い方。45WずつでMacとiPhoneを同時に急速充電も!

続きを見る

僕の場合は違ったけど、人によってはむしろRAVPower RP-PC112の方が持ち易いという人もいると思うんで、それは普段使ってるバッグとかポーチとかにもよるだろうし、当然出力優先でこっち!っていう人もいると思います。

Anker PowerPort Atom III Slim 30W/45W・RAVPower RP-PC112 どれが良いのか まとめ

  • とにかく小ささ、それも薄さが大事 ・出力は30Wで十分!ならAnker PowerPort Atom III Slim 30W一択!
  • なるべく小さく、でもMacBook Proなどで高出力も必要。なら3つの中から一番条件に合うモノを。
  • 薄いタイプよりも立方体に近い形が持ち易い or とにかく高出力!ならRAVPower RP-PC112

2番目の項目なんかは結局より重視するのはどこなのか、許容できるのはどこなのかっていうところなのであえて限定しなかったけどこんなところかなと。

とにかくこの分野の製品は頻繁に新製品が出てどんどん高性能になったり、小さくなったりするんだけど、おかげでどんどん荷物が減ったり軽くなったりして生活を快適にしてくれます。

僕の持ち方だと薄い方が持ちやすいって言ったけど、普段持ち歩いてる充電セットがこんな感じ。

イルビゾンテ のレザーポーチと持ち歩いてるAnkerのモバイルバッテリーとケーブル類

こちらはいつも使用してる充電グッズ。バッグにはこのポーチのセットを入れてます。

前はもっとバッテリーも充電器も大きかったし、充電速度も遅かったからスマホとあれとこれとって充電すると思うともう少しケーブルがないととかバッテリーもう一個とかってこともあって嵩張ってたんだけど、今は軽く出かけるならモバイルバッテリーだけでいいし、ガッツリ出かける、なんなら何泊かするんでもこのセットだけで十分なくらいで本当ありがたい。

今後の進化も楽しみですね。

実際に今使用しているオススメの充電機器 Anker・CIO・Satechi・NOMAD・TUNEWEAR・革のポーチとケーブルクリップ。
【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリーをまとめて紹介!

続きを見る

Anker PowerCore Slim 10000PDと短いUSB-C to ライトニングケーブルと革のコードクリップ
【レビュー】Anker PowerCore Slim 10000 PD 1.4cm薄型設計 & PD対応。今まで使ってきたモバイルバッテリーとの比較と購入した理由など。

続きを見る

イルビゾンテのヌメ革 ポーチ
イルビゾンテの革のポーチをモバイルバッテリー入れに。ガジェットポーチも機能性よりも長く使っていく楽しみを。

続きを見る

TAVARAT 姫路レザー コードクリップ Tps059 キャメル・ ダークブラウン・ブラック
【レビュー】TAVARAT 姫路レザーのコードクリップでありふれた充電ケーブルをお気に入りに。【Tps-059】

続きを見る

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!
一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

てず


オススメのモノ・コトを紹介。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2021/1/2

2020年下半期 買って良かったモノ

2020年下半期の買ってよかったモノです。 2020年上半期の記事はこちら。 記事最後にもリンクを載せておくので良かったらそちらも是非! 上半期は仕事場の机を新調したことがあってデスク周りの製品が多かったけど、デスク周りの製品は大体落ち着いたので下半期はまた違ったラインナップに。 すでに個別で記事を書いたものも多いんだけど、特に11月末から12月にかけてのブラックフライデーやサイバーマンデーで購入して記事が書ききれなかったものも。 たくさん載せてると、買ったモノ全部載せてるみたいにも見えるけど、個別記事に ...

ReadMore

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020年上半期に買って良かったモノを紹介していきます。 それぞれ個別にレビュー記事を書いてるモノが多いので、興味のあるモノがあったら個別の記事も是非! 特に順位付けしたりはしてなくて紹介してる順番は関連性のあるモノ並べたりした結果です。 機能性なんかの面で生活を快適にしてくれるモノもあれば、それを持ってることで気持ちよく過ごせるようなお気に入りのモノだったり、色んなモノがあるけどどれも本当に買ってよかったモノ。 数が結構あるので目次でも見てもらって、興味のあるモノや、コレなんだろ?っていうモノが何かしら ...

ReadMore

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/5/8

【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

ずっと欲しかった「かなでもの 」のテーブルを購入しました。 杉無垢材の天板と鉄製の脚のシンプルなテーブルで仕事用のPCデスクとして使うために購入。 組み立ては天板と脚を付属の六角レンチとボルト類で止めるだけっていう簡単なモノで5分、10分もあれば終わってしまうくらい。 無料のサイズオーダーで必要なサイズぴったりのテーブルが作れました。 購入した理由から実際にサイズをオーダーして組み立てるところ、完成した様子、PC周り・モニターアームやケーブル類などを整えたりする工程、その他一緒にデスク周りで使ってるモノな ...

ReadMore

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/3/24

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

この記事ではデスク周りで使用してるモノをまとめて紹介していますが、投稿したのは2018年。 その後、2021年時点で 仕事場で使用してるデスク 家に作ったホームオフィスデスク 以上2つのデスク周りをまとめた記事も作成してるのでそちらも宜しければ。 記事の最後にもリンクを貼っておきます。 さて、この記事で紹介してるのは仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。 家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間 ...

ReadMore

実際に今使用しているオススメの充電機器 Anker・CIO・Satechi・NOMAD・TUNEWEAR・革のポーチとケーブルクリップ。

充電機器 買って良かったモノ まとめ

2021/4/12

【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリーをまとめて紹介!

普段持ち歩いてるモバイルバッテリーや、机まわりの充電環境など実際に使用してる充電機器をまとめて紹介します。 充電周りの製品は新製品がバンバン登場。充電速度が上がったりバッテリー容量が増えたり小型化したり無線化したりと目まぐるしく進化しています。 たくさんの充電機器がある中で大事なのは自分の使い方や好みに合うモノを選べるかどうか。 使う機器も環境もバラバラなのに万人に共通の正解なんてないし、僕も自分のつかってるモノがベスト!なんて言う気はないです。 でもこういう理由でこういうモノを使ってるっていうことが人に ...

ReadMore

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

2020/12/19

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。 一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。 もう1日を通して耳が空 ...

ReadMore

スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

2020/11/27

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020年10月、今までちょっとした興味はありつつも、自分では特に必要ではないとか、活かせないという気がして手を出していなかったスマート家電を導入してスマートホーム化に手をつけてみました。 きっかけはベッドに横になりながらスマホをいじったりして、いざ寝ようって時に一旦立ち上がって電気を消すのが面倒で、横になったまま電気を消したいなと思ったこと。 リモコンで操作出来るシーリングライトやなんかだったら他にも方法はあるんだけど、壁のスイッチを押すしかないタイプの照明だと現状はSwitchBotしかないかなと。 ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

-ANKER, 充電機器
-, ,