ANKER Mac周辺機器 充電機器

【レビュー】MacBook Pro 13インチの電源にオススメ!Anker PowerPort Speed 1PD 60! Apple純正61W USB-C電源アダプタよりも安くてコンパクトだから持ち運び用の2台目にも!

2019年4月7日

  1. HOME >
  2. Apple >
  3. Mac >
  4. Mac周辺機器 >

【レビュー】MacBook Pro 13インチの電源にオススメ!Anker PowerPort Speed 1PD 60! Apple純正61W USB-C電源アダプタよりも安くてコンパクトだから持ち運び用の2台目にも!

2019年4月7日

Anker PowerPort Speed 1PD 60は手のひらに収まるコンパクトサイズ

待ちに待っていたAnker PowerPort Speed 1 PD 60を購入しました。

USB PD対応で最大60Wもの高出力にも関わらずとてもコンパクトなUSB-C1ポートの充電器。

遡ると2019年2月にそれまでと比べて圧倒的にコンパクトな最大30W出力の充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」が発売しました。

最大30WということでMacBookの充電器には取って代われるようで、
MacBook Proの充電器がこんなに小型化出来るならめちゃくちゃいいんだけどなーと思いつつも、

僕が使用しているMacBook Pro (2018) 13インチに付属の電源アダプタは61W。

実際には最大61Wの充電器でなくても、最大30Wの充電器でも充電自体は出来ていましたが、使用状況によっては出力が不足するんだと思います。

(iPhone XやiPad Proなどの充電に使用している「Anker PowerPort 1PD & 4Power IQ」のPD対応のUSB-Cポートが、
最大30W出力でMacBook Pro(2018) 13インチもひとまず充電は出来ていました。
数時間試してみた程度では特に出力が不足してると感じることもなく。)

そういう訳で、次は最大30W出力の「Anker PowerPort Atom PD 1」よりは大きくても、
MacBook Pro対応の60Wくらいの充電器が発売されるはずだと待ち望んでいました。

そして2019年4月5日についに発売された「「Anker PowerPort Atom PD 1」」

発売されてすぐに注文し手元に届いたので、紹介していきます。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60

Anker PowerPort Speed 1 PD 60 付属品一式

Anker PowerPort Speed 1PD 60 付属品一式

パッケージとAnker PowerPort Speed 1 PD 60本体に説明書とおなじみのカード。

ケーブルだとかポーチだとかはありません。

手の平に収まるコンパクトなAnker PowerPort Speed 1 PD 60本体

Anker PowerPort Speed 1PD 60は手のひらに収まるコンパクトサイズ

最大60W出力なんて信じられないようなコンパクトさ。

従来の30W USB急速充電器「Anker PowerPort Speed 1 PD 30 」とほぼ同じサイズということ。

ポートはPD対応のUSB-Cポート一つのみ。

Anker PowerPort Speed 1PD 60

プラグは折りたたみ式

Anker PowerPort Speed 1PD 60

前述のAnker PowerPort Atom PD 1はプラグが折りたためないタイプでしたが、こちらは折りたたみ式。

Anker PowerPort Speed 1PD 60 プラグは折りたたみ式

普段コンセントに挿しっぱなしの場合にはあんまり関係ありませんが、
MacBook Proなどと共に持ち歩くときにはプラグが折りたたみ式かは結構重要ですよね。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60を使用した時のMacBook Proのシステムレポート画面

Anker PowerPort Speed 1 PD 60を使用した時のMacBook Proのシステムレポート画面

きちんと60Wの充電器として認識されています。

Anker PowerPort Speed 1 PD 60とApple純正 61W USB-Cアダプタのサイズと価格・使用環境を比較

冒頭でも触れましたが、今回Anker PowerPort Speed 1 PD 60を購入したのはMacBook Pro(2018)に付属されてた電源アダプタと入れ替えるため。

MacBook Pro用のApple純正 61W USB-CアダプタとAnker PowerPort Speed 1 PD 60のサイズを比較。

Anker PowerPort Speed 1PD 60とApple純正 61W USB-C電源アダプタ

完全に一回り小さくなってます。

厚みは同じか若干Anker PowerPort Speed 1 PD 60の方が薄いかという感じ。

MacBook Pro用のApple純正 61W USB-CアダプタとAnker PowerPort Speed 1 PD 60の価格を比較。

このサイズ差があって価格は、

Anker PowerPort Speed 1 PD 60がApple純正 61W USB-Cアダプタの半額以下!

ちなみにApple 61W などでAmazonで検索すれば、Apple純正 61W USB-Cアダプタの互換品のようなモノが純正品よりも安く販売されていますが
Appleの純正品は伊達に高価な訳では無く優れた技術が詰め込まれているんだそう。

それに対して非純正品は安い分、商品によって中身にバラツキもあるそう。

ただ充電出来なくなったとかその程度ならまだしも、充電した機器を損傷してしまったり、最悪火災だなんて可能性を考えると、
電源だとか充電周りの製品で品質に不安があるのは恐いですね。

今まではそれならばと純正を選ぶのか、それでも安さを取って非純正品を選ぶのかというところでしたが、
今回のAnker PowerPort Speed 1 PD 60のおかげでその悩みもなくなることになりました。

ハッキリ言ってAnkerという信頼のある販売元から、より小型化されてより安く販売されているのだから、
もはやAnker PowerPort Speed 1 PD 60 一択!

非純正はもちろん、Apple純正の61W USB-Cアダプタすら選ぶ理由はなさそうです。

僕は今回普段使いのApple純正の61W USB-Cアダプタと入れ替えるために購入しましたが、

自宅用や職場用に、持ち運び用など2個・3個と電源アダプタを持っておきたい人も少なくないでしょう。

そういう人にも小型軽量化は大変嬉しいですよね。もちろん価格も。

Apple純正の61W USB-Cアダプタを使用していた時のケーブルボックス

サンワダイレクト ケーブルボックス使用風景

こちらは以前何かの時に撮影したケーブルボックス周りの画像なんですが、

このケーブルボックスの真ん中に白いケーブルが覗いています。

このケーブルはApple純正の61W USB-Cアダプタに付けていたApple純正のUSB-Cケーブル。

隙間から覗いてるように見えますが、実は飛び出してるんです。電源タップに挿してる61W USB-Cアダプタが高さがありすぎて収納しきれず。

でもこう書くとAppleの純正のアダプタがデカすぎると言ってる様ですが、WindowsのノートPCとかに付いてくるACアダプタとかその比じゃないくらいデカイですよね。もちろん機種にはよるんだろうけど、言いたいのはAppleのアダプタもかなり小型化されていてすごいのに、

Anker PowerPort Speed 1PD 60の小型化具合がさらにヤバイということ。

そのAnker PowerPort Speed 1PD 60を上の画像のケーブルボックスに入れてみました。

ちなみにこのケーブルボックスは上下2段に分かれてて下段にルーターなどが置いてあって、

上段がこちら。電源タップと、Anker PowerPort 1PD & 4PowerIQ が入ってます。

Anker PowerPort Speed 1PD 60に入れ替えた後のケーブルボックス

Anker PowerPort Speed 1PD 60はコンパクトなのでケーブルボックスの中もスッキリ

上向きにケーブルが刺さってますが、このケーブルがApple純正の時は収まり切らずに飛び出していました。

サンワダイレクト ケーブルボックス使用風景

Anker PowerPort Speed 1PD 60にしたらこの通りしっかり収まりました。

地味なようですがこのケーブルボックスのフタ部分のガタ付きを解消したくてというのが今回購入した1番の理由なので大満足。

僕はあんまりMacを持ち歩くことはないので2個目は必要ないんですが、バッグに入れて持ち歩いてる人なんかも完全に買いですね!

Anker PowerLine+のUSB-C & USB-Cケーブルを使用

ちなみにUSB PDは充電器、ケーブル、充電する機器、全てがUSB PDに対応している必要があるので注意。

僕はApple純正の時は付属のUSB-Cケーブルを使用してましたが、少し前にAnkerのPowerLine+のUSB-Cケーブル 1.8m に。
他のケーブルやMacのボディに合わせて白ケーブルを黒系にしたくて。

Anker PowerLine + USB-Cケーブル 1.8m フェルトケース付き

今回のAnker PowerPort Speed 1PD 60が販売される前に購入していましたが、ケーブルもPD対応でちょうど最大60Wということでよかった。

ケーブルの強度や取り回しのしやすさもいい感じでフェルトケースまで付いてきました。

Anker PowerPort Atom III 60W と比較 (2019年8月追記)

2019年8月2日、Anker PowerPort Atom III 60W が発売されました。

Anker PowerPort Atom III 60W は、この記事で紹介してきた Anker PowerPort Speed 1PD 60 と同じくUSB-Cポートを使用する充電器で、USB PDに対応して最大60W出力での充電が出来ます。

新素材GaN (窒化ガリウム) を採用したことで一掃の小型化に成功していて、

  • サイズ:約61 × 58 × 28 mm
  • 重量:約132g

となっています。

Anker PowerPort Speed 1PD 60は、

  • サイズ:約64 × 64 × 29 mm
  • 重量:約157g

と、さらに小型化しています。

そこまで大きく変わってはいませんが、これから購入される方は、Anker PowerPort Atom III 60Wがオススメ。

2020年4月追記 RAVPower の2ポート90W出力の充電器 RP-PC128を購入しました、

RAVPowerからPD対応のUSB-Cポートが2ポート搭載されて、1ポート使用なら最大90W出力、2ポート使用なら最大45Wずつ出力可能なUSB充電器が発売されて購入しました。

詳しくはこちら

RAVPower RP-PC128 90W PD対応Type C 急速充電器
【レビュー】RAVPower RP-PC128 PD USB-C2ポート充電器。90W出力が欲しかった僕の使い方。45WずつでMacとiPhoneを同時に急速充電も!

続きを見る

Ankerや RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介
【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器まとめ。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリー。

続きを見る

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど
【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

続きを見る

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!
一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

てず


オススメのモノ・コトを紹介。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2021/1/2

2020年下半期 買って良かったモノ

2020年下半期の買ってよかったモノです。 2020年上半期の記事はこちら。 記事最後にもリンクを載せておくので良かったらそちらも是非! 上半期は仕事場の机を新調したことがあってデスク周りの製品が多かったけど、デスク周りの製品は大体落ち着いたので下半期はまた違ったラインナップに。 すでに個別で記事を書いたものも多いんだけど、特に11月末から12月にかけてのブラックフライデーやサイバーマンデーで購入して記事が書ききれなかったものも。 たくさん載せてると、買ったモノ全部載せてるみたいにも見えるけど、個別記事に ...

ReadMore

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020年上半期に買って良かったモノを紹介していきます。 それぞれ個別にレビュー記事を書いてるモノが多いので、興味のあるモノがあったら個別の記事も是非! 特に順位付けしたりはしてなくて紹介してる順番は関連性のあるモノ並べたりした結果です。 機能性なんかの面で生活を快適にしてくれるモノもあれば、それを持ってることで気持ちよく過ごせるようなお気に入りのモノだったり、色んなモノがあるけどどれも本当に買ってよかったモノ。 数が結構あるので目次でも見てもらって、興味のあるモノや、コレなんだろ?っていうモノが何かしら ...

ReadMore

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/4/4

【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

ずっと欲しかった「かなでもの 」のテーブルを購入しました。 杉無垢材の天板と鉄製の脚のシンプルなテーブルで仕事用のPCデスクとして使うために購入。 組み立ては天板と脚を付属の六角レンチとボルト類で止めるだけっていう簡単なモノで5分、10分もあれば終わってしまうくらい。 無料のサイズオーダーで必要なサイズぴったりのテーブルが作れました。 購入した理由から実際にサイズをオーダーして組み立てるところ、完成した様子、PC周り・モニターアームやケーブル類などを整えたりする工程、その他一緒にデスク周りで使ってるモノな ...

ReadMore

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/3/24

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

この記事ではデスク周りで使用してるモノをまとめて紹介していますが、投稿したのは2018年。 その後、2021年時点で 仕事場で使用してるデスク 家に作ったホームオフィスデスク 以上2つのデスク周りをまとめた記事も作成してるのでそちらも宜しければ。 記事の最後にもリンクを貼っておきます。 さて、この記事で紹介してるのは仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。 家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間 ...

ReadMore

Ankerや RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介

ANKER デスク・ホーム 充電機器 買って良かったモノ まとめ

2021/3/29

【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器まとめ。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリー。

普段持ち歩いてるモバイルバッテリーや、机まわりの充電環境など実際に使用してる充電機器をまとめて紹介します。 充電周りの製品は新製品がバンバン登場。充電速度が上がったりバッテリー容量が増えたり小型化したり無線化したりと目まぐるしく進化しています。 たくさんの充電機器がある中で大事なのは自分の使い方や好みに合うモノを選べるかどうか。 使う機器も環境もバラバラなのに万人に共通の正解なんてないし、僕も自分のつかってるモノがベスト!なんて言う気はないです。 でもこういう理由でこういうモノを使ってるっていうことが人に ...

ReadMore

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

2020/12/19

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。 一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。 もう1日を通して耳が空 ...

ReadMore

スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

2020/11/27

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020年10月、今までちょっとした興味はありつつも、自分では特に必要ではないとか、活かせないという気がして手を出していなかったスマート家電を導入してスマートホーム化に手をつけてみました。 きっかけはベッドに横になりながらスマホをいじったりして、いざ寝ようって時に一旦立ち上がって電気を消すのが面倒で、横になったまま電気を消したいなと思ったこと。 リモコンで操作出来るシーリングライトやなんかだったら他にも方法はあるんだけど、壁のスイッチを押すしかないタイプの照明だと現状はSwitchBotしかないかなと。 ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

-ANKER, Mac周辺機器, 充電機器
-,