ANKER 充電機器

【レビュー】ANKER PowerPort 1PD & 4Power IQ とUSB-C & ライトニングケーブルでiPhoneを最大30W出力の急速充電!

2019年3月17日

  1. HOME >
  2. ガジェット・家電 >
  3. ANKER >

【レビュー】ANKER PowerPort 1PD & 4Power IQ とUSB-C & ライトニングケーブルでiPhoneを最大30W出力の急速充電!

2019年3月17日

Anker PowerPort 1PD&4PowerIQとAnker USB-C & ライトニングケーブル

ここ数ヶ月でMacBookProやiPad Pro・Osmo Pocketなどを購入して僕の持ち物にもUSB-Cケーブルで充電する機器が増えてきました。

これらは全部MacBookProに付いてきたUSB-Cケーブル1本で充電を済ませています。

だいたい常時MacBook Proに充電用のUSB-Cケーブルを刺してあって、
iPad ProやOsmo Pocketを充電するときだけMacBook ProからUSB-Cケーブルを外して使用しています。

そして先日ANKERからUSB-Cのライトニングケーブルが発売されたので
USB PDでiPhoneを急速充電したいと思い、
以前から販売されていたAnkerの急速充電器 PowerPort 1PD & 4Power IQと一緒に購入しました。

Anker PowerPort 1PD & 4Power IQは前から気になってたんですが、
前述の通り今まではMacBook ProのUSB-Cケーブルだけで間に合っていて、
USB-CのライトニングケーブルがあればiPhoneの充電を早く出来るのになと思っていました。

正確にはAppleの純正品ならこれまでのUSB-Cとライトニングのケーブルはあったんですが、
そのうちANKERから出るだろうと思い、待っていました。

そして実際に発売されて当日すぐに注文、翌日には届き、数日使ったところ。

Anker 急速充電器 PowerPort 1PD & 4Power IQとUSB-Cのライトニングケーブルの紹介や使用した感想のほか、
USB PDとは何なのか、何がすごいのかなども一緒に紹介していきます。

Anker 急速充電器 PowerPort 1PD & 4Power IQ

Anker 急速充電器 PowerPort 1PD & 4Power IQを購入したのは前述の通り、

同じくANKERのUSB-C&ライトニングケーブルが発売されたことと、
それらを使用してiPhone XをUSB PDで最大30Wだという急速充電出来るようにしたかったからです。

パッケージ

Anker PowerPort 1PD&4PowerIQ パッケージ

付属品一式

Anker PowerPort 1PD&4PowerIQ 本体と付属品一式
  • Anker 急速充電器 PowerPort 1PD & 4Power IQ 本体
  • ACケーブル
  • 固定用の粘着テープ
  • ケーブル留め

Anker 急速充電器 PowerPort 1PD & 4Power IQ 本体

Anker PowerPort 1PD&4PowerIQ
Anker PowerPort 1PD&4PowerIQ
Anker PowerPort 1PD&4PowerIQ
Anker PowerPort 1PD&4PowerIQ

AnkerのPowerPortは2個目。前まで使用していた製品より少し大きめ。サイズを比較してみました。

Anker  PowerPort 25W 5ポート USB急速充電器とサイズ比較

Anker PowerPort 1PD&4PowerIQ とAnker PowerPort 5IQのサイズ比較

前から使用していた方は2014年に購入した製品でした。5ポートで25W出力。

USB PD(USB Power Delivery)は何がスゴイのか?

Anker PowerPort 1PD&4PowerIQ

Anker 急速充電器 PowerPort 1PD & 4Power IQ の充電ポートは5つ。

上画像で一番上のPDと記載のあるポートがUSB-CでUSB PD (USB Power Delivery)対応で最大30W出力出来るポート。

残りの4つのポートが通常のUSB-Aポートですが、これもPowerIQという充電規格を搭載しています。

このUSB PDやPower IQとは何か?

USB PD (USB Power Delivery)で高速充電が可能に!

USB PDとは、USB Power Deliveryの略称で、USB Type Cポートから最大100Wと、従来より高出力が可能になった使った電源供給の規格。

USB PDという規格上では最大100Wということですが、
Anker 急速充電器 PowerPort 1PD & 4Power IQ のUSB PDポートでは最大30W(充電器全体では最大60W)での出力です。

で、この最大30Wというのがどれくらいすごいかというと、

電圧(V)×電流(A)=電力(W)

まず、USBケーブルで充電出来る出力に関してよく見かけるのが1A(アンペア)とか2A、2.4Aで出力などの表記。

ここを整理しておくと、
このA(アンペア)は電流のことで、ここに電圧(V=ボルト)をかけた数字が電力(W=ワット)です。

今回紹介している「Anker 急速充電器 PowerPort 1PD & 4Power IQ」の、
4Power IQにあたるUSB-Aポートは5V/6Aで各ポート最大2.4A、なので1ポートあたりの電力は5V×2.4Aで最大12W。

昔はUSBポートでの充電といったら1Aが標準だったのが今は2Aや2.4Aが標準になってます。

しかしそれに止まらず、USB PDは5V/3A、9V/3A、15V/2A、20V/1.5A (機器ごとに自動で最適なものに選択される)で最大30Wで出力。

だから今までのUSBポートでの充電よりも圧倒的に早く
また、今までのUSB充電器では充電出来なかったような、充電に高出力を要する機器にも充電出来るんです。

Power IQ とは接続した機器ごとにその機器に最も適した出力で充電するANKERの技術

ちなみに、Anker 急速充電器 PowerPort 1PD & 4Power IQ」のUSB-Aポートは、
Power IQ という接続された機器ごとにその機器ごとに最も適した出力で充電するANKERの技術。

現行のANKERの充電器類にはほぼ標準で付いているので、最近のANKERの充電器を使ってる人はすでに真新しさはありませんが、
昔何かに付属してきた1A出力のUSB充電器を使ってるというような人ならUSB  PDポートだけでなく、USB-Aポートで充電する機器も充電速度が向上しそうです。

USB PDで充電するためには、充電器・ケーブル・充電する機器全てがUSB PDに対応している必要がある

ここまで、USB PDでの充電のスゴさについて書いてきましたが、
最大30Wで給電するには、ここまでに紹介してきた充電器だけでなく、充電する機器も、それを繋ぐケーブルも全てがUSB PDの出力に対応している必要があります。

例えば iPhoneだったらiiPhone XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus以降の機種がUSB PDで急速充電が出来ます。

ケーブルも USB PDに対応したUSB-Cでなければいけません。

USB-Cのライトニングケーブルといえば今まではApple純正のUSB-C ライトニングケーブルが必要でした。

そして先日Ankerからサードパーティ製では初のMFI認証を受けたUSB-Cケーブルが発売されたので、
今回Anker 急速充電器 PowerPort 1PD & 4Power IQと合わせて購入したわけでした。

ANKER PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル

Anker USB-C & ライトニングケーブル
Anker USB-C & ライトニングケーブル

サードパーティ製で初めての Apple MFi認証取得したUSB-C & ライトニング ケーブル。

AppleのUSB-C & ライトニングケーブルなら前からあったのにAnkerのケーブルの発売を待っていたのは、

  • ANKERの方が安いから
  • ANKERの方が耐久性があるから
  • ANKERはケーブル類も18ヶ月保証があるから
  • ANKERにはブラックカラーのケーブルがあるから (一緒に使うケーブル類が黒なので揃えたかった)

もちろん販売前だから、今までの例からおそらくそうなるだろうということで、
発売される保証や情報などないままに勝手に待っていたんですが、待っていた甲斐があって販売開始となりました。

ケーブルはPowerLine IIという超高耐久のケーブル。一般的なケーブルより12倍以上の耐久性をもち、12000回以上の厳しい折り曲げテストもクリア、だそう。

その分純正のライトニングケーブルなどと比べるとケーブルが少し太いし硬い印象。なので純正ライトニングケーブルなどと比べると少し取り回しは悪い。

純正はホワイトしかないけど、こちらは黒も。

他のケーブル類が黒で揃ってるので、黒が欲しくて待っていたというのもある。

長さは白も黒も90cmしかないから本当はもう少し長めのが欲しいので出たら書い直す予定。

Anker USB-C & ライトニングケーブルのライトニング端子

ライトニング端子と、

Anker USB-C & ライトニングケーブルのUSB-C端子

USB-C端子。USB-Cという言い方はAppleの表記。その他では一般にUSB Type-Cなどと表記されていて、

どちらもあくまで端子の形状の呼び方。

USB-CでもUSB2.0のものあれば3.1のものもあり、USB PDに対応してるものもあればそうでないものも。

Ankerのケーブルに付属してくる結束バンド

Ankerのケーブル類に決まってついてくるケーブル留めも結構嬉しい。

もうAnkerのケーブルはたくさん購入していてこのケーブル留めも何個もあって結構役立つ。

Anker PowerPort 1PD&4PowerIQ

Anker 急速充電器 PowerPort 1PD & 4Power IQ 通電中は上部が青く点灯。

ANKER USB-C & ライトニング ケーブル、その他のケーブルも繋いでケーブルボックスへ。

ケーブルボックスの中身 Anker PowerPort 1PD & 4IQと電源タップ
Anker USB-C & ライトニングケーブルのライトニング端子はネオジム磁石で止められる

今までのライトニングケーブルと同じくネオジム磁石で留められました。

Anker 急速充電器 PowerPort 1PD & 4Power IQとUSB-C & ライトニング ケーブルを使用した感想

今使用しているiPhone Xももう1年と3ヶ月くらい使用してきたとあって、
少し前から充電の減りが早くなったなと感じていて、充電ケーブルを刺す回数も増えていました。

かといってまだAppleでバッテリー交換してもらうほどじゃないかなというぐらい。

そんな中こうしてUSB PDによる急速充電で、隙間時間で充電出来る量がグンと上がったことで、
再び充電ケーブルを挿す回数が減ってくれてこれだけでもだいぶ快適に。

ケーブルの長さが90cmしかないから長いケーブルが出たら書い足す予定と書きましたし、多分実際に買い足しますが、
いざ使ってみると、短い時間でもそれなりに充電出来るので、充電が枯渇しそうな状況も減ったし、

前だったらケーブル刺して充電しながら使ってたような場面でも、使うならケーブル外せばいいし、操作しない時に刺しておけば十分という感じで、
思いの外ケーブルの長さが足りないことでの不便さはありませんでした。

現状僕の所有してる端末でライトニングケーブルで充電するUSB PD対応の機器はiPhone Xだけなので、
決して急いで購入しなければというほどの状況ではなかったけど、揃えてみて良かったと思います。

USB PD自体は前からあったんですが、今回のケーブルなど対応製品が増えてきたり、
新素材GaN(窒化ガリウム)採用したというAnker PowerPort Atom PD 1が発売されたりと、
まだまだ充電周りの製品がアップデートされていきそうでしばらくは新製品が楽しみです。

2019年4月5日追記
USB PD対応のモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD」を購入して2週間ほど使用してレビューを書きました。

Ankerや RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介
【2020年】Anker・ RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリーを関連製品や用途と共に一挙紹介。

続きを見る

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど
【デスクツアー】ほぼ自宅オフィス。「かなでもの」の杉無垢材のテーブル・MacBook Proやトリプルディスプレイ環境で使用してるモノたちを紹介

続きを見る

Anker PowerPort 1PD&4PowerIQとAnker USB-C & ライトニングケーブル

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!
一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

てず

オススメのモノ・コトを紹介。Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェットや革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。 他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。 2012年から一人会社。2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。30代。 プロフィール Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2021/1/2

2020年下半期 買って良かったモノ

2020年下半期の買ってよかったモノです。 2020年上半期の記事はこちら。 記事最後にもリンクを載せておくので良かったらそちらも是非! 上半期は仕事場の机を新調したことがあってデスク周りの製品が多かったけど、デスク周りの製品は大体落ち着いたので下半期はまた違ったラインナップに。 すでに個別で記事を書いたものも多いんだけど、特に11月末から12月にかけてのブラックフライデーやサイバーマンデーで購入して記事が書ききれなかったものも。 たくさん載せてると、買ったモノ全部載せてるみたいにも見えるけど、個別記事に ...

ReadMore

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020年上半期に買って良かったモノを紹介していきます。 それぞれ個別にレビュー記事を書いてるモノが多いので、興味のあるモノがあったら個別の記事も是非! 特に順位付けしたりはしてなくて紹介してる順番は関連性のあるモノ並べたりした結果です。 機能性なんかの面で生活を快適にしてくれるモノもあれば、それを持ってることで気持ちよく過ごせるようなお気に入りのモノだったり、色んなモノがあるけどどれも本当に買ってよかったモノ。 数が結構あるので目次でも見てもらって、興味のあるモノや、コレなんだろ?っていうモノが何かしら ...

ReadMore

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・収納

2020/12/31

【デスクツアー】ほぼ自宅オフィス。「かなでもの」の杉無垢材のテーブル・MacBook Proやトリプルディスプレイ環境で使用してるモノたちを紹介

ずっと欲しかった「かなでもの 」のテーブルを購入しました。 杉無垢材の天板と鉄製の脚のシンプルなテーブルで仕事用のPCデスクとして使うために購入。 組み立ては天板と脚を付属の六角レンチとボルト類で止めるだけっていう簡単なモノで5分、10分もあれば終わってしまうくらい。 無料のサイズオーダーで必要なサイズぴったりのテーブルが作れました。 購入した理由から実際にサイズをオーダーして組み立てるところ、完成した様子、PC周り・モニターアームやケーブル類などを整えたりする工程、その他一緒にデスク周りで使ってるモノな ...

ReadMore

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・収納 買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

以前にデスク周りで使ってるモノを紹介する記事を書きましたが、記事を書いてから2年が経ち、随分と状況が変わったので改めて現在のデスク周りのモノを紹介していこうと思います。 仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間は起業前より明らかに増えていますが、それでも遊ぶ時間も確保して家でするような映画見たり漫画読んだり音楽聴いたりっていう余暇の時間もこの事務所で過ごして ...

ReadMore

Ankerや RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリー関連製品を用途別に一挙紹介

ANKER デスク・収納 充電機器 買って良かったモノ まとめ

2020/12/11

【2020年】Anker・ RAVPowerなど実際に使用してるオススメのPD対応充電器・モバイルバッテリーを関連製品や用途と共に一挙紹介。

普段持ち歩いてるモバイルバッテリーや、机まわりの充電環境など実際に使用してる充電機器をまとめて紹介します。 充電周りの製品は新製品がバンバン登場。充電速度が上がったりバッテリー容量が増えたり小型化したり無線化したりと目まぐるしく進化しています。 たくさんの充電機器がある中で大事なのは自分の使い方や好みに合うモノを選べるかどうか。 使う機器も環境もバラバラなのに万人に共通の正解なんてないし、僕も自分のつかってるモノがベスト!なんて言う気はないです。 でもこういう理由でこういうモノを使ってるっていうことが人に ...

ReadMore

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

2020/12/19

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。 一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。 もう1日を通して耳が空 ...

ReadMore

スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

2020/11/27

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020年10月、今までちょっとした興味はありつつも、自分では特に必要ではないとか、活かせないという気がして手を出していなかったスマート家電を導入してスマートホーム化に手をつけてみました。 きっかけはベッドに横になりながらスマホをいじったりして、いざ寝ようって時に一旦立ち上がって電気を消すのが面倒で、横になったまま電気を消したいなと思ったこと。 リモコンで操作出来るシーリングライトやなんかだったら他にも方法はあるんだけど、壁のスイッチを押すしかないタイプの照明だと現状はSwitchBotしかないかなと。 ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

-ANKER, 充電機器
-,