ANKER 充電機器

【レビュー】iPhoneと一緒に持てるめちゃめちゃスリムなモバイルバッテリー!Anker PowerCore Slim 5000がオススメ!

2018年4月10日

Anker PowerCore Slim 5000でiPhoneXを充電

Anker PowerCore Slim 5000 を購入しました。これまで使用してきたAnker PowerCore 10000の半分以下の薄さという取り回しの良さに惹かれての購入です。

Anker PowerCore Slim 5000の特徴や一緒に購入したAnker PowerCore Fusion 5000との使い分けなどを写真を交えて紹介していきます。

関連記事

2019年8月追記

PowerCore Slim 5000よりは大きいけれど、薄さ1.4cmで、USB PD対応で早く充電出来る Anker PowerCore Slim 10000 PD を購入しました。

【レビュー】Anker PowerCore Slim 10000 PD 薄さ 1.4cm& PD対応。今まで使ってきたモバイルバッテリーとの比較と購入した理由など。

Anker PowerCore Slim 5000の特徴

製品仕様!

  • 製品寸法:約126 x 64 x 10(mm)
  • 製品重量:約121g
  • バッテリー容量:5000mAh
  • 給電ポート数 : 1
  • 同梱物:トラベルポーチ、Micro-USBケーブル、取扱説明書
  • 18ヶ月保証
  • レッドドット・デザイン賞受賞・2016年のインターナショナル・デザインエクセレンス賞(IDEA)の最終候補ノミネート。

5000mAhの大容量モバイルバッテリーながら10mmの薄さで、持ち運びや、充電しながらでも片手でiPhoneの操作がしやすいなど非常に使い勝手の良いデザインですね。

粗悪なバッテリーでは事故も起きてますがAnkerはモバイルバッテリーではトップクラスのブランド。全製品に18ヶ月保証がついてるのも安心。

ライトニングケーブルは付属してないので注意。

iPhoneX を充電しながらでも片手で持って操作しやすい

Anker PowerCore Slim 5000でiPhoneXを充電しながら操作
iPhoneXでAnker PowerCore Slim 5000が完全に隠れてしまうくらい小さい
Anker PowerCore Slim 5000でiPhoneXを充電しながら操作
横から見るとこんな感じ。小さいだけでなく薄いから一緒に持っても操作しやすい。
Anker PowerCore Slim 5000とiPhoneXを片手で持っている
後ろはこんな状態。

Anker Power Core Slim 5000を購入した理由

これまで使用してきたAnker PowerCore 10000がダメになってきたということもないのに新しくモバイルバッテリーを購入したのはiPhoneXとまとめて持ちやすい、充電しながら操作しやすい。繋いだままポケットに入れても嵩張らない。というのが魅力的だったから。

PowerCore10000の時もそれが出来なかったわけではないんだけど、より快適になるというのが目に見えてたので。思えばPowerCore10000を購入した時もそれまで使用していたAnkerの「Astro E3 」というモバイルバッテリーと比べてとてもコンパクトになったからでした。

Anker Power Core 10000とのサイズ比較

Anker PowerCore Slim 5000 薄型スリムモバイルバッテリー Anker PowerCore 10000比較
Anker PowerCore Slim 5000 (左)とAnker PowerCore 10000 (右) 厚さは半分以下です。

使いやすいサイズというメリットと引き換えに容量はちょうど半分に

これまで使用してきたPowerCore10000はその名の通り10,000mAhの大容量モバイルバッテリーです。

今回購入したAnker PowerCore Slim 5000は5,000mAh。使いやすいサイズというメリットと引き換えに容量はちょうど半分になりました。

5,000mAhというバッテリー容量はiPhoneXを2回近くフル充電出来る容量です。普段使いには十分という人が多いでしょう。僕の場合はそもそもモバイルバッテリーを必要としない日の方が多いです。ほとんど自由に充電出来る事務所に居るので。

しかし、バッテリーの消費の多い日というのもあるでしょう。充電環境のない場所に長時間滞在したり宿泊を伴ったり。さらには充電する機器がいくつもある場合もあります。そんな時にも全く心配ないと言えるほどの容量では無いかもしれません。

半分になった容量をカバーしつつ以前より便利な充電環境にするために

Anker PowerCore Fusion 5000とシーンに合わせて使い分ける

PowerCore 10000と比べて半分になった容量をカバーしつつ以前より便利な充電環境を用意するためにAnker PowerCore Slim 5000と一緒にAnker PowerCore Fusion 5000も購入しました。

Anker PowerCore Fusion 5000については詳しくはこちらで紹介していますが、5,000mAhのモバイルバッテリーでありながら、コンセントプラグを搭載していてUSB充電器にもなります。さらに給電ポートを2つ搭載。

Anker PowerCore fusion 5000でiPhoneXをコンセントから充電
コンセントに刺さなくても5,000mAhのモバイルバッテリーとして動作する一台二役の画期的なモバイルバッテリー兼USB充電器。

iPhoneX を使用しながら充電したいとか、少しの空き時間でサッと充電したいときはPowerCore Slim 5000の方で充電し、まとまった時間バッグの中で充電する、ホテルで充電するという時にはPowerCore Fusion 5000を使用します。

PowerCore Fusion 5000は2ポート搭載なので、映画館で映画を見てる間にバッグの中でiPhoneとBluetoothイヤフォンのBeatsXを充電するとか、ホテルで寝る時にiPhoneとiPadをまとめて充電するという感じです。

使い分けることでどちらのシーンでも以前より便利な充電環境が作れました。

PowerCore Fusion 5000は機能と比べるとコンパクトだと思いますが、それでもモノとしては嵩張るので、普段は持ち歩かずに必要そうな日にだけ持ち歩きます。普段はそもそもモバイルバッテリーが不要なくらいなので念のためPowerCore Slim 5000をバッグに。こちらは薄いので外ポケットとかに忍ばせても全然嵩張りません。

どちらもライトニングケーブルは付属してないので注意

Anker PowerCore Slim5000もAnker PowerCore Fusion 5000もどちらもライトニングケーブルは付属していません。今回AnkerのLiightningケーブルもまとめて購入しました。

Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル
Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル 0.1m 2本セットで購入。

Power Core Slim 5000はせっかくiPhoneとまとめて持てるという利点があるので、短いケーブルの方がより嵩張らずにいいかなと思います。

PowerCore Fusion 5000はコンセントに挿してあったりバッグの中に入れてあったりしてる状態で充電しながらでもiPhoneを操作する時のために長いケーブルと2ポートのうち片方は短いケーブルでいいかなということで長いケーブルと短いケーブルを一本ずつ付けています。

短いケーブルは10cmが2本セットで販売していたのでそれと90cmのものを1本。もっと安いケーブルもありますがAnkerは耐久性に拘っていてLightningケーブルにも18ヶ月保証がついています。Apple MFi認証というAppleによる認可を受けているので安心です。

実際に今使用しているオススメの充電機器 Anker・CIO・Satechi・NOMAD・TUNEWEAR・革のポーチとケーブルクリップ。
【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリーをまとめて紹介!

続きを見る

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど
【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

続きを見る

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!
一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

てず


オススメのモノ・コトを紹介。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2021/1/2

2020年下半期 買って良かったモノ

2020年下半期の買ってよかったモノです。 2020年上半期の記事はこちら。 記事最後にもリンクを載せておくので良かったらそちらも是非! 上半期は仕事場の机を新調したことがあってデスク周りの製品が多かったけど、デスク周りの製品は大体落ち着いたので下半期はまた違ったラインナップに。 すでに個別で記事を書いたものも多いんだけど、特に11月末から12月にかけてのブラックフライデーやサイバーマンデーで購入して記事が書ききれなかったものも。 たくさん載せてると、買ったモノ全部載せてるみたいにも見えるけど、個別記事に ...

ReadMore

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020年上半期に買って良かったモノを紹介していきます。 それぞれ個別にレビュー記事を書いてるモノが多いので、興味のあるモノがあったら個別の記事も是非! 特に順位付けしたりはしてなくて紹介してる順番は関連性のあるモノ並べたりした結果です。 機能性なんかの面で生活を快適にしてくれるモノもあれば、それを持ってることで気持ちよく過ごせるようなお気に入りのモノだったり、色んなモノがあるけどどれも本当に買ってよかったモノ。 数が結構あるので目次でも見てもらって、興味のあるモノや、コレなんだろ?っていうモノが何かしら ...

ReadMore

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/5/8

【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

ずっと欲しかった「かなでもの 」のテーブルを購入しました。 杉無垢材の天板と鉄製の脚のシンプルなテーブルで仕事用のPCデスクとして使うために購入。 組み立ては天板と脚を付属の六角レンチとボルト類で止めるだけっていう簡単なモノで5分、10分もあれば終わってしまうくらい。 無料のサイズオーダーで必要なサイズぴったりのテーブルが作れました。 購入した理由から実際にサイズをオーダーして組み立てるところ、完成した様子、PC周り・モニターアームやケーブル類などを整えたりする工程、その他一緒にデスク周りで使ってるモノな ...

ReadMore

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/3/24

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

この記事ではデスク周りで使用してるモノをまとめて紹介していますが、投稿したのは2018年。 その後、2021年時点で 仕事場で使用してるデスク 家に作ったホームオフィスデスク 以上2つのデスク周りをまとめた記事も作成してるのでそちらも宜しければ。 記事の最後にもリンクを貼っておきます。 さて、この記事で紹介してるのは仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。 家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間 ...

ReadMore

実際に今使用しているオススメの充電機器 Anker・CIO・Satechi・NOMAD・TUNEWEAR・革のポーチとケーブルクリップ。

充電機器 買って良かったモノ まとめ

2021/4/12

【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリーをまとめて紹介!

普段持ち歩いてるモバイルバッテリーや、机まわりの充電環境など実際に使用してる充電機器をまとめて紹介します。 充電周りの製品は新製品がバンバン登場。充電速度が上がったりバッテリー容量が増えたり小型化したり無線化したりと目まぐるしく進化しています。 たくさんの充電機器がある中で大事なのは自分の使い方や好みに合うモノを選べるかどうか。 使う機器も環境もバラバラなのに万人に共通の正解なんてないし、僕も自分のつかってるモノがベスト!なんて言う気はないです。 でもこういう理由でこういうモノを使ってるっていうことが人に ...

ReadMore

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

2020/12/19

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。 一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。 もう1日を通して耳が空 ...

ReadMore

スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

2020/11/27

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020年10月、今までちょっとした興味はありつつも、自分では特に必要ではないとか、活かせないという気がして手を出していなかったスマート家電を導入してスマートホーム化に手をつけてみました。 きっかけはベッドに横になりながらスマホをいじったりして、いざ寝ようって時に一旦立ち上がって電気を消すのが面倒で、横になったまま電気を消したいなと思ったこと。 リモコンで操作出来るシーリングライトやなんかだったら他にも方法はあるんだけど、壁のスイッチを押すしかないタイプの照明だと現状はSwitchBotしかないかなと。 ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

-ANKER, 充電機器
-,