ANKER 充電機器

【レビュー】USB PD対応で高出力+2台同時充電可能な手に収まるコンパクトモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD」

2019年4月5日

  1. HOME >
  2. ガジェット・家電 >
  3. ANKER >

【レビュー】USB PD対応で高出力+2台同時充電可能な手に収まるコンパクトモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD」

2019年4月5日

Anker PowerCore 10000 PDは手に収まるくらいスリム

関連記事

2019年8月追記

この記事で紹介している Anker PowerCore 10000PD の後継機にあたる Anker PowerCore 10000 PD Redux が発売されたので、
これから購入するならそちらの方が良いです。

また、同時に発売された 同じくUSB PD対応で厚さ1.4cmの薄型のモバイルバッテリー Anker PowerCore Slim 10000 PD を購入しました。
そちらもオススメです。

【レビュー】Anker PowerCore Slim 10000 PD 薄さ 1.4cm& PD対応。今まで使ってきたモバイルバッテリーとの比較と購入した理由など。

Anker のモバイルバッテリー 「PowerCore 10000 PD」を購入しました。

先日もAnker PowerPort 1PD & 4Power IQを購入したばかりですが、ここのところUSB-CやUSB PDに対応した商品が増えたり、
AnkerのUSB-C&ライトニングケーブルが発売されたこともあり充電器類のアップデートが続いています。

今回購入したAnker PowerCore 10000 PDは、

  • コンパクトなサイズで
  • USB PDに対応し高出力での充電が出来、
  • 2つの機器を同時に充電可能な
  • 容量10,000mAhのモバイルバッテリー

使用した感想や、実際の充電時の出力の測定などを紹介しています。

Anker PowerCore 10000 PD

Anker PowerCore 10000 PD パッケージ

Anker PowerCore 10000 PD 付属品一式

Anker PowerCore 10000 PD 付属品一式

Anker PowerCore 10000 PD本体の他、説明書・USB-Cケーブルとモバイルポーチ付きです。

Anker PowerCore 10000 PD

PD対応USB-CポートとPowerIQ搭載のUSB-Aポートを搭載

Anker PowerCore 10000 PD

右側の小さいポートが今回の目玉のPD対応のUSB-Cポート。5V=3A, 9V=2A, 15V=1.2Aで最大18W出力。

左側の内部が青いポートがAnker独自のPower IQ搭載のUSB-Aポート。5V=2Aで最大10W出力。

PD対応のUSB-Cからの充電は、PDに対応したケーブルを使用することで同じくPDでの充電に対応した機器へ、
今までのUSBからでは出来なかった高出力の充電が可能になっているので、例えばiPhone XSへの充電ならわずか30分で最大50%を充電。

その他今までのUSBからでは充電出来なかったような高出力が必要なノートPCなどへの充電も可能に。

さらにUSB-Cポートは入出力対応で、電源と接続すればAnker PowerCore 10000 PD本体を充電出来ます。

スマホなどの機器の充電と、Anker PowerCore 10000 PD本体の充電を同じUSB-Cポートで出来るのはいいですね。

2台の機器を同時にフルスピード充電可能

Anker PowerCore 10000 PDでiPhone XとBluetoothイヤフォン Beats Xを同時に充電

充電する機器と接続すれば自動でその機器に適した電圧や電流で充電が開始されます。

2ポートを同時使用出来るので、iPhoneとBluetoothイヤフォンなど2つの機器を同時に充電可能!

AnkerのPowerCoreシリーズの今までの10,000mAhのモデルでは充電用のポートは1ポートしか付いてなかったので、これも嬉しい進化です。

Anker PowerCore 10000 PDは手に収まるコンパクトサイズ

Anker PowerCore 10000 PDは手の平に収まるコンパクトサイズ

サイズは11.4 x 5.2 x 2.5 cmで重さが191g。

前モデルにあたる Anker PowerCore 10000 Redux は10.4 x 5.2 x 2.5 cmなので、
それと比べるとわずかにサイズは大きくなってる様ですが、
前モデルはUSB Cでの充電も出来ないし、一つずつしか充電出来ません。

それがこれだけのパワーアップをしながらのこのサイズはスゴイ!

今までのAnker PowerCoreシリーズとのサイズ比較

Anker PowerCore 10000 PD と今まで使ってみたPowerCore3種のサイズを比較

左から、

と、10,000mAhで2ポート使用出来てUSB PD対応なのに、それまでの機種と比べてかなりコンパクトなのがわかります。

もうずっとモバイルバッテリーはAnkerを使用していて、
他に写真に載ってないPowerCore Fusion 5000も所有していますし、
写真の中では一番古いPowerCore 10000よりも前にも、もう処分してしまったAnkerのモバイルバッテリーを使用していました。

Anker PowerCore 10000 PD のUSB-Cポートからの出力を測定

せっかく購入したので実際どれくらいの出力で充電出来てるのか測定してみました。

ちなみに測定に使用しているのはこちら。

まずは比較用にいつも使用している同じくANKERのPowerCore5000 SlimでのiPhone Xの充電を測定してみました。

Power IQ搭載のUSB-Aポートからの充電です。

Anker PowerCore 10000 PDでiPhone Xを充電時の出力を測定

5.16V×1.63A=8.4Wで充電していました。

Anker PowerCore 10000 PDのUSB-CポートでiPhone Xを充電

Anker PowerCore 10000 PDでiPhone Xを充電時の出力を測定

8.53V×1.78Aで15.1Wで充電。

さっきのPowerIQ搭載のUSB-Aからの出力が8.4Wだったのに対して15.1W!倍近いですね。

実際にはずっと15.1WではなくてiPhoneの使用状況とかで充電量は上下してる感じでした。

操作してる時とか消費が大きそうな時の方が高出力気味な印象。

USB PDでの充電に対応しているiPhone

USB PDでの充電に対応しているiPhoneは XS / XS Max / XR / X / 8 / 8 Plus

それ以外のiPhoneも充電は出来ますが、USB PDによる最大18Wの高出力での充電は出来ません。

Anker PowerCore 10000 PDのPowerIQ搭載のUSB-AポートでiPhone Xを充電

Anker PowerCore 10000 PDでiPhone Xを充電時の出力を測定

ちなみにPD対応のUSB-Cポートではなく、USB-Aポートからの充電も測定してみました。

5.04V×1.57A=7.91Wで充電。

やっぱり先ほどのPowerCore 5000slimと同じくらいですね。

Anker PowerCore 10000 PDのUSB-CポートでiPad Pro (2018)を充電

Anker PowerCore 10000 PDのiPad Pro 2018の充電時の出力を測定

続いてiPad Proでも試してみました。

結果は14.1V×1.17A=16.4W出力。

Anker PowerCore 10000 PDのUSB-CポートでMacBook Pro (2018)を充電

Anker PowerCore 10000 PDのMacBook Pro(2018)の充電時の出力を測定

さらにMacBook Proでも。

14.2V×1.17=16.6W出力。

ちなみにMacBook Proに付属の充電器の出力は61W。

なので、決してそれだけで十分な出力ではないけれど、あくまでモバイルバッテリー。

出先でMacBook Proの充電に使うなら、バッテリーが減るのを緩和したり、使用できる時間を伸ばすという形で活躍してくれそう。

Anker PowerCore 10000 PD を2週間使用した感想

これまでは2018年に購入したAnker PowerCore Slim 5000をメインのモバイルバッテリーとして使用してきました。

理由はiPhone Xと重ねて持ってもiPhone Xの操作に支障の出ないその薄さ!

容量こそ5000とAnkerのモバイルバッテリーの中では少なめですが、
僕の使い方だと普段使いには大容量よりもスリムで充電しながらiPhoneの操作がしやすいことの方が魅力的でした。

宿泊を伴ったりとより高容量が必要だとか、コンセント経由でも充電したい時には別途Anker PowerCore Fusion 5000を持っていってます。

購入以来ずっとその組み合わせで満足していてその間Ankerのモバイルバッテリーの新作が出ても特に気にならないくらいだったんですが、
今回はUSB PD対応ということに加えて5000 Slim程ではないにせよコンパクトだということで購入してみることに。

購入して2週間ほどが経ちましたが、その感想としては、

充電速度向上と2台同時充電はやはり便利

やっぱり充電速度が早くなること・iPhoneとBluetoothイヤフォン Beats Xをまとめて充電出来るのは便利。

ちょっとiPhoneを触らないなっていう隙間時間でも多く充電出来るし、そういう時にイヤフォンも一緒に充電出来るのは嬉しい。

USB-C&ライトニングケーブルの長さの種類が増えることに期待

残念ながらUSB-C&ライトニングケーブル、現状はApple純正の1mと、AnkerはUSB-C&ライトニングケーブル 0.9mしか選択肢が無く、
iPhoneと一緒に手に持って使うにはケーブルの分が邪魔。

Slim 5000では同じAnkerの10cmのケーブルを使ってるので、
USB-C&ライトニングケーブルでも10cm程度のケーブルが発売されるのを期待(逆に机で使う用にもっと長いのも欲しい。)

現状もiPhoneは手に、PowerCore 10000PDはバッグかポケットにという感じに持ったり、
両方ともバッグに入れたりという分には問題なく使えるので、致命的にダメなことはないけど、
短いケーブルが増えてくれると選択肢が増えてもっと便利に使えると思う。

実際に今使用しているオススメの充電機器 Anker・CIO・Satechi・NOMAD・TUNEWEAR・革のポーチとケーブルクリップ。
【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリーをまとめて紹介!

続きを見る

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど
【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

続きを見る

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!
一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

てず


オススメのモノ・コトを紹介。
Apple製品をはじめとした生活を便利快適にしてくれる最新家電・ガジェット
革製品など素材感の良い長く付き合っていける一生モノみたいなモノが好き。
好きなモノだけを持って気持ちよく生きていきたい。
他には音楽ライブ・洋画・海外ドラマ・深夜ラジオが好き。30代。
2012年から一人会社。
2016年仕事の勉強も兼ねてブログを開設。
2021年よりYahoo!JAPAN クリエイターズプログラムに参加。
プロフィール
Twitter・インスタ フォロー嬉しいです!

2020年下半期 買って良かったモノ

買って良かったモノ まとめ

2021/1/2

2020年下半期 買って良かったモノ

2020年下半期の買ってよかったモノです。 2020年上半期の記事はこちら。 記事最後にもリンクを載せておくので良かったらそちらも是非! 上半期は仕事場の机を新調したことがあってデスク周りの製品が多かったけど、デスク周りの製品は大体落ち着いたので下半期はまた違ったラインナップに。 すでに個別で記事を書いたものも多いんだけど、特に11月末から12月にかけてのブラックフライデーやサイバーマンデーで購入して記事が書ききれなかったものも。 たくさん載せてると、買ったモノ全部載せてるみたいにも見えるけど、個別記事に ...

ReadMore

買って良かったモノ 2020年上半期

買って良かったモノ まとめ

2020/12/31

2020年上半期 買って良かったモノ 14品

2020年上半期に買って良かったモノを紹介していきます。 それぞれ個別にレビュー記事を書いてるモノが多いので、興味のあるモノがあったら個別の記事も是非! 特に順位付けしたりはしてなくて紹介してる順番は関連性のあるモノ並べたりした結果です。 機能性なんかの面で生活を快適にしてくれるモノもあれば、それを持ってることで気持ちよく過ごせるようなお気に入りのモノだったり、色んなモノがあるけどどれも本当に買ってよかったモノ。 数が結構あるので目次でも見てもらって、興味のあるモノや、コレなんだろ?っていうモノが何かしら ...

ReadMore

ケーブル整理したかなでもの 無垢材の机の上 MacBook Proと2枚の液晶ディスプレイなど

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/5/8

【デスクツアー】「かなでもの」の杉無垢材天板×スタンディングデスク。MacBook Proや35インチWQHDディスプレイ。好きなモノを集めた1人オフィス作業環境。

ずっと欲しかった「かなでもの 」のテーブルを購入しました。 杉無垢材の天板と鉄製の脚のシンプルなテーブルで仕事用のPCデスクとして使うために購入。 組み立ては天板と脚を付属の六角レンチとボルト類で止めるだけっていう簡単なモノで5分、10分もあれば終わってしまうくらい。 無料のサイズオーダーで必要なサイズぴったりのテーブルが作れました。 購入した理由から実際にサイズをオーダーして組み立てるところ、完成した様子、PC周り・モニターアームやケーブル類などを整えたりする工程、その他一緒にデスク周りで使ってるモノな ...

ReadMore

デスク周り MacBookPro デュアルディスプレイアーロンチェア

デスク・ホーム 買って良かったモノ まとめ

2021/3/24

【ブログ作業場紹介】デスク周りで使ってるモノ 30個以上 MacBook Pro・iPad ・iPhone x ・アーロンチェア 他オススメ品たくさん

この記事ではデスク周りで使用してるモノをまとめて紹介していますが、投稿したのは2018年。 その後、2021年時点で 仕事場で使用してるデスク 家に作ったホームオフィスデスク 以上2つのデスク周りをまとめた記事も作成してるのでそちらも宜しければ。 記事の最後にもリンクを貼っておきます。 さて、この記事で紹介してるのは仕事場のデスク周りですが、はじめに簡単に説明しておくと、一人会社で細々と仕事をしています。 家と事務所でアレコレ分けるよりも事務所で全部してしまう方が効率的なので家は風呂と寝るくらい。労働時間 ...

ReadMore

実際に今使用しているオススメの充電機器 Anker・CIO・Satechi・NOMAD・TUNEWEAR・革のポーチとケーブルクリップ。

充電機器 買って良かったモノ まとめ

2021/4/12

【2021年】Anker・ RAVPower・CIO・NOMADなど実際に今使用してるオススメの充電機器。MagSafeやPD・ワイヤレス充電器、モバイルバッテリーをまとめて紹介!

普段持ち歩いてるモバイルバッテリーや、机まわりの充電環境など実際に使用してる充電機器をまとめて紹介します。 充電周りの製品は新製品がバンバン登場。充電速度が上がったりバッテリー容量が増えたり小型化したり無線化したりと目まぐるしく進化しています。 たくさんの充電機器がある中で大事なのは自分の使い方や好みに合うモノを選べるかどうか。 使う機器も環境もバラバラなのに万人に共通の正解なんてないし、僕も自分のつかってるモノがベスト!なんて言う気はないです。 でもこういう理由でこういうモノを使ってるっていうことが人に ...

ReadMore

オススメのイヤフォンやスピーカー5種類

イヤフォン・スピーカー

2020/12/19

実際に使ってるオススメ Bluetoothイヤフォン・スピーカー類をシーン・用途別に紹介

外出時のイヤフォン、仕事場で使うイヤフォン、寝るときに使うイヤフォン、お風呂で使うイヤフォン、映画やライブDVDを見るときに使うスピーカーなどなど、用途別にいくつものイヤフォンやスピーカー類を用意しています。 一個じゃダメなのかと言えばダメなことはないけれど、専用のモノがそこにあって持ち運びが要らなくなると充電切れや置き忘れが無くなって良いし、寝る時や風呂にイヤフォンは要らないだろうという人もいると思うけど、使い慣れてしまうと無くてはならないくらいベッドやシャワーでの時間が快適に。 もう1日を通して耳が空 ...

ReadMore

スマートホーム化でやったことまとめ

スマートホーム

2020/11/27

Echo ShowとSwitchBotシリーズでスマートホーム化入門。やったことまとめ。

2020年10月、今までちょっとした興味はありつつも、自分では特に必要ではないとか、活かせないという気がして手を出していなかったスマート家電を導入してスマートホーム化に手をつけてみました。 きっかけはベッドに横になりながらスマホをいじったりして、いざ寝ようって時に一旦立ち上がって電気を消すのが面倒で、横になったまま電気を消したいなと思ったこと。 リモコンで操作出来るシーリングライトやなんかだったら他にも方法はあるんだけど、壁のスイッチを押すしかないタイプの照明だと現状はSwitchBotしかないかなと。 ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2019/9/2

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2020/1/26

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

-ANKER, 充電機器
-,