仕事について

会社が嫌で仕事を退職して起業。今は一人で会社作って仕事しています。

2018年2月3日

このブログのプロフィール用に、自分がどんな人間なのかちょっと書いていたら、だんだん長くなって、

自分でもよくあるネットビジネスの勧誘みたいに見えてきちゃったけど、

仕事はローカルのビジネスで、このページはあくまで、このブログを書いてるのはこんな人間ですよ。という紹介です。

 

別に会社勤めが良いとかダメとか、みんな起業するべき!とかは全く思ってません。

それぞれに合った働き方があると思います。

起業した理由は会社勤めが嫌だったから

さて、僕は埼玉県に住む30代の男です。

ニート、フリーター、正社員、転職、転職などなどを経て、

2012年、当時20代で起業して、今も細々と一人会社で生計を立てています。

何かと個人名義よりも信用されるかと思い、株式会社という形にしましたが、

実質自営業みたいなもんです。

お客さんは法人と個人両方。

 

起業した理由は会社勤めが嫌だったこと。

会社とか学校みたいなところが苦手なようです。

 

学生時代からクラスみんなで何かをするとか、毎日学校へ行くとか、出来る人には当たり前のことが苦手。

 

会社勤めだった頃、アルバイトだった頃などは、

尊敬出来ない上司、良いように使おうとする会社、裏では愚痴や文句ばっかり言ってるくせに嫌とは言わない同僚たちなどが

嫌でしょうがなく。

 

もちろん嫌でも面倒でも自分がやるべきと思う仕事はするんだけど、

これをやらされるのはおかしいとか、やるべきでは無いと思う仕事は平気で断っていました。

嫌だとハッキリ意思を示して、それで認められなければ無視する。

 

そのあと怒られても断る意思は示したし、断る内容っていうのは無理強い出来ないような内容なので、

堂々とそれはおかしいですよねっていう態度でいれば面倒な人間という扱いにはなるだろうけど、

それ以上に暴力を受けたりとかはしなかった。

 

そして怒られようが何だろうが。そういう態度でいるとだんだん無茶なことは言われなくなった。

上司もみんなの前で言い合いしたり無視されると面子が立たないし、

そんな面倒な人間に何かいうよりもちゃんと言うことを聞く人間に振るようになるので。

 

結果、割りを食うのは周りの同僚なので、同僚には悪いと言えば悪いんだろうけど、

僕からすると、文句言いながらでも引き受けてしまうからいつまでもソレがまかり通るのだと。

みんな嫌だって言えば良いじゃんていう。

 

でも立場によっては仕事を失うわけにはいかないとか、そういう事情があるのもわかる。

でも僕にとってはそういう状況ではなかったので、最悪こじれるとこまでこじれたら辞めれば良いっていう。

 

あとどういうことが嫌かっていうのも人によって程度に差はあるから、

僕がとにかく嫌だったことが、そんなに反抗することかよっていうくらいの人もいたと思うし。

 

アルバイトの頃から社会人になってもそういう面はずっと変わらなくて、

アルバイトの頃はよく、そんなんじゃ社会に出てからやっていけないなんて言われたりしたし、

結果会社勤めは続かなかったわけだから正しかったんだろうけど。

 

結局そんな過ごし方をしてもどのアルバイトも、会社もクビになることはなかったけど、

元々学生時代から、(全然現実的には思っていなかったけど)一人で仕事がしたいという気持ちがあって、

だんだん現実的にも起業を考えるようになり、

動くなら早い方が失敗してもどうにかなるかなとか、

アレコレ考えてもここで動かないなら一生理由つけて動かないかなとか考えて、

20代後半、もう30も見えてきてる年齢で、思い切って会社を辞めて一人で仕事をすることにしました。

 

一人になってみて仕事がキライなわけじゃないことに気が付いた

思い切って一人で仕事をしてみると、いきなり大儲けしようと思わず、

とりあえず生きていけるくらいなら何やってもやっていけそうだという気になるもんです。

 

もちろん努力は必要だったし、不安もすごかったけど、やりがいもあった。

 

会社設立や法人の銀行口座開設、事務所の賃貸物件探しに必要な備品を揃えたり、資料や広告の作成。

 

準備段階からどれもクソ面倒だったけど、一個終わるごとに達成感があったし、

初めての契約や売上は本当に嬉しかったし、これでやっていけるって気がした。

 

それでもそれを一緒に喜びあえる仲間がいないことに一人で仕事をするっていうのはこういうことだって認識する。

 

初めの数ヶ月は予定通りではあったけど赤字続きで自分の給料はなし。

覚悟してたよりは早めに黒字になったけど、それでもいつ仕事が無くなるかわからない不安。

 

来月急に売上が0になる可能性だって0じゃない。

 

それでもなんだかんだ売上が上がっていく。

もちろん勝手に上がるわけじゃなくて、集客にはとにかく苦労した。

お客さんが少ないうちは集客についてばかり考えてればいいけど、(それはそれで辛いけど)

お客さんが増えれば仕事にかかる時間、必要な事務作業も多くなるからとにかく時間がなくなる。忙しくなる。

キャパオーバーでミスが頻発する。

このままではまずいと仕事の仕方を考え直す。改善する。

 

一人で働いてるからこそ無駄を省いて効率の良い仕組みや1日の流れを都度都度改善していく。

人を雇ってないんだから人を雇ってると思えば安いと思って時間を節約できる道具は積極的に導入する。

 

働くことそのものは嫌いじゃなかった様で、

一人で仕事をするようになってからは労働時間はかなり増えましたが、

以前の自分からすると考えられないくらい、今は苦な気持ちがなく働けています。

 

今では好き好んで遅くまで仕事をしているんだから環境が変われば人間変わるものです。

起業したばかりの頃とか、他にも忙しい時期とかは連日泊まり込みで働いたり。

この辺も20代で良かったと思う。

今はどんなにやりたい仕事があっても夜は風呂に入ってベッドで寝たい。

 

特に自分で作ったHPだけで集客できるようになってからは集客コストがほとんど0になって、

かかる時間もかなり削減されてグンと経営が楽になりました。

 

何の知識もないままにGoogleで検索を重ね、このブログでアレコレ試しながらHPを作っていった。

ブログを書いて本当に良かったと思う。これはまた別の記事で。

ちなみにブログを書くとか、サイトを作るのに関しては特に本など読んでいませんが、
起業してからは神田昌典さんの本が大変勉強になりました。

 

昔の本も、内容がそのまま通用する内容じゃなくなっていても考え方は読んでいて納得出来るし腑に落ちるし、

とにかく読みやすい、読ませるのがうまいのかな、モチベーションも上がるし。

片っ端から読みました。

いいね!してもらえると
めちゃめちゃ嬉しいです!

Twitter で

読者の皆さまへのお願い


  • このブログ内にある商品やサービスを紹介してるリンクには、そのリンクを介して商品を購入したりサービスと申し込んだりすると、その商品やサービスを提供している会社などから私に紹介料が入るものがあります。紹介料を得させたくないなと思われる方はリンクをクリックせずに商品名やサービス名などで検索をかけてご利用下さい。

  • もしブログ記事がいくらかは役に立ったし協力してあげようとなどと思って頂けましたら、是非記事内のリンク経由でご利用下さい。ご利用頂ける皆様のおかげでブログを運営出来ています。本当にありがとうございます!

  • また、記事がお役に立ったり、ブログを応援して頂ける方が居られましたら、SNSでコメントやシェア、お持ちのWebサイトなどにリンクを貼って頂くなど紹介頂けるととても嬉しいです。

  • 記事やTezlogについての感想、質問、ツッコミなどなどもコメント欄・Twitter等でお気軽にどうぞ!

-仕事について

Copyright© Tezlog , 2019 All Rights Reserved.