Scansnap

ScanAidを買ってScanSnapをクリーニングした。異音がしたので。

2016年3月14日

タイトルの通り、scansnapの調子が悪くなってきたのでダメ元でクリーニングをしてみました。

きっかけはスキャン時のキーキーという異音と紙に線が入るようになったこと

もはや生活必需品の一つのScanSnap ix500 scansnap ix500
スキャンしているのは郵便物から契約書関係、web上で説明書を公開してないような商品の説明書、仕事の書類、メモ書き、雑誌に書籍などなど。

ところが最近スキャンするときにキーキーと異音がするようになった。紙を吸い込むローラーなんかに負担がかかってるような感じの音だ。
さらにスキャンし終わって出てくる紙に、紙をセットする台の痕と思われる縦線が入って出てくるようになった。

基本スキャンした書類は即捨ててしまうし、痕もうっすら入ってる程度なので、前からこうだったかなと思ったのだが、
スキャン設定を間違えて、スキャンをやり直したものにその線が入ってしまい、それ自体は別に問題にはならなかったのだけど、
やっぱり前はこんなことなかったなと思い直した。

正直音と線、どちらもすごく困るほどでもないし、緊急でもないのだけど、長く使いたいしと思いマニュアルを見てみるが、
思い当たるのはクリーニングすることくらいだった。中を見ても正直すごい汚れてる様子はないし、
これで解決するか怪しいものだったが、とりあえずダメ元でと思い、ネットでScanAid を注文することに。

スポンサーリンク

FUJITSU ScanAid(iX500用) FI-X50SA

ScanAid FI-X50SA
ScanAid FI-X50SA

箱を開けるとこんな感じで緩衝材がぎっちり、
たまにこの白いやつだけで入ってて散らばっちゃって捨てるのめんどい時があるけど、これは袋に入ってるタイプで良かった。

ScanAid(iX500用) FI-X50SA 開封したところ

中はこんな感じ、マニュアル、スプレー式のクリーナー液と紙のようなクロスが大小2種類、長い綿棒といったところ。
交換用のローラーも入ってるが、今回はクリーナーで拭くだけで交換せずに大丈夫だった。

マニュアルを見ながらクリーニング箇所にクリーナーをつけて拭くだけなんだけど、主にローラーになってるところ。
これだけ数があるからどれだけ手がかかるのかと思ったけど、実際にやったら所要時間は10分くらいで
ペーパー2、3枚と綿棒一本使っただけで終わってしまった。ペーパーが結構黒くなって汚れてるのはわかったけど、
それで肝心の異音と線が治るのかどうか。

クリーニングした結果は、

ScanSnapの異音、線が入るのも無事解消!

試しに数枚紙をスキャンしたくらいじゃわからないと思って早速本を一冊裁断してスキャンしてみたけど、
あれだけの作業で嘘のように快調に。
ScanAid自体は結構高かったからメンテナンスで結構費用かかるかなと思ったけど、一回買ったら、他が壊れるまではもちそう。
大体買ったのが2013年でちょうど3年くらい使ってるみたい。今後はもう少し定期的にクリーニングをして少しでも長く使えるようにしよう。

ちなみに、ScanSnapManager→右クリック→消耗品の管理からの総スキャン枚数とローラーセット使用回数は14,000ほど、
ローラーセットの交換目安は200,000だそうだから、ちゃんとメンテナンスしてまだまだお世話になろう。

 

いいね!してもらえると
めちゃめちゃ嬉しいです!

Twitter で

読者の皆さまへのお願い


  • このブログ内にある商品やサービスを紹介してるリンクには、そのリンクを介して商品を購入したりサービスと申し込んだりすると、その商品やサービスを提供している会社などから私に紹介料が入るものがあります。紹介料を得させたくないなと思われる方はリンクをクリックせずに商品名やサービス名などで検索をかけてご利用下さい。

  • もしブログ記事がいくらかは役に立ったし協力してあげようとなどと思って頂けましたら、是非記事内のリンク経由でご利用下さい。ご利用頂ける皆様のおかげでブログを運営出来ています。本当にありがとうございます!

  • また、記事がお役に立ったり、ブログを応援して頂ける方が居られましたら、SNSでコメントやシェア、お持ちのWebサイトなどにリンクを貼って頂くなど紹介頂けるととても嬉しいです。

  • 記事やTezlogについての感想、質問、ツッコミなどなどもコメント欄・Twitter等でお気軽にどうぞ!

-Scansnap
-

Copyright© Tezlog , 2019 All Rights Reserved.