オススメ・レビュー カメラ

【レビュー】Osmo Pocket が拡張キットで更に便利に!GoProアクセサリーも使える!

2019年1月16日

  1. HOME >
  2. オススメ・レビュー >

【レビュー】Osmo Pocket が拡張キットで更に便利に!GoProアクセサリーも使える!

2019年1月16日

OsmoPocket 拡張キット

2018年12月、発売前に予約して購入したOsmo Pocket。

そのままでもその小ささや手ブレ補正で、カメラ初心者の僕でもめちゃくちゃ使いやすくてすごく気に入ってるんですが、

さらに使い勝手を向上させるアクセサリー3点とMicroSDカードのセット「Osmo Pocket 拡張キット」を購入しました。

Osmo Pocket 本体を予約したときには存在に気づいてもいなくて拡張キットを購入し損ない、

発売日には存在に気づくも、その時にはメーカー在庫切れで手に入らず、予約。1月14日やっと手元に届きました。

早速色々と触ってみたのでOsmo Pocket 拡張キットのアクセサリーをそれぞれ紹介していきます。

Osmo Pocket 拡張キット 内容物一式

OsmoPocket 拡張キット 内容物一式

  • 32GB Samsung microSD カード
  • アクセサリーマウント
  • コントローラーホイール
  • ワイヤレス モジュール
  • それぞれの説明書

アクセサリーマウント・コントローラーホイール・ワイヤレスモジュールの3点は早速使ってみましたが、

SamsungのMicroSDカードは未開封のまま使用していないので特に触れません。

OsmoPocket 拡張キット

【レビュー】Osmo Pocket ワイヤレスモジュール

OsmoPocket ワイヤレスモジュール

Osmo Pocketとスマホをアダプターを使わずにBluetoothで接続して無線で使用できるようにするアクセサリー。

OsmoPocket ワイヤレスモジュールを装着

Osmo PocketのUSB-Cポートにワイヤレスモジュールを接続して電源を入れると、ワイヤレスモジュールの赤いランプが点灯。

ワイヤレスモジュールでiPhoneと無線で接続する

ワイヤレスモジュールを取り付けてiPhoneと無線で接続するには、DJI Mimo アプリを起動して、

OsmoPocket ワイヤレス接続の方法

1枚目の画像のカメラアイコン

2枚目の画像でBluetoothを選択

3枚目で次へを選択。

OsmoPocket ワイヤレス接続の方法

あとは機器を選択していけば接続完了!

Osmo PocketをiPhoneで無線操作

Osmo Pocket とiPhone Xを接続

通常は、iPhoneなどのスマホと接続するにはこんな感じでスマホ用のアダプタを使用して接続しますが、

OsmoPocket ワイヤレスモジュールを使用してアプリDJI Mimoで無線で操作

ワイヤレスモジュールを使って接続すると、この通りアダプタなしの無線接続。

OsmoPocket ワイヤレスモジュールを使用してアプリDJI Mimoで無線で操作

上の画像はiPhoneの画面をタッチ操作で遠隔でOsmo Pocketのカメラを動かしたところ。正面を向いてたカメラを左に動かしてMacのある方に向けました。

こんな感じで、基本的にアダプタを介してDJI Mimoで出来た操作はワイヤレスになっても全部出来ます。

撮影したメディアのダウンロードも無線で出来る

初めは無線でダウンロードしようとするとダウンロード速度がすごく遅くて、ダメかと思ったんですが、

ファームウェアのアップデートを行ったら早くなりました。

ファームウェアアップデート前0.3MB/s⇨アップデート後4MB/sくらい。

でもアダプタをつけてスマホと直接繋いだ方が速いです。10MB/sくらい。

ただし、注意点として、スマホアダプタをつけたままワイヤレスモジュールを使用しようとしてもスマホアダプタを外すようにメッセージが出て使えない。

OsmoPocket ワイヤレスモジュールを接続した時の画面表示

このメッセージが出るときはおそらくスマホアダプタが付いてるので取り外して使いましょう。

ワイヤレスモジュールを付けたままUSB-Cで充電出来る

OsmoPocket ワイヤレスモジュールをつけて充電しながら無線で撮影出来る

ワイヤレスモジュールの接続でUSB-Cを塞いでるけど、ワイヤレスモジュールにもUSB-Cポートが付いてるので、

USB-Cケーブルで充電でき、さらに充電したまま撮影も出来ます。

でもワイヤレスモジュールのUSB-CポートでPCとの接続は出来ない

充電は出来るんだけど、PCとケーブルで接続しても認識されなかった。

ワイヤレスモジュールを外して、Osmo PocketのUSB-Cポートに直接ケーブルを繋ぐとPCと接続するっていう表示が出てPCでメディアをDLしたり出来る。

スマホのアダプタもダメだったように無線なのか有線なのかはハッキリしないとダメみたい。今後アップデートとかで変わることもあるかな。

Osmo Pocketをワイヤレスで実際に使用した感想

ワイヤレスで接続中、iPhoneに映されている映像はずっと滑らかな映像じゃなくて、ちょっと止まったり、カクカクしたりする。

でもその状態で動画を撮影すると、実際に撮れている動画は止まったりしない、滑らかなものなので心配なし。

止まったり、カクカクしたりするのは通信環境とか端末による差もあるのかな。

画像みたいに横に並べてるなら無線の意味はあまりないけど、この後紹介するアクセサリーマウントでどこかにOsmo Pocketを取付けて撮影画面はスマホで確認するとか、アクセサリーなしでも、Osmo Pocketをどこかに置いて遠隔で操作するとか役立ちそう。

バッグのベルトや服のポケットに取り付けたり、自転車に取付けたりして撮影しようとするとワイヤレスじゃないと撮影画面の確認が困難なので、ワイヤレスモジュールで撮影の幅が広がりました。

【レビュー】Osmo Pocket コントローラーホイール

OsmoPocket コントローラーホイール

Osmo Pocket本体の操作性を拡張してくれるコントローラーホイール。

OsmoPocket コントローラーホイールの裏側

裏面がこんな感じになってて、スマホアダプタを取り付ける様に接続。

OsmoPocket コントローラーホイールとワイヤレスモジュールを装着

接続するとこんな感じ。

OsmoPocket コントローラーホイールを使用して撮影

Osmo Pocket コントローラーホイールを使用した感想

ダイヤル操作でジンバルの操作(カメラを上下左右にダイヤルで動かせる)、左ボタンでジンバルのモードの切り替え、右のボタンでセルフィーモードへの切り替えなどが出来ます。

元々の画面のタッチ操作ももちろん使えてコントローラーホイールが操作性を拡張してくれる感じ。

ジンバル操作やジンバルのモード切り替えはOsmoPocket単体の時よりめちゃくちゃ使いやすくて標準で搭載して欲しいくらい。

セルフィーへの切り替えはOsmo Pocket本体の電源ボタン3度押しでも出来るから他に何か割り当てられてもいいのになって思う。

アクセサリーマウントと同時に付けられないので、

スマホから操作するか、アクセサリーをつけるならコントローラーホイールなし、

Osmo Pocket単体で使うならコントローラーホイール

っていう使い分けになるから、常時付けっ放しってわけにはいかない。

めんどくさがりなので全部付けっ放しでいけたらとか、そもそも本体に備わってたらと思うんだけど、

それでサイズが大きくなっちゃってもっていうところもあるから難しいところなのかな。

めんどくさいといっても付け外しは簡単なので、面倒臭がらずにちゃんと使い道に合わせて切り替えて使っていこうと思う。

本当ジンバルの操作感はめちゃくちゃ良くなります。

【レビュー】Osmo Pocket アクセサリーマウント

OsmoPocketにアクセサリーマウントを装着

GoProなどのアクションカメラのアクセサリーが取付けられる様になります。

アクセサリーマウントの取付け方

OsmoPocket アクセサリーマウント

矢印の部分を開いて、

OsmoPocket アクセサリーマウントの使い方

パカっとあける。

OsmoPocket アクセサリーマウントの使い方

OsmoPocket アクセサリーマウントの使い方 OsmoPocket アクセサリーマウントの使い方

スマホアダプターを装着する部分の溝にアクセサリーマウントの突起部分を合わせて、

OsmoPocketにアクセサリーマウントを装着

装着。

OsmoPocketにGoPro用のクリップマウントを装着

GoPro用のクリップを付けたり、アームをつけたり、自転車用のマウントをつけたり出来る様になります。

Osmo Pocketをマウント付きクリップでバッグに取り付け

OsmoPocketにGoPro用のクリップマウントを装着

Osmo PocketとGoPro用マウント付きクリップ

OsmoPocketをクリップでバッグのベルトに装着

例えばクリップならこんな感じで、バッグのベルトに付けたり。

ポケットなんかに差し込むような使い方も出来る。

Osmo Pocketを自転車に取り付け

OsmoPocketにGoProの自転車用マウントを装着

Osmo PocketとBalckcaseの自転車ハンドル用カメラマウント。

OsmoPocketを自転車に取付け OsmoPocketを自転車に取付け

Osmo PocketをGoPro用3Wayで使用

OsmoPocketにGoPro用3Wayを使用する

Ventlax GoPro用 3WayとOsmo Pocket。

OsmoPocketにGoPro用3Wayをアームスタイルで使用する

アームモードで自撮り棒にも、高いところからの撮影にも、

OsmoPocketにGoPro用3Wayをグリップとして使用する

折りたたんでグリップにも、

OsmoPocketにGoPro用3Wayを三脚で使用する

三脚にも、

OsmoPocketにGoPro用3Wayをトライポッドで使用する

三脚を畳んで小ぶりなグリップにも、どこかに刺したり挟んだりっていう使い方も。

アクセサリーマウントを使用した感想

クリップも自転車も3Wayも、

Osmo Pocket本体の撮影画面が見えない位置になっても、

ワイヤレスモジュールで無線接続したスマホで、カメラの向きを調整したり、撮影画面を確認出来るので、

全く問題にならない。

Osmo Pocket単体で使ってた時にも手振れ補正のスゴさを感じていたけど、

自転車に取り付けて走ったらさらにそのスゴさを実感。

画像の通りボロボロの自転車で、普通に走っててもずっとガシャガシャ言ってるくらいのモノで、

GoPro HERO6で試した時はまあ撮影画面が揺れて揺れてって感じで、

今はGoProもHERO7になって手振れ補正が良くなってるみたいだけど、

Osmo Pocketを付けてこの自転車で走ったら音はすごいガシャガシャ言ってるのに画面は全然揺れてないの。スゴい。

通勤がてら試してみた程度でローカルな地域を走ってるから動画は載せられないけど、本当すごい。

クリップマウントはバッグのベルトにつけたり、ダウンジャケットのポケットに差し込んでみたりしたけど、

歩きながらワイヤレスでスマホで撮影画面見られるのがよかった。

GoProの時は多分撮れてるだろとか、どんな風に撮れてるかなとか、で、それでも楽しかったけど、

見ながら撮れるのはやっぱりいい。

ちょっとクリップは付け方で迷ったけど、バッグがメッセンジャーバッグでベルトが斜めなので、リュックの人とかはもっと付けやすそう。

でもベルトが斜めでもジンバルを動かしてカメラをまっすぐにしたり出来るからGoProよりもまっすぐな動画は撮りやすかった。撮影しながら調整も効くし。

3WAYはまだ必要とする場面を迎えてないので特に使ってないので、何か使ったら追記しようと思います。

アクセサリーマウントは今まで散々GoProとかを使い込んできた人で、そのアクセサリーもいっぱいあるよっていう人が、

それを流用出来るのが素晴らしいなと思う。

僕はGoProHERO6を購入したのが旅行用で、その二ヶ月後くらいにHERO7が出ちゃって、

じゃあ旅行も済んだし一旦HERO6を売却してタイミングを見てHERO7を書い直そうと思っていたところに、

Osmo Pocketが発売してこっちに惹かれたっていう。

いずれGoPro HERO7を買おうと思ってたからGoProのアクセサリーはそのまま残してたので、

それを流用出来て満足。

2019年1月21日追記 非純正 のアクセサリーマウントを2種類試してみました。

Osmo Pocket 拡張キットは絶対欲しいアクセサリーがセットになってめちゃくちゃお買い得!

拡張キットに含まれる3点のアクセサリーを紹介してきましたが、

それぞれを別々に購入することもできます。

が、それぞれの価格が、

  • ワイヤレスモジュール 7,600円
  • コントローラーホイール 7,600円
  • アクセサリーマウント 2,500円

なのに対して、

拡張キットは14,200円。

別々に買うならワイヤレスモジュールとコントローラーホイールだけで14,200円は超えちゃうんだから大変お得。

冒頭で未開封で使用してないので触れないと書いた、Micro SDカードも付いてますしね。

Osmo Pocket単体でもこれまで満足して使ってきたので、

拡張キット無しじゃダメということは全然ないけれど、

どれかをバラバラに買うなら拡張キットで揃えるのがオススメです!

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券へチャージしてからがオススメ

なぜなら現金でギフト券残高にチャージ(購入)すると最大2.5%ポイントが付くから! 詳しくはこちら

Amazon Prime会員なら最大2.5%ポイント還元!

一回のチャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

Amazonギフト券へチャージする

いいね!してもらえると
めちゃめちゃ嬉しいです!

Twitter で

読者の皆さまへのお願い


  • このブログ内にある商品やサービスを紹介してるリンクには、そのリンクを介して商品を購入したりサービスと申し込んだりすると、その商品やサービスを提供している会社などから私に紹介料が入るものがあります。紹介料を得させたくないなと思われる方はリンクをクリックせずに商品名やサービス名などで検索をかけてご利用下さい。

  • もしブログ記事がいくらかは役に立ったし協力してあげようとなどと思って頂けましたら、是非記事内のリンク経由でご利用下さい。ご利用頂ける皆様のおかげでブログを運営出来ています。本当にありがとうございます!

  • また、記事がお役に立ったり、ブログを応援して頂ける方が居られましたら、SNSでコメントやシェア、お持ちのWebサイトなどにリンクを貼って頂くなど紹介頂けるととても嬉しいです。

  • 記事やTezlogについての感想、質問、ツッコミなどなどもコメント欄・Twitter等でお気軽にどうぞ!

-オススメ・レビュー, カメラ
-

Copyright© Tezlog , 2019 All Rights Reserved.