Logicool

【レビュー】Logicool Bluetoothワイヤレスマウス MX ANYWHERE2S カスタマイズでPC作業がめちゃめちゃ効率化!

2018年4月15日

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2S

Logicool MX ANYWHERE2S

今まで使用していたLogicoolのワイヤレスマウス MX ANYWHERE2の調子が悪くなってしまい、ロジクールのサポートに保証請求をしました。MX ANYWHERE2には2年保証が付いていたので無事交換対応となりました。しかも生産終了していたMX ANYWHEREに変わり昨年発売したばかりのMX ANYWHERE 2S に交換してくれました。

それまで使用していたMX ANYWHERE2もコンパクトなのに多機能、操作感も抜群でお気に入りでした。その後継機であるMX ANYWHERE 2S。サイズは全く同じくらい、新しく搭載されたFLOW機能は僕は特に使用しないのですが、ぱっと見ではわからないところもパワーアップしているようです。今回この新マウスを紹介しようと仕様を確認してる中でそもそもの前機種のMX ANYWHERE2のスゴさに改めて気付きながら、それよりパワーアップしてるMX ANYWHERE 2Sの凄さに驚いています。

ロジクール ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2S の仕様と特徴

MX ANYWHERE 2Sは、パワーユーザー向けの超高性能モバイルマウス。新機能Logicool FLOWのパワーを利用し、マルチデバイスを新しい次元へ引き上げる。最大3台のパソコンでテキスト、画像およびファイルをクラウド等を経由することなく直接移動。

高速スクロール機能で長い文書やウェブページを高速かつ簡単にスクロール。わずか3分の充電で丸1日使用するのに十分な電力を供給できる高速充電機能を搭載し、フル充電で2ヵ月以上使用することが可能。 高精度Darkfieldトラッキングで、カフェ、機内、ホテルの部屋など、場所を選ばず、ガラス上などのほとんど全ての表面で使用可能。 コンパクトながら手にフィットするデザインで、長時間使用しても快適さを維持。

製品仕様

製品寸法:100.3mm(長さ)x 61.6mm(幅)x34.4mm(高さ)、重量:106g

Unifyingレシーバー寸法:14.9mm(長さ)x 14.3mm(幅)x 6.5mm(高さ)、重量:1.63g

センサーテクノロジー:Darkfieldレーザーセンサー

初期値:1000dpi

最小値/最大値:200~4000dpi

ボタン数:7

ワイヤレステクノロジー:アドバンス2.4 GHzワイヤレステクノロジー

オプション ソフトウェア:Logicool Options

ワイヤレス動作距離:約10m

電池:

充電式Li-Po(リチウムポリマー)バッテリー(500mAh)

amazon販売ページより引用

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ

Logicool MX ANYWHERE 2S

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ を開封したところ
Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ 裏

パッケージ裏面。2Sになって搭載された3台までのMac/Windows間でシームレスにマウスを操作できる「FLOW」機能の説明が載ってます。

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ に付いてるネオジウム磁石

箱の開閉はマグネット式。箱の淵のところにネオジウム磁石がテープで貼り付けてありました。

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2S 本体と付属品一式

MX ANYWHERE2S 本体と付属品一式。USBポートにレシーバーを刺すunifying接続と、マウスに内蔵のBluetooth接続を選んで使用できます。

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのペアリング設定の仕方

底面のボタンでペアリング。3つまでの機器とペアリング出来ます。ボタンを一回押せば1番の機器と接続。ペアリング前は待機状態で早い点滅に。ボタンを押すたびに次の番号に切り替え。

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2SをMicroUSBで充電してる画像

充電はMicroUSBケーブルで。3分間充電で8時間使用でき、フル充電なら70日以上使用可能になるそうです。

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2S

マウス外観。ロジクールは好きだけどlogiのロゴは無い方が良かったな。前の機種の方が目立たなかった。

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2S サイドボタン

サイドにボタン二つ。スクロールホイールも左右にコマンドを割り当てられるし、ホイールの下にもボタンが一つ。小さなマウスなのに多機能で便利。

Logicool MX Anywhere 2と MX Anywhere 2S の比較

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sと旧型の比較

前機種 MX ANYWHERE2(左)と新機種 MX ANYWHERE2S(右) 外観は色やロゴの違いがあるもののサイズは全く同じくらい。

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sと旧型の比較

MX ANYWHERE2は縁が金色がかったデザイン ロゴはよく見ないとわからないくらいの感じでした。2Sはよりグレーという感じに。

Logicool MX MASTER2S とMX ANYWHERE 2Sの比較

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2SとMX MASTER2Sの比較

同時に発売した2機種。サイズ感にハッキリ違いがあり好みが分かれるところ。僕はコンパクトなMX ANYWHERE 2Sの方が使いやすいです。

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2SとMX MASTER2Sの比較

MX MASTER1500S にはMX ANYWHERE2Sには無いサイドホイールが付いています。サイドボタンも付いてます。

Logicool Options アプリでボタンカスタマイズ

単純にマウスとしてだけでも使いやすいんだけど、やっぱりボタンカスタマイズしてこそ便利になります。今回もすぐにカスタマイズ設定をしていきました。

Logicool MX ANYWHERE 2SをMacとBluetooth接続

Bluetooth接続します。

Logicool optionsアプリでMX ANYWHERE 2Sのボタンカスタマイズ

Logicool optionsアプリを起動するともう認識されています。左下。

Logicool optionsアプリでMX ANYWHERE 2Sのボタンカスタマイズ

上のタブでマウスのボタンのカスタマイズの他、マウスポイントの移動とかスクロールの速さの設定・新機能のFlow設定を選択。

Logicool optionsアプリでMX ANYWHERE 2Sのボタンカスタマイズ

ボタンカスタマイズは全てのアプリケーションで共通のボタン設定と、特定のアプリケーションの時だけのボタン設定などをいくつも作れます。

Logicool optionsアプリでMX ANYWHERE 2Sのボタンカスタマイズ

普段はコピー・ペースト・アプリの起動とかをジェスチャーで割り当ててるんだけど、evernoteの時だけはcommand+数字を割り当ててジェスチャーでノートを切り替えられるようにしてたり。

Logicool optionsアプリでMX ANYWHERE 2Sのボタンカスタマイズ

Flow機能の設定はこちら。僕は1台しか使ってないので使わない。目玉機能なのに勿体無い。

今回改めて設定するということでジェスチャーボタン(1つのボタンに1機能じゃなくて、1つのボタンに、ただ押すだけと押しながら前後左右に動かすっていうそれぞれに機能を割り当てる設定。1つのボタンあたりに割り当てられる機能が5倍に!)の見直し。初めて設定した時とかはあんまり複雑にしちゃうと覚えられないと思ってジェスチャーボタンは一個だけで残りは1ボタン1機能にしてたんだけど今回少し見直してジェスチャーボタンを増やして見ました。よく使うアプリの起動を割り当てたりするだけですごく便利に。定期的に見直すべきだなと再認識。

Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2Sのパッケージ Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX ANYWHERE 2SとMacbook Pro

Logicool MX ANYWHERE 2Sのオススメなところ

      • より制度のパワーアップしたマウス性能の安定感
      • ボタンカスタマイズで多機能マウスに。
      • 長いWEBページも一気に下までいける高速スクロール
      • 手のひらに収まるコンパクトさ
      • 3分の充電で8時間、フル充電で70日使用可能な充電性能
      • BluetoothとUnifyingの2種類のワイヤレス接続
      • 複数PCに人にはFLOW機能は間違いなく便利なはず
      • 2年保証(重要!)
    Logicoolのマウスは交換でもらったもの含めてこれが5台目。Windowsの頃からマウスはLogicoolだったし。今回は保証による交換でしたが、これがダメになってもマウスとキーボードはLogicool一択というくらい信頼しています。オススメです!

いいね!してもらえると
めちゃめちゃ嬉しいです!

Twitter で

読者の皆さまへのお願い


  • このブログ内にある商品やサービスを紹介してるリンクには、そのリンクを介して商品を購入したりサービスと申し込んだりすると、その商品やサービスを提供している会社などから私に紹介料が入るものがあります。紹介料を得させたくないなと思われる方はリンクをクリックせずに商品名やサービス名などで検索をかけてご利用下さい。

  • もしブログ記事がいくらかは役に立ったし協力してあげようとなどと思って頂けましたら、是非記事内のリンク経由でご利用下さい。ご利用頂ける皆様のおかげでブログを運営出来ています。本当にありがとうございます!

  • また、記事がお役に立ったり、ブログを応援して頂ける方が居られましたら、SNSでコメントやシェア、お持ちのWebサイトなどにリンクを貼って頂くなど紹介頂けるととても嬉しいです。

  • 記事やTezlogについての感想、質問、ツッコミなどなどもコメント欄・Twitter等でお気軽にどうぞ!

-Logicool
-, ,

Copyright© Tezlog , 2019 All Rights Reserved.