音楽

チャットモンチー アルバム「誕生」の感想とか完結後についてとか

2018年7月1日

チャットモンチーのラストアルバム「誕生」を聴いた。

まずはアルバム全体を通して聴いて感じた感想を。

チャットモンチー ラストアルバム「誕生」

チャットモンチー ラストアルバム 誕生の感想

2018/07/04の武道館公演に向けて、少し前から今までのアルバムを聴き返していたこともあって、チャットモンチーがリリースの度に変わり続けてるのを改めて感じていた。

チャットモンチーの特に好きなのは「chatomonchy has come」〜「告白」くらいまでの時期。それ以降のリリースも全部聴いてるし好きな曲もいっぱいあるんだけど、一番好きなのはその辺。この辺のアルバムはそれぞれリリースされた時期にすごく聴き込んでたから単純な曲やアルバムの良し悪し(もちろん良いからすごく聴き込んでたんだけど)と別に自分の体験とかとも結びついてて、思い入れが強い。それ以降のは聴き込んでる量も減ってるから曲名だけ聴いてもすぐにピンとこない曲も多分多くある。それでも、ものすごくどハマりはしてないだけである程度繰り返し聴いてるしどれも好き。後半のアルバムはデビュー当時や3人だった頃の彼女らがこういう曲、歌を歌うようになったんだとかそういう所にも色々感じるようになって。それは長く聴いてるからこそ感じられる特権のようなものかなと思う。別に長いファンだってアピールしたいわけじゃなくて、それはチャットモンチーだけじゃなくて長く聴いてるバンドなんかには思うことだし、長く活動してるバンドをある時期に急に好きになって、過去のアルバムからガーッと聴いていってもなかなかそういう思いにはなりづらいから。

そういう意味でこの「誕生」というアルバムは感慨深かった。変わり続けていると書いたけど、この「誕生」をもってチャットモンチーを完結させる、そういうアルバムだって感じたから。事実として完結するわけだし、そう発表されていたんだからそう思って聴いていて、だからそりゃそういう感じるんだろうけど、でも本当に彼女らの人生において、チャットモンチー期みたいなものが完結したんだって感じた。結果的に終わったんじゃなくて、きっちり完結させた。

チャットモンチー ラストアルバム「誕生」

誕生はCD以外も凝ってて本みたいになってて、日本語歌詞と英訳の歌詞があったり、ポラロイドカメラで撮った写真が色々載ってたり。一番良かったのは二人がそれぞれ、誕生に寄せてっていう文章を書いてて、これがどちらもすごく良かった。

ここから曲ごとに感じたこととか好きな部分とか解釈とか簡単に。

the key

曲の感じは一番好き。子供への歌かな。たったさっきから3000年までの話とびろうども子供との歌だと思うけど、そういう歌が多いことも、こういうところまで来たんだなって感じる。

嫌いな人が出来る日はあなたのはじまり っていう歌詞が好き。表現としていいなって思うし、それを子供へのメッセージ(だと僕が思ってるだけだけど)にするところが良いな。

「変な歌をうたう日」の変な歌は例えばロックとかを指してるのかな。

裸足の街のスター

自分自身の歌かな。イノシシ年なのかは確認してないけど多分そうなんじゃないかな。

はじめは「白線のない駐車場〜錆びた平和よいざさらば」と「不自由のない行き詰まり〜裸足の世界よいざさらば」は、両方ともチャットモンチーが完結することとその決意みたいな事かなって思ったけど、片方は世に出る前かなっていう風にも思うようにもなったけど、完全に腑に落ちる解釈が出来てなくてちょっと自分の中で結論が出てない。やっぱり前者かな。

「ひとつまみの歓び 効きすぎた哀しみ 捕まえて鳴らしてみる 無知のみち」人生の中での喜びとか悲しみとかを誰かに教わったわけじゃないけど音楽にしてきたとかそういう感じかな。

「ひと目惚れの運命」チャットモンチーの結成のなり染めで「二つ目の企み」と「未知の旅」はこれからのことかなって思ってるけどどうだろう。

格好いい歌詞に曲の感じも好き。

砂鉄

脱退後唯一の高橋久美子歌詞の曲。さらっと聴いただけでもチャットモンチー好きな人にはたまらなくなる歌詞。やっぱり物書きの道に進んだプライドも、チャットモンチーだったことにもいろんな想いもあるんだろうな。全編通してすごく良い歌詞。

「だめでもだめだめでも許すよ」のだめでもだめだめでも、のフレーズはすぐに「やさしさ」の歌詞の「明日ダメでも明後日ダメダメでも私を許して」を連想させて、それに許すよと言い、さらにどうせ嫌いにはなれないと繋いでて、これは多分チャットモンチーが二人体制になった後の曲「変身」のどうせ嫌いになんかなれないだろ?にかかってる。やることが憎い。だんだん他のワードまでこれなんか過去の曲になかったっけとか思うようになってきて、でもわかんなくて、ないか。みたいな感じに。見逃してるのがあるかも。

その歌詞に答えるように曲も歌もすごく良い。

びろうど

多分この曲で終わるのが、すごくこのアルバムの「完結」感が出ている理由かなって思う。頭のえっちゃんの子のラララーラ、ラーラーからもうすごいラスト感。ラストに相応しい良い曲。

チャットモンチー ラストアルバム「誕生」

チャットモンチーの完結について

何かで読んだチャットモンチーを完結させる理由はやりきったから。チャットモンチーである以上こうでないととか、これは出来ないとかもあるだろうし、ファンや世間が求めてくるもの、イメージがあるんだろうと思う。そういうモノに囚われずに変わり続けていたのがチャットモンチーでもあると思うけれど。それでその度にいろんな声を受けて来た。

それでここに来て完結っていうのは本当にやり切ったんだろうなって思う。願わくばチャットモンチーで無くなったことで出来るようになった音楽を聴かせてほしいなって思う。完結後のことは全くわからないっていうようなことも何かで読んだ気がするけど、音楽の世界で何かしらをしていくのなら、それぞれ別々の活動だったとしてもそれは追いかけてみるとは思うけど、出来たら二人で、もしくは二人に誰かが加わるような形での活動が見られたら。

ともかく今は武道館が楽しみ。何をやってくれるのか、編成はどうなるのか。そこで何か今後の発表もあったらいいけど、こなそんフェス終わるまでは無いのかな。

いいね!してもらえると
めちゃめちゃ嬉しいです!

Twitter で

読者の皆さまへのお願い


  • このブログ内にある商品やサービスを紹介してるリンクには、そのリンクを介して商品を購入したりサービスと申し込んだりすると、その商品やサービスを提供している会社などから私に紹介料が入るものがあります。紹介料を得させたくないなと思われる方はリンクをクリックせずに商品名やサービス名などで検索をかけてご利用下さい。

  • もしブログ記事がいくらかは役に立ったし協力してあげようとなどと思って頂けましたら、是非記事内のリンク経由でご利用下さい。ご利用頂ける皆様のおかげでブログを運営出来ています。本当にありがとうございます!

  • また、記事がお役に立ったり、ブログを応援して頂ける方が居られましたら、SNSでコメントやシェア、お持ちのWebサイトなどにリンクを貼って頂くなど紹介頂けるととても嬉しいです。

  • 記事やTezlogについての感想、質問、ツッコミなどなどもコメント欄・Twitter等でお気軽にどうぞ!

-音楽
-

Copyright© Tezlog , 2019 All Rights Reserved.