健康

足首の脱臼骨折 関節内骨折観血的手術(プレート&スクリュー固定) ケガをしてから退院後まで

2019年12月10日

手術後 レントゲン

2019年10月29日から30日にかけての深夜に足を怪我してしまいました。

痛めたのは足首。くるぶしのところ。

手術前の書類には、足首関節脱臼骨折と書かれていました。

痛めた直後はまさか骨が折れてるとは思わず、当然手術やら入院やらなんてことは思いもしなかったんですが、入院・手術となり、手術後もしばらく松葉杖ということで11月を丸々棒に振ることになってしまいました。

せめて同じような状況になった人の何かのお役にたてばということで記録を残しておこうと思います。

足首関節脱臼骨折 2019年10月30日深夜

骨折した原因や当日の症状

仕事の帰り道、駅で電車に乗り込む時に車両とホームの間に左足が落ちてしまって、
多分太腿か腰くらいまで体が落ちてしまい、ホームに残った右足に変な形で全体重がかかってしまったようです。

左足はただ落ちたっていうよりも普通に乗り込もうとしてのことなので踏み抜いたような感じ。

直後は痛えーと思いつつ、自分で起き上がって座席まで歩いて行けるくらいで、折れてるなんて思いもせず。

座ってる間ずっとジンジンしてて、コレはもしかしたら捻挫とかしてるかもとか思ったくらい。

乗り換えでも乗り換え先のホームまで痛みはありつつも普通に歩けて、
その先の地元の駅で階段の上り下りでだいぶ痛くなってて、タクシーに乗って帰ることに。

痛くてゆっくりになりつつもタクシー乗り場まで歩けるくらい。

ところがタクシーから降りたあとは一気に歩くのが辛い痛みになり、
家の玄関で一度腰を下ろしたらもう一歩も歩けないほどに。

足を痛めてからタクシーを降りて家に着くまでで多分35分くらい。

這って動いたり片足でケンケンして移動しながら氷を袋に入れて足を冷やし、
ネットで応急処置について調べると足を高く上げておいた方がいいようなのでバスタオルとクッションを重ねてその上に足を乗せてしばらく休みました。

この時もまだ足が腫れたりしていなかったので骨が折れてるとは思わず、
(骨を折ったり捻挫すると腫れるイメージを持ってたので、)
冷やしていい状態を保ってればマシになるかなと思うも、結局足をついたり歩いたりするようにはならず。

翌朝、朝イチで病院へ行こうと決めて寝る。

10月31日 入院・手術 (関節内骨折観血的手術)が決まる

タクシーで病院へ。玄関から片足でケンケンしながらタクシーまで乗り込むのが大変だった。駐車場の係員の人に車椅子を持ってきてもらって人生初の車椅子に。

いったん診察を受けてレントゲンを撮り、再び診察室へ行くとすぐに、

「折れてます。これは手術した方がいいね。」と。

昨晩ネットで応急処置について調べた時に、仮に骨折してても大体は保存療法で固定して治せるという印象だったし、まだ相変わらず腫れてないから軽い捻挫とかそういうレベルかと思っていたので全然覚悟が出来ておらず。

手術か保存療法か

話を聞くと、折れてる上に、骨が歪んでしまってるから、固定して治っても軟骨をすり減らしながら動かすようになるため将来的に関節痛とかが出てくる可能性が高いと。

さらに手術なら手術後2週間程度で体重をかけられるようになるが、保存療法だと8週間はかかると。

対して、手術する場合はプレートを入れることになって、
治った後も1年後くらいを目安にプレートを外す手術が必要になる。

また、入れるプレートは医療用のチタン製でアレルギーなどは起こりづらいが絶対ではないということ。

などの話を聞かされる。

手術をしたくない気持ちは強いものの、8週間もかかるということと、何より将来の関節痛と言われると、今きちんと治しておいた方がいいだろうと思い手術をすることに。

11/4に入院して11/5に手術、経過が悪くなければ11/12に退院出来るがその時点ではまだ松葉杖で、術後2週間程度で少し体重をかけられるようになって、段階的にかけられる体重が増えていったり、松葉杖を片手にしたりしていきながら、まあ年内には普通に歩けるようになるだろうという話。

年内には歩けるようになると言えるなら、そんなギリギリで簡単にずれ込むようなイメージの話はしてこないだろうから、実際には順調なら12月の上旬から半ばには歩けるかなというイメージを勝手に。

(結果を先に書いておくと、術後2週間で3割体重をかける許可が出て、12月の頭には普通に歩いたり出来るようになりました。)

この日から入院前まではシーネっていうの足に添えて包帯巻いて軽い固定をして松葉杖生活。

診察を受けたあとリハビリ室みたいなところで松葉杖の使い方を教わって借りた。
レンタル費用はかからないけど保証金で数千円預ける。松葉杖を返せば戻ってくるお金。

松葉杖で移動出来るようになったあとは手術前の検査やら入院の説明やら書類を書いたり受け取ったりして帰宅。何をするにも待ち時間があるので終わったのは夕方。

去年にも手術を受けていて、これでもう二度と、とは言わずともしばらくは手術受けるなんてことにはならないだろうと思っていたけどまさか2年連続で手術をすることになるとは。

ちなみに昨年は胆嚢の摘出手術を受けました。まるでしょっちゅう体どこか悪くしてるみたいだけど、アレルギーとかはあるけどそれまでは手術や入院はもちろん、年間にほとんど病院にも行く必要ないくらいだったのにこの2年くらいで急にこのザマです。

11/1~11/3 松葉杖で仕事をしながら入院の準備

入院が11/4なので3日間は松葉杖で生活。一人で会社をやっているので休みにしてしまうことも出来るんだけど、ベッドで横になってればまあ痛くはないけど良くなるわけでもないし、ということで、

いったん家へ帰って着るものなど少し荷物を持ってすぐ職場へ。そこから11/4の朝まで職場へ泊まり込みました。

少しでも仕事とかしておこうと思ったものの、痛みや生活の不自由さ、あとこの先1、2ヶ月棒に振ったという絶望感もあり全然何もやる気が出ない、集中力が続かない、捗らない。

足はなるべく高いところにあげたり冷やしたりしておくように言われていたのでそれもあって。

入院中のタオル類からティッシュやウェットティッシュまで病院で用意してくれる有料のサービスがあったのでそれを使うことにしたので改めて準備するものはほとんど要らず。

前回も大活躍だったレンタルWiFiだけは速攻で注文。あと限度額認定証の申請。

あとケガをする前に注文していたAirPods Proが届いて、ケガをするまでは到着をめちゃめちゃ楽しみにしてたんだけどもうテンションさがっちゃってとりあえず荷物に入れるもののどうでも良くなってたり。

11/4 入院 (骨折して5日目)

当日の朝、親に迎えに来てもらって病院まで送ってもらう。

入院手続きをして病室へ。4人部屋を希望していたけど空いてないということで2人部屋へ。

初日は少し検査があったり手術前の注意を聞いたりする程度で特にやる事もなく。

そういえば初診時には全然足は腫れてなかったけど、この日に確認したらめっちゃ腫れてて象の足みたいに。

レンタルWi-Fiが使えるのを確認してからNetflixで海外ドラマを見て過ごす。

夜18時だったか20時だったかくらいから飲食禁止に。

前回の手術の時に当日の手術後の痛み止めだか麻酔だかが切れてから、翌日丸一日くらいの間が一番痛みが辛かったので、その辛い時間帯をなるべく眠ってやり過ごせるように手術まではなるべく寝ないで過ごそうと思って、朝方くらいまで「ベター・コール・ソウル」を見て過ごす。

この時に入院前にどうでも良くなってたAirPods Proが活躍。ノイズキャンセリングで空調の音とか遠くの病室で騒いでる老人の声とか、隣の人のいびきとか全部気にならない程度にしてくれた。

本当はこの日BUMP OF CHICKENのツアーファイナルを見に東京ドームへ行くはずだったのに!

11/5 手術当日

朝方少し眠ったくらいで血圧とか測りにきた看護師さんに起こされる。なるべく眠いのをキープしようと思ってそのあとも寝ずに。

お昼頃から手術。車椅子で手術室まで運ばれていって手術台に乗せられて麻酔入れるよみたいなこと言われて、次の瞬間には終わってるっていう状態。麻酔が残ってるからかボーッとして痛みもなし。

体には心電図の線やら点滴、尿管なんかが繋がってるんだけどボーッとしてる間はしばらくその辺の不快さもあんまりなく眠りこける。

目が覚めると改めて体に色々繋がってるのを認識するし、今度はハッキリと不快感。

尿管が一番嫌で前にした手術の時もコレを一刻も早く外して欲しかったけど外す時も激痛なので怖い。

繋がってるのは翌日の午前中に外せる予定だそう。

足はシーネもなく傷口にテープが貼ってあって上から軽く包帯が巻いてあるだけ。

さっさと眠ってやり過ごしたいけど痛みもかなり出てきて痛み止めを頼む。
この時の痛みは骨折の痛みじゃなくて手術で切ってるから出てる痛みだと思う。

点滴を通して入れるタイプだったけどこれがあまり効かず。

何時間か耐えて夜間に錠剤の痛み止めをもらって少しマシになるが結局一睡も出来ないくらいには痛い。

でも座薬の痛み止めはなんか嫌で拒否して我慢出来るくらい。

11/6 手術翌日

結局手術前に睡眠を削った甲斐もなく一睡も出来ないまま朝を迎えて、相変わらず痛みは治らず。

焼けるような熱い痛み。食後に飲む予定の痛み止めを朝早めにもらって飲む。マシになったけど2、3時間しか効かない。

痛み止めがどれくらい効くかとかは人や具合によってずいぶん違うそう。

朝昼晩に各1回ずつしか使えないので、前倒しで使ってしまった上に一回あたりの持ちが短いので、後半に足らなくなる。夜眠りたいので昼間なるべく我慢してから夕方、夜と使用した。

朝の血圧測ったりとか、朝食なんかを終えた後、心電図と尿管が外される。点滴は昼前くらいまで繋がってたけどそれくらいで全て外れる。繋がってるものがなくなるとだいぶ開放された感じがする。

点滴してる間は一人でトイレ行けないのでいちいち看護師さん呼んで連れてってもらったり、外れたあともしばらくは松葉杖で行かずに看護師さん呼ぶように言われてたけど、いちいち呼ぶのも申し訳ないしこっちも気兼ねして水分とか取りづらくなるから松葉杖で行きたいと伝えて一人で行けるように。こっそり行くのも何か指示シカトするようで申し訳ないし。

アイスノンを2枚もらって挟んでると冷たさで痛みが紛れたのでこれから退院までアイスノンは欠かせなくなった。

看護師さんも理解してくれて言わなくてもタイミングタイミングで冷えたやつと交換してくれてありがたい限り。

この日も丸一日痛みに悩まされたけど夜は無事寝れた。

11/7 手術後2日目 痛みがずいぶんマシに・リハビリ開始

まだ痛いは痛いんだけど前日までと比べると嘘のようにマシに。

この日からリハビリと言われていて、リハビリって何をするのかと思ってたんだけど、リハビリの担当者の人がベッドまで来てくれて軽いマッサージとくるぶしの関節の曲げ伸ばしとかをちょっとするくらい。

まだ足に体重かけられる段階じゃないから出来ることは少ないそうで。

関節の曲げ伸ばしは前日から一人でもやってるように言われてて、動く範囲もずいぶんいい調子らしい。

11/8 手術後3日目〜 手術の痛みはほとんどなくなる

冷やして大人しくしてればまるで痛くないレベルに。

余裕が出てきてPC弄ったりNetflix見ながら過ごす。

本当は仕事したかったんだけど、余裕は出てきたものの、足は伸ばして少し高くしつつ冷やしてないといけなかったりで体勢の縛りが仕事するようなモードになれず。

この日から同室に入ってきた人にレンタルWifiを繋がせてあげて仲良くなる。

聞けばちょうど今自分がやった手術と同じようなのを半年前くらいにやって、今回はその入れたプレートを外す手術をしにきたって言う人で、この半年がどんな具合だったかとか聞く。

わりと不安なこともなくなるような順調な様子でプレート外す手術もこの日が前日で、翌日が手術、手術の翌々日には退院ていうスケジュールだそう。

翌日の手術で居なくなるとともに部屋の移動があって違う部屋になるんだけど退院する日に会いにきてくれて、手術後と翌日は相当痛かったけど、翌々日のその日はもう痛みはだいぶマシだし、手術後が痛いだけで骨は大丈夫だから自分の足で全然歩けるらしい。

でもプレートを外すだけでも尿管を付けたりはしたらしくて、アレが一番最悪だよなって言う話になる。

自分の具合はと言えばこの日以降もう特段書くことないくらい痛みは順調になくなるしずっとNetflix見てた。

痛み止めも手術後5日目あたりから不要に。

もちろん足はまだ着けないので松葉杖。リハビリの内容も変わらず。

入院中に一回だけシャワーを浴びれて、その時は入浴用の車椅子っていうのを使った。

普通の車椅子と違って自分で進んだり出来ない、押してもらわないと動けないやつ。

脱衣所でタオル一枚の裸になって車椅子に座ったらシャワーのところまで看護師さんに押してもらって、
洗ったりし終わったらボタンを押すと看護師さんが迎えに来てくれるっていう仕組み。

11/12 手術後7日目 退院

この日、問題がなければ退院と言われていたので診察があるのかと思ったけど、

レントゲンを撮って待ってると、特に診察もなく先生のOK出ましたって言われて退院に。

前回の入院にしても今回にしても、

普段外来とかで病院に来るときとかは正直感じないんだけど、入院中病棟で世話をしてくれる看護師さんはめちゃめちゃ忙しそうなのにいつもとてもよくしてくれる。本当ありがたい。

そのまま一旦家に送ってもらって荷物を置いたり、シャワーはまだダメなので頭を流しで洗って体拭いたりして仕事場へ。まだ相変わらず足を着けず移動が大変なので前と同じく仕事場に泊まり込む。

結局軽くでも足が着けるようになるまでは体の不便さは手術前とたいして変わらない。

でも退院後5日目ごろ急に、なんか軽くなら着いても大丈夫な気がするって思って両方の松葉杖に体重をかけるようにしつつ軽く足を着いてみると結構何ともないし、そのほうが楽なのでしばらくそんな風に過ごす。

退院以降も寝る時はなるべく足を上げて冷やしながら寝る。

ずっと下ろしてるとちょっとジンジンしてきたりする。

11/19 退院後7日目 通院日 3割体重をかけられるように。

退院して初の通院日。レントゲンを撮って診察へ。

調子は良いそうで、3割体重かけて行こうと言われる。

3割がどんなもんかはリハビリ室で教わるんだけど、これが大体数日前からやってたのと同じ程度。なんとなく大丈夫そうなのがわかるもんなのかな。

3割でも体重をかけられるって言うのがめちゃめちゃ楽で途端に松葉杖で階段の上り下りとかが怖くなくなる。

物を持って移動したりするのもスゴく楽になった。

でも病院の後はまた仕事場へ泊まり込む。

階段も大丈夫そうだし松葉杖で電車も乗れそうだけど、家と駅の往復には自転車が必要で、
結局自分で全部移動出来るようになるまでは送ってもらったり迎えにきてもらったりが必要になって面倒かけるのでずっと仕事場で暮らす。

11/26 退院後14日目 体重全部かけられるように。

退院後2回目の通院日、この数日前からちょっとした移動の時は松葉杖一本で済ませたりしていて、その癖が出てしまったのか、

レントゲン撮って診察室入るなり、体重全部かけてるじゃんて言われて、そのまま、まあ大丈夫そうだからそれでいいよって言われて本当は3割、5割、片手松葉杖とか段階的に加重していくって言う風に聞いてたけど一気に体重全部かけて良しになる。

でもまだ自分の中では全部かけるのに抵抗あったので松葉杖は持ったまま体重はかけてくっていう感じで過ごす。

次は2週間後に通院。

12/3 退院後21日目 電車と自転車に乗れるようになって自力通勤できるように。

前回の通院後から毎日階段の上り下りとかもしていて、初めは松葉杖を使いながら1段1段、両足を揃えてじゃないと下りれなかったのがだんだん松葉杖なしでとか、ゆっくりなら両足揃えずにスムーズに下りれるようになってきたり、ペースも少し早くなるようになって、これなら松葉杖なしでも歩けそうだとなったので、

夜仕事を終えた後松葉杖なしで電車に乗って帰ってみる。駅の階段もゆっくり目の人と同じくらいのペースで上り下り出来る。駅からはタクシー。

翌朝、自転車に乗れるか試す。イメージでは階段の上り下りより負担はかからなそうだし大丈夫じゃないかなと思ったからこそ帰ってきたんだけど、乗ってみないことにはわからないので、コレでダメだったらもうしばらく泊まり込み生活だと思ったんだけどいざ乗ってみたら全然問題なし。

これで毎日自力で通勤出来るように。

12/10 退院後28日目 通院終了

レントゲン撮って診察室へ。入るなり、歩き方を見て大丈夫そうだね、と。通院もう終了でいいから、半年後を目安にプレートを抜く手術をするから自分のタイミングで外来へ来てと。

松葉杖を返却。保証金返ってくる。

まだ歩いた時にちょっとした痛みや違和感なんかはあるし、朝起きたばかりの時とかは関節が固い感じがしたりするんだけど、そういう感覚も日に日にマシになってる感じ。

この数日でも毎日駅の階段とかが少し早く上り下り出来るようになったり、歩幅を広げたり出来るようになったりと言うのを感じている。

今はゆっくり目に歩いてる人、階段を上り下りしてる人は追い越せるくらいのペースで歩けるようになった。

また状態に変化があれば追記します。

自分がケガをした時、入院や手術が決まった時、手術を終えた後もまだ痛みが続いてる時など、他の人はどうだったんだろうかと色々ブログを読んだりしたので、ザーッと時系列で書いてきました。

またこの先も変化があれば追記します。

何か気になることなどあればコメントでもTwitterでもご連絡頂ければ出来る範囲で返信します。

入院にはWi-Fiルーターのレンタルが必須!WiFiレンタルどっとこむが通信容量制限無しでオススメ

いいね!してもらえると
めちゃめちゃ嬉しいです!

Twitter で

読者の皆さまへのお願い


  • このブログ内にある商品やサービスを紹介してるリンクには、そのリンクを介して商品を購入したりサービスと申し込んだりすると、その商品やサービスを提供している会社などから私に紹介料が入るものがあります。紹介料を得させたくないなと思われる方はリンクをクリックせずに商品名やサービス名などで検索をかけてご利用下さい。

  • もしブログ記事がいくらかは役に立ったし協力してあげようとなどと思って頂けましたら、是非記事内のリンク経由でご利用下さい。ご利用頂ける皆様のおかげでブログを運営出来ています。本当にありがとうございます!

  • また、記事がお役に立ったり、ブログを応援して頂ける方が居られましたら、SNSでコメントやシェア、お持ちのWebサイトなどにリンクを貼って頂くなど紹介頂けるととても嬉しいです。

  • 記事やTezlogについての感想、質問、ツッコミなどなどもコメント欄・Twitter等でお気軽にどうぞ!

-健康

Copyright© Tezlog , 2020 All Rights Reserved.