ScanSnap iX1500

Scansnap オススメ・レビュー

2018/10/14

【レビュー】ScanSnap iX1500とScanSnap Homeでスキャンした実例や良い点・悪い点・オススメの設定・使い方

更新履歴2018年10月27日、手元に届いて2週間が経過したので感想を追記しました。 ScanSnap iX1500を購入しました。ScanSnapは前機種のiX500を2013年2月に購入してからずっと使っていました。5年半以上。 今回そのScanSnap iX500から6年ぶりの新機種iX1500が登場。 前機種のiX500でもまだまだ全然不満が無かったんですが、もはや生活に欠かせないアイテムになっているScanSnapなので、新機種でますます便利に、効率的になるのならということでiX1500を購入し ...

ReadMore

アーロンチェア リマスタードとデスク周り

オススメ・レビュー

2017/11/25

アーロンチェア リマスタード レビュー 購入前に考えたことと購入した後の感想

今回は2017年の9月に購入したアーロンチェア リマスタードを紹介します。購入してもうすぐ3ヶ月。買うまでに数年かかりましたが買ってしまったらもっと早く買えばよかったと思うほど買ってよかったです。 アーロンチェア リマスタード Bサイズ ポスチャーフィットSLグラファイト ハーマンミラー 送料無料 AeronChair Remastered 新型 チェア引取サービス/ヤマト家財便 HermanMiller 30周年マウス posted with カエレバ 楽天市場で探す Amazonで探す Yahooショ ...

ReadMore

Scansnapの使い方

Scansnap

2016/3/19

ScanSnap ix500の使い方 5年半使い続けている僕の無理なく電子化を続ける方法

 この記事は2016年3月19日にScanSnap ix500 の使い方 3年使って辿り着いた無理なく電子化を続ける方法として投稿し、その後も少し修正をしたりして来ましたが、2018年8月、もう購入して5年半になるということで改めて記事を加筆修正しました。 ScanSnap iX500 。2013年2月18日に購入して早5年半。 購入当初から十分に使いこなせていたかというとそうじゃなかったはずなんですが、試行錯誤(というと大袈裟かもしれませんが)の甲斐あって、そうじゃなかった頃をもう思い出せないくらい無く ...

ReadMore

Evernoteを2011年から使っている僕の使い方

evernote

2018/8/11

Evernoteにすべてを。2011年から使い続けている僕のEvernoteオススメ活用法。

Evernoteを2011年から使っていて仕事にもプライベートにも欠かせないものになっています。 Evernoteに何を保存してるかといえばほとんど全てのものを。全てというのはちょっと大袈裟ですが、でも気持ち的には大袈裟ではないくらい本当に何でもEvernoteに記録・保存しているという感覚です。 現在の形になるまでに様々な試行錯誤がありましたし、これからも変わっていくことと思いますが、現在の僕のEvernoteの使い方を紹介します。 全てEvernoteに記録・保管する 情報を探すときはEvernote ...

ReadMore

HP ノートPC Pavilion 15 3EJ36PA-AAAA とMacbook Pro

オススメ・レビュー

2018/6/11

【レビュー】HPノートPC Pavilion 15 4EL44PA-AACD が高スペック激安価格でオススメ!最新第8世代Core i7とメモリ16GBにSSD搭載!

仕事でWindows PCが必要になったので購入しました。仕事で使用すると言っても基本はMacbook Proを使用していて、今回購入するWindowsPCは、たまにしか必要のない作業でしか使わず、スペックもそれほど要求されることはないので、 ある程度価格を抑えつつ、でもストレス無く、そして長く使えるように、Core i5かi7でメモリも8GBか16GB以上のもの、SSD搭載のものなどの条件で探していました。そして期待以上にいいスペックのWindows PCが格安で見つかりました。 HPノートPC Pav ...

ReadMore

RED WING BECKMAN ベックマン ケア用品一式

オススメ・レビュー

2018/4/6

レッドウィング・ベックマンの手入れの仕方・エイジングの記録。大事に長く使い込ん愛着を持てることが革製品の魅力。

2017年5月にRED WING レッドウイング / BECKMAN OXFORD 9042を購入しました。 ワークブーツで有名なREDWING。創始者チャールズ・ベックマンの名を冠するフェザーストーンという艶のある革を使用したモデルにベックマンという名前がついてます。ベックマンにも色々種類があって、数年前からずっとベックマンのブーツが欲しいと思ってたんです。 こういうやつ。今見てもやっぱりかっこいいしこれも欲しい。 [レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ クラシックドレス ベッ ...

ReadMore

Bose ウェアラブルスピーカー SoundWear Companion 本体とカバーブラック

オススメ・レビュー

2018/3/31

【レビュー】 Boseのウェアラブルネックスピーカー SoundWear Companion speakerがめちゃくちゃいい!

SONYのウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1がアメトークで紹介されたのをきっかけに大人気となり生産が追いつかずに注文を打ち切ったと話題になった肩掛けのウェアラブルスピーカー。僕も欲しかったんですが手に入れられませんでした。そんな中でBOSEからSoundWear Companionという肩掛けのウェアラブルスピーカーが発売されました。これは絶対に欲しいと発売前に予約をして購入しました。 僕が目的というか期待していたのはMacで映画や海外ドラマ、音楽ライブなどのDVDや動画配信を見るときに活躍して ...

ReadMore

MOTHERHOUSE Zadan Messengerバッグ

オススメ・レビュー バッグ

2018/4/12

iPadも楽々入るオシャレなレザーメッセンジャーバッグ。MOTHERHOUSE Zadan Messenger

2018年3月半ばに新しいバッグを購入しました。 購入したのはMOTHERHOUSE(マザーハウス)のZadan Messenger(ザダン メッセンジャーバッグ)。 ずっとこういうバッグを探していたというバッグに出会えてすごく気に入ってるので、購入した理由や使用感、実際にモノを入れている様子など紹介していきます。 MOTHERHOUSE Zadan Messenger フラップはマグネット式になっていてパチっと閉じます。 横ポケットは鍵とか入れるのに良いそう(店員さん談) メッセンジャーバッグなので身体 ...

ReadMore

ANKER オススメ・レビュー

【レビュー】ANKER Zolo Liberty 初めての完全ワイヤレスイヤフォン。寝る時にだけ使うつもりが想像以上に良かった。

投稿日:2017年12月25日 更新日:

先日発売されたばかりのANKERの完全ワイヤレスイヤフォン Liberty。これまで完全ワイヤレスのイヤフォンは買ってこなかったし、Airpodsだけは発売前後の頃に結構真剣に買おうか迷ってたんだけど、結局その時は両耳をつなぐケーブルはあるタイプのbluetoorhイヤフォン「beats x」を選んでこれに満足。それ以降は全く欲しいっていう気持ちもなかったんだけど、今回はふと欲しくなってしまって発売日に購入してしまいました。ちょっと普通の人よりも限定的な使い方を想定しての購入ですが、色々考えたことなど交えて紹介していきます。

完全ワイヤレスイヤフォンを買うつもりが無かった理由

まずは何で今まで完全ワイヤレスのイヤフォンを買う気にならなかったのかからお話しします。

むしろケーブルがあったほうがいいと思った。

耳に装着するイヤフォン部分同士はケーブルで繋がってるタイプのbluetoothイヤフォンはこれまでに何本も使ってきてレビューもいくつも書いてるんだけど、完全ワイヤレスのイヤフォンは買ってこなかった。

唯一欲しかったのはAirpodsなんだけど、Airpodsも完全ワイヤレスだからというより、

非カナル型のbluetoothイヤフォンだったからという部分とApple製品だから音楽などを再生するのに使ってるMacやiphoneとの接続や切り替え面で親和性が高いからという部分で、欲しかったんです。

僕はイヤフォンを本当に一日中付けてたりするんです。人と話したりする時だけ肩にかけておくとか、ちょっとした瞬間だけなら片耳だけ外して会話するとか。そういう使い方をするから、それがいちいちケースにしまわないといけないのは面倒だし、かと言って乱雑にポケットに入れるのも怖いしっていう。結局僕の使い方だと完全ワイヤレスである必要はないなっていうのが結論でした。もちろん再生してる瞬間だけに限って言えばケーブルないほうが快適だろうなとは思うんですよ。

高額な印象

あんまり購入するつもりもなかったからそんなに調べてもいないけど安くても1、2万はする印象で、本当に欲しかったら買える金額だけど軽い気持ちで試してみようっていう金額ではないかなっていうイメージでした。これはLibertyが覆してくれました。7,000円も気軽な金額でもないっちゃないから一回はスルーしたんだけど、ふと使い道を思いついてしまって試したくなっちゃって購入しました。

いつも使ってるbeats x に満足している

Airpodsはある時期結構真剣に欲しかったんだけど、でも上で述べたような理由でbeats xを選んで、これが僕の使い方には本当に合ってるみたいでとても快適なので、しばらくはイヤフォンやヘッドフォンの発売の情報が入ってもまるで気にならないほどでした。今回のLibertyとその前にもJPRiDE 412を購入してるんだけど、どちらもメインで使うつもりは無くてあったらいいかもっていう感じで購入しています。メインで使うのはまだまだbeats x一択です、僕は。

Anker Zolo Libertyを購入した理由

ANKER製品という部分で気になった

最近あまり購入していませんでしたが、結構ANKER製品色々使っています。手頃な価格で高品質な商品がたくさんあるイメージですよね。2016年ごろはANKERのBluetoothイヤフォン Soundbudsも使っていましたし。今回もANKERが出すっていうところで聞いたこともないような新機能に期待っていうよりはいくらくらいの金額でどんなものなんだろうっていう風に気になりました。ある程度名の知れたメーカーで完全ワイヤレスのイヤフォンだと15,000~20,000円前後はするイメージ、下手すりゃ3万するかもくらい。な風に思っていて。

amazonなど見てると聞いたことのないメーカー製なら2〜3,000円代で完全ワイヤレスのイヤフォンがある様で評価の良さそうなものも目につくし最近は聞いたことのない中国メーカー製とかでも悪くはなかったりするから良いのかもしれないけど、でもANKERかな、このくらいの価格差なら。っていう感じ。ANKERなら値段以上の価値は感じられる商品出してきてるんじゃないかなっていう信頼があったので。それでもどっちにしても買わないけどってこの段階では思ってました。

使い道を思いついてしまった

先日購入したJPRiDE 412の時にも書いたんだけど、寝る時にベッドでイヤフォンするんです、夜風呂とか済ませて後もう寝るだけみたいになったら毎日じゃないけどLINEで通話繋ぎっぱなしとかにしたりもするんで。で、そのまま寝たりするんで、beats x は翌朝付けていくんで寝る時は充電しておきたいんですね。いくら充電早くても朝慌しく充電したりしていたくないので。

だから前までは寝る時は有線のイヤフォン使ってて、この間からは同じ目的で購入したJPRiDE 412を付けていたんだけど、ベッドでこそ完全ワイヤレスだと快適なんじゃない?って思ってしまって、で、そう考え始めたら、完全ワイヤレスイヤフォンならケース枕元に置いておいて朝外して充電器にしまえばJPRiDE 412よりも枕元での収まりもいいし、とかだんだん欲しくなってきてしまったんですね。

そうなってくるともう買う理由探しみたいになってくるもんで、まだ完全ワイヤレスのイヤフォン使ったことないし、食わず嫌いみたいに使わんであーだこーだ言うのもなとかとか。結局はじめに買う気なしで商品のページ見て一旦離れて、でも2、30分以内くらいに戻ってきて注文してましたよね。

という訳で、最終的には、

寝る時に使うイヤフォンに、と、初めての完全ワイヤレスイヤフォンとして、手頃な価格のAnker zolo Libertyは良いんじゃないかと思い購入しました。

まあ、何か理由つけて買ってみたかった。手ごろだし。の方が正しいのかも。

スポンサーリンク

ANKER Zolo Liberty 外観・付属品・パッケージ・開封

ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン パッケージ

パッケージ

ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン パッケージ 裏面 説明

パッケージ裏面

ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン 開封
ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン 開封の仕方

ここのシールを剥がして開封する。ちょっと分かりづらかったので。

ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン 開封

ちょっと高級感のある質感

ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン パッケージ 裏面 説明

イヤーピースとグリップカバー

ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン 中身

黄色いMicroUSBケーブル!可愛いけどちょっと使いづらいかも

ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン 中身
ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン 箱

箱の作りが JPRiDE 412の箱とそっくり。

ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン 箱

サイズは違うけど。このタイプの箱流行ってるのかな。何かと箱の凝ってる製品てイメージ良いですよね。

ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン 付属品
ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン
ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン 充電の仕方

充電器に入れると磁石でくっついて収まる

ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン 充電の仕方
ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン 充電の仕方
ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン
ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン
ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン 充電中

充電中のランプ。初めて使用するときはまず満充電するようにとの説明書き有り。

ANKER Zolo Liberty bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォン 充電中

全部点灯したら充電完了 各LEDが消灯、点滅、点灯の3段階に別れてるからそれで残量判断。

スポンサーリンク

ANKER Zolo Libertyを使った感想

まだ今日届いたばかりの状態でこれを書いているので。感想に関しては使っていく中でどんどん追記していきます。

で、まずは初めての完全ワイヤレスイヤフォンとして少し使っただけの感想です。

初めての完全ワイヤレスイヤフォンとしての感想

接続が簡単、早くていい

一番最初のペアリングを済ませた後はケースから出すと即座に繋がるのが気持ちいい。ケースから出して耳に入れてる間に繋がってるか、ちょうど接続音が聞こえるかっていう感じ。

装着感良い

もっと耳の中で不安定な感じというか、押し込むんだろうなとイメージしてたんだけど軽く入れるだけでしっかり固定されていて心許ない感じとか全然ない。頭ガンガン振っても大丈夫だろうなっていう振る前からわかってるくらいしっかりしてて、その上で振ってみて、ほらやっぱりっていう感じ。はじめからセットされてたイヤーピースでピッタリだったんで他のイヤーピースとか試してないけどGripFitジャケット4種と、イヤーチップ3種が付いてます。

1種ずつはじめから装着済み。昔のBluetoothイヤフォン買ってた頃はいつも付いてくるイヤーピース一番小さいのを付けても大きく感じるくらいだったはずなのにここのところ買ってるイヤフォンは結構すぐ耳に合うのが見つかる。たまたまなのか、それとも日本人向けになってきてるのか。軽く入れるだけで安定してるので今の所3,4時間くらいほぼ入れっぱなしだけど耳が痛いとか疲れるってこともないです。

ケース高級感あってかっこいい

程よくツヤとか重さがあって、ケースの開閉具合とかも何か小気味好い感じ。中にイヤフォンをしまうと磁石でくっついて収まる感じも良い。ケースの質感の良さとか枕元に置いておくのにより良いかもって感じた。ちょっと持ち上げたりするだけでLEDが点灯して充電の残量教えてくれる。

2017年12月28日追記 ケースにしまうときに少し手間取る

数日使ってる中で、しまう時にもっと手探りでしまえるくらいだといいのに、という感じになってきました。マグネットでくっつくんだけどもう少し強ければしまいやすそうなのに、とか。

接続や再生の安定感もバッチリ

いつもイヤフォンのレビューする時には言うんだけど、音質がどうとかはよくわからないんです。どうだと音質が良いのかよくわからないんで、逆に言えば悪いってわかるほど明らかに音質が悪いってことはないと思うし、むしろいいんじゃないかなって感じる。それよりもはっきりわかるのがイヤフォンやヘッドフォンによってはちょこちょこbluetoothが途切れたりするものがあるけど、もう5時間くらい使ってるけど乱れることは全くなく安定していて良いです。

やっぱり完全ワイヤレスは快適

わかっちゃいたけど、と言うか想像以上に、完全ワイヤレスは快適。こりゃ普段使いにもいいわって思う。買うつもりがなかった理由にも書いたけど再生してるタイミングに限って言えば、そりゃ完全ワイヤレスの方が快適なんですよね。でも外で外したりする場面を考えるとケーブルがあった方がっていう。そこまでは試す前からわかってたんだけど、わかってた以上に快適だから今日はこれ付けたまま帰ってみようと思う。まあ帰り道だけだと結局外す場面もあんまり無いからやっぱり良いんだろうけど。それでもやっぱり実際に体感してわかることもあるかもしれないし。

説明書がしっかりした日本語で書かれてて安心。操作も分かりやすい。

曲送りは右側、曲戻しは左側のタッチパッドを長押し。

右側のイヤフォンのボタンを長押しで音声アシスト機能となってて、様はsiriを呼べるんだけど、説明書には音量操作は音声アシストでってなってるけどsiri起動に時間かかるし絶対端末で操作した方が早い。音量調整もボタンでできたら良かったな。

また追記します

ここまで思いつくことをだーっと書いてきましたが、まだ手元に届いて5時間程度での感想です。beats x の時もそんな感じでしたが、この先少しずつ何か感じることがあれば追記していこうと思います。

ここから2017年12月26日(購入翌日)追記

付けてる時の快適具合はやっぱり最高、付けてるんだか付けてないんだかわかんなくなるレベル、特に↑までの記事を机の前で使いながら書いてる時よりも、その後帰り道で歩いたり電車に乗ったりしてより実感。

その間も耳から外れそうな感じ、不安定さなど一切なし。

一時的に外す時はやっぱり面倒くさい

帰り道、途中でコンビニに寄って買い物をしたんだけど、やっぱりレジで短時間外す時とか、beats x とかみたいな形、ケーブルがあると首にかけておくなり、片耳だけ外してぶら下げておくなり出来るんだけど、やっぱり片耳にしても両耳にしても完全に外してケースなりポケットなりにしまわなきゃいけないのは面倒。まだ触り慣れてもいないからちょっと慎重に触っちゃうし。この辺は慣れで感覚も変わるかもしれないけど現時点では。電車とか駅でもなんか遅延があったりとかしてアナウンスある時とか片耳外したりするし、やっぱり外ではケーブルがあって気楽に付け外しできた方がいいかな。帰り道だけならそんなにあちこち寄らないけど、普通に出かけてあちこち回る時なんかはより面倒くさそう。と思いつつまだ数日は外でも使って様子を見ようと思って、今

朝もLibertyで出勤してみた。

ベッドで寝るとき用のイヤフォンとして使った感想

寝るとき用のイヤフォンとしては完全に正解だった。

やっぱり有線の時は煩わしさがあったし、それが最近はJPRiDE 412になってネックバンドも邪魔にならずにいいじゃんて思っていたんだけど、やっぱり完全ワイヤレスイヤフォンのLibertyはもっと良かった。本当に装着してる煩わしさとか全然無いし、寝る前はそれでもまだ付けてるのわかってるんだけど、驚いたのは起きた時で、耳に付けてる感覚無いから、ああ、寝てる間に外れたかと思って、それは全然いいんだけど、手探りで近くにないかなと思って探してたんだけど見つからなくて、そんでハッとして耳に手をやると外れてないの。普通に耳についてるんだけど外れてると思い込むくらい全然付けてる感がなくて、しかも寝てる間に外れないってすごい。今までに寝るときに付けてたイヤフォンで起きても耳に残ってたのなんか無いと思うしイヤフォンに限らず、マスクだとかアイマスクだとかなんでも寝てる間に外れちゃうのに。

で、外した後はケースに入れて充電。寝るとき専用ならこのまま枕元に置いておけばよくて、もともとそういうつもりで購入したんだけど、数日は外でも付けてみて様子を見ようと思ってるので充電しながら着替えたりコーヒー飲んだり。という感じに。

2018年12月28日追記。

また数日使って、上記で寝て起きても耳から外れないと書きましたが、たまたまだったみたいで、その後は両方外れてたり片方だけ外れてたり、まあ寝る前に聴いてたいわけだから寝てる間に外れるのは別にいいんだけど念のため。やっぱり朝外れるにしてもベッドで使うイヤフォンとしては非常に快適です。

またしばらく様子を見て感想を追記します。

話題のASMR動画を聴くためのイヤフォンにもすごくいいと思う。

最近はTVなどで特集されたりもしてるらしいASMR動画。耳かき音だとか、髪を切る音やシャンプーの音、囁き声、そのほか色々な音を楽しむ動画っていうところですかね。環境音とかみたいになんか落ち着いたり、集中できたり、ぞわぞわっとして気持ち良かったりとか人によって色々好きなポイントがあるみたいです。僕もしばらく前にネットで見つけて以来たまにYoutubeで聴いて、そのまま寝るんですが、やっぱり以前の有線のイヤフォンと比べると圧倒的に快適に聴けます。

ただし、一旦ケースにしまって充電したりしての最大12時間再生なので、連続でいくつも動画を見よう、聴こう、と思ったら、3.5時間程度までしか再生できないので注意。僕なんかは大体どの動画を再生しても初めの数分からせいぜい10分ちょっとで寝てるので問題ありません。再生した動画が終わって停止したあとは待機状態になってるみたいで翌朝起きてもまだバッテリー残ってます。

朝起きるとradikoを起動してから身支度をするのでイヤフォンをケースにしまい忘れてると外したイヤフォンで再生してるので気づきます。

ついにLiberty+ 発売開始 (2018年1月9日追記)

ついにamazonでLiberty+が発売開始しましたね。

一番気になるのがお値段ですが¥ 14,980 税込。正直もっと全然高くなると思ってたので商品ページを見に行って安!と思っちゃいました。とはいえ予想より安いということでそんな気軽に買える金額でもないし流石に今回は見送ります。流石にベッドで使う用のイヤフォンをそんな頻繁に買い換えてられないし。

でもメインで使うっていう人にはいいですよね。

Bluetooth5.0対応と周辺環境音の取り込みがLibertyからのアップデートでの目玉機能でしょうか。周辺の音を取り込んでくれてちょっとしたレジ会計やなんかでいちいちイヤフォンを外さなくても良いならケーブル無しで不便な部分をカバー出来ますね。ちょっと使ってみたい気持ちはやっぱりあります。

新色の白が出たり、いつの間にか楽天でもliberty(+含め)販売してますね。2018年2月1日追記

新色の白が出ましたね。でもどっちがいいかっていうと黒の方がいいかな。特に枕元にケースを置いてて割とケースの佇まいも気に入ってるのでその辺は黒の方がいいかな。liberty本体はまあ好き好きだろうしどっちも好き。あと多分当初は楽天では販売してなかったと思うんだけどいつの間にか楽天でも販売されてますね。というかいつの間にか楽天のanker製品の取り扱いが豊富になってる。多分少し前まで楽天のanker公式でも取り扱い製品少なくて基本的にはamazonで販売したいんだなーっていう印象でした。

最近は当初の予定通りベッドで寝る時専用として使用しています

購入当初は思いの外使いやすくて予定に反して普段使いもしていましたが、最近は予定通りベッドで使用してます。起きた時に耳に残ってたり外れてたりっていう感じですが、寝るまでの使用感は抜群で気に入っています。充電もlibertyを買うまでに使用してきたbluetoothイヤフォンは毎日外した後充電してましたが、libertyはケースにしまうだけだし、そのケースの充電も1、2週に一回くらいでも十分なのでその辺も非常に楽です。

ZNT の完全ワイヤレスイヤフォン AirFitsを提供してもらいました。2018年4月28日追記

Libertyを2017年12月の購入以来寝るときに使用してきましたが、この度ZNTというメーカーのAirFitsという完全ワイヤレスイヤフォンをレビュー用にと提供してもらいました。

今までにもイヤフォン類のレビュー依頼をいくつも頂いていましたが、商品コンセプトとして興味のある商品がなかったので全部お断りしていました。今回完全ワイヤレスイヤフォンということで興味もあったので初めてレビュー依頼を受けて使用してみました。

提供してもらっての使用となると感想も宣伝のためなんじゃないかという印象が入るかと思いますが、決して良いことを書く約束もしていませんし、素直な感想ですが、僕の使い道にはLibertyよりもAirFitsの方が良いと感じ、寝るときに使用するイヤフォンがLibertyからAirFitsになりました。

特に良かった点はAir Fitsの方がコンパクトで付けたまま横向きで枕に寝ても邪魔にならないこと(四ヶ月以上Libertyで寝てた位なのでLibertyでも全然ねれるんだけどAirFitsはより邪魔にならない)と、ケースに収納するのが簡単なこと。Libertyは12月28日にケースに収納する時に少し手間取ると書いていましたが、AirFitsはケースのイヤフォンを収納する場所の形とマグネットの強さで手間取らずに収納できます。

毎朝のことなのでしまいやすいのは大きいです。

さらに追記 結局寝るときに使う完全ワイヤレスイヤフォンはLibertyに戻しました。

前述の通り、寝るときに使うイヤフォン、一度はZNT のAirFitsにしていたのですが、いくつか気になる点が出てきてのでZolo のLibertyに戻しました。

問題になった点は以下の二つ

  1. 起きたときにZNT AirFitsの本体は耳から外れているがイヤーピースだけが耳に残ってしまったということが複数回発生。初めての時は起きたときはイヤーピースが耳に残ってるなんて思わないので普通にケースにしまおうと思ったイヤフォン本体にイヤーピースが付いていなくてベッドの周りに落ちてないか探すも見当たらずおかしいなーと思っていたら耳の中にあることに気づく。爪でカリカリっとやって簡単に取れたものの少し奥に行ってしまったときとかそのまま奥に行ったらと思ってゾッとしました。その一回だけたまたま装着が甘かったのかなと思い試すもその後も何度か同じことになったので寝るときに使うのを止めました。
  2. ケースのバッテリーの持ちがZolo Libertyの方が圧倒的に良い。ZNT AirFitsはケースの充電込みで12時間分くらい充電出来るらしいんですね。それに対してZolo Libertyは24時間行けるということで。実際の細かな時間は使い方で変わってくると思いますが、実際に充電の必要になる頻度がZNT AirFitsの方が圧倒的に多くなったんです。ベッドで寝るときに使うので、出先での充電切れと比べれば大した問題にはならないし、何ならベッドに置いてるところで充電しっ放しにしていてもいいと思うんですが、寝る前、起きた後などにケースに出し入れするときにケーブルが刺さってない方が取り回しが良いのでそろそろ充電しておこうかなと思ったタイミングでケーブルにさすくらいで使っています。Zolo Libertyの充電頻度に慣れていた分、ZNT AirFitsに変えてからは不意に本体もケースも充電切れという場面を何度か起こしてしまいました。

以上の理由で今は再びLibertyを使用しながら眠っています。

SoundCore Liberty Liteが発売されています。2018年7月16日追記

ZoLo Libertyの下位機種としてSoundCoreのLiberty Liteが発売されています。ブランド名が「Zolo」から「SoundCore」になったのはAnkerのオーディオ部門のブランドを「SoundCore」に統一されたからです。

Libertyよりも低価格ながらに後発なだけあって、Bluetooth5.0を搭載していたりドライバーも新しくなっている様で単純に性能が劣るわけではないのですが、ケースの充電分も含めた連続使用時間が12時間になってるところと価格がLiteなところでしょうか。ケースの充電可能時間が減ってる分ケース自体もコンパクトになってるので、それをメリットとして捉えられる人には良いことづくめの製品ですね。良い点とするか悪い点とするかはその人の使い方次第だと思います。持ち運びには小さい方が良いけど充電頻度が増えるわけなので。

これで一応上位機種のLiberty+、中間の機種のLiberty、下位機種のLiberty Liteという風にAnkerの完全ワイヤレスイヤフォン3機種が出揃いました。今後の後継機などはおそらく全てZoloではなくSoundCoreブランドでリリースされるのでしょう。

いいね!してもらえると
めちゃめちゃ嬉しいです!

Twitter で

読者の皆さまへのお願い


  • このブログ内にある商品やサービスを紹介してるリンクには、そのリンクを介して商品を購入したりサービスと申し込んだりすると、その商品やサービスを提供している会社などから私に紹介料が入るものがあります。紹介料を得させたくないなと思われる方はリンクをクリックせずに商品名やサービス名などで検索をかけてご利用下さい。

  • もしブログ記事がいくらかは役に立ったし協力してあげようとなどと思って頂けましたら、是非記事内のリンク経由でご利用下さい。ご利用頂ける皆様のおかげでブログを運営出来ています。本当にありがとうございます!

  • また、記事がお役に立ったり、ブログを応援して頂ける方が居られましたら、SNSでコメントやシェア、お持ちのWebサイトなどにリンクを貼って頂くなど紹介頂けるととても嬉しいです。

  • 記事やTezlogについての感想、質問、ツッコミなどなどもコメント欄・Twitter等でお気軽にどうぞ!

  • この記事を書いた人

tez

@tezlog1980 2012年に起業して細々と一人会社経営。 仕事の勉強を兼ねて2016年ブログ「tezlog」開設 音楽ライブ映画Apple製品BUMP OF CHICKEN syrup16g アジカン ストレイテナー amazarashiなどが好き。 プロフィール

-ANKER, オススメ・レビュー
-, , ,

Copyright© Tezlog , 2018 All Rights Reserved.