オススメ・レビュー

【オススメ商品レビュー】1byone Bluetooth 体重・体組成計

2017年7月30日

購入から2ヶ月ほど使用した1byone のBluetooth対応の体重・体脂肪・体組成計の紹介です。

Bluetooth 体重・体組成計 1byone

購入のきっかけ

数ヶ月前にそれまで使用していたタニタの体脂肪計が故障してしまい、買い替えが必要になりました。使用していたタニタの体脂肪計は10年以上使用してきた物で、故障する前からここ数年はそろそろBluetoothで通信して記録を取れる体組成計が欲しいなと思っていました。そう思いつつも買い換えなかったのは、まだ今の物が使えるしというのと、候補に上がる商品が決め手に欠けていたこと。

直前に候補に挙げていたのは,

現在はNokiaになったwithingsのBody Cardio

タニタのデュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル スマホ対応 ホワイト RD-903-WH

どちらも評価がイマイチで決め手に欠けた

ここ数年ちょこちょこ両機種の前モデルなどの頃からチェックはしてたものの、僕の感覚では体組成計としては高額で、それでもこれで間違いないくらいに出来がいいなら、体組成計なんてそんなちょこちょこ買い換えるものでもないしいいだろうと思っていたんだけれど、なかなか情報を集めても購入した人の中で、アプリの使い勝手が悪いとか、計測に不満のあるような声も見えて、だったらもう少し待って後継機に期待するかとか、アプリ周りがアップデートされるかもしれないしとか、連携する商品とか出てきそうな気がするしとか色々考えて先送りにしていました。

3000円代で評価の良いものを発見!

前までは急ぎで必要なわけではなかったから買うなら気に入ったいいものをと思っていたんだけど、そして今回前のものが故障していよいよ先送りにも出来なくなってきたので、さてどうしようかなというところでまた久しぶりに調べたところ、3,000円代くらいからbluetooth対応でデータを取ってくれる体組成計があることに気づきました。本来安いからと言って使いづらかったり、性能が悪かったり、あまりにもちゃっちかったりするのは嫌なんだけど、わりとamazonで評価も良いこともあって、上記2機種との値段ほどの差がつく部分も見えず1万とか2万とかする物はまだ先送りにしつつ、よほど圧倒的な新機種なんかが出たら買おうかなということにして、ひとまずこのクラスの商品を買おうと決めました。

よほどすごいもので1,2万くらいなら出すけど、1,2万くらいするわりに評価がイマイチなものと3000円くらいで評価の良いものを比べることになったっていう感じですね。これで買って見て失敗だったらいわゆる安物買いの銭失いというやつなんですが、結果からいうと2ヶ月使った上でこれにして良かった!という思いで居られています。

ちなみに3000円くらいの機種もいくつかあったんですが、amazonでレビューの数が一番多くて、なおかつ楽天でもメーカー直営のショップの出店があった1byoneの物に決めました。僕は聞いたことのないメーカーでしたが結構色んな商品を扱ってる様でした。

 

ネット界隈みてると何かとamazon派の人の方が目につくんですが、僕はわりと楽天派で、毎月とは言わないですが結構な頻度で10店舗買い回りでポイント10倍とか参加してるんですよね。家のものと会社のものとって買ってると消耗品だけでも毎回数店舗はすぐに埋まるので。買い回りとその他のポイントまで見ても明らかに割高とか、取り扱いがないとか、送料が高くつくとか、そういうケースはamazonで購入します。今回も楽天での取り扱いがあったことで少し先の買い回りで買おうと決めての購入でした。

実際に届いた1byone Bluetooth 体重・体組成計

パッケージ

Bluetooth 体重・体組成計 1byone パッケージ Bluetooth 体重・体組成計 1byone パッケージ裏

開封

Bluetooth 体重・体組成計 1byone 開封

Bluetooth 体重・体組成計 1byone 同封品

Bluetooth 体重・体組成計 1byone 表示画面

僕の使い方

乗るだけで自動的に電源が入りそのまま測定してくれます。終わったら放っておけば自動的にオフになります。僕はベッドを降りた足元に置きっぱなしにしておいて朝起きたらトイレに行って、戻ってきたらiphoneアプリを開いて体重計に乗るようにしています。それだけで自動的にbluetooth接続してデータを取ってくれます。計るだけならアプリと連動させなくても可能。乗るのを忘れてしまう(着替えてる最中に気づいてもう今日はいいやっていうのが結構よくある。)日も多々あるので毎日というわけではないですが、長期的な傾向が掴めればいいので良しとしています。忘れないくらい習慣化できれば一番いいんですけどまあだんだんデイかな。

注意点

写真は黒いマット(ダンベルとか置いたりしてるトレーニング用でクッション性がある)の上で撮ってるんですが、このような柔らかいものの上で計るとうまく計測できないのでフローリングなど固いところに置くようにした方がいいです。マットの上で測った時は一歩も動かず重心を移動するだけで2kgくらい変わりました。きちんと固い床の上で測ればもちろんそんなことにはなりません。

使用アプリ 1byone ヘルスケア

1byone ヘルスケア
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
現在の価格: 無料

測定する時は前述の通り、起動して体重計に乗るだけ

測れるのは体重、体水分率、体脂肪率、骨量、BMI、内臓脂肪レベル、BMR、筋肉量の8項目でそれぞれの数値とレベルの判定をしてくれます。

履歴を見ると折れ線グラフでそれぞれの数値の推移も見ることができます、こういうデータを手間なく残せるのがいいですね。

測定した日のリストを出して、いついつのデータをtwitterに送るとかメールで送るとかっていうこともできるみたいです。グラフをエクスポートすることは出来なそうだけど表示できる日数はピンチの操作で年単位で見たり、時間単位で見たりもできるのでスクリーンショットでも取れば良さそう。

まとめ

冒頭で書いた通り、ここ数年、ずっとそのうち買おうと思い続けていたbluetoothの体組成計。やっと買えて、快適な使い心地と安く手に入った事実にとても満足しています!

いいね!してもらえると
めちゃめちゃ嬉しいです!

Twitter で

読者の皆さまへのお願い


  • このブログ内にある商品やサービスを紹介してるリンクには、そのリンクを介して商品を購入したりサービスと申し込んだりすると、その商品やサービスを提供している会社などから私に紹介料が入るものがあります。紹介料を得させたくないなと思われる方はリンクをクリックせずに商品名やサービス名などで検索をかけてご利用下さい。

  • もしブログ記事がいくらかは役に立ったし協力してあげようとなどと思って頂けましたら、是非記事内のリンク経由でご利用下さい。ご利用頂ける皆様のおかげでブログを運営出来ています。本当にありがとうございます!

  • また、記事がお役に立ったり、ブログを応援して頂ける方が居られましたら、SNSでコメントやシェア、お持ちのWebサイトなどにリンクを貼って頂くなど紹介頂けるととても嬉しいです。

  • 記事やTezlogについての感想、質問、ツッコミなどなどもコメント欄・Twitter等でお気軽にどうぞ!

-オススメ・レビュー
-

Copyright© Tezlog , 2019 All Rights Reserved.